« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月30日 (水)

連薔薇(川崎ローズの連鶴風) (1)

Photo_2

連鶴はご存知と思いますが、これは川崎ローズの連鶴風(連薔薇)です。

連鶴の要領で、1枚の紙の数箇所に切り込みを入れ、つながった状態で折り上げてゆくものです。

川崎博士も同様なねじり折を立体化したものを連鶴風に仕上げたものを折られているようです。(たしか月刊おりがみの読者投稿の欄に、講演会と作品披露の写真が載っていました)

これは、1つ、1つが完全に「ひらいたバラ」になっています。

厳密には普通の回転方向のバラと、逆回転のバラを交互に(市松模様に)配置しています。(ここがポイントです)

紙取り・配置には少し工夫が必要ですが、根性と大きな紙さえあれば何個でもつなげて折ってゆくことが可能です。

個人的には写真の4個でも、途中で投げ出したくなりました…(笑)。

合理主義的観点からは、別々に折ってセロテープで張れば一緒で早くて楽。ですが精神修養の観点からは、出来上がった時の達成感は他に類を見ないぐらい大きなものです。

2 いきなり4連は厳しいという方は、2個つながったTwin Rose からトライされてはいかがでしょうか?

紙取り・配置の工夫については、機会があれば例によってヒントは公開させていただく予定ですが、基本的に折り図は「ひらいたバラ」とそれを逆転させたものと一緒です。

みなさんもどのように配置したら、連薔薇が実現可能か、頭をひねって考えてチャレンジしてみてください。

「ひらいたバラ」の詳細はこちらに…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月27日 (日)

3階建住宅 完成!

3kaidate

建設中だった3階建住宅が完成いたしました。

Imgp0162 かなり立派な物件です。

2世帯いや、3世帯同居くらい可能な広さです。

屋根の変形寄棟にはすこし苦労しましたが、窓(サッシ)の完成度は少し上がっていると思います。

このブログはどちらかというと折り紙が中心の内容になっておりますが、

アクセス解析の結果、建築模型のファンも多いことが判明いたしました。

Imgp0155 今後も建築模型のUpを可能な限り多くしてゆきたいと思います。

なにも書いていない真っ白なスチレンペーパーから、こんな模型を作製することが可能です。

完成したあとの達成感は、複雑な折り紙の完成時と同じような感覚です。

あなたもチャレンジしてみませんか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月24日 (木)

コスモス(ブーケアレンジ)

Photo_2

コスモス(林弘美さん作)のブーケアレンジです。

最近では、市川学さんがコスモスを、「月刊おりがみ」(日本折紙協会)で発表されています。

市川さんのコスモスは折り紙としてはすばらしいものですが、今回はリアリティ重視ということで、林弘美さんの作品をブーケにアレンジしてみました。

Pic00013 花芯のつくりが複雑で、(その分リアリティもある)難しい部分もありますが、コスモスらしさが気に入っています。

例によって、以前ご紹介したブーケホルダーに、4輪糊付けし、中央の1輪はがくを作って少し浮かせてあります。

コスモスの詳細は、林弘美著:「折り紙フラワー身近な紙で作るペーパーガーデニング 」に記載されています。

林弘美さんの著作は…、


ギャラリー入口

「薔薇と折り紙の日々」イメージギャラリーを、設置しております。

お時間ある方はどうぞお立ち寄りください。 
コスモスの新作も・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月21日 (月)

デジカメ!

Photo

折り紙の話は、こっちへおいといて…、ブログ記載に欠かせないデジカメの話を…

左は現役モデルのPENTAX K-m、デジカメの紹介をするのって何で写真を撮ればいいんだろう?と悩んだ結果、左の写真を撮ったのは右の往年の名機(?)OLYMPUS C-1400L。

Sunpakjpg ついでに、C-1400Lで外部ストロボを使うために改造した
SUNPAKのストロボ。

受光素子で本体のストロボを検出し、予備発光の次の本発光にシンクロして発光するよう外部回路を横に抱かせたもの。

こいつはまだ現役で、PENTAX K-mで光量不足の際に、赤目軽減モードで本体を発光させると、シンクロする。

PENTAX K-mのレンズは(レンズキットに付属)18-55mmでマクロは25cmまで寄れるので、折り紙や建築模型の撮影はほとんどこれ一本で間に合う。

後ろは28-200mmのタムロンレンズで、お外用に使用予定。(まだあまり使ってない)

かつての高級機だったC-1400Lから10年、メモリカード容量は3桁(メガからギガへ)、撮像画素数は1桁(100万→1000万)程度大きくなった。

果たして、どこまで行くのだろうか?折り紙の世界も複雑系がだいぶ躍進してきているようだ。

ただ人間の折れる能力から、複雑さ3桁増しとは行かないようではあるが…。

難しい折り紙を折りこなしてゆくことは意義あることでもあるが、折って楽しい折り紙こそが根底になければならないと小生は考えている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月19日 (土)

3階建て住宅建設中

Pic00029 現在建築(製作?)中の3階建て住宅です。

まだマスキングテープ仮組みの段階で、屋根、玄関や窓、ベランダ、ポーチなどは付いておりません。

この後各壁ごとに、窓などを付けて、組み立てて、屋根を付けて、玄関ポーチなどを付けて完成となります。

我が家も3階建てなのですが、これほど立派ではありません。

完成したらまたUpします。

Pic00031りティさんから、紙ふうせん紹介していただいた、川崎ローズのブーケと、5枚花弁のバラの、お礼が とどきました。

宝塚名産のクリーム炭酸せんべいでした。

ゴーフルのように炭酸せんべいの間にクリームが入ったもので、とっても美味でした。

りティさんごちそうさまでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月15日 (火)

5枚花弁の川崎ローズ(ブーケアレンジ)

Photo

5枚花弁の川崎ローズのブーケアレンジです。

ブーケの台座(ブーケホルダー?)は以前ご紹介したものです。

Pic00010ありあわせのカラーコピー用紙から5角形を切り出し、5枚花弁のバラを4つ折りました。

中央のつぼみは 4枚花弁ですが、プロポーションをK=0.33 として折ったものです。

なんともゴージャスなブーケとなりました。

5枚花弁の川崎ローズのベースとなる「ひらいたバラ」と、

プロポーション変更のベースとなる川崎ローズ「バラ(つぼみ)」の詳細はこちらに…、

川崎ローズ「バラ(つぼみ)」他、144作品はこちらに…、


ギャラリー入口

「薔薇と折り紙の日々」イメージギャラリーを、設置しております。

お時間ある方はどうぞお立ち寄りください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月12日 (土)

3枚花弁の川崎ローズ

Pic000030 本来4角形から折る川崎ローズを、5角形から折ることができました。6角形、7角形と角数を増やすと蓋を閉じるのが難しくなることもわかりました。

ではと…角数を減らして、3角形で折ってみたのが、このバラです。

5角形では、完全に閉まらず穴が開いていた蓋も今回は閉じることができました。

折れるか、折れないか、の議論のネタであって、花びらのボリュームも少なく美しさの点では4枚花弁、5枚花弁に軍配が上がるようです。

Pic00022 折り方は基本的に5角形と一緒で、一辺を4等分し、直線を引き、この直線の1/4の距離で平行線を引くものです。

まあ、こんなバラも折れます、てな感じでしょうか。

基本の折り方である、川崎博士の「ひらいたバラ」の詳細はこちらに…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月10日 (木)

メガネ!

Photo_2

左奥から、手元用(老眼鏡とも呼ぶ)、遠近両用×2、右 セルフレーム手元用(ヘッドルーペ付き)。

ちなみに、遠近両用はぺ・ヨンジュンのCMでおなじみ、オールワンプライスのメガネ市場にて、新たに作ったもの(\18,900)と古いフレームのレンズを交換(\10,500)したもの。

セルフレーム手元用は、通販「梅ネコメガネ」でなんと、\1,980-(送料500円)!

Pic00008 ドリームコンタクトというコンタクトレンズ屋さんが、おうち用メガネ(ネコメガネ)として発売しているもの。

同様なものは他にもあるようだが、ここは乱視(+近視)用も作れる。

写真は、手前から\4,430-、\3,480-(遠用)、\2,480-(手元用(既出))すべて送料込みの価格である。

メガネの基本データは、自分で調べる必要があるが、データの判っている2個目のメガネとしては破格の値段で入手できる。

メガネの価格破壊を身近に感じることができる。

双眼ヘッドルーペは、サンバイザーのように頭からかぶるものが多いが、これはメガネにクリップで挟んで取り付けるタイプ。

手元が暗くならず、軽いし、暑い夏には最適。アマゾンにて、\1,680-、

年のせいか、特に建築模型の採寸などには必須となってしまった。

拡大率は、x1.5、x2.5、x3.5とあるがあまり大きいと疲れるので1.5倍を使用している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 8日 (火)

川崎ローズのブーケアレンジ(3)

前回からの続きです。

7 ラッピングペーパーは、A4用紙縦一杯に半円形に切り出します。

まず3回折り畳んで左のような形にします。

8 丸くなるよう切り取り、飾りの穴を開けておきます。

9広げるとこんな感じです。

10 ラッピングペーパーをラッパ型に糊付けし、前回のブーケホルダーの骨組みを中央の穴に差し込みます。

根元をセロハンテープなどで固定し、銀紙でくるみます。

お好きな色でリボンを付けて、ブーケホルダーの完成です。

11_2 最後に台座に薔薇をボンドで貼り付けブーケアレンジの完成です。

中央のつぼみは「がく」をつけて少し高い位置に固定しています。

ここでは、最後に花を取り付けましたが、台座が完成した段階で花も取り付けてしまったほうが楽なようです。

薔薇以外でも、花の折り紙を載せることで、簡単にブーケアレンジが実現できます。

簡単な、伝承の「メダル」「ゆり」の組み合わせでできる川崎ローズのブーケアレンジをご紹介しました。

色々なお花をブーケにアレンジしてみてください。

なお、この作品や作り方が、このブログや小生を離れて勝手に一人歩きすることは望んでいませんので、無断で転載したり二次利用することはご遠慮ください。個人で楽しむ範囲でご利用ください。

「ひらいたバラ」、「バラ(つぼみ)」の詳細はこちらに。

「バラ(つぼみ)」をはじめ144作品はこちらに。

伝承の「メダル」、「ゆり」の他180作品はこちらに。


ギャラリー入口

「薔薇と折り紙の日々」イメージギャラリーを、設置しております。

お時間ある方はどうぞお立ち寄りください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 6日 (日)

川崎ローズのブーケアレンジ(2)

ブーケホルダー(花束)の作り方です。

1 用意するものは、A4コピー用紙(色付き)3枚です。

色付きのコピー用紙は大き目の文具店で入手できます。
100枚単位とかですが、単価は5円/枚ほどです。
お友達と分けて使うとよいでしょう。

1枚はA4のままラッピングペーパー(色はお好み)として用います。

2枚(緑系色)はA4用紙の短辺を一辺とする正方形に切ります。

2緑系色1枚は伝承のメダル(勲章)の要領で折りすすめ、

途中から写真の右上から時計回りのように、折ります。

伝承のメダルより、ひらいて形を整える幅が半分になります。

これが花を取り付ける台座になります。

3 4つの角を折り終わると、左のようになります。

次に、中心に向かっているすべての角を、中心から外へ向けて折ります。

4 必要に応じて、のりなどで固定し、台座の完成となります。

5_2

もう1枚の緑系色は伝承の「ゆり」を折ります。

6 先の台座の4箇所の角の折れた部分と、伝承の「ゆり」の花びらの先を糊付けします。

ブーケホルダーの骨組みが完成しました。

続きは(3)にて、ラッピングペーパーを切り出して、取り付けます。

なお、この作品や作り方が、このブログや小生を離れて勝手に一人歩きすることは望んでいませんので、無断で転載したり二次利用することはご遠慮ください。個人で楽しむ範囲でご利用ください。

伝承折り紙「メダル」「ゆり」をはじめ180作品の折り方は、こちらに…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 4日 (金)

5枚花弁の川崎ローズ-(補足)

5枚花弁の川崎ローズの補足です。正5角形の作り方。

何通りか方法はあるようですが、小生が幼稚園の先生と(幼稚園生だったころ)星を作った思い出をベースにした、5角形の作り方をご紹介しておきます。

Pic00001 正方形の紙を用意します。

Pic00002 半分に折ります。(ふくろが下です。)

Pic00003 右側に×マークをつけます。

Pic00004左下の角を先の×の中心に合わせて折ります。

Pic00005_3  写真の様ににたたみます。

Pic00006  一番短い辺に沿ってはさみで切ります。

Pic00007 広げると、正5角形の完成です。

ちなみに、はさみで切る際に、角度を変えると星ができます。

紙ふうせんのうみぼうずさんが(ともぴ~さんじゃなかったですね、すいません)、5角形の作り方が…とおしゃっておられたのですが…。

さあ、5角形ができたら、5枚花弁の川崎ローズにチャレンジしてみましょう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年9月 2日 (水)

川崎ローズのブーケアレンジ(1)

001_4

川崎ローズのブーケアレンジです。紙ふうせんりティさんに紹介して頂いたものです。

他の花の折り紙もほぼ同様ですが、1枚の紙からは1輪の花本体しか出来上がりません。(1輪に何枚か使う場合もありますね)

ブーケを作ろうとすると、紙を棒状に丸めたものか、針金を用いて茎を付けて、束ねる必要があります。

もっと折り紙らしいアプローチはないかと思い、作成したのがこのバラのブーケです。

円錐形のブーケホルダー(?)を作って、平らな台座面に薔薇(他の花も可能)を並べたものです。

02_2 写真の例では、「ひらいたバラ」を4輪、「バラ(つぼみ)」開口係数K=0.33を1輪、五の目状に配置したものです。

円錐状のブーケホルダーの中身は空っぽですが、ブーケらしく見えませんか?

これだと、針金や筒状の茎は不要で、より折り紙らしいのでは?と考えています。

このブーケホルダーは、伝承作品を組み合わせたオリジナルです。

作り方は、次回写真を用いて解説する予定です。

なお、この作品や作り方が、このブログや小生を離れて勝手に一人歩きすることは望んでいませんので、無断で転載したり二次利用することはご遠慮ください。個人で楽しむ範囲(友人へのプレゼントなど)でご利用ください。

川崎ローズ「ひらいたバラ」、「バラ(つぼみ)」の詳細はこちらに…

「バラ(つぼみ)」詳細他144作品は以下に…


ギャラリー入口

「薔薇と折り紙の日々」イメージギャラリーを、設置しております。

お時間ある方はどうぞお立ち寄りください。 

| | コメント (8) | トラックバック (1)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »