« 川崎ローズのくす玉(球体) | トップページ | 川崎ローズ「バラ(つぼみ)」のプロポーション(3) »

2009年11月 2日 (月)

ひめみや氏のバラ

折り紙でバラといったら、何といっても川崎ローズですが…、(自称川崎ローズ研究家なので)

せっかくの「薔薇と折り紙の日々」というブログですから、他の作者のバラもご紹介しようと思います。

Imgp0179

今回はWebで知ったバラの折り紙です。

ひめみやさんがご自身のブログ「裁ち折り紙 折り鶴」で紹介されている

4枚花弁のバラ左と、8枚花弁のバラ中央を折ってみました。(右は川崎ローズ「薔薇」です。)

上の写真はどれもA4コピー用紙から正方形(約20㎝ 4方)を切り出して折ったものです。

大きさの比較になさってください。

4枚、8枚花弁、どちらも丁寧で詳しい折り方がWebで紹介されています。

4枚花弁のバラは、比較的やさしいので、初心者向けです。

紙を3等分するのが慣れなかった程度で、スムースに折ることができました。

8枚花弁を目指される方も、1回折っておくと類似な点が多いので、作業がはかどると思います。

8枚花弁のバラは、裾をまとめるのが難しくちょっと上級者向きかもしれません。(ちゃんと折れているか不安です。)

後半の中割折りが4角形の紙から花弁を増やすためのポイントです。

花弁増しの作業を1回から1回半に(?)増やすことで、外周花弁を8枚するような手法です。

いままで5枚花弁のバラを折るのに5角形を使っていましたが、こんな手があったか!と思わせる逸品です。

川崎ローズ「薔薇」と比較すると、中央にギュッとまとまった感じです。

どちらも川崎ローズを基本としたアレンジとのことですが、折り方が公開されていますので、ちょっと試しに折ってみようかとお考えの方に向いていると思います。

ご興味ある方は、ブログを訪問されてはいかがでしょうか。

江戸時代より伝承されている連鶴にご興味ある方や、折り図の公開されている8枚花弁のバラの、ひめみやさんのブログ「裁ち折り紙 折り鶴」はこちらから…、

http://tachiorigami.blog.so-net.ne.jp/

|

« 川崎ローズのくす玉(球体) | トップページ | 川崎ローズ「バラ(つぼみ)」のプロポーション(3) »

バラ」カテゴリの記事

折り紙」カテゴリの記事

コメント

 こんばんは、
早々にご紹介して下さいまして有り難うございます。
コピー用紙では少し硬いので丸めて最後に差しこむ所はきつくなるのですが、流石ですね。

17番で折りしろを半分にしたり、18番で合わせる位置を変える事で外側の花びらの形を変えて楽しめます。

なかさんに刺激をいただき、またバラに挑戦したくもなりました。

投稿: 裁ち折り紙 折り鶴 ひめみや | 2009年11月 4日 (水) 03時57分

ひめみやさんコメントありがとうございます。
ブログでの紹介も快くOKいただき感謝しております。

連鶴も興味深く拝見させていただきました。
単純ですが連薔薇も連鶴の手法の応用と考えています。

バラの新作(?)楽しみにしております。
どうか今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: なか(管理人) | 2009年11月 4日 (水) 09時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1258064/31996546

この記事へのトラックバック一覧です: ひめみや氏のバラ:

« 川崎ローズのくす玉(球体) | トップページ | 川崎ローズ「バラ(つぼみ)」のプロポーション(3) »