« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月31日 (木)

大晦日のご挨拶

8月下旬に開設いたしました、当ブログもおかげさまで、2万アクセスを超えました。

平均すると1日150以上のアクセスをいただいたことになります。

本年最後の大晦日にあたり、アクセスいただいた皆様、応援ポチくださった方々に深く御礼申し上げます。

本当にお世話になりました。

引き続きブログラム部門別ランキング(折り紙)にて首位をKeepさせていただいております。

来年も引き続きましてアクセス、応援のほどよろしくお願いいたします。

ではみなさん、良いお年をお迎えください。

お気に召しましたら投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月27日 (日)

川下り御一行様

バラの花束は時として、「炭酸せんべい」に化けたり、こんな「川下り御一行様」に化けたりします。

Imgp0187_3 

この「川下り御一行様」は、バラの花束のお礼としていただいたものです。

渓流下りの観光地でお土産として売っていそうです。

3角形のユニットを組み合わせたユニット折紙ですが、船頭さんの楊枝の櫂といい、笠をかぶった乗船客のにこやかな表情が伝わってくるような、ユーモラスな作品です。

聞くところによると、御年80歳を超えるSさんのお母様が作られたとのこと。

年齢を超えて続くモチベーションの大きさに感動しました。

小生(かろうじて40代)が80歳の頃は(生きてないかも…)どんな作品を折っていることでしょうか。

Sさんのお母様、楽しい作品をありがとうございました。

お気に召しましたら投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年12月20日 (日)

パンダのサンタ

Imgp0226_2

パンダの休日に続くパンダシリーズ、パンダのサンタクローズアレンジです。

パンダは笠原邦彦氏の作品、サンタの帽子は長谷川太市郎氏の作品、

プレゼントの入った袋は、水野政雄氏のサンタクロースから引用したものです。

このままだと、コスプレ好きなパンダになってしまいそうです。

Imgp0223

こちらは、丹波兌子氏の作品で「祈る天使」。合わせた小さな手が印象的です。

まだクリスマスまでには時間がありますが、あなたのもとにも幸福の天使が舞い降りますよう、祈っております。

お気に召しましたら投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年12月18日 (金)

川崎敏和氏の新刊発売

Imgp0229

待望の川崎博士の新刊を入手いたしました。

題名は「究極の夢折り紙 」です。

目次をご紹介しておきます。

○花の章
 1分ローズ
 クリスタルローズ
 ブライダルローズ
 バラのつぼみ
 薔薇
 マリーゴールド
 大統領の玉桜
 やぐら水仙

○超幾何の章
 風の種
 雪華
 不可思議キューブ
 鉱石
 指喰い壺
 鳴門のうず潮
 うずコースター/うずマット
 うずキューブ/うず玉
 編み玉
 まき貝のギフトボックス
 星形多面体/花のある多面体
 迷宮
 フレキシブル正4面体

既存の作品と重複するものもありますが、より詳しく具体的に、オールカラーで紹介されています。

川崎ローズファンや折り紙ファン必見といったところでしょうか。

さて何から折りましょうか。

お気に召しましたら投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月16日 (水)

ブログラム部門別ランキング1位に!

Program1

当ブログが、なんと、ブログラムランキング部門別(おりがみ)で1位になりました。

これも皆様の応援あってのこと、深く感謝いたします。

いつまでこの状態を維持できるかわかりませんが、今後も応援をよろしくお願いいたします。

お気に召しましたら投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年12月12日 (土)

記号化されたサンタクロース

Imgp0227

折り紙ならではの特徴を抽象化、いや、記号にまで極めた作品です。

白いひげと白い荷袋に赤い衣装のサンタクロースです。

これは月刊おりがみ388号(2007年12月)掲載の土戸英二氏の「メッセンジャーサンタクロース」です。

その名の通り、カードを中に折り込むことができるサンタクロースです。

この時期(12月)でなければ、別のものに見えてしまうかもしれません。
(覆面をした泥棒とか…?塔のある建物にも見えますね。)

シンプルですが、特徴をまさに記号化した作品といえるでしょう。

赤い折り紙は、裏地が白で、サンタを折るのに最適です。

この時期、赤の折り紙はすぐに使い切ってしまうのでした。

お気に召しましたら投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 7日 (月)

「折り紙講師」への道

小生は、2008年5月に「折り紙講師」の資格を、2009年8月に生涯学習インストラクター2級(折り紙)の資格を取得いたしました。

このほか折り紙に関する資格としては、日本折紙学会認定の「折紙指導員」という制度もあるようです。

今回は、比較的簡単(やる気は必要ですが…)に取得可能な、日本折紙協会認定の「折り紙講師」取得の方法について記します。

この折り紙講師の詳細は趣味講座マニア日本折紙協会のページ等にも詳しく載っていますので、併せて参考になさってください。

まず、折り紙講師になるためには、日本折紙協会の(購読)会員になって、月刊「おりがみ」を購読する必要があります。

この購読は、講師の資格取得後も続ける必要があります。

月刊「おりがみ」は、日本折紙学会刊行の「折紙探偵団」とならんで折り紙ファン必見の刊行物なのでこの際、折り紙好きなら(購読)会員になってしまいましょう。

これ以外に受験料(¥2,100)+テキスト代金(¥1,020)と、合格した際には登録料(¥15,750)が必要です。

(結構お金がかかりますが、他の資格と比べたら安いものです。)

Pic00011次に、日本折紙協会発行の「おりがみ4ヶ国語テキスト」(左)を入手します。

月刊「おりがみ」添付の振り込み用紙を用いて直接、協会から購入するか、アマゾン でも購入できます。

このテキストは巻末に折紙講師の受験申請書が添付されており、この用紙を使って申込みをします。

この「4ヶ国語テキスト」に掲載された約60点の作品を折り上げて、形を崩さぬように梱包し、先の申請書と一緒に日本折紙協会に送付します。

また、先の受験料も振り込みを行います。

小生の場合1ヵ月程度で、手直し・折り直しすべき作品、が完成見本と一緒に送り返されてきました。

本来、1発合格ならここで合格通知なのかもしれません。

小生の場合10作品ほど手直し・折り直しが必要と返却されましたが、完成見本いっしょですし、丁寧なコメントもあるので、たいへんわかりやすく、すぐ手直しし、発送できました。

その後めでたく合格通知が届き、登録料を振り込んで、認定証と登録カード、ピンバッジが送られてきました。(最近ピンバッジは別売りになり、講師の手引きが添付されるようですね…)

Pic00013

 

60作品のレベル(難しさ)ですが、50作品ほどは伝承作品で、全体的に基礎ができている人なら、テキストが見にくいがゆえのミスのみで、簡単に折り上げられると思います。

(このテキストは古くて、折り図も見にくく、早く改善してほしいものです。)

あくまでも、原作者の意図を尊重し正確に折ることが求められているようです。(テキストの見にくさはおいといて…)

小生の場合、こんなもんでいいかな、と思った箇所はほとんど折り直しになりました。

しかしながら、最も難しいかな?と思われたのが「妹背山」ですので、折り紙の本を見て正しく折れる方なら誰でも合格できると思います。

この折り紙講師の上には、さらに折り紙師範、上級師範もあります。

講師の資格があるからといって、特に変わったことはありませんが、
ちょっとした折り方を人に教えるのにも、胸を張って教えることができます。

折り紙好きな方は、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

※2015/9/25 追記 
テキストが増補改訂されました。

2016年10月からは、折り紙講師の資格取得のためには新しいテキスト掲載の100作品を折って提出する必要があります。(9月30日までは旧版の60作品でOKのようです。)

お気に召しましたら投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

折り紙教室の講師依頼ございましたら、承ります。
プロフィールページにメールフォームがございますのでご利用ください。

ギャラリー入口
「薔薇と折り紙の日々」イメージギャラリーを、設置しております。

お時間ある方はどうぞお立ち寄りください。 

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2009年12月 3日 (木)

「バラ(つぼみ)」のクリスマスリース

クリスマス・リースの最新バージョンこちらです。

Imgp0221

川崎ローズ「バラ(つぼみ)」のクリスマスリースアレンジです。

リースは月刊「おりがみ」400号(2008年12月)の永田紀子氏の作品、

ベルは「おりがみ」388号(2007年12月)の亀山真代氏の作品を組み合わせました。

「バラ(つぼみ)」は例によって、プロポーション変更によってつぼみ度を増加させたものを3輪アレンジしてみました。

あまり大きくないので、クリスマスツリーに飾るか、お部屋の扉用といったところでしょうか。

まだ少し早いですが、よいクリスマスをお過ごしください。

お気に召しましたら投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン


ギャラリー入口

「薔薇と折り紙の日々」イメージギャラリーを、設置しております。

お時間ある方はどうぞお立ち寄りください。 

| | コメント (12) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »