« 2010年4月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月28日 (水)

ゆり(伝承)の花束

伝承のユリを花束にしてみました。

伝承のユリを花束にしてみました。

3輪だと少し寂しいかと思い、4輪だと数的にどうかなということで、中央に1輪加えた5輪構成としました。

華やかさ重視で、以前のべた伝承のゆりタイプⅡを採用いたしました。

もちろんスティック糊を用いて形状を安定化させてあります。

花束にしてみるとけっこう華やかです。


折り紙のゆりは、その形状(ラッパ状)から、何もせず軸を束ねるだけで花束になりそうですが、花びらが相互に干渉してしまい、なかなかうまく形にならないものです。

この花束は、花を先にうまい形に組み上げてブーケ台に乗せる構造としてみました。

ブーケ台もこれまでと異なり、組んだ花と合うように、中央がへこんだ形状にしてあります。

クリックするとイメージギャラリーにジャンプします。

5月からカルチャーセンターで折り紙教室をやることになりそうなのですが、その体験講習の際に制作しようと思い、作ってみたものです。

ゆり5輪を折って、糊を入れて、ブーケにするまでにはだいぶ手間が掛かるのですが、折り紙の基礎も復習できそうなので、これで体験講習に臨もうと思います。

近年の折り紙の進歩発展には目覚しいものがあり、ともすると伝承作品の価値を軽んじてしまいがちですが、伝承作品を見直す良い機会にでもなればと思っています。

お気に召しましたら投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

伝承のゆり(タイプⅡ)は、川崎敏和氏 編・著の「博士の折り紙夢BOOK」に紹介されています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年3月24日 (土)

ゆり-形状の安定化

折り紙で折るユリの花は、どれも花びらを最後にカールさせて仕上げるのが特徴です。

よくペンの軸などを芯にして、くるくると巻き癖をつけてやるのですが、時間が経つとほどけてしまうようです。2~3日経つと、だらしなくビローンと伸びてしまっています。

自分の手もとに飾る場合には、気が付いたときに巻き癖を付け直してやればよいのかもしれませんが、花の数の多いアレンジなどではたいへんですし、誰かにプレゼントしちゃったらメインテナンスできません。

和紙などで作品を作った際に形状を安定化させ型崩れを防ぐ方法として、糊を入れる技法があります。

ここでは簡単にスティック糊を使用する方法を、前回の伝承のゆりタイプⅡを例にご紹介します。(まあ、塗るだけなんですけどね)

 

基本的な流れは、ユリを折って折り紙に折り目をつけ、一度広げて、花びらの内側にスティック糊を塗り、組み立て、形状を整える、という感じです。

以下一通り手順を示しておきます。

最初に折り目をつけるべく、折ってゆきます。

Photo

最後まで折ってしまうと、広げにくくなるので、軸を細くする手前まで折っておきます。

Photo_2

紙を広げて、花びら4辺の裏側に糊を軽く塗ります。多少はみ出ても問題ありません。

次に、ユリを最後まで折りあげ、花びらに巻き癖をつけます。

Photo_3

すこし強めに癖をつけておいたほうがよいようです。

Photo_4

乾燥するのを待って、かたちを整えて完成です。

完全に型崩れを防ぐことは難しいようですが、これでかなり長い期間形状を保持できると思います。

普通の折り紙を使用する際には、糊の水分を吸って紙が膨張し、でこぼこができてしまったり、皺になったりしやすいので、糊を少量薄く塗ることがポイントになります。

スティック糊の種類にもよりますが、滑らかでのびのよいスティック糊は水分が多い傾向があるので、そのような場合には紙の上を1回なでる程度(1往復では多い)にしておいたほうが良いようです。

何種類かのスティック糊で試したところ、消え色PIT(トンボ鉛筆) が水分が少なく、きれいに仕上がるようでした。この場合には紙に薄く糊の色がつく程度(1往復くらい)まで塗って大丈夫だと思います。

 

折ったり、ばらしたり、乾燥を待ったり、とだいぶ手間が掛かりますが、コレでだらしなく伸びきったユリを見なくてすむと思います。

ユリ以外の折り紙にも、形状を安定化する手法として使えると思います。ツイストローズやBird Base Rose の中心部に適用するのもよいでしょう。

 

お気に召しましたら投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

 

この伝承のユリ(タイプⅡ)は、川崎敏和氏 編・著の「博士の折り紙夢BOOK」に紹介されています。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年3月21日 (水)

ゆり(伝承?)あれこれ

みなさん、たいへんご無沙汰しておりました。(2年ぶりぐらいです。)

アクセス数があっという間に10万を超え、気が付くと15万アクセスの大台?に乗っておりました。これも日ごろより訪問・応援いただいている皆様のおかげと、深く感謝しております。

実は、このブログをご覧になった方から、折り紙講師の依頼をいただきまして、またちょっと、(気が向いたらですが)更新してみることにいたしました。

さて、伝承作品の中で好きなものに、ユリがあるのですが、伝承作品なのに(もしかしたら伝承作品故にかも)いくつか種類があるようなんです。

たしかに、どれもユリなのですが、それぞれ個性があってだいぶ趣が異なるようなので、紹介させていただこうと思います。

Photo

左3つは、あやめの基本形(かえるの基本形ともいいますね)から折ってゆくいわゆる伝承の?ユリです。

右端は「伝承作品」ではありませんが、「作者不詳」のユリで、鶴の基本形から軸を細めるように折ってゆくものです。鈴木恵美子氏監修の「メッシュ折り紙」(ブティック社)に掲載されています。参考までに並べてみました。

 

一番左(タイプⅠ)が、伝承作品として最も広く知られているもののようです。

日本折紙協会の「花のおりがみ」や、山口真氏著の「日本のおりがみ事典」(ナツメ社)に伝承作品として紹介されています。

軸がタイトにすぼまっているのが特徴で、花びらを広げたりカールさせたりがちょっと難しいようです。実際に小生は「花のおりがみ」に記載の説明「花びらを中わり折りする」を読むまでは、どのような状態が正しいのかよくわかってませんでした。

花びらが軸の上部でギュッっと集まっているため、やや平面的になりやすいかもしれません。ユリ以外の他の花に見立てることもできそうですね。(スターフラワーとか?)

 

左から2番目(タイプⅡ)は、川崎敏和氏 編・著の「博士の折り紙夢BOOK」に伝承の百合として紹介されているものです。

この4つの中では、一番花びらを大きく広げることができます。中空(四角錐状)の軸構造とあいまって、立体的で奥行きのある華やかなユリといえそうです。

Photo_2

左から3番目(タイプⅢ)は、伝承の「あやめ」の花びらをカールさせて、ユリにみたてたものです。

「あやめ」としては伝承作品ですが、「ゆり」として伝承はされてきたものではないと思われます。

ところが、小生は長年これを伝承のユリと信じていました。このような方が結構いらっしゃるようなので、ユリとして並べてみました。

中央の4つの角が特徴的ですが、ユリのちょっとゴツイおしべやめしべを表現してると思えば、それらしく見えてくるのではないでしょうか。

 

伝承作品はずっと長い間、人から人へ折り伝えられてきた作品です。それが故に、多少のアレンジが加わって伝播してゆくこともあるのではないでしょうか。

これ以外にも多くの折り紙作家の先生方が、「ゆり」を創作されています。

あなたの「ゆり」のイメージに近いのは、どれでしょうか?

 

お気に召しましたら投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2012年4月 »