« ゆり-形状の安定化 | トップページ | 折り紙教室(2012春) 開講なるか? »

2012年3月28日 (水)

ゆり(伝承)の花束

伝承のユリを花束にしてみました。

伝承のユリを花束にしてみました。

3輪だと少し寂しいかと思い、4輪だと数的にどうかなということで、中央に1輪加えた5輪構成としました。

華やかさ重視で、以前のべた伝承のゆりタイプⅡを採用いたしました。

もちろんスティック糊を用いて形状を安定化させてあります。

花束にしてみるとけっこう華やかです。


折り紙のゆりは、その形状(ラッパ状)から、何もせず軸を束ねるだけで花束になりそうですが、花びらが相互に干渉してしまい、なかなかうまく形にならないものです。

この花束は、花を先にうまい形に組み上げてブーケ台に乗せる構造としてみました。

ブーケ台もこれまでと異なり、組んだ花と合うように、中央がへこんだ形状にしてあります。

クリックするとイメージギャラリーにジャンプします。

5月からカルチャーセンターで折り紙教室をやることになりそうなのですが、その体験講習の際に制作しようと思い、作ってみたものです。

ゆり5輪を折って、糊を入れて、ブーケにするまでにはだいぶ手間が掛かるのですが、折り紙の基礎も復習できそうなので、これで体験講習に臨もうと思います。

近年の折り紙の進歩発展には目覚しいものがあり、ともすると伝承作品の価値を軽んじてしまいがちですが、伝承作品を見直す良い機会にでもなればと思っています。

お気に召しましたら投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

伝承のゆり(タイプⅡ)は、川崎敏和氏 編・著の「博士の折り紙夢BOOK」に紹介されています。

|

« ゆり-形状の安定化 | トップページ | 折り紙教室(2012春) 開講なるか? »

ゆり」カテゴリの記事

花束(ブーケ)アレンジ」カテゴリの記事

折り紙教室」カテゴリの記事

季節の折り紙」カテゴリの記事

折り紙」カテゴリの記事

コメント

ご訪問ありがとうございました。
折り紙でこんなにステキな百合の花束が折れるなんて
初めて知りました。
感動しちゃいました。


応援☆

投稿: nico | 2012年4月 1日 (日) 21時07分

>> nico さん、

ご訪問ならびにコメントありがとうございます。
この「ゆり」は伝承作品といって、「鶴」などと同様に昔から、人から人に折り伝えられてきたものです。
子供のころ、「鶴」を習ったあとに「あやめ」と一緒に教えてもらいませんでしたか?
基礎的な要素がほとんどで、それほど難しくないので、nico さんもぜひ折ってみてください。(花束にするのは、少し手間ですが・・・)
これからも、花の折り紙を中心にUpしてゆきますので、また遊びにいらしてください。

投稿: なか(管理人) | 2012年4月 1日 (日) 21時25分

(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪ ふくと申します。
切り紙でこんなキレイな花が作れるのですね。
和みました。coldsweats01
応援ポチポチ。^^b

投稿: ふく | 2012年4月 4日 (水) 13時50分

>> ふく さん、
コメントありがとうございます。
このゆりは古くから伝承されてきた「折り紙」なんですよ。まあ、花束にアレンジするためには切ったり張ったりもしますけどね。
新しく作品が出来たらまたUpしますので、また遊びにいらしてください。

投稿: なか(管理人) | 2012年4月 4日 (水) 14時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1258064/44605437

この記事へのトラックバック一覧です: ゆり(伝承)の花束:

« ゆり-形状の安定化 | トップページ | 折り紙教室(2012春) 開講なるか? »