« ゆり(伝承?)あれこれ | トップページ | ゆり(伝承)の花束 »

2012年3月24日 (土)

ゆり-形状の安定化

折り紙で折るユリの花は、どれも花びらを最後にカールさせて仕上げるのが特徴です。

よくペンの軸などを芯にして、くるくると巻き癖をつけてやるのですが、時間が経つとほどけてしまうようです。2~3日経つと、だらしなくビローンと伸びてしまっています。

自分の手もとに飾る場合には、気が付いたときに巻き癖を付け直してやればよいのかもしれませんが、花の数の多いアレンジなどではたいへんですし、誰かにプレゼントしちゃったらメインテナンスできません。

和紙などで作品を作った際に形状を安定化させ型崩れを防ぐ方法として、糊を入れる技法があります。

ここでは簡単にスティック糊を使用する方法を、前回の伝承のゆりタイプⅡを例にご紹介します。(まあ、塗るだけなんですけどね)

 

基本的な流れは、ユリを折って折り紙に折り目をつけ、一度広げて、花びらの内側にスティック糊を塗り、組み立て、形状を整える、という感じです。

以下一通り手順を示しておきます。

最初に折り目をつけるべく、折ってゆきます。

Photo

最後まで折ってしまうと、広げにくくなるので、軸を細くする手前まで折っておきます。

Photo_2

紙を広げて、花びら4辺の裏側に糊を軽く塗ります。多少はみ出ても問題ありません。

次に、ユリを最後まで折りあげ、花びらに巻き癖をつけます。

Photo_3

すこし強めに癖をつけておいたほうがよいようです。

Photo_4

乾燥するのを待って、かたちを整えて完成です。

完全に型崩れを防ぐことは難しいようですが、これでかなり長い期間形状を保持できると思います。

普通の折り紙を使用する際には、糊の水分を吸って紙が膨張し、でこぼこができてしまったり、皺になったりしやすいので、糊を少量薄く塗ることがポイントになります。

スティック糊の種類にもよりますが、滑らかでのびのよいスティック糊は水分が多い傾向があるので、そのような場合には紙の上を1回なでる程度(1往復では多い)にしておいたほうが良いようです。

何種類かのスティック糊で試したところ、消え色PIT(トンボ鉛筆) が水分が少なく、きれいに仕上がるようでした。この場合には紙に薄く糊の色がつく程度(1往復くらい)まで塗って大丈夫だと思います。

 

折ったり、ばらしたり、乾燥を待ったり、とだいぶ手間が掛かりますが、コレでだらしなく伸びきったユリを見なくてすむと思います。

ユリ以外の折り紙にも、形状を安定化する手法として使えると思います。ツイストローズやBird Base Rose の中心部に適用するのもよいでしょう。

 

お気に召しましたら投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

 

この伝承のユリ(タイプⅡ)は、川崎敏和氏 編・著の「博士の折り紙夢BOOK」に紹介されています。

|

« ゆり(伝承?)あれこれ | トップページ | ゆり(伝承)の花束 »

ゆり」カテゴリの記事

折り紙」カテゴリの記事

コメント

なるほどー。一工夫でできるこんな裏技があったんですね!しかし

> 何種類かのスティック糊で試したところ、

この当たりが何とも研究家肌のなかさんらしいなぁ〜☆と思いました(笑)

うー、私も久しぶりに折り紙したくなってきた!

投稿: りティ | 2012年3月24日 (土) 18時28分

>> りティ さん、

ご訪問・コメント いつもありがとうございます。
伝承の「ゆり」で花束を作ってみようと思い、試行錯誤していたところです。
上手くできたらUpさせていただきますね。
小生も久しぶりの折り紙なのですが、やっぱり楽しいですよ。
りティさんのホームページ「折々ギャラリー」での公開を期待しています。

投稿: なか(管理人) | 2012年3月24日 (土) 19時06分

お久しぶりです。
また、一枚の紙を花に変える、手品ののような折り紙が拝見できるかと思うと楽しみです(^o^)

投稿: カノッチ | 2012年3月24日 (土) 21時31分

>> カノッチ さん

ごぶさたしております。ご訪問ありがとうございます。
のんびり気ままに更新させていただきますので、どうか今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: なか(管理人) | 2012年3月24日 (土) 21時44分

お久しぶりです。再開メールありがとうございます。
どの作品も私にとっては「口あんぐり」するばかりで、ヘルパーをしているので、ご利用者さんへ作ってあげれたら喜ぶだろうなぁ~と思いながら
夢の又夢ですが!
すごいなぁの連続で更新楽しみにしております

投稿: かつお大臣 | 2012年3月26日 (月) 19時54分

>> かつお大臣 さん、

ご訪問・コメント ありがとうございます。
またお目にかかれて(?)嬉しいです。
「ゆり」や「あやめ」は鶴が折れる方なら、すぐできるようになると思いますよ。
やさしいものから、ぜひチャレンジしてみてください。
ご期待に沿えるかわかりませんが、徐々に更新させていただきますので、また遊びにいらしてください。

投稿: なか(管理人) | 2012年3月26日 (月) 20時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1258064/44587066

この記事へのトラックバック一覧です: ゆり-形状の安定化:

« ゆり(伝承?)あれこれ | トップページ | ゆり(伝承)の花束 »