« ゆり(伝承)の花束 | トップページ | カーネーション 構造による分類-(1) »

2012年4月 6日 (金)

折り紙教室(2012春) 開講なるか?

最新折り紙教室の情報はこちらからどうぞ。

折り紙教室(2012春)の講師の依頼をお受けして、準備を続けてきたのですが、詳細が決まりましたので、報告させていただきます。

教室で取り上げる作品の一部です。

上の写真は講習の見本に作成したもので、左手前から、バラ(川崎敏和)の花束、ゆり(伝承)の花束、カーネーション(鈴木恵美子)の花束、アジサイ(林弘美)のアレンジ、ひまわり(ニルバ・フィーナ・ピラン)のアレンジ、アサガオ(「吹き上げ点取りゲーム」竹川青良)のアレンジ です。

折り紙教室の開催場所は、神奈川県横浜市瀬谷区三ツ境の
三ツ境カルチャーセンター
で、

毎月、第1、第3 火曜日 の AM10:00~12:00 を予定しています。

初回の 5月29日(火)AM10:00~12:00は体験講習となっています。

実は、教室開催には条件がありまして、体験講習後 5名以上の受講申し込みが必要なんです。

言い換えると、5名以上集まらなかったら、(残念なことに)開催中止となってしまいます。
(表題が「開催なるか?」となっているのはこのためです。受講する方5人もいらっしゃいますかねぇ。…ちょっと不安です。)

6月アジサイ、7月あさがお、8月ひまわり・・・てな具合です。

講習内容は、

講座名: 「折り紙」 -花とそのアレンジを中心に-
花の折り紙を中心に、折って楽しむだけでなく、
花束などのアレンジで飾ったり贈ったりできる作品を作ります。

てな感じです。毎月、花のアレンジか、ハロウィン・クリスマス・お正月などの飾れる作品を予定しています。

花の折り紙としては、川崎敏和氏の川崎ローズ、鈴木恵美子氏のカーネーション、林弘美氏のアジサイ・コスモスパンジーなど、まさにオールスター夢の共演です。

このほか「花」以外の折り紙も、「折って楽しむ」折り紙として、伝承作品や笠原邦彦氏の作品も取り上げる予定です。

イメージギャラリー開設中です。クリックでジャンプ

このような教室を開催できるのはすべて、折り紙教室で講習に取り上げることを承認してくださった、折り紙作家の先生方のおかげです。この場をお借りして深く御礼申し上げます。
(あっ!、まだ開催できると決まったわけじゃないんだ…。)

折り紙作家先生や出版社の担当者、ならびにカルチャーセンターのスタッフのご協力を無にしないためにも、ぜひ開催・成功させたいと考えております。

まあそんなわけで、横浜の三ツ境近辺にお住まいで、折り紙に興味のある方をご存知でしたら、本件を宣伝していただけると大変ありがたいです。

5月29日の体験講習は、カルチャーセンターに入会されていない方でも、教材費のみで受講ができるそうです。

なお、本教室に関しての詳細・お申し込みなどは三ツ境カルチャーセンターへお問い合わせください。



さて、あなたはどの作品がお気に召しましたでしょうか?

そんな作品があったら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

折り紙教室の講師の依頼ごさいましたら検討させていただきます。
プロフィールにメールフォームをご用意しておりますのでご連絡ください。

写真の各作品の出典を記しておきます。

バラの花束  創作(原作)者:川崎敏和氏 「折り紙夢WORLD」(朝日出版社)
ゆりの花束  伝承のゆり(タイプⅡ)の紹介: 川崎敏和氏 編・著「博士の折り紙夢BOOK」(朝日出版社
カーネーションの花束 創作(原作)者:鈴木恵美子氏 「暮らしのなかのおりがみ」(パッチワーク通信社)
アジサイのアレンジ 創作(原作)者:林弘美氏 「改訂版 折り紙フラワー」(ブティック社)
ひまわりのアレンジ 創作(原作)者:ニルバ・フィーナ・ピラン氏 「博士の折り紙夢BOOK」(朝日出版社)
アサガオのアレンジ おりがみ傑作選1 (日本折紙協会)掲載の竹川青良氏「吹き上げ点取りゲーム」をアレンジしたもの

|

« ゆり(伝承)の花束 | トップページ | カーネーション 構造による分類-(1) »

折り紙教室」カテゴリの記事

折り紙」カテゴリの記事

コメント

見事な作品ですね。驚嘆しました。

投稿: 鷲谷芝嵐 | 2012年4月 7日 (土) 08時20分

>> 鷲谷芝嵐 さん、
いつもお世話に(?)なっております。
わざわざ、コメントありがとうございます。
新しい作品ができましたら、Upしてゆきますので、また遊びにいらしてください。

投稿: なか(管理人) | 2012年4月 7日 (土) 10時08分

こんにちわ


たった 一枚の

紙から 紙から

君は 君は

命を 宿すことが出る

それは 夢のように

心躍り

それは 高鳴る


命の宿した

一枚の紙よ

それは 紙ではなくて

心の 絵を

指で 心で

折っていくんだね

投稿: ひろ | 2012年4月 8日 (日) 13時08分

>> ひろ さん、

ご訪問そしてコメントありがとうございました。
一枚の紙が色々な形に変化するのは面白いものですし、どうしてこんなに心動かされるのだろうと感じる時もあります。花の折り紙には特殊な力があるのかもしれません。
また、遊びにいらしてくださいね。

投稿: なか(管理人) | 2012年4月 8日 (日) 13時41分

三ツ境で開講するんですか。
以前の会社の支社が希望が丘と三ツ境にありましたので、よく行ってましたね。
厚木街道沿いにあったんですけど、教室は三ツ境駅の反対側なんですね。
瀬谷区とか旭区ってのはまだ地元意識が強いところでした。
婦人会とか町会の会長さんの賛同を得られると、その組織からの参加者を募れるかもしれませんね。
何事もイベントは当日になるまで分りませんから。
成功をお祈りします。

投稿: matsuyama | 2012年4月 8日 (日) 22時33分

>> matsuyama さん、

コメントありがとうございます。
三ツ境駅北口のカルチャーセンターです。
たまたま、このブログを見た三ツ境の店長さんに依頼をいただいただけで、地元にコネクションがあるわけではないんです。
カルチャーセンターさんも頑張って広告を入れたりしてくださるようですので、それに期待することにしてます。
経過など、わかりましたら報告させていただきます。
今後ともよろしくお願いします。

投稿: なか(管理人) | 2012年4月 8日 (日) 22時46分

わたしもちょっと折り紙をやったのですが
鶴を折るのもへたくそであきらめました。
指先が器用でないと駄目ですね。

投稿: ytakei4 | 2012年4月12日 (木) 10時13分

>> ytakei4 さん、

コメントありがとうございます。
小生自信も地味に練習を繰り返して、撮影用の作品を折ったり人に教えたりしています。くずかご一杯になるくらいまで、繰り返し折ることもあります。
一番重要なのは、作品に取り組もうとする意欲だと思います。
ytakei4 さんも、もしまだご興味あるならぜひもう一度チャレンジされてはいかがでしょうか。

投稿: なか(管理人) | 2012年4月12日 (木) 13時56分

折り紙やらなくなったなぁorz。
今の子供はどうなんだろ?

投稿: | 2012年4月14日 (土) 17時03分

コメントありがとうございます。
中学生の男の子に「鶴」折れるか聞いてみたところ、折ったことないとのことでした。
今は、他に遊ぶものも、やることもありますからね。
折り紙の面白さを知らないのなら、それはその人にとって不幸なことなんだろうなと思います。

投稿: なか(管理人) | 2012年4月14日 (土) 19時30分

中先生こんにちは。
先日体験教室に参加した受講希望者です。

教室開講できなかったんですね。残念です。
ゆりの花たくさん折って準備してたのですが・・・
自力でブーケにするしかないのですね。(泣)

先生の作品はどれも写真で見るよりもっとかわいかったです。

またの機会をお待ちしています。


投稿: 受講希望者 | 2012年6月 2日 (土) 15時37分

>> 受講希望者 さん、

コメントありがとうございます。
わざわざ体験講習にご参加いただいたのに、力及ばず、開講できなくて大変申し訳ありません。
小生自信も大変残念に思っています。(準備に相当の時間をかけてますから)
カルチャーセンターからは、来年1月くらいにもう1度と言われています。
是非またその際にでもご参加くださると嬉しいです。
ゆりの花束だけでも完成できるように何か手を考えますね。

投稿: なか(管理人) | 2012年6月 2日 (土) 15時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1258064/44627899

この記事へのトラックバック一覧です: 折り紙教室(2012春) 開講なるか?:

« ゆり(伝承)の花束 | トップページ | カーネーション 構造による分類-(1) »