« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月29日 (金)

5角形から折る川崎ローズ「薔薇」(正方格子)L1

Naomiki Sato Rose で5角形づいてきましたので、本家の川崎ローズ「薔薇」を5角形の紙から折ってみることにしました。

5角形から折る川崎ローズ「薔薇」
5角形から折る川崎ローズ「薔薇」 左下の黄色は4角形から折る通常の「薔薇」

初代の川崎ローズ「ひらいたバラ」(福山ローズ)を5角形の用紙を用いて折ることは、以前ご紹介させていただきました。

これは、このブログをはじめた際の最初の折り紙に関する記事でした。
ずいぶん古い記事にもかかわらず、今でもアクセスいただいているようですので、ちょっと難しい川崎ローズ「薔薇」も5角形の紙から折ってみましょう。

まぁ、川崎ローズのファンなら誰もが通る道みたいなものでしょうかね。

結論からお話しすると、かなりややこしくて頭をひねりまくりましたが、一部を除けばうまくできたと思います。

うまくいかない一部分とは、
川崎ローズ「薔薇」には、最後の裏蓋を閉じる際に「立体かぶせ折り」という手法が用いられています。これは本来正方形の底を閉じるための、90度のサイコロの角にかぶせるよに折る折り方です。5角形から折った場合には、裏の底辺も5角形になりますので、108度の角に無理やり90度の「立体かぶせ折り」をする形となり、若干無理があります。
この最後の「立体かぶせ折り」がこんなもんでいいやと納得できるようなら、5角形でも折れるということになります。

5角形から折る川崎ローズ「薔薇」
5角形から折る川崎ローズ「薔薇」 左下の黄色は4角形から折る通常の「薔薇」

さて、
ご存知のように、初代の川崎ローズ「バラ」やちょっと難しい「薔薇」は、折る過程で最初に格子状に縦横にグリッドを入れ、これを頼りに折り進めてゆきます。

このグリッドが上手く5角形の用紙に移植(写像)さえできれば、あとは比較的簡単です。(もう出来たようなものですね)

それではまずオリジナルの川崎ロ-ズ「薔薇」のグリッド構造をじっくりながめてみましょう。

5角形から折る川崎ローズ「薔薇」
5角形から折る川崎ローズ「薔薇」

オリジナルの「薔薇」は正方形の用紙に斜めにグリッド(格子)を入れて折ってゆくのが特徴です。このあたりが複雑に感じる主な要因なのですが、正方形の用紙の内部に傾いて内接する正方形があると考えると構造が把握しやすいと思います。

内接する正方形に着目すると、この正方形にとっては各辺に平行な、縦横垂直な通常のグリッド(正方格子)になっています。この内接する正方形で基本的な「ばら」を折り、用紙の余った部分が外周花弁として追加される構成になっていると見ることができます。

川崎ローズ「薔薇」のグリッド構造
川崎ローズ「薔薇」のグリッド構造

面白いことに、この内側に形成する基本の「ばら」は、がくの付いた「バラのつぼみ」に構造が似ています。ですから、5角形折りにチャレンジする順序としては、先にがくの付いた「バラのつぼみ」を5角形化できるようになってから取り組むべきかもしれません。(このほうが単純ですから…)

この内接正方形(というかグリッドも)は用紙に対して22.5°(正方形の中心角90°の1/4)傾いています。

そこで、今回5角形で折る際には、用紙に対して18°(正五角形の中心角72°の1/4)傾いた5角形を内接させる構造としてみました。この内側の5角形を用いて基本の「ばら」を折ることができれば、紙の余白が自動的に外周花弁として追加されるという算段です。

用紙に内接する5角形の領域
用紙に内接する5角形の領域

ここまで話を進めると、賢明(というかマニアック)な読者の方には、もう容易に5角形化できるかと思います。特に初代の川崎ローズ「バラ」を5角形で折った経験のある方にはこの先は簡単でしょう。

しかし、今回はもう少し工夫が必要でしたので、せっかくですから記しておきましょう。

オリジナルの正方形のグリッドを、五角形の紙にどのように移す(写像する)かの方針をあらかじめ定めておく必要があります。

通常は、分割数が等しくなるようにグリッドを設定するのが一般的だと思います。例えば正方形の1辺を4等分するグリッドであれば、5角形の一辺も4等分するように設定します。

この方法は用紙をムラ無く均一に扱うことができ、オリジナルの特徴を再現できる手法ではあるのですが、グリッドのアスペクト(縦横)比が変化してしまう問題が生じます。

本質的に正方形から5角形への写像ですから、どこかに歪(無理ともいう)が生じるのは仕方のないことです。

今回5角形で折る川崎ローズ「薔薇」は、最終組立工程で裏蓋を閉じるため、「立体中割り折り」・「立体かぶせ折り」などの技法が用いられています。これらを忠実に再現しようとするとグリッドのアスペクト比が1:1すなわち正方形である必要があります。

5角形折りでの立体中割り折り
5角形折りでの立体中割り折り

先にも述べたように、この「立体中割り折り」・「立体かぶせ折り」は角が90°のサイコロ状に折り上げる工程で、必ずしも5角形で折ることにマッチしていないのですが、オリジナルのイメージを生かすため外周花弁形成の手法としてそのまま用いることにしました。

5角形への写像で縦横比の変化してしまったグリッドを用いて、うまく5角形に合った変則的な「立体中割り折り」・「立体かぶせ折り」ができれば一番良いと思われますが、なかなか上手い方法はみつかっていません。

そこで、今回はオリジナルの正方形のグリッドを、五角形に写像(マッピング)する方針として、辺方向の分割数が等しくなるよう横グリッドを設定し、縦グリッドはアスペクト比が1:1となるように外側から刻んでゆく、という方針としました。

5角形から折る川崎ローズ「薔薇」
5角形から折る川崎ローズ「薔薇」

実質的には縦方向の分割数がオリジナルより多くなるため、尾根ライン方向に間延びした形になります。外周花弁から花弁増し(2重中割り折り)の近辺までは、正方格子グリッドの上に乗っており、オリジナルと同様に形成することが可能です。これにより、周辺から見たフォルムは、川崎ローズ「薔薇」のイメージを維持したまま、5枚に増えた花弁と、長くなった尾根ラインによるボリュームのある内周花弁を実現することができます。

長くなった尾根ラインに合わせて、花弁増し(2重中割り折り)の場所をもう少し(グリッド1マス程度)内側に移動させても良いかとも思います。早い段階での2重中割り折りによって尾根ラインが上部に跳ね上がりますが、ゆったりカールさせてやるとすこしイメージの異なる薔薇となります。

以上、相変わらず長い記事になりましたが、川崎ローズファンを自負される方はお試しいただくと楽しんでいただけると思います。

面白そうだからチャレンジしてみようという方は、まずオリジナルの川崎ローズをきちんと習得してみてください。
次に、初代川崎ローズ「バラ」または「ひらいたバラ」(福山ローズ)を5角形で折ってみましょう。5角形でのねじり折りや、縦横の分割数を等しくしたグリッドの写像ができるようになると思います。
さらに、がくのついた「バラのつぼみ」を5角形で折ってみると、縦横のアスペクトを重視したグリッドの写像が体感できます。
これらができるようになってから、この「薔薇」にトライすることをお勧めします。いきなり取り組んでも、おそらくわけがわからなくなるだけだと思います。

おまけの戯言

文具店で入手しやすい用紙の形状は、A3、B4 などの1:√2の矩形です。ここから5角形を切りだすと切りくずが出るわけですが、これがもったいなくて仕方ありません。面積的には使えるのは半分くらいでしょうか。5角形のバラファンの家の燃えるごみはこの切りくずでいっぱいなんでしょうか。

1:√2の矩形から比較的効率よく切り出せる正多角形として、正6角形があります。用紙を巾いっぱいに使うと正方形より効率よく(大きく)切り出すことができます。Naomiki Sato Roseも川崎ローズもこの6角形で折ってしまえばよいのですが、5から6に1つ増えただけなのにイメージがだいぶ変わってしまうのです。

6枚花弁だと、花びらのかもし出すリズムが単調になり、人工的な造形物のイメージが強くなってしまいます。折り紙だって人工的造形物ですから当たり前なんですが・・・。そういう意味では5角形には魅力的な何か(黄金比?)があるのだと思います。

お気に召しましたら投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

精度の高い5角形の切り出し方こちらの記事をご参照ください。

初代川崎ローズ「バラ(つぼみ)」「ひらいたバラ」はこちらを参考になさってください。

  川崎敏和著「折り紙夢WORLD」(朝日出版社)

  川崎敏和著「博士の折り紙夢BOOK」(朝日出版社)

川崎ローズ「薔薇」はこちらに掲載されています。

  川崎敏和著「究極の夢折り紙」(朝日出版社)

  川崎敏和著「折り紙夢WORLD 花と動物編」(朝日出版社)

  川崎敏和著「バラと折り紙と数学と」(森北出版)

「薔薇と折り紙の日々」イメージギャラリーを、設置しております。
お時間ある方はどうぞお立ち寄りください。 
写真のクリックでギャラリーページに
パンジーの花束 小さな花束-1 クリスマスの飾り(天使と修道女)-3 クリスマスの飾り(リース)-3
折り紙教室サンプル2013冬-2 5角形から折る川崎ローズ「薔薇」(2) ねじり折りバードベースローズ(2重中割り折り)-2 Swirl Rose(渦巻きのバラ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月22日 (金)

川崎ローズ薔薇の花束(ブーケアレンジ)

川崎ローズ「薔薇」の花束アレンジです。
川崎ローズ「薔薇」の花束アレンジ
川崎ローズ「薔薇」の花束アレンジ

まず、川崎ローズの呼称について簡単にまとめておきましょう。

川崎敏和氏は数多くの「ばら」を考案創作されています。川崎ローズというと実際のところどれを指しているかわかりません。

まあ、川崎敏和氏の「ばら」ですからどれも「川崎ローズ」で間違いないのですが、どれかひとつこれぞ川崎ローズと呼べる代表的な「ばら」を選ぶとすれば、初代の川崎ローズ「バラ」だと思います。

川崎敏和氏の「ばら」が世界的にKawasaki Rose として知られるようになったのは、1987年に海外向けに出版された"Origami for the connoisseur"という書籍に掲載された初代川崎ローズがきっかけだと考えられます。
(この本は、85年にサンリオから「トップおりがみ (ビバ!おりがみシリーズ 2)」として出版されたものです。)

したがって海外ではKawasaki Rose といえば、この初代川崎ローズを示す場合が多いと思います。

なぜか日本国内ではこの、初代川崎ローズのことを福山ローズと呼ぶ人が多いようですが・・・。(折り図がネットで公開されているからでしょうね)
川崎敏和氏ご本人も「カワサキローズでない名前をむしろ好ましく思っている」とおっしゃっているようですが、原作者の手を離れて一人歩きするのはどうかと思ってしまいます。

初代川崎ローズ「ひらいたバラ」の花束アレンジ
初代川崎ローズ「ひらいたバラ」の花束アレンジ

福山ローズ(2004年)は、川崎敏和氏の著書「折り紙夢WORLD」(朝日出版社 2001年)に掲載の初代川崎ローズ「ひらいたバラ」を基に、やさしく折れるよう、折り方の手順をステップを踏んで工夫したもので、折り紙として出来上がるのは初代川崎ローズ「ひらいたバラ」です。(微妙に違うというご意見もあろうかと思いますが、基本的に同一です。)

もちろん「折り紙」という表現の中には、完成した形態のみではなく折る手順も含まれていると考えられますので、福山ローズも立派な折り紙なのですが。

色々とややこしいので、このブログでは初代の川崎ローズを「バラ」(カタカナで)、「バラと折り紙と数学と」(森北出版 1998年)、「折り紙夢WORLD 花と動物編」、「究極の夢折り紙」(朝日出版社)に掲載のNew Rose とよばれるちょっと難しい川崎ローズを「薔薇」と(漢字で)表現するようにしています。

初代川崎ローズ「バラ」が優れているのは、裏の白い普通の折り紙で折れる点です。15cmの折り紙で、ほぼ実物大のバラが出来上がりますので本来の「折り紙」で折れる折り紙です。

ちょっと難しい川崎ローズ「薔薇」は、リアリティの高い写実的な薔薇ですが、普通の折り紙では完成時に裏の白い面が出てしまうので、両面同色の折り紙で折る必要があります。15cmサイズだとちょっと小さいかなという気もします。(折れなくはないのですが、ディテールまで小さくなってしまうのでもったいない気がします。)

川崎ローズ「薔薇」の花束アレンジ
川崎ローズ「薔薇」の花束アレンジ

さて、ちょっと難しい川崎ローズ「薔薇」の花束アレンジですが、17cm角の両面同色の紙(コピー用紙)で5輪「薔薇」を折り、すり鉢状の花台に配置します。

この際に花と花台の間にUFO型?の立体(枕orあんこ)を花の向きを安定に配置するため挟んでいます。(例によって針金などの特殊な材料は全く使わないアレンジです。)
これにより、中央が盛り上がって、5輪の「薔薇」が自然な形で球状に広がって配置できます。

同じく川崎敏和氏の「バラの葉」を4枚、花の隙間に配置して完成です。

川崎ローズ「薔薇」の花束アレンジ
川崎ローズ「薔薇」の花束アレンジ

川崎ローズ「薔薇」が折れるようになった方はぜひ、花束作りにもチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

お気に召しましたら投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

Naomiki Sato Rose でおなじみの ako さん が この川崎ローズ「薔薇」の講習を朝日カルチャーセンター 横浜 で行っています。満席続きの人気講座のようですね。ただ初心者の方には一回の講習では結構たいへんかもしれませんので覚悟して臨んでください。(予習・復習をしっかりやればOKでしょう。)

初代川崎ローズ「バラ」は、「折り紙夢WORLD」(朝日出版社)、「博士の折り紙夢BOOK」(朝日出版社)に掲載されています。

New Rose ちょっと難しい川崎ローズ「薔薇」は、「究極の夢折り紙」(朝日出版社)、「折り紙夢WORLD 花と動物編」(朝日出版社)、「バラと折り紙と数学と」(森北出版)に掲載されています。

この黄色い薔薇の花束は、作品サンプルとして提出してしまったので、代わりに色違いで同じものを作成しました。こちらをご参照ください。

「薔薇と折り紙の日々」イメージギャラリーを、設置しております。
お時間ある方はどうぞお立ち寄りください。 
写真のクリックでギャラリーページに
パンジーの花束 小さな花束-1 クリスマスの飾り(天使と修道女)-3 クリスマスの飾り(リース)-3
折り紙教室サンプル2013冬-2 5角形から折る川崎ローズ「薔薇」(2) ねじり折りバードベースローズ(2重中割り折り)-2 Swirl Rose(渦巻きのバラ)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年6月15日 (金)

「生涯学習インストラクター」への道

以前紹介した、「折り紙講師」への道が比較的好評のようでしたので、 折り紙に関する資格として 「生涯学習インストラクター2級(折り紙)」を取得する方法につて、まとめておきたいと思います。

小生は2008年5月に「折り紙講師」の資格を取得した後、2009年8月に「生涯学習インストラクター2級(折り紙)」の資格を取得いたしました。

日本折紙協会が認定する「折り紙講師」の資格は、折り図の内容を正しく理解しして、実際に折り図どおりに折ることができれば、(手間はかかりますが)比較的手軽に取れる資格だと思っています。
(日本折紙協会には、さらに上位の資格として「折紙師範」、「折紙上級師範」があります。)

その一方、「生涯学習インストラクター2級(折り紙)」は、時間も費用もかかるので、かなり手ごわい資格でした。

生涯学習インストラクターは、文部科学省認定社会通信講座を実施している団体で構成されている、財団法人・社会通信教育協会認定の資格です。

小生が知る限りでは、現在「折り紙」を対照とする生涯学習インストラクターの資格を取得できるのは、NHK学園の生涯学習通信講座だけのようです。今のところ2級しかありません。

 以下、この資格の取得手順を具体的(赤裸々?)に紹介させていただきます。

生涯学習インストラクター2級(折り紙)を取得するためには以下の3つの要件を満たさなければなりません。
1.NHK学園の「折り紙」講座「やさしい折り紙」コースを優秀な成績で修了すること
2.NHK学園の「折り紙」講座「創作折り紙入門」コースを優秀な成績で修了すること
3.NHK学園折り紙講座が指定する3作品を制作し、審査に合格すること

まず、NHK学園の「折り紙」講座「やさしい折り紙」コースと「創作折り紙入門」コースを優秀な成績(? 後述)で修了する必要があります。

2つの講座をひとつづつ順番に受講する必要はないので、小生は2008年5月から2つ同時に受講させていただきました。(平成20年4月期)

「やさしい折り紙」テキストと修了証

「やさしい折り紙」コース(6ヶ月・添削4回・19,400円)は、伝承作品を中心としたやさしい作品が中心です。テキストから12作品(3作品を1回の添削に提出)を選んで添削を受けます。

小生が選択した課題作品は、「かざぐるま」「花かご」「さいふ」「はばたくとり」「かぶと」「つる」「かえる」「オルガン」「テンガロンハット」「しゅりけん」「せみ」「箱」でした。

「創作折り紙入門」テキストと修了証

「創作折り紙入門」コース(6ヶ月・添削6回・23,500円)は、河合豊影氏の創作作品を24cm和紙で折ってゆくもので、6つの課題作品の添削を受けます。

作品は折りごたえのあるものが多かったと思います。折り紙の技量より和紙の扱いや、糊の入れ方などに苦労した気がします。河合豊影氏独特の折りかたもあって、なかなか意義の多い講座でした。

課題作品を挙げておくと、「鶴の小物入れⅠ」「うさぎ」「しゃも」「コアラ」「コースターセット」「般若の面」となっています。

2つの講座の終了後、両コースの記録表(添削時の評価が記載された成績表)をNHK学園に送付し、書類審査を受けます。

ここで「優秀な成績で修了」の意味ですが、両講座すべての課題作品の添削評価がA以上である必要があるそうです。
(ちなみに小生の成績は、A◎評価が5コ、A○評価が8コ、A評価が5コでした。意外とまともな成績だったことに少しビックリです。)

一度でもA以下の評価を受けるとすべてが無駄になってしまうので、提出用作品を折るのは緊張しましたね。簡単なものでも真剣にならざるおえません。

2講座の記録表(恥!)

書類審査でOKがでれば、最後の実技試験に臨みます。審査申し込みの書類(審査料・教材費:30,000円)等を送付すると実技試験の課題と材料が届きます。

実技試験(1次審査)の課題は、「かご」「鳳凰」「面の花挿し」の3点でした。(期限1ヶ月)

小生なりにがんばって課題に取り組んだのですが、残念ながら1次審査で合格することは出来ませんでした。丁寧な添削をいただきましたが、「糊の入れ方、紙の裏打ちの仕方など、折ること以外の要素で合格基準に達していない」という評価のようでした。

まだ再審査があるとのことなので、気を取り直して取り組みました。

再審査の内容は、図だけ描かれた作品(修行僧)に、折りかたの説明(キャプション)を入れ、図の裏表を色分けして、折り図を完成させるものでした。(期限2週間)

初めて見る作品でしたので、実際に折ってみながら、裏表を色鉛筆で塗りわけ、キャプションを入れ提出しました。

こんなふうにして、2009年6月にようやく実技試験の合格をいただきました。

どうにか取れた生涯学習インストラクター認定証書

この後、資格認定申請の書類、顔写真等(資格認定申請料:12,000円)を送付し、(財)社会通信教育協会から「認定証書」と「認定書」が届いたのは2009年8月でした。

振り返ってみると費用はだいぶかかってますね。Total:8万5千円くらいでしょうか、受講料や審査料には、教材費(練習用の折り紙と本番用の和紙など)が含まれていますので、まあこんなもんかなとも思いますが・・・。
(審査料3万円と聞いた時には、なにか悪い商法にでもひっかかちゃたかとも思いましたョ。こんな資格取りたいと思う人いるんでしょうか…、あっ!ここに1人いました。)

資格取得のためにはやむ得ないのですが審査料、登録料などを考えると、NHK学園の「折り紙」講座は意外とリーズナブルな価格設定かもしれません。(もちろん講座内容が好みに合えばですが)なお、経費節減のため、NHK講座はDVD教材なしのコースを選びました。

苦労した生涯学習インストラクターの認定証書なんかより、NHK学園の修了証書のほうがずっと立派なのが、なんかちょっと残念ですね。(修了証書は成績にかかわらず作品添削をすべて受ければもらえますから)

こんな風にして取得した生涯学習インストラクター2級の資格ですが、実際のところ(折り紙講師の資格も同じですが)資格を得ても何にも変わるところはありません。単なる普通の折り紙愛好家が、折り紙に対する愛着心や情熱を、公に認められる形で表すことができる程度のことかなぁと思っています。(早い話自己満足ですネ。)

以上長くなりましたが、折り紙に関する資格が取りたいと思う方は、「折り紙講師」への道とあわせて参考にしていただければと思います。

 

お気に召しましたら投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

折り紙教室の講師依頼ございましたら、検討させていただきます。
プロフィールページにメールフォームがございますのでご利用ください。

ギャラリー入口
「薔薇と折り紙の日々」イメージギャラリーを、設置しております。

お時間ある方はどうぞお立ち寄りください。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月 7日 (木)

あじさいのテーブル花

あじさいはこちらにも。

さて、今回はあじさいです。

あじさいのテーブル花

林弘美氏のあじさいを、テーブル花に仕立ててみました。

林弘美氏の書籍「改訂版 折り紙フラワー」林弘美著(ブティック社)には、ワイヤーを使ったアレンジが掲載されていますが、今回も例によって針金を全く使わないアレンジとしてあります。(折り紙なんですから、ペンチやニッパーをわざわざ持ち出さなくても・・・)

平面のあじさいや葉を、色紙や画用紙などの台紙に貼って1つの作品として仕上げた物をよく見かけますが、これの応用で貼り付ける台紙を立体的にしたものと考えてください。

坊主頭のような立体的な台紙(フレーム)を用意して、5cm角で作成したあじさいを20輪程度貼り付ければ完成です。

あじさいのテーブル花

鬱陶しい季節が近づいていますが、こんなあじさいでも飾って室内の雰囲気をすこしでも明るくできればと思います。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。
折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 1日 (金)

バラのつぼみ(初代川崎ローズのアレンジ)

屁理屈・能書の多い長文記事にさすがに飽きてきたと思うので、シンプルな川崎ローズのつぼみでリフレッシュしてください。

初代川崎ローズのアレンジ

初代の川崎ローズ「バラ(つぼみ)」(折り紙夢WORLD博士の折り紙夢BOOK 朝日出版社)をよりつぼみらしくなるように、プロポーションを変更したものです。

中央のかごは鈴木恵美子氏の「折りたたみ携帯バスケットB」(月刊おりがみ369号 日本折紙協会)です。

バラ(つぼみ)

初代川崎ローズが素晴らしいのは、普通の(裏の白い)15cmの「おりがみ」で折れる点だと思います。

個人的に、この普通の15cmの「おりがみ」がとても好きなんです。どこでも入手できるし、安くて、色数も豊富だし、色飽和度の高い色彩もいいと思います。(色彩感覚が幼稚なんでしょうネ。牛丼的表現だと、「安い、手軽、きれい」でしょうか。)

60色、220枚入の箱入り「おりがみ」 を手にして、封を開ける瞬間の何を折ろうかワクワクする感じがたまりません。

ご存知のようにNew Rose と呼ばれる新しい川崎ローズ薔薇や、Naomiki Sato Rose は両面同色の紙が必要ですし、15cmではちょっと小さいようです。

初代川崎ローズのアレンジ

折り紙なんですから、やっぱり「おりがみ」で折れないと… と思うのですが。

もちろん、川崎ローズ薔薇やNaomiki Sato Roseも好きなんですが、紙をどうしようか、いつも悩みます。(苦労して手に入れたA3の用紙を5角形に切ってしまうのは、もったいない気がしますし、切り出した残骸を見てるとやるせなくなったりしませんか?)

とか何とかいいながらも、5角形から川崎ローズ薔薇を折ってみたりもするのですが・・・。

15cm「おりがみ」は手軽に使えるので、手間さえ惜しまなければ、じゃんじゃん作って、大阪のオバチャンの「飴ちゃん」のように配れます。

というわけで、折り紙教室の体験講習にご参加いただいた皆様とスタッフに、お土産としてお配りしました。



お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »