« ひまわりのアレンジ | トップページ | ブログラム 折り紙ブログランキングで1位に(再び) »

2012年7月27日 (金)

普通の折り紙で折る川崎ローズ「薔薇」

     お子さんにもできる父の日のための簡単なバラの作り方(第2弾:本格1枚折り)はこちらです。

川崎ローズ「薔薇」
川崎ローズ「薔薇」 手前3つは普通の折り紙で折ったもの15cm,24cm,24cm
赤い薔薇の花束は以前の黄色の色違いです。Image Galleryはこちら

最初に言葉の定義が必要かもしれませんね。「普通の折り紙」とは、裏の白いいわゆる普通の折り紙です。

ご存知のように、初代の川崎ローズ「バラ」は普通の折り紙で折ることができるのですが、ちょっと難しい川崎ローズ「薔薇」は紙の裏側の白い面が出てしまうので、両面同色の折り紙が必要です。(「バラ」と「薔薇」のちがいはこちら

まあ白い薔薇なら全く問題ないのですが…。

両面同色に限定すると使用できる紙は制限されますし、折り紙ならではの色数の豊富さや、色飽和度の高い鮮やかな色彩で折れないのは残念です。

普通のおりがみなら、15cmなら60色24cmなら50色 程度が市販されており、入手もしやすいと思います。

どうにか「普通の折り紙」で「薔薇」が折れないものかと考えてみましたのでご報告します。

誰もが最初に思いつくのが、2枚の「普通の折り紙」を貼りあわせて、両面同色の紙を作ってしまう方法です。難点は同じ色の折り紙が2枚必要になることと、用紙+糊で厚みが増しモッサリして折りにくくなることでしょうか。それに2枚の紙をきっちり皺なく貼りあわせるのは以外に難しいものです。
糊が乾くまでに折り上げて、ウエットホールディング的効果や形状の安定化に期待するという考えもあるかとも思います。

この他には、1枚の「普通の折り紙」をざぶとん折りして両面同色の紙とみなす方法もあります。
難点は紙のサイズが小さくなってしまうことと、糊付けした際のモッサリ感でしょうか。

糊付けせずに折ることも可能ですが、「薔薇」固有の傾いたグリッド(格子)と、ざぶとん折りの対角45度のラインが干渉して非常に折りにくいようです。

これら2つの方法は、「薔薇」に限らずすべての折り紙に適用可能な方法ではあるのですが、今ひとつ芸がないように思います。「薔薇」の特徴的な折り方にマッチした方法はないのでしょうか。

そこで、もう一度「薔薇」の構造を観察してみましょう。

「薔薇」のグリッド構造
「薔薇」のグリッド構造

川崎ローズ「薔薇」は正方形の用紙に斜めにグリッド(格子)を入れて折ってゆくのが特徴ですが、これは用紙の内部に22.5°傾いて内接する正方形があるとみなすことができます。

内接する正方形に着目すると、この正方形にとっては各辺に平行な、縦横垂直な通常のグリッド(正方格子)になっています。この内接する正方形で基本的な「ばら」を折り、正方形の外側の領域が外周花弁として追加される構造です。

裏面の白い部分が表に表れてしまうのは、この外周花弁に相当する部分(の裏側)です。そこで、以下のように外周花弁の裏側近辺のみを2重(両面同色)化してみました。

外周花弁の裏近辺のみ2重(両面同色)化する
外周花弁の裏近辺のみ2重(両面同色)化する

必要最小限のエリアのみを2重(両面同色)化するのは、用紙が小さくなってしまうことを少しでも防ぐことが狙いです。さらに、傾く角度を22.5°とすることで「薔薇」固有の斜めグリッドと高い整合性が期待できます。

実際に折ってみると…。

普通の折り紙で折る「薔薇」
普通の折り紙で折る「薔薇」

見事に裏側の白い面を出すことなく折ることができます。グリッドとの親和性も高く、慣れれば糊付けなしでもきれいに折れるようです。(最初のうちは角だけでも軽く糊付けしたほうが良いようです)

普通の折り紙で折る「薔薇」
普通の折り紙で折る「薔薇」

紙の合わせ目のラインが出ますが、ほとんど気にならないと思います。



以下に簡単に用紙の折り方を示しておきます。

基準の折り目

まず用紙に基準の折り目をつけておきます。

傾いた正方形の対角線

この基準の折り目を利用して22.5°傾いた正方形の対角線(ピンク)を付けます。

さらに、22.5°傾いた正方形の辺(青)を谷折りすれば用紙の完成です。

用紙の完成

こちらが裏面になりますので、ひっくり返して通常通り川崎ローズ「薔薇」を折ってみてください。

紙の大きさをざぶとん折りの場合と比べてみると、
ざぶとん折りとの比較
ざぶとん折りとの比較

大きさ的にはあんまり変わらなかったですね。まぁ、ちょっとは優位ということでご容赦ください。
ただし、グリッドとの整合性の良さはなかなかで、素直にきっちり折れるようになった気がします。

正確に計算してみると、元の正方形1に対してざぶとん折りが 0.707 (1/√2)のサイズになるのに対し、この方法では 0.765 と約8.2%程度大きくなります。(やっぱりわずかですね)
ちなみに24cm折り紙は18.4cm、15cm折り紙では11.5cmの両面同色折り紙と同等になります。(関数電卓とか久しぶりに使いました!)

大きさ以外の問題点としては、余計な折り目が付いてしまうためちょっと折りにくくなることでしょうか。(もちろん2枚重ねによる折にくさは本質的にあるわけですが…)
いずれにせよ、通常の折り方でよく練習してから取り組まれることをお勧めします。

両面同色の用紙が無いけど、川崎ローズ「薔薇」が折りたいという方は、ぜひお試しいただくと良いと思います。ただし、15cmの折り紙では、小さくなりすぎてちょっときびしいかもしれません。タント紙 (両面同色紙)を使ったほうが賢明かと…

お気に召しましたら投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

川崎ローズ「薔薇」はこちらに掲載されています。

  川崎敏和著「究極の夢折り紙」(朝日出版社)

  川崎敏和著「折り紙夢WORLD 花と動物編」(朝日出版社)

  川崎敏和著「バラと折り紙と数学と」(森北出版)

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。
折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

 

「薔薇と折り紙の日々」イメージギャラリーを、設置しております。
お時間ある方はどうぞお立ち寄りください。 
写真のクリックでギャラリーページに
パンジーの花束 小さな花束-1 クリスマスの飾り(天使と修道女)-3 クリスマスの飾り(リース)-3
折り紙教室サンプル2013冬-2 5角形から折る川崎ローズ「薔薇」(2) ねじり折りバードベースローズ(2重中割り折り)-2 Swirl Rose(渦巻きのバラ)

|

« ひまわりのアレンジ | トップページ | ブログラム 折り紙ブログランキングで1位に(再び) »

バラ」カテゴリの記事

川崎ローズ」カテゴリの記事

折り紙」カテゴリの記事

コメント

ブログを拝読して自分でも試してみたくなり、外周花弁の裏近辺のみ両面同色化した方法で「薔薇」を折ってみました。

手元にあった15cm折り紙だと仰る通りサイズは小さくなりましたが、白い部分が見えない出来上がりには満足しました(^^)

投稿: 逢咲 | 2012年7月31日 (火) 01時33分

>> 逢咲 さん、

コメントありがとうございます。
早速お試しいただいたようで、ご報告嬉しいです。
あまり小さくならないもっとよい方法があればよいのですが・・・。
今後ともよろしくお願いします。また遊びにいらしてください。

投稿: なか(管理人) | 2012年7月31日 (火) 01時58分

はじめまして^^

バラ綺麗ですね^^
私も趣味で折り紙やるけど、こんな芸術的ものは全くつくらないな〜(^^;)
いつも鶴とくす玉ばっかり折ってます((汗

たまにはこういうのも折ってみようかな〜

投稿: ZIN | 2012年8月16日 (木) 16時05分

>> ZIN さん、
コメントありがとうございます。
鶴やくす玉も、色々奥が深いと思います。
まだまだ折り紙の世界は広がっていますので、ぜひ色々なものを折ってみてください。
また、遊びにいらしてください。

投稿: なか(管理人) | 2012年8月16日 (木) 16時16分

おおー。この発想はありませんでした。

普通の折り紙で折れるじゃないか、と思っていたのですが、白い面を出さないように試行錯誤していたのですね。

投稿: 拓実 | 2013年4月13日 (土) 13時31分

>> 拓実 さん、

コメントありがとうございます。
川崎ローズ「薔薇」このほかにも、5角形から折って見たりもしてますのでどうぞお楽しみください。

投稿: なか(管理人) | 2013年4月13日 (土) 14時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1258064/45653455

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の折り紙で折る川崎ローズ「薔薇」:

« ひまわりのアレンジ | トップページ | ブログラム 折り紙ブログランキングで1位に(再び) »