« 川崎ローズ「薔薇」のツイスト風(吉沢章風)アレンジ | トップページ | バラの花束(ねじり折りバードベースローズ) »

2012年10月26日 (金)

透かし(Watermark)の検討

今回は折り紙に関する記事ではないのですが、WebLog なので個人的備忘録として記しておきます。

イメージギャラリー開設にあたり、写真の隅にブログ名とサイトアドレスを入れるようにしてきたのですが、これでは効果がないことがわかりました。
ずいぶん前になりますが、悲しいことに、思い知らされる事態に遭遇してしまいました。

そこで、大きな面積で入れてもあまり邪魔にならないような透かし(Watermark)の開発が急務となりました。

以下色々検討した結果です。

まず通常のフォントを写真に透かしとして刷り込んでみましょう。

Step1_org
元のパターンはこれです。

透かしとして刷り込む方法として、オリジナルデータに透かしパターンを加算する方法と、減算する方法が考えられます。

画像の暗い箇所では加算、明るい箇所では減算とするのが良いようです。
(例えば白100%の画像にはこれ以上加算できなですからね)

Step1
上段左が加算透かし、下段右が減算透かしです。

効果はありそうですが、結構邪魔です。

文字のエネルギーが大きすぎるようなので、フォントの輪郭を利用してみました。

Step2_org

Step2
だいぶよくなりましたが、もう少し改良してみます。

フォントの画像を斜めにわずかにずらせた画像を用意して、2枚の画像を減算したパターンを用います。減算する順序を変えると2つのパターンが生成できます。

Step3_org
加算用パターン

Step4_org
減算用パターン

Step3

写真の用紙にエンボス加工したような透かしを刷り込むことができました。フォントのエネルギーも小さいのでそれほど邪魔にならないと思います。

画像の演算処理、透かしの刷り込みなどには、「ねたろ」氏のフリーソフトDibas32を用いています。ずいぶん古いソフトですが、結構多機能で長年ずっと愛用しています。

透過GIFををブレンドする方法など、ソフトによってはもっと簡単な方法があるかもしれません。

非商用で、かつ個人使用の範囲の場合には問題ありませんが、厳密にはフォントにも著作権があります。気になる方(商用利用の場合など)はフリーのフォントを選ぶか、手書き文字を取り込んで利用するのがよいと思います。

心ない人の側の立場になって考えると、オリジナルの透かしのフォントパターンを入手、あるいは推測できれば、逆の手順で処理して透かしを消すことも完全に不可能ではありません。その意味では手書き文字のほうが耐性は高いと思われます。

まあ、そこまでやらないだろうと思いつつ、透かしのパターンを拡大縮小したり、回転させてみたりして、使用してみることにします。

写真などをメインにしたブログを運用されている方も多いと思いますが、自己防衛につきると思いますので良ければ参考になさってください。


お気に召しましたら投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

|

« 川崎ローズ「薔薇」のツイスト風(吉沢章風)アレンジ | トップページ | バラの花束(ねじり折りバードベースローズ) »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1258064/45270677

この記事へのトラックバック一覧です: 透かし(Watermark)の検討:

« 川崎ローズ「薔薇」のツイスト風(吉沢章風)アレンジ | トップページ | バラの花束(ねじり折りバードベースローズ) »