« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月30日 (水)

小さなギフトパッケージ

今回は、おりがみで折った作品等をプレゼントする際に便利な小さなパッケージをご紹介します。

小さなギフトパッケージ

ちょうど川崎ローズ1輪が入るくらいの透明のケースになります。

実はコレ、プラスチックのコップを切って作ったものなんです。

お友達のプレゼントなどに花束などのアレンジを、と思っても結構作るのは大変です。

そこで、花一輪でも簡単なプレゼントにできるようにと、こんなパーッケージを作ってみました。

簡単に作り方をご紹介しておきましょう。

用意するものは透明なプラコップとハサミです。(見やすいように説明写真は普通の紙コップで撮影してあります。)

手順1
1.コップのふちを切り取ります。

手順2
2.必要な高さまで、8等分の切り込みを入れます。

手順3
3.向かい合わせの羽を折り、対角線状に印をつけ、羽が互いにぎりぎりですれ違えるよう、斜めにカットします。

手順4
4.すべての羽を同様にカットします。

手順5
5.反時計回りで閉じてゆきます。

手順6
6.すべてを閉じます。

完成
7.完成です。

当たり前ですが、中に作品を入れてから蓋を閉じてくださいね。

底に銀ホイル紙を敷いたり、リボンを付けて素敵なプレゼントに仕上げてください。

コップの容量を変えると大きな入れ物にもなります。作品のホコリよけにもなると思います。

初代川崎ローズのバラのつぼみをこんなパッケージに封入した作品を、大森教室では1月21日(月)に取り上げました。2月11日(月)には秦野教室で講習予定です。

折紙教室の詳細はこちらです。



お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン


「薔薇と折り紙の日々」イメージギャラリーを、設置しております。
お時間ある方はどうぞお立ち寄りください。 
写真のクリックでギャラリーページに
パンジーの花束 小さな花束-1 プリムラのテーブル花 初代川崎ローズのアレンジ「もっとひらいたバラ」
折り紙教室サンプル2013冬-2 5角形から折る川崎ローズ「薔薇」(2) ねじり折りバードベースローズ(2重中割り折り)-2 爪掛けポックリと下駄

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月24日 (木)

プリムラのテーブル花

厳しい寒さにはもう飽きてしまって、春が待ち遠しくなってきました。

折り紙の世界だけでも春を先取りしましょう。

プリムラのテーブル花

池田明美氏のプリムラをテーブル花にアレンジしてみました。プリムラにはオブコニカ、メラコイデス、ジュリアンなど色々種類がいろいろありますが、一番ポピュラーなプリムラ-ポリアンサのイメージに最も近いと思います。

実物のプリムラはもっと小さな花ですが、折りやすさを考慮して10cm角の折り紙としてみました。

プリムラのテーブル花

花芯の色づけの黄色い折り紙は、原作者の指示では3/4のサイズ(7.5cm)になりますが、実物のイメージに近づけるため、もうすこし小さくしてあります。

プリムラのテーブル花

伝承の菓子鉢を台(花器)に見立てて、葉っぱ、花を3つづつ配置しています。

プリムラのテーブル花

まだまだ厳しい寒さが続きますが、こんな作品で一足早い春を感じてみてはいかがでしょうか。

このプリムラのテーブル花は、秦野教室で1月28日(月)に、三ツ境教室で2月5日(火)に作成する予定になっています。

折り紙教室の詳細はこちらです。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン



池田明美氏のプリムラは 「花のおりがみ 」(日本折紙協会)に掲載されています。

 

「薔薇と折り紙の日々」イメージギャラリーを、設置しております。
お時間ある方はどうぞお立ち寄りください。 
写真のクリックでギャラリーページに
パンジーの花束 小さな花束-1 プリムラのテーブル花 初代川崎ローズのアレンジ「もっとひらいたバラ」
折り紙教室サンプル2013冬-2 5角形から折る川崎ローズ「薔薇」(2) ねじり折りバードベースローズ(2重中割り折り)-2 爪掛けポックリと下駄

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年1月18日 (金)

初代川崎ローズのアレンジ「もっとひらいたバラ」-2(折り方の詳細)

初代川崎ローズのアレンジ「もっとひらいたバラ」
初代川崎ローズのアレンジ「もっとひらいたバラ」

前回は、「もっとひらいたバラ」のアレンジに至った経緯についてご紹介させていただきましたので、今回は具体的な折り方の詳細について記してゆきたいと思います。

なお、この作品はあくまでも川崎敏和氏の初代川崎ローズをベースにアレンジしたものであって、このブログや小生を離れて勝手に一人歩きすることは望んでいませんので、無断で転載したり二次利用することはご遠慮ください。個人で楽しむ範囲でご利用ください。

左:オリジナル 右:もっとひらいたバラ
左:オリジナル 右:もっとひらいたバラ

基本的に初代川崎ローズ「ひらいたバラ」あるいは「福山ローズ」の外周花弁の形成方法を変更しただけで、他の部分は初代川崎ローズと同じですので、主に「ひらいたバラ」と異なる部分のみ示して見たいと思います。

ここでは川崎敏和氏の書籍「折り紙夢WORLD」(朝日出版社)p74「バラ」の折り手順に沿って比較しながら説明してゆきましょう。

手順1
1.まず折り紙に8x8のグリッド線を折り込みます。これは書籍の1~3の工程になります。

この後、書籍の工程4・5に従い中央にねじり折のための4角の折り目を付けます。

前回示したように、このアレンジでは4隅は折らないので、書籍の工程6・7は飛ばします。

書籍の工程10・11で尾根ラインを付け、外周花弁を形成します。

手順2
2.1マスずらせて右半分だけ折り、外周花弁形成に入ります。書籍の工程13・14に相当します。

手順3
3.右角1マスを三角に折り、中割り折りします。

手順4
4.内側に送り込むようにして、山折りします。

手順5
5.外周花弁の左角1マスを三角に折ります。

手順6
6.5の角を中割り折りします。

手順7
7.外周花弁を上に折り上げます。

この外周花弁の形成を4箇所行います。ここまでが書籍の工程22までに相当します。

この後は書籍の工程23以降に従い、ねじり折り、ねじり折の立体化、外周花弁の再構成を行います。外周花弁の折り方が異なりますが、工程49まで同じ要領で折り進めます。

手順8
8.4つのツノがでるように組み立てます。

手順9
9.4つのツノを組むようにして裏蓋を閉じます。

手順10
10.外周花弁を開き、はなびらの形を整えて完成です。

以上が初代川崎ローズのアレンジ「もっとひらいたバラ」の折り方詳細です。

「ひらいたバラ」の外周花弁の折り方を変更しただけですので、オリジナルの「ひらいたバラ」を一通り練習してから取り組まれることをお勧めします。

初代川崎ローズのアレンジ「もっとひらいたバラ」(中央はオリジナルの「ひらいたバラ」)
初代川崎ローズのアレンジ「もっとひらいたバラ」(中央はオリジナルの「ひらいたバラ」)

外周花弁のわずかな変更ですが、より華やかに咲き誇るイメージになったのではないかと思います。

初代川崎ローズ(福山ローズ)が折れる方は、人とはちょっと違うバラを目指してチャレンジしてみてはいかがでしょうか。違いのわかるバラマニアの方からはちょっと注目されるかもしれませんョ。

 

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン


初代川崎ローズ「ひらいたバラ」は、川崎敏和著「折り紙夢WORLD」(朝日出版社)に掲載されている作品です。

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。
折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

「薔薇と折り紙の日々」イメージギャラリーを、設置しております。
お時間ある方はどうぞお立ち寄りください。 
写真のクリックでギャラリーページに
パンジーの花束 小さな花束-1 プリムラのテーブル花 初代川崎ローズのアレンジ「もっとひらいたバラ」
折り紙教室サンプル2013冬-2 5角形から折る川崎ローズ「薔薇」(2) ねじり折りバードベースローズ(2重中割り折り)-2 爪掛けポックリと下駄

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年1月13日 (日)

初代川崎ローズのアレンジ「もっとひらいたバラ」-1(着眼点と経緯)

ご存知のように、川崎敏和氏が「ばら」として最初に発表した作品、初代の川崎ローズには「バラ(つぼみ)」と「ひらいたバラ」があります。

「ひらいたバラ」は一部の方からは「福山ローズ」とも呼ばれている作品です。

中央:「ひらいたバラ」(オリジナル) 周辺:「もっとひらいたバラ」
中央:「ひらいたバラ」(オリジナル) 周辺:「もっとひらいたバラ」

今回は「ひらいたバラ」の外周花弁を、オリジナルより少し大きく開くようレンジした作品をご紹介します。題して「もっとひらいたバラ」です。

「おもいっきりひらいたバラ」にしようかと考えたんですが、お昼のテレビ番組みたいなので「もっとひらいたバラ」とさせていただきました

 左:オリジナル 右:もっとひらいたバラ
左:オリジナル 右:もっとひらいたバラ

比較してみると差はわずかですが、外周花弁のサイズが大きくなり、大きく広げることが出来ます。水平に広がるようになったため、全体のバランスも背が低く平たくなったように感じられると思います。

左:オリジナル 右:もっとひらいたバラ
左:オリジナル 右:もっとひらいたバラ

まず、このアレンジに至った経緯を説明しておきましょう。

花びらがメインとなるようなバラなどを、折り紙で表現する際に重要になるのは、有限の折り紙のリソースをどのようにして花びらに効果的に割り当てるかということになります。

ご存知のように、初代川崎ローズは普通の(裏の白い)折り紙で折れる作品ですが、両面同色の折り紙を必要とする作品に比較すると、このリソースの制限は厳しくなります。

たとえば1枚の花びらを表現しようとする場合、花びらの裏表両面に色を付けるためには、普通の折り紙の場合、両面同色の紙に比較して2倍のリソースを必要とします。

逆に両面同色の紙であれば、半分のリソースで1枚の花びらが表現でき、自由度が大きく高まるわけです。

ちょっと難しい川崎ローズ「薔薇」は、両面同色の紙を利用することによって得られた(浮いた)リソースを用いて花弁のボリュームを増していると考えてもよいかと思います。逆に写実性の高い表現を実現するため、両面同色の紙を使用せざるおえなかったとも言えるでしょう。

このように厳しいリソースの制限のなかで、うまくやりくりしてできている初代川崎ローズなのですが、本当に無駄な部分はないのでしょうか。

以前から気になっていたのは、初代川崎ローズの8x8のグリッド線の4隅の2マスを折って使用する箇所です。角を折ることで利用できる紙の面積(リソース)は減少してしまっているように見受けられます。

初代川崎ローズの4隅2マスを三角に折る工程
初代川崎ローズの4隅2マスを三角に折る工程

実際にはこのようの折らなくても同じ8角形の形状が出来ていれば、バラとして折り進めることが出来ます。

たとえば、連薔薇(川崎ローズの連鶴風)や、バラと妹背山の繋ぎ折り で示したように紙を45度回転させて角を1/3折って8角形を形成しても、バラを完成させることができます。

すなわち、この四隅の角を切り落として8角形を形成しても基本的には問題ないわけです。
厳密には外周花弁の先端部の裏側に折り紙の裏面が出てしまうことを防いでいるので、完全に無駄というわけではないのですが・・・。

この無駄に思われてしまう4隅のリソースをもっと有効に活用して外周花弁を大きく出来ないかと思い、検討してみた結果生まれたのがこのアレンジです。

結果的に、4隅を折らずに外周花弁を形成し、外周花弁をすこし大きくすることができました。

裏からみたところ 左:「ひらいたバラ」 右:「もっとひらいたバラ」
裏からみたところ 左:「ひらいたバラ」 右:「もっとひらいたバラ」

また「ひらいたバラ」では裏面に風車形の白い面が表れますが、「もっとひらいたバラ」では裏の白い面を全く出さずに折ることができます。
まあ、裏側で見えなくなっちゃうので、あんまり関係ないかもしれませんが…。

初代川崎ローズのアレンジ「もっとひらいたバラ」
初代川崎ローズのアレンジ「もっとひらいたバラ」

折り方の詳細は次回詳しく紹介させていただく予定です。

基本的に初代川崎ローズ「ひらいたバラ」あるいは「福山ローズ」の外周花弁の形成方法を変更しただけで、他の部分は初代川崎ローズと同じですので、主に「ひらいたバラ」と異なる部分のみ示して見たいと思います。

初代川崎ローズ「ばら(つぼみ)」をより蕾らしくアレンジする手法は、川崎ローズ「バラ(つぼみ)」のプロポーションとしてすでにご紹介いたしました。
また、「ひらいたバラ」の開き具合を調整する方法は初代川崎ローズ「バラ」の表情 で示した通りです。

今回、初代川崎ローズ「ひらいたバラ」をより大きく開花させるアレンジができたことで、皆さんの手でより表情豊かに咲き乱れさせていただけるといいと思います。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

初代川崎ローズ「ひらいたバラ」は、川崎敏和著「折り紙夢WORLD」(朝日出版社)に掲載されている作品です。

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。
折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

「薔薇と折り紙の日々」イメージギャラリーを、設置しております。
お時間ある方はどうぞお立ち寄りください。 
写真のクリックでギャラリーページに
パンジーの花束 小さな花束-1 爪掛けポックリと下駄 初代川崎ローズのアレンジ「もっとひらいたバラ」
折り紙教室サンプル2013冬-2 5角形から折る川崎ローズ「薔薇」(2) ねじり折りバードベースローズ(2重中割り折り)-2 お正月の飾り(ヘビとカエル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 9日 (水)

三ツ境教室の折込広告(2013年冬)

昨日の秦野教室に引き続いて、本日(2013年1月9日)三ツ境教室の折込広告が入りました。

相鉄線の二俣川・希望が丘近隣にお住まいの方はぜひご覧ください。

三ツ境教室の折込広告

2013年1月29日(火)より第1・3火曜日の10:00~12:00全6回を予定しています。

場所は神奈川県横浜市三ツ境の三ツ境カルチャーセンターです。
相鉄線「三ツ境」駅北口徒歩1分、相鉄三ツ境B棟2Fになります。

三ツ境教室の折込広告

お近くにお住まいでご興味ある方は、ぜひご参加ください。

詳細のお問い合わせ・受講申し込みは、 三ツ境カルチャーセンター(045-365-5491) までお願いいたします。

三ツ境教室を含めた、折り紙教室の詳細はこちらです。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

「薔薇と折り紙の日々」イメージギャラリーを、設置しております。
お時間ある方はどうぞお立ち寄りください。 
写真のクリックでギャラリーページに
パンジーの花束 小さな花束-1 爪掛けポックリと下駄 初代川崎ローズのアレンジ「もっとひらいたバラ」
折り紙教室サンプル2013冬-2 5角形から折る川崎ローズ「薔薇」(2) ねじり折りバードベースローズ(2重中割り折り)-2 お正月の飾り(ヘビとカエル)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月 8日 (火)

秦野教室の折込広告(2013冬)

本日(2013年1月8日)に秦野教室の折り込み広告が入ります。
神奈川県の伊勢原、秦野近辺にお住まいの方はよろしければご覧ください。

秦野教室の折込広告

新規講座ではないので、ちょっと小さめですがお勧め講座として取り上げられてます。

秦野教室の折込広告
講習料が少しお得な一日体験講習が1月28日に行われますので、ご興味あるかたは奮ってご参加ください。

詳細のお問い合わせ・受講申し込みは、秦野カルチャーセンター (0463-80-4411または0120-66-5432)までお願いいたします。

秦野教室を含めた、折り紙教室の詳細はこちらです。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 2日 (水)

爪掛けポックリと下駄

新年になりました。明けましておめでとうございます。

今月はお正月ですから、「和」のテイストで小物を作ってみました。
爪掛けポックリと下駄
爪掛けポックリと下駄

爪掛けポックリは熊坂浩氏の作品で、「月刊おりがみ第435号」(日本折紙協会)に掲載のものです。

下駄は津田良夫氏の作品で、「博士の折り紙夢BOOK」(朝日出版社)・「おりがみ傑作選1 」(日本折紙協会)に掲載されています。

爪掛けポックリと下駄
爪掛けポックリと下駄

ポックリはご婦人の履物ですから当然和服の女性がお履きになったものでしょう。

横で脱ぎ散らかした下駄は男の子のものでしょうか。

和装の親子はどちらへお出かけされたのでしょうか。お正月ですから、親戚あるいはご実家に新年のご挨拶でしょうか。

和服の似合う美人(?)の凛としたお母様と、じっとしているのが難しいぐらい活発な元気の良い男の子…、そんな姿を思い浮かべていただけましたでしょうか。

爪掛けポックリと下駄
爪掛けポックリと下駄

熊坂浩氏の「爪掛けポックリ」は本来、鼻緒と爪掛けに紙の裏面(白い面)が出る形になります。ここでは、爪掛けには裏面を出しつつ鼻緒の色を変えるため、切り貼りしてあります。地の色に鼻緒の部分に折り紙を貼り付けると、鼻緒が厚くなって折りにくくなってしまうので、全体を鼻緒色の折り紙とし、地部分の折り紙を貼り付けるようにしています。

同様に、津田良夫氏の「下駄」も、鼻緒色の紙を用意して、地の色の折り紙を鼻緒以外の箇所に貼り付ける構成としてあります。

このようにすることで、鼻緒部分は1枚厚で折りやすく、地の部分は2枚厚でしっかりした作品を折ることができます。

この熊坂浩氏の「爪掛けポックリ」は、大森教室にて1月7日(月)に、秦野教室にて1月14日(月)に講習する予定になっています。
折り紙教室の詳細はこちらです。

どうぞ、良いお正月、良い1年をお過ごしください。本年もよろしくお願いいたします。

 

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

「薔薇と折り紙の日々」イメージギャラリーを、設置しております。
お時間ある方はどうぞお立ち寄りください。 
写真のクリックでギャラリーページに
パンジーの花束 小さな花束-1 爪掛けポックリと下駄 初代川崎ローズのアレンジ「もっとひらいたバラ」
折り紙教室サンプル2013冬-2 5角形から折る川崎ローズ「薔薇」(2) ねじり折りバードベースローズ(2重中割り折り)-2 お正月の飾り(ヘビとカエル)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »