« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月29日 (月)

子供の日が近づいてきました。今回は、松野幸彦氏の兜をご紹介します。

兜(松野幸彦氏)

松野幸彦氏は、毎年のように折り紙の兜作品を発表されておられますが、今回は月刊「おりがみ」393号掲載のバージョンです。

伝承の兜の雰囲気を引き継ぎながら、大き目の鍬形に加えて左右の吹き返しなど兜の基本要素を表現した作品になっています。

兜(松野幸彦氏)

15cmの裏白の普通の折り紙に、金のホイル折り紙を重ね合わせてのり付けして使用しています。

15cmの折り紙でも2枚貼り合せるのは意外と難しいです。
普通に貼ろうとすると、皺が寄ってしまったり、空気が入ってしまったり、紙が水分を吸って膨張し狂いが出てしまったりします。

コツとしては、水分の少ないスティック糊を用いること。
水分を吸っても狂いの出にくいホイル折り紙側に糊を塗布して、丁寧に重ねる。
などの工夫で上手く貼ることが出来ると思います。

折り紙のセットの中には金銀のホイル折り紙が入っていますが、意外と使う機会が少なくて余ってしまっていませんか。
いつもの作品がちょっとゴージャスな飾りに変身しますョ。

こどもの日の飾りにこんな作品はいかがでしょうか。

というわけで、花束パンダにもかぶってもらいました。

花束パンダ兜着用
パンダ(笠原邦彦氏) あやめ(小倉隆子氏) 兜(松野幸彦氏)

なんだかどこかの「ゆるキャラ」みたいですね。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月24日 (水)

カーネーションのテーブル花

5月が近づいてきました。5月は母の日がありますので、カーネーションの季節です。

カーネーションのテーブル花

今回はカーネーションのテーブル花をご紹介しましょう。

カーネーションは以前ご紹介した4セル独立構造の作品に、がくを付けたものです。

カーネーションのテーブル花

カーネーション3輪と葉っぱ3枚を8角形の台に配置しました。

カーネーションのテーブル花

この台は、バラのつぼみのテーブル花等で使用していたものと同じですね。

3輪の花を安定に支持するため、6角錐の突起を台の中央に取り付けて、これに葉っぱと花を取り付ける構造になっています。

この作品は、4月27日(土)15:30~朝日カルチャー横浜で講習する予定です。

折り紙教室の詳細情報はこちらです。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

 

 

「薔薇と折り紙の日々」イメージギャラリーを、設置しております。
お時間ある方はどうぞお立ち寄りください。 
写真のクリックでギャラリーページに
パンジーの花束 小さな花束-1 プリムラのテーブル花 初代川崎ローズのアレンジ「もっとひらいたバラ」
折り紙教室サンプル2013冬-2 5角形から折る川崎ローズ「薔薇」(2) 新しいバラ(ねじり折りバードベースローズ) 鶴の基本形から折る「やさしいバラ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月19日 (金)

講習参加ありがとうございました。

ご報告が遅れてしまいましたが、4月16日に『鶴の基本形から折る「やさしいバラ」』の講習が無事に終了いたしました。

鶴の基本形から折るやさしいバラ

お忙しい中たくさんの方にご参加いただき、本当にありがとうございました。

初めての講習でしたので、なかなか時間配分が難しく若干時間をオーバーしましたが、皆さん無事に完成させることができたと思います。

「ちっともやさしくない」、というお声もあったようですが、どうぞご容赦ください。

まぁ、新しい作品ですから、今までにない折り方も入っているわけで、経験したことのない手法を難しいと感じるのは当然のことでしょう。

すこし慣れていただくと、シンプルさに気が付いていたでけるんじゃないかと思います。

鶴の基本形から折るバラ(5角形版)

当日は完成見本のほかに、5角形から折ったバージョンと、初代川崎ローズのバラのつぼみもお土産としてお配りしました。

講習のお土産

それから、配布した資料の「作成のポイント」に記載誤りがありました。
糊を使わないバージョンの最初のキャプションが、「13から」  は誤記で正しくは「16から」です。(申し訳ありません)

予定通り5月21日(火)には5角形バージョンの講習もさせていただくことになりました。

4月16日の講習を受けられた方限定になりますが、ご興味あればぜひ受講してください。
お申し込みは、TEL: 045-365-5491 三ツ境カルチャーセンターまでお願いいたします。

次回は時間内に終了するようしっかり準備して臨みたいと思っておりますので、よろしくお願いします。

ついでに、朝日カルチャー横浜の新講座「四季の折り紙」も現在申し込み受付中です。

お申し込み・お問い合わせは 

朝日カルチャー横浜 045-453-1122 http://www.asahiculture.com/yokohama/  までどうぞ。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月16日 (火)

バラのつぼみのテーブル花

今は4月なんですが、折り紙教室のサンプルは7月~9月の作品を作ったりしています。
7-9月期の告知募集は5月末くらいからになりますが、その1月前がパンフレット・ビラ等の印刷物原稿の〆切りになるからです。

直近の講習準備やリハーサルもこなさないといけませんので、季節が3・4ヶ月行ったり来たりで季節感バラバラです。

バラのつぼみのテーブル花

そんなわけで、何時のために撮ったのか不明なんですが写真がでてきたので、
今回はバラのつぼみのテーブルフラワーをご紹介します。

初代川崎ローズの「バラ(つぼみ)」の開口率を小さくアレンジした「バラのつぼみ」です。

バラのつぼみのテーブル花

紙はタント紙(タント12カラーペーパー15.0 あか )ですね。

この作品は裏の白いいわゆる普通の折り紙で折れる点が非常に気に入っているのですが、たまには気分を変えてタント紙(両面同色なんです)で折ってみました。

バラのつぼみのテーブル花

しっとりとした落ち着いた色合いで、普通の折り紙より高級感があるかもしれません。
(というか普通の折り紙よりちょっとお値段お高めですからね)

川崎敏和氏の初代川崎ローズ「バラ(つぼみ)」は
 川崎敏和 著 「折り紙夢WORLD 」(朝日出版社)
 川崎敏和 編・著 「博士の折り紙夢BOOK 」(朝日出版社)
に記載されています。

開口率を下げて、よりつぼみらしくするアレンジは、当ブログの記事「バラのつぼみのプロポーション」をご参考になさってください。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

 

 

「薔薇と折り紙の日々」イメージギャラリーを、設置しております。
お時間ある方はどうぞお立ち寄りください。 
写真のクリックでギャラリーページに
パンジーの花束 小さな花束-1 プリムラのテーブル花 初代川崎ローズのアレンジ「もっとひらいたバラ」
折り紙教室サンプル2013冬-2 5角形から折る川崎ローズ「薔薇」(2) 新しいバラ(ねじり折りバードベースローズ) 鶴の基本形から折る「やさしいバラ」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月 8日 (月)

講習会が近づいてきました。

鶴の基本形から折る「やさしいバラ」の講習が近づいてきました。

今は講習用の資料作成に追われています。

鶴の基本形から折る「やさしいバラ」

この『鶴の基本形から折る「やさしいバラ」』の講習は4月16日(火)10:00~12:00 三ツ境カルチャーセンターで行います。

講習のお問い合わせ・お申し込みは TEL: 045-365-5491 三ツ境カルチャーセンターまでお願いいたします。

さて、三ツ境カルチャーセンターさんのご好意により、5月21日(火)にも教室を確保させていただくことができました。
そこで、このバラの5角形バージョン5角形から折るねじり折りバードベースローズの講習もやってみようかなぁと考えています。
(まぁ、ご希望される方がある程度いらっしゃった場合の話になっちゃいますケドね)

ただし、五角形から折るバージョンは、四角から折る「やさしいバラ」を拡張した構成になっていますので、4月16日の講習を受けてくださった方限定の講習になります。

5角形から折るねじり折りバードベースローズ

5角形から折るねじり折りバードベースローズ

この五角形バージョンのやさしいバラを習得されたい方は、ぜひ、4月16日、5月21日の両講座を受講してみてください。

5角形から鶴の基本形を折ることは容易と思いますので、講習のメインは五角形でのねじり折りになると思います。
この五角形のねじり折りがクリアできると、1分ローズをはじめとする川崎ローズを五角で折ってみたり、今後佐藤ローズを折り組みたい方へのよいステップになるかと思います。

どちらも世界初講習になります。どうぞこの作品の最初の折り手になってみてください。

 

朝日カルチャー横浜の新講座「四季の折り紙」も現在申し込み受付中です。

四季の折り紙4-6月

「四季の折り紙」は、バラに限ることなく、季節の花や風物を折り紙を使って立体的に表現する講座です。
折って楽しむだけでなく、飾ったり、贈ったりできる、綺麗で楽しい作品を講習したいと思っています。

4-6月は、カーネーション、あじさい、アサガオを取り上げます。
比較的やさしい折り紙を組み合わせることで、1つの作品として仕上げてゆきますので、折り紙初心者の方でも楽しく取り組んでいただけると思います。

ご興味あるようでしたら、ご参加いただけると大変嬉しいです。
まだまだお席に余裕はあるようです。どうぞ奮ってご参加ください。

お申し込み・お問い合わせは 

朝日カルチャー横浜 045-453-1122 http://www.asahiculture.com/yokohama/  まで。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月 3日 (水)

折り紙講師資格更新

日本折紙協会が認定する折紙講師の資格は、5年ごとに更新の手続きをする必要があります。

手元の講師資格証を見てみると、認定期間2013年4月30日までとなっていました。

もう5年も経っちゃったのか、と思いつつ更新の手続きをしました。

更新の手続きといっても、審査等があるわけじゃなく、ただお金振り込んで新しい資格証を受け取るだけなんですが…。

折り紙関連の資格証
折り紙関連の資格証

月刊「おりがみ」に綴じ込まれてる振込み用紙を使って、郵便局で\2,100-振り込んで、1週間ほどで新しい資格証が届きました。

ちなみに生涯学習インストラクター(折り紙)の資格は、更新手続きは全く必要ありませんし、資格維持のための費用はいっさいかかりません。
(こっちのほうが写真入りだし、定期的に更新したほうがよさそうなのに…。)

そういう意味では、日本折紙協会の講師資格は、月刊「おりがみ」の定期購読(購読会員\8,700-)も必要ですし、長い目で見るとけっこうな金額を折紙協会に支払うことになりますね。

左:生涯学習インストラクターのバッジ、右:折紙講師のバッジ
左:生涯学習インストラクターのバッジ、右:折紙講師のバッジ

「折紙講師」より上の「折紙師範」「上級師範」の資格取得のためには、購読会員ではなく正会員(もうちょっと高い会費\12,700-が必要です)になる必要もありますので、それなりの経済的負担が必要です。(経済的余裕がないので、小生には無理ですね)

ちなみに、「折紙師範」「上級師範」の5年に1度の更新料は \,3150-、¥5,250-だそうです。
さらにちなみに、「折り紙講師」のバッジは赤(銅色)なんですが、「折紙師範」「上級師範」は銀バッチ、金バッチとなります。金バッチですよ金バッチ、強そう?ですよね。

折り紙の講師としての本格的な活動はここ1~2年ですが、これからの5年はどんなことがおきますでしょうか。

こんなふうにして、折紙講師の資格は2018年4月30日までに更新されたのでした。

講師資格をお持ちの方は、更新を忘れずに。

 

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »