« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月29日 (土)

かえるの雨宿り

まだ梅雨が明けないうちに、カエルをご紹介しましょう。

カエルんの雨宿り

ハスの葉の上で雨宿りするカエルです。

カエルは松野幸彦氏の作品(月刊「おりがみ」第394号 日本折紙協会)、ハスの葉は笠原邦彦氏(「博士の折り紙夢BOOK」 朝日出版社)、ハスの花は伝承作品です。

前回、住田則子氏の「スイレン」をご紹介した際に、「ハス」との違いを述べましたが、いろんな意味でゴッチャになってるので、」あまり気にせず、笠原邦彦氏の「スイレンの葉」もそのまま「ハスの葉」としました。

ただ、伝承の「ハスの花」はやっぱりどうみても「ハス」なんじゃないでしょうか。

カエルんの雨宿り

実は松野幸彦氏の「カエル」はお正月向けの作品にも登場いただいています。

手(前足)が長く、自由度が大きいため葉っぱの傘を持たせるのに好都合でした。

カエルんの雨宿り

伝承の「ハス」(スイレン)は、和紙などで折らないと花びらをひっくり返す際に破れてしまうのですが、今回は事前に座布団折りしておき、それから伝承の「ハス」を折っています。

座布団折りで紙が2重になり、その分丈夫で破れにくくなるため、普通の折り紙でも折ることができます。
余分に一枚花びらがつきますので、ちょっと豪華になったかもしれません。

ひとり(一匹?)雨に打たれていったい何を思ってるんでしょうか。
   今後の日本経済の行くへとか、
   消費税増税前に耐久消費財は買換えておくべきかとか、
   親指姫が好きだからって、略奪しちゃうのはコンプライアンス的にどうなのかとか、
   本当は王子様だったりしても、どうして嫌われ者なのかなぁ とか、
   やっぱりおなかすいたなぁ とか…。

伝承の「ハス」、松野幸彦氏の「カエル」、笠原邦彦氏の「ハスの葉」などは、6月17日(月)のよみうりカルチャー大森教室で講習をさせていただいました。

折り紙教室の詳細情報はこちらです。

 

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

出典:「カエル」 松野幸彦氏 月刊「おりがみ」第394号 (日本折紙協会)
    「スイレンの葉」 笠原邦彦氏 「博士の折り紙夢BOOK」 (朝日出版社)
    「ハスの花」 伝承作品 「日本のおりがみ事典」 (ナツメ社)

 

「薔薇と折り紙の日々」イメージギャラリーを、設置しております。
お時間ある方はどうぞお立ち寄りください。 
写真のクリックでギャラリーページに
パンジーの花束 小さな花束-1 プリムラのテーブル花 ねじり折りバードベースローズ(5角形+2重中割り折りx2)
折り紙教室サンプル2013冬-2 5角形から折る川崎ローズ「薔薇」(2) 新しいバラ(ねじり折りバードベースローズ) 鶴の基本形から折る「やさしいバラ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月26日 (水)

あさがお

6月も終わりが近づいてきました。あんまり鉛色の空が続いていると、夏空が恋しくなります。

まぁ、暑くなたら、暑くなったで嫌になっちゃうんでしょうケドね。

この時期には毎年作っていますが、「アサガオのテーブル花」をご紹介します。

アサガオのテーブル花

アサガオの花は竹川青良氏の「吹き上げ点取りゲーム」の駒をひっくり返してアサガオに見立てたものです。

つぼみは、正方基本形をねじったもの、例によってつるはダミーです。

アサガオのテーブル花

今年のバージョンは、台座をちょっと変えてみました。

アサガオのテーブル花

先日の木目おりがみのアイデアを頂戴して、木目柄を印刷した紙を使用してみました。

前回ご紹介した木目おりがみは15cmサイズのものしかないので、所望の大きさ、厚さの用紙に、著作権フリーの木目テクスチャを印刷しました。

1枚1枚プリンターで印刷した手作り用紙です。

はやく梅雨が明けて朝顔の似合う夏空になりませんかね。

この「アサガオのテーブル花」は6月22日(土)朝日カルチャー横浜教室にて講習させていただきました。また、7月1日(月)には読売カルチャー大森教室で講習予定になっています。

折り紙教室の詳細情報はこちらです。

 

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

出典:竹川青良氏「吹き上げ点取りゲーム」 おりがみ傑作選1 (日本折紙協会)

 

「薔薇と折り紙の日々」イメージギャラリーを、設置しております。
お時間ある方はどうぞお立ち寄りください。 
写真のクリックでギャラリーページに
パンジーの花束 小さな花束-1 プリムラのテーブル花 ねじり折りバードベースローズ(5角形+2重中割り折りx2)
折り紙教室サンプル2013冬-2 5角形から折る川崎ローズ「薔薇」(2) 新しいバラ(ねじり折りバードベースローズ) 鶴の基本形から折る「やさしいバラ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月19日 (水)

7-9月期、折り紙教室のパンフレット

現在7-9月期の折り紙教室の受講を受け付けています。
朝日カルチャー横浜教室とよみうりカルチャー大森教室の告知ビラ・パンフレットをご紹介しておきます。

朝日カルチャー横浜パンフレット

朝日カルチャー横浜のパンフレットでは、「ジャンルごとのおすすめ講座」としてカラーページに掲載されています。
朝日カルチャー横浜パンフレット

お申し込み・お問い合わせは 朝日カルチャー横浜 045-453-1122 http://www.asahiculture.com/yokohama/  までお願いいたします。

※2013/6/23追記 たくさんのお申し込みありがとうございました。現在満席ですが、キャンセル待ちが可能です。

 

よみうりカルチャー大森広告

よみうりカルチャー大森教室の広告では、7月29日の公開講座の告知と、レギュラーの折り紙講座がおすすめ講座として掲載されています。
詳細のお問い合わせ・受講申し込みは、よみうりカルチャー大森(03-5471-6311) までお願いいたします。
オンラインでのお申し込みは、
  7月29日(月)公開公開講座    7-9月期おりがみ教室   です。

折り紙教室の詳細情報はこちらです。

教室で皆さまにお目にかかることを楽しみにしております。


お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

「薔薇と折り紙の日々」イメージギャラリーを、設置しております。
お時間ある方はどうぞお立ち寄りください。 
写真のクリックでギャラリーページに
パンジーの花束 小さな花束-1 プリムラのテーブル花 ねじり折りバードベースローズ(5角形+2重中割り折りx2)
折り紙教室サンプル2013冬-2 5角形から折る川崎ローズ「薔薇」(2) 新しいバラ(ねじり折りバードベースローズ) 折り紙教室作品サンプル2013夏

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年6月12日 (水)

ねじり折りバードベースローズのテーブルアレンジ

本日は、ねじり折りバードベースローズをテーブルフラワーにアレンジしたものをご紹介させていただきます。

ねじり折りバードベースローズのテーブル花

中央奥の赤いバラは、2重中割り折りの無いシンプルな構造です。

手前のピンクとオレンジは2重中割り折りを2回いれた作品になります。

ねじり折りバードベースローズのテーブル花

白いユリは伝承作品のタイプⅠです。バラ3輪に対してユリ4輪を配置しています。

ねじり折りバードベースローズのテーブル花

花器というか台はまだこの形は発表したことはなかったかもしれません。

8角形に切り出した用紙を7角形に絞ることで、凹凸の立体感を出しています。

でもちょっと強度不足気味ですね。まだ改良の余地ありですね。

ねじり折りバードベースローズは2重中割りを入れなくてもシンプルで素直な花弁のバラとして楽しんでいただけると思いますが、2重中割りをいれるともう少し華やかなイメージに変えることがでいます。

どうぞいろいろな形をお楽しみください。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

 

「薔薇と折り紙の日々」イメージギャラリーを、設置しております。
お時間ある方はどうぞお立ち寄りください。 
写真のクリックでギャラリーページに
パンジーの花束 小さな花束-1 プリムラのテーブル花 ねじり折りバードベースローズ(5角形+2重中割り折りx2)
折り紙教室サンプル2013冬-2 5角形から折る川崎ローズ「薔薇」(2) 新しいバラ(ねじり折りバードベースローズ) 鶴の基本形から折る「やさしいバラ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 5日 (水)

すいれん

今回は住田則子氏の「スイレン」をご紹介します。

すいれん

合わせて折った「スイレンの葉」は笠原邦彦氏の作品です。

特別なアレンジはせず、丸いお盆やトレイなどを水面に見立てて、葉っぱと花を並べれば完成です。

すいれん

住田則子氏の「スイレン」は裏白の正方基本形から外周の花弁をつまみ折りで作成しておき、最後に下部をねじって開く構成になっています。

「スイレン」と「ハス」はとてもよく似ていてよく混同しますが、水面に花が浮いているものが「スイレン」で、「ハス」は水面から茎が伸びて水の上で花が咲くそうです。
(どこにでも例外はあるみたいですが…)

ですから「ハス」を厳密に表現するためには、茎を作って水面から持ち上げてやる必要がありますね。

また、「ハス」の葉っぱはほぼ円形ですが、「スイレン」の葉は切り欠きがあります。

笠原邦彦氏の「スイレンの葉」もこの形状がうまく表現されています。

そのほか両者の差といえば、印象派の絵画が「スイレン」、お釈迦様の台座が「ハス」、食べておいしいのが「ハス」(レンコン)といったところでしょうか。
(天ぷらが好きです。からしレンコンもよろしいかと・・・。)

すいれん

「スイレンの葉」ならべてみると、なぜか無性にカエルが置きたくなってしまうのはなぜでしょうか。カエルはまたの機会に。

なおこの「スイレン」は6月17日(月)に読売カルチャー大森教室にて講習する予定になっています。(アジサイのアレンジが早く終わってしまったので追加変更です。)

その他、折り紙教室の詳細情報こちらです。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

出典:
「すいれん」(住田則子氏) 月間「おりがみ」第406号(日本折紙協会)
「すいれんの葉」(笠原邦彦氏) 「博士の折り紙夢BOOK」(川崎敏和 編・著)朝日出版社

「薔薇と折り紙の日々」イメージギャラリーを、設置しております。
お時間ある方はどうぞお立ち寄りください。 
写真のクリックでギャラリーページに
パンジーの花束 小さな花束-1 プリムラのテーブル花 ねじり折りバードベースローズ(5角形+2重中割り折りx2)
折り紙教室サンプル2013冬-2 5角形から折る川崎ローズ「薔薇」(2) 新しいバラ(ねじり折りバードベースローズ) 折り紙教室作品サンプル2013夏

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »