« あさがお | トップページ | 覆輪のバラ »

2013年6月29日 (土)

かえるの雨宿り

まだ梅雨が明けないうちに、カエルをご紹介しましょう。

カエルんの雨宿り

ハスの葉の上で雨宿りするカエルです。

カエルは松野幸彦氏の作品(月刊「おりがみ」第394号 日本折紙協会)、ハスの葉は笠原邦彦氏(「博士の折り紙夢BOOK」 朝日出版社)、ハスの花は伝承作品です。

前回、住田則子氏の「スイレン」をご紹介した際に、「ハス」との違いを述べましたが、いろんな意味でゴッチャになってるので、」あまり気にせず、笠原邦彦氏の「スイレンの葉」もそのまま「ハスの葉」としました。

ただ、伝承の「ハスの花」はやっぱりどうみても「ハス」なんじゃないでしょうか。

カエルんの雨宿り

実は松野幸彦氏の「カエル」はお正月向けの作品にも登場いただいています。

手(前足)が長く、自由度が大きいため葉っぱの傘を持たせるのに好都合でした。

カエルんの雨宿り

伝承の「ハス」(スイレン)は、和紙などで折らないと花びらをひっくり返す際に破れてしまうのですが、今回は事前に座布団折りしておき、それから伝承の「ハス」を折っています。

座布団折りで紙が2重になり、その分丈夫で破れにくくなるため、普通の折り紙でも折ることができます。
余分に一枚花びらがつきますので、ちょっと豪華になったかもしれません。

ひとり(一匹?)雨に打たれていったい何を思ってるんでしょうか。
   今後の日本経済の行くへとか、
   消費税増税前に耐久消費財は買換えておくべきかとか、
   親指姫が好きだからって、略奪しちゃうのはコンプライアンス的にどうなのかとか、
   本当は王子様だったりしても、どうして嫌われ者なのかなぁ とか、
   やっぱりおなかすいたなぁ とか…。

伝承の「ハス」、松野幸彦氏の「カエル」、笠原邦彦氏の「ハスの葉」などは、6月17日(月)のよみうりカルチャー大森教室で講習をさせていただいました。

折り紙教室の詳細情報はこちらです。

 

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

出典:「カエル」 松野幸彦氏 月刊「おりがみ」第394号 (日本折紙協会)
    「スイレンの葉」 笠原邦彦氏 「博士の折り紙夢BOOK」 (朝日出版社)
    「ハスの花」 伝承作品 「日本のおりがみ事典」 (ナツメ社)

 

「薔薇と折り紙の日々」イメージギャラリーを、設置しております。
お時間ある方はどうぞお立ち寄りください。 
写真のクリックでギャラリーページに
パンジーの花束 小さな花束-1 プリムラのテーブル花 ねじり折りバードベースローズ(5角形+2重中割り折りx2)
折り紙教室サンプル2013冬-2 5角形から折る川崎ローズ「薔薇」(2) 新しいバラ(ねじり折りバードベースローズ) 鶴の基本形から折る「やさしいバラ」

|

« あさがお | トップページ | 覆輪のバラ »

折り紙教室」カテゴリの記事

季節の折り紙」カテゴリの記事

折り紙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1258064/52187509

この記事へのトラックバック一覧です: かえるの雨宿り:

« あさがお | トップページ | 覆輪のバラ »