« ランドセルとハンドバック | トップページ | じょうろ »

2014年3月31日 (月)

PENTAX Q10

当ブログは折り紙の記事が中心となっていますが、今回はちょっとカメラの話を。

折り紙を折ってアレンジして作品を仕上げたら、せっかくなので多くの方に見ていただきたいなぁと思うのですが、なかなか作品を直接見ていただくわくにはいきません。

そこで、写真を撮って見ていただく形になります。

ブログにアップしたり、カルチャースクールのパンフレットに載せていただいたり、写真の出来はとっても重要です。

写真映りが悪いと作品が台無しですし、極端な話見栄えする写真さえ撮れりゃ作品の出来なんか…。(作品サンプル直接見てガッカリしちゃうかもね…)

作品の写真を撮るプロセスは、作品製作の一部というか結構重要な最終工程だったりします。(家に着くまでが遠足!みたいなもんです)

Pentax Q10

そんなこんなで、消費税が…とかなんとかのドサクサにまぎれて、新しくカメラ買っちゃいました。

PENTAX Q10 です。購入理由は…、欲しかったからです。ハイ!

Pentax Q10とK-7

メインのデジタル一眼とくらべるとこんなにちっさいんです。

外見はトイカメラみたいですが、レンズ交換もできるし、RAW記録もできるし、露出モードもマニュアルを含め豊富でカメラとして一人前の機能をそなえています。(ちょっとナマイキな感じです)

世界最小クラス高性能デジタル一眼(リコーイメージング)だそうです。

ミラーレス一眼は慣れていないので、ファインダーをのぞかないと集中できないとか、体から離れていて手振れしやすいとかはありますが、とっても良く写ります。

Q10での「桜玉」 1/125 F1.9 ISO1000 内蔵ストロボ・バウンス
Q10での「桜玉」 1/125 F1.9 ISO1000 内蔵ストロボ・バウンス

Q10での「シロツメクサ」 1/125 F1.9 ISO1000 内蔵ストロボ・バウンス
Q10での「シロツメクサ」 1/125 F1.9 ISO1000 内蔵ストロボ・バウンス

内蔵ストロボは非力ですが(まぁ、オマケみたいなもんですから)色々工夫して活用するとサブ機と十分役立ちそうです。

折り紙の記事に紛れてQ10の活用法を備忘録も兼ねて徐々にご紹介していこうかと思っています。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

 

 

|

« ランドセルとハンドバック | トップページ | じょうろ »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
こんなに小さいサイズでもきれいに
写るんですね。ファインダーを覗かないで
撮影する癖がないので、私なら戸惑って
しまいそうです。

投稿: nadoyama | 2014年3月31日 (月) 21時30分

>> nadoyama さん、
ファインダーを覗かないと落ち着かないのは同じですね。
でも、重いペンタプリズムやミラーなどから解放されるなら価値あることだと思います。だって、本体180gですからね。
技術の進歩によって、小さなカメラでも良く写るようになりました。妙な解像度競争に巻き込まれずに、どんな画像が撮りたいかで選択肢は色々だと思います。
応用を含めて色々活用例をご紹介する予定です。ご興味あれば、また遊びにいらしてください。

投稿: なか(管理人) | 2014年3月31日 (月) 21時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1258064/55559359

この記事へのトラックバック一覧です: PENTAX Q10:

« ランドセルとハンドバック | トップページ | じょうろ »