« まっくろくろすけ | トップページ | 折り紙教室(2014年秋)のご案内 »

2014年8月20日 (水)

新しいバラ(巻き込み花芯構造)C1

あいかわらず、厳しい残暑が続いています。

今回は、まだプロトタイプですが新しいバラができたのでご紹介させていただきましょう。

巻き込み花芯構造の新しいバラ

これまでここでご紹介してきたほとんどの折り紙のバラは、紙の中央で花の中心(花芯)を作り、紙の外側に向かって外周花弁を形成するような構成になっています。(川崎ローズ佐藤ローズもそうですね。)

今回のこのバラは構造が全く逆で、外周花弁から形成し、最後に紙の外側(端っこ)を使って中央に花芯を形成する構成となっています。

巻き込み花芯構造の新しいバラ

この花芯構造のヒントになったのは、Herman Van Goubergen 氏の「カーラーユニット」(Curler Units)というユニット折り紙で、クルクルカールさせた紙を絡めるように巻き込むことで各ユニットを組んでゆく作品です。

「カーラーユニット」(月刊「おりがみ」 第457号 に掲載、イギリス折り紙協会(British Origami Society)記事もあります)に関しては後日機会がありましたらご紹介したいと思っています。

このバラの花芯も「カーラーユニット」と同様に、外周花弁から内側に伸びた4枚の花弁をクルクルと絡めるように巻き込んで花芯を形成する構成になっています。

新しいバラ(巻き込み花芯構造)

まぁ1枚折りの作品で、ユニット折り紙じゃありませんので、複数のユニットを繋ぐ効果はなく(既に繋がってますんでね)、単に花芯形成のための技法として用いています。(ひとりユニットごっこ?)

山崎茂氏のバラ(「花の立体折り紙」ブッティック社)が類似な構造だったと思いますが、この作品は花弁の巻き込み量が多いので、糊を使って固定しなくてもきれいに形状維持できると思います。

巻き込み花芯構造とでも名付けましょうか…。Curlの頭文字でTypeC花芯かな。

新しいバラ(巻き込み花芯構造)

花の奥というか内底部にちょっと折り紙の裏面が白く出ちゃうんですが、まぁ実用的には裏の白いいわゆる普通の折り紙(15cm)で折れる作品になっています。

一応折り紙作品なんですが、折る工程よりも、丸めたり絡めたりの工程のほうに手間がかかっちゃう感じです。(「折り紙」じゃなく「丸め紙」・「巻き紙」?)

まだプロトタイプなので今後変更修正はあるかもしれませんが、なかなか優美なバラに仕上がったのではないかと思います。(そうです、いつもの自画自賛です!)

このプロトタイプのバラは、折り紙教室でお土産としてお配りして感想を伺ったりしています。

折り紙教室の詳細情報はこちらです。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。
折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

「薔薇と折り紙の日々」イメージギャラリーを、設置しております。
お時間ある方はどうぞお立ち寄りください。 
写真のクリックでギャラリーページに
カブトムシとクワガタ 小さな花束-1 パンジーの花束 ねじり折りバードベースローズ(5角形+2重中割り折りx2)
かえるの雨宿り アジサイのテーブル花 新しいバラ(ねじり折りバードベースローズ) 折り紙教室作品サンプル2013夏

|

« まっくろくろすけ | トップページ | 折り紙教室(2014年秋)のご案内 »

バラ」カテゴリの記事

オリジナル作品」カテゴリの記事

折り紙教室」カテゴリの記事

季節の折り紙」カテゴリの記事

折り紙」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

このバラ、綺麗ですね~♪
折り紙の表面に、無駄な折り線が入らないのが良いですね~! そして折って花びらの巻きを作るのではなく、カールで巻きを作って!

>なかなか優美なバラに仕上がったのではないかと思います。
はい! 私もそう思いましたよ~(笑)
私もこのバラが折ってみたいです! いいな~~~~~~

なか先生の折り紙教室が遠いのが凄く残念です…

投稿: 愛美子 | 2014年8月21日 (木) 08時19分

>> 愛美子 さん、
おはようございます。
新しいバラ、気に入って頂けたようで嬉しいです。
まだ試作段階なので、講習するまでには時間がかかりそうなんですが…。
引き続き、ブログをお楽しみいただけたら嬉しく思います。

投稿: なか(管理人) | 2014年8月21日 (木) 08時32分

こんにちは~♪
いつも置き手紙に足跡を残していただきありがとうございます(*^^)
私も毎日応援させていただいてますが、足跡を残せないのが少々残念です(^^;
何か便利なものがあるといいのですがσ(゚ー^*)

投稿: まり姫 | 2014年8月21日 (木) 18時05分

>> まり姫 さん
こんにちは、ご無沙汰しております。
勝手になんとなく訪問してるだけですので、どうぞお構いなく。
まぁ、たまに感想でも愚痴でも暴言?でもコメントいただけたら嬉しいです。
また、遊びにいらしてください。

投稿: なか(管理人) | 2014年8月21日 (木) 18時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1258064/57042933

この記事へのトラックバック一覧です: 新しいバラ(巻き込み花芯構造)C1:

« まっくろくろすけ | トップページ | 折り紙教室(2014年秋)のご案内 »