« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月27日 (火)

りんどうぐるま

昨日今日は少し過ごしやすいですが、また寒くなっちゃうんでしょうね。まぁ、本格的な寒さの時期なので仕方ありませんね。すこしづつ日が長くなってきてるのが心の支えです。

複数の折り鶴などを一枚の紙からつなげて折る「つなぎおり」は、当ブログでは「ユリと鶴のつなぎ折り」、「バラと鶴のつなぎ折り」、「バラと妹背山のつなぎ折り」、「連薔薇(川崎ローズの連鶴風)」などをご紹介してます。

今回は古典中の古典「秘伝千羽鶴折形」の43番目、「りんどうぐるま」を折ってみましたので、ご紹介しましょう。

りんどうぐるま

2羽の折り鶴の羽がつながった「妹背山」をさらに2つくっ付けた、4羽の折り鶴の羽が互いにつながった作品です。

せっかくなので妹背山風に交互に紙の裏を出して、紅白のおめでたい?感じにしてみました。

本来なら和紙で折るんでしょうが、裏白の和紙が手元になかったので、普通の折り紙(24㎝)です。

用紙は、中央に十字の切り込みが入ったものになります。

りんどうぐるま用紙

妹背山と同じ要領で、4つにたたんで折り目をつけちゃおうかと思ったのですが、さすがに4枚重ねでは紙が厚くなって精度が出ないようでしたので、結局1羽づつバラバラに折ることにしました。

りんどうぐるま 途中の図

妹背山に比較すると、格段に難易度は高くなってますね。

りんどうぐるま

紅白一対の鶴が夫婦だとすると、4羽つながったこの「りんどうぐるま」はかなり複雑な関係ってことになっちゃいそうですが…。

折るのはかなり大変ですが、構造的にも面白く、お正月の良い時間潰しになりました。(かなりヒマってことですね)

構成要素は鶴だけですので、折り鶴を折れる方だったら根気さえあればできるのではないかと思います。お時間あるときにでもチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

「秘伝千羽鶴折形」に関しては

改訂版 つなぎ折鶴の世界 」  岡村昌夫著   本の泉社
おりがみ新発見〈3〉古典から最新作まで300年の絵巻 」  笠原邦彦著 日貿出版社

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。
自分で折るともっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

「薔薇と折り紙の日々」イメージギャラリーを、設置しております。
お時間ある方はどうぞお立ち寄りください。 
写真のクリックでギャラリーページに
カブトムシとクワガタ 小さな花束-1 パンジーの花束 ねじり折りバードベースローズ(5角形+2重中割り折りx2)
かえるの雨宿り アジサイのテーブル花 新しいバラ(ねじり折りバードベースローズ) 折り紙教室作品サンプル2013夏

| | コメント (2)

2015年1月22日 (木)

爪掛けぽっくりと下駄

今日も冷たい雨(たまに雪?)の一日です。このまま冬眠しちゃうかも。
早く暖かくなりませんかねぇ。

さて、毎年この季節の定番の作品になりつつありますが、「爪掛けぽっくりと下駄」をご紹介します。

熊坂浩氏の「爪掛けポックリ」と津田良夫氏の「下駄」です。

爪掛けポックリと下駄

どちらも、World Printing さんのもくめ折り紙を使用しています。

爪掛けポックリと下駄

どうしても、このもくめ折り紙は紙質が薄くって華奢なので、折り紙として使うというより、テクスチャを貼りつけて使用してる感じになちゃってますね。

爪掛けポックリと下駄

この「爪掛けポックリと下駄」は、1月19日(月)にアトレ大森6Fのよみうりカルチャー大森にて、講習をさせていただきました。

折り紙教室の詳細はこちらです。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

出典を記しておきます。

「爪掛けポックリ」熊坂浩氏  「月刊おりがみ第435号」(日本折紙協会)

「下駄」 津田良夫氏     「博士の折り紙夢BOOK」(朝日出版社)
                   「おりがみ傑作選1 」(日本折紙協会)

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。
自分で折るともっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

「薔薇と折り紙の日々」イメージギャラリーを、設置しております。
お時間ある方はどうぞお立ち寄りください。 
写真のクリックでギャラリーページに
カブトムシとクワガタ 小さな花束-1 パンジーの花束 ねじり折りバードベースローズ(5角形+2重中割り折りx2)
かえるの雨宿り アジサイのテーブル花 新しいバラ(ねじり折りバードベースローズ) 折り紙教室作品サンプル2013夏

| | コメント (0)

2015年1月16日 (金)

椿 (based on K2)

あいかわらず寒い日が続いていますね。もう寒いのには飽きてしまったので、春の暖かい日差しが待ち遠しいです。

以前(昨年末)にK1ローズの花芯部に手を加えたサザンカをご紹介いたしましたが、今回はカップ状の外周花弁を持つK2ローズをアレジした椿をご紹介します。

椿 (based on K2)

Kローズに用いている巡回中割折りで形成される花芯の、底部にへこんだ花芯中央部を折り出して「しべ」を作っています。

椿 (based on K2)

作例では「花弁」と「しべ」の色を変えるため、予め別の折り紙を切り貼りしています。

花芯構造の変更点はK1をベースにした「サザンカ」と同じです。

特徴的な「しべ」に加えて、カップ状の外周花弁が椿の雰囲気を良く出しているのではないかと思います。

椿 (based on K2)

椿は日本が原産で、ツバキ科ツバキ属、学名は”Camellia Japonica”というんだそうです。

K2ローズが折れないとちょっと難しいんですが、和のテイストを持った良い作品に仕上がったのではないかと思います。(そうです、誰も褒めてくれないんで…)

さてK2をベースにした「椿」いかがだったでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。
自分で折るともっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

「薔薇と折り紙の日々」イメージギャラリーを、設置しております。
お時間ある方はどうぞお立ち寄りください。 
写真のクリックでギャラリーページに
カブトムシとクワガタ 小さな花束-1 パンジーの花束 ねじり折りバードベースローズ(5角形+2重中割り折りx2)
かえるの雨宿り アジサイのテーブル花 新しいバラ(ねじり折りバードベースローズ) 折り紙教室作品サンプル2013夏

| | コメント (0)

2015年1月10日 (土)

バラと鶴のつなぎ折りー2

寒い日が続いていますね。あちこちでインフルエンザも流行ってるようです。
皆様どうぞご自愛くださいませ。

今回は前回ご紹介した「バラと鶴のつなぎ折り」のつづきです。

年をまたいでしまいましたが、まぁお正月向けの作品なのでご容赦を。

バラと鶴のつなぎ折り(鶴2羽)

折り紙教室での講習では、最初に練習として、バラと鶴が2羽つながった作品を折ってみました。

鶴4羽だと追いかける向きに鶴を折っていますが、2羽の場合には向き合うようにしています。(そっぽを向かせるのもどうかと思うので… まぁ特殊な事情でもありゃべつですが…)

バラと鶴のつなぎ折り(鶴4羽)

以下に、鶴2羽の場合の作業の流れを簡単にご紹介しておきましょう。
まず、用紙の配置は以下のような感じになります。

バラと鶴のつなぎ折り(用紙配置)

24cmの折り紙の1/4を切り取り、切り込みを入れます。

バラと鶴のつなぎ折り(途中の図1)

紙が大きいままぶら下がっていると、作業しにくいので、とりあえず鶴の部分は正方基本形にたたんでおき、バラを先に仕上げます。

バラと鶴のつなぎ折り(途中の図2)

バラが仕上がったら鶴をそれぞれ折りあげて形を整えれば完成です。

バラと鶴のつなぎ折り(鶴2羽)

お正月向けの作品は鶴4羽でグルグル回る構成としましたが、こんな鶴2羽でバレンタインデーあたりに飾ってもらってもいいかもしれませんね。
一方の鶴がバラをプレゼントとして手渡ししてる感じでしょうか。

バラと鶴のつなぎ折り(鶴4羽)

このバラの折り方はブログには掲載してないんですが、これは「父の日のための簡単なバラ」の花芯を巡回中割折りのK花芯に変更した作品になっています。外周花弁の構造は同じですので、このバラで代用していただくことは可能だと思います。

いきなり4羽はちょっとたいへんですが、ご興味ある方は2羽あたりから頑張ってチャレンジしてみてください。まぁ、ずるずる繋がっているだけですので、単品が折れればそれほど難しくはないと思います。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。
自分で折るともっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

「薔薇と折り紙の日々」イメージギャラリーを、設置しております。
お時間ある方はどうぞお立ち寄りください。 
写真のクリックでギャラリーページに
カブトムシとクワガタ 小さな花束-1 パンジーの花束 ねじり折りバードベースローズ(5角形+2重中割り折りx2)
かえるの雨宿り アジサイのテーブル花 新しいバラ(ねじり折りバードベースローズ) 折り紙教室作品サンプル2013夏

| | コメント (0)

2015年1月 5日 (月)

ヒツジの群れ

寒いお正月でしたね。まぁ冬だからしょうがないんですが…。

今年はひつじ年なので、東海林伸嘉氏の「羊」で「ヒツジの群れ」を作ってみました。

ヒツジの群れ

ちょっと折る工程は長い作品ですが、くるんとした角の羊が出来上がります。

15cmの折り紙で折りましたが、細かくなっちゃうので、もうちょっと大きい折り紙のほうがよかったかもしれませんね。

ヒツジの群れ

背景の木は津田良夫氏・川崎敏和氏の作品です。

ヒツジの群れ

今年の干支なので、新年早々たくさん折りましたが、いったい何匹いるんでしょうか?

ひつじが1匹、ひつじが2匹、ひつじが… ZZZ … ん~っ、眠くは…なりませんね。かえって目が冴えて眠れなくなっちゃうかも。

せっかくたくさん折ったので、折り紙教室の生徒さんにお土産にお配りしようかと思っています。 折り紙教室の詳細はこちらです。

まぁそんなわけで、本年もよろしくお願いいたします。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

出典を記しておきます。

「羊」(東海林伸嘉氏)  月刊「おりがみ」 第473号  (日本折紙協会

「木」(津田良夫氏・川崎敏和氏) 「博士の折り紙夢BOOK」・「折り紙夢WORLD 」(朝日出版社)

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。
折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

「薔薇と折り紙の日々」イメージギャラリーを、設置しております。
お時間ある方はどうぞお立ち寄りください。 
写真のクリックでギャラリーページに
カブトムシとクワガタ 小さな花束-1 パンジーの花束 ねじり折りバードベースローズ(5角形+2重中割り折りx2)
かえるの雨宿り アジサイのテーブル花 新しいバラ(ねじり折りバードベースローズ) 折り紙教室作品サンプル2013夏

| | コメント (0)

2015年1月 1日 (木)

鶴のぽち袋

新年おめでとうございます。

本年も当ブログをどうぞよろしくお願いいたします。

さて、新年最初は、お正月に役立つ「鶴のポチ袋」をご紹介します。

「鶴のポチ袋」(石橋美奈子氏)

石橋美奈子氏の「鶴のポチ袋」を和紙千代紙で折ってみました。

鶴の羽が封を止めてるところも素晴らしいのですが、更にこのポチ袋は、15cmの折り紙で折ると、三つ折りのお札がぴったり入るという優れものです。

「鶴のポチ袋」(石橋美奈子氏)

お正月らしさを出そうと思って、きらびやかな千代紙を使ってみましたが、こんなに豪華なポチ袋だと中身も相当入れないと期待はずれになっちゃうかもしれませんね。

「鶴のポチ袋」(石橋美奈子氏)

ポチ袋はこんな風に作れるんですが、残念ながら中身のお札を生み出す方法が見つかっておりません。 あしからず。 (あ~ 誰かお年玉くれないかな。袋ならあります!)

こんなブログではございますが、本年もどうぞお引き立てのほどを。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

出典を記しておきます。

「鶴のポチ袋」 (石橋美奈子氏)  月刊「おりがみ」 第449号  (日本折紙協会

15cmの和紙千代紙です。

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。
折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

「薔薇と折り紙の日々」イメージギャラリーを、設置しております。
お時間ある方はどうぞお立ち寄りください。 
写真のクリックでギャラリーページに
カブトムシとクワガタ 小さな花束-1 パンジーの花束 ねじり折りバードベースローズ(5角形+2重中割り折りx2)
かえるの雨宿り アジサイのテーブル花 新しいバラ(ねじり折りバードベースローズ) 折り紙教室作品サンプル2013夏

| | コメント (2)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »