« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月30日 (水)

U2ユニットのバラとくす玉

9月もあっという間に最終日になってしまいました。いよいよ秋も深まってきた感じがします。

さて、今回はシンプルな2枚羽のユニットU2を使ったバラ(U2-4)くす玉(U2-30)をご紹介します。

バラのくす玉(U2-30)
バラのくす玉(U2-30)

ユニットU2は、初期の4枚羽(一部3枚羽)のユニットU1の次のモデルになります。

ユニット単体形状と、くす玉の立体構造の自由度を高める目的で、シンプルな2枚の羽で構成されています。

バラ(U2-4)
バラ(U2-4)

U2ユニットの特徴は、くす玉だけでなく単体のバラも組めるという点で、4枚(あるいは5枚)構成で1輪のバラを、30枚組で正12面体の立体構造のくす玉を組むことができます。

2枚羽の構造は極めてシンプルなので、ユニットの作成はとっても簡単ですが、くす玉は組み方の自由度が高いため(間違った組み方もできちゃうってことです)ちょっと難しくなっちゃったかもしれません。

バラのくす玉(U2-30)
バラのくす玉(U2-30)

1輪のバラを作成して、これをたくさん作って「がく」に紐を通して束ねてくす玉にまとめる方法もありますが、U2-30ではユニットの羽を互いに巻き絡めることで、糊や紐を使わずに組み上げることができます。

単体のバラU2-4も、ちょっと特殊な形状の「がく」を用いて糊付けなしで組み上げることができます。 (まぁ、「がく」の構造がちょっと複雑で折るのは難しくなっちゃうんですが… ユニットがシンプルなので、他のところにシワ寄せが行っちゃてる気もしますね。)

単体のバラU2-4、ならびにくす玉U2-30はいずれも7.5cmのタント紙(15cmの4分割)4枚、30枚で作成しています。

バラ(U2-4)
バラ(U2-4)

このユニットU2のバラ(U2-4)は、そごう横浜9Fの読売カルチャー横浜にて、10月13日(火)に講習させていただく予定になっています。また、バラのくす玉(U2-30)は、同じく読売カルチャー横浜にて、11月10日(火)に講習予定です。 ウォーミングアップとユニットの練習を兼ねてバラを作成し、ユニットの作成に慣れたら くす玉にチャレンジしていただく流れになっています。

最初のユニットU1を使ったバラのくす玉U1-12,U1-24,U1-20は、ルミネ横浜8Fの朝日カルチャー横浜 にて講習することになっています。日程は10~12月の第4土曜(10/24,11/28,12/26)で講座案内はこちらです。

折り紙教室の詳細はこちらです。→ 折り紙教室のご案内

さて、ユニットU2を使ったバラ(U2-4)くす玉(U2-30)いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (0)

2015年9月25日 (金)

おりがみ(4か国語)テキスト100

良いお天気に恵まれた秋の連休も終わって、ちょっと雲の多い日が続いています。
まぁ、平日のお仕事モードに切り換えるにはちょうど良い感じかもしれませんね。

さて、今回は新しく増補改訂された「おりがみ(4か国語)テキスト100 」をご紹介します。

おりがみ(4か国語)テキスト100
左:旧版  右:増補改訂版

「おりがみ4か国語テキスト」は、日本折紙協会発行の折り紙のテキストです。

伝承作品を中心に比較的やさしい基礎的な作品が網羅されています。

もともとは折り紙講師取得のためのテキストで、旧バージョンでは60作品が掲載されていましたが、改訂版の「おりがみ(4か国語)テキスト100」では100作品に増えています。

おりがみ(4か国語)テキスト100

印刷や、図版もとてもきれいで見やすくなりました。

青地に折り鶴の描かれた旧バージョンのテキストは、意外と見にくくって、正直言って折り紙講師の資格取得を目的とする方以外にはおススメしにくい面がありました。

この改訂版は折り紙の入門書として、どなたにもお勧めできるとっても良い書籍に仕上がっています。

お値段も¥1,080-(税込)とたいへんお手頃ですので、お子さんやお孫さんと一緒に楽しんでいただくのにもよろしいかと思います。

おりがみ(4か国語)テキスト100

日本語以外に、英語、スペイン語、フランス語も併記されていますので、外国の方へのお土産にも喜ばれると思います。(フランス語訳には佐藤直幹氏もお手伝いされてるようですね。折り紙の世界は狭いなぁと感じます。)

2016年10月からは、折り紙講師の資格取得のためにはこのテキスト掲載の100作品を折って提出する必要があります。(9月30日までは旧版の60作品でOKのようです。)ちょっとハードルが高くなっちゃったように感じられるかもしれませんが、どれも基礎的なやさしい作品なので、ちょっと手間が増えただけですね。

好きな折り紙作品があって、その作品を一生懸命折ることはとっても良いことだと思います。でも、折り紙(だけじゃないんでしょうけど)の上達には基礎的な知識をしっかり学ぶこともとても重要だと思います。(健やかな成長のためには「好き嫌いしないで何でもよく噛んで食べる」ってことでしょうか。 なんのこっちゃ?)

「川崎ローズ折れます!」と胸を張って教室に来られた生徒さんが、実は「川崎ローズしか折れない」ということが判明したりすると、とっても残念に思います。(その方は「折り紙が好き」なのじゃなくて、「川崎ローズが好き」だったんですね。)

基礎知識をきちんと学んでみると、好きな作品を客観的に分析してみることができたり、その作品の折り方や構造から、原作者の意図をより深く理解することができるようになると思います。

この機会にぜひ折り紙の基礎から学び直してはいかがでしょうか。なにか新しい発見があるかもしれませんョ。

さて、増補改訂版「おりがみ(4か国語)テキスト100」 いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

おりがみ4か国語テキスト100日本折紙協会)はこちらから購入できます。

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (0)

2015年9月19日 (土)

C3ローズの花束

秋の連休がスタートしました。お天気もよさそうですね。個人的には仕事かなぁ…。(普段平日も休みみたいなもんですからねぇ)

しばらく、ユニット作品が続いてしまったので、たまには1枚折りのバラの花束アレンジをご紹介しましょう。

巻き込み花芯構造のバラC3を花束に仕立ててみました。

C3ローズの花束

巻き込み花芯構造は、バラのくす玉に用いた巻き絡める花芯構造を、ユニットではなく単体で花芯の形成に用いた作品です。

複数のユニットを接続する必要はないので、自分どうしを巻き絡める「ひとりユニットごっこ」みたいな感じです。

C3ローズの花束

川崎ローズ佐藤ローズなどの多くの折り紙のバラが、紙の中心で花芯を形成するのに対し、紙の端っこ(4すみの角)を巻き絡めるて花芯を形成する構造になっています。

C3ローズの花束

C3ローズは、一部紙の裏面が出てしまうため、タント紙などの両面同色の折り紙を使用する必要がありますが、その分花弁のボリュームが出せたと思っています。

C3ローズの花束

15cmのタント紙から折ったC3ローズ5輪に、伝承のユリを4輪加えて、いつも講習させていただいているブーケホルダーに乗せ、花束に仕上げています。

秋の講習作品の仕込みはひとまず終わっちゃったので、来年の春くらいにこのC3ローズの花束アレンジを講習させていただこうかなぁと考えています。

シンプルな巻き込み花芯構造のバラC1を使ったテーブルフラワーそごう横浜9Fの読売カルチャーにて、11月24日(火)、12月8日(火)に、読売カルチャー大森では、11月16日(月)、12月21日(月)に講習させていただく予定になっています。

折り紙教室の詳細はこちらです。→ 折り紙教室のご案内

さて、C3ローズの花束アレンジ いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (0)

2015年9月13日 (日)

3枚羽のカーラーユニット20枚組(ユニットの作り方)

台風の大雨もなんとか過ぎ去って、さわやかな秋晴れのお天気です。

今回は、Herman Van Goubergen 氏の「カーラーユニット」(Curler Units)(月刊「おりがみ」 第457号 に掲載、イギリス折り紙協会(British Origami Society)記事もあります)をちょっとアレンジした作品をご紹介します。

3枚羽のカーラーユニット20枚組

「カーラーユニット」(Curler Units)は比較的簡単に組めるユニットのくす玉としてご存じの方も多いのではないかと思います。

この作品は4枚の羽を有する風船の基本形を用いて、羽を互いに巻き絡めて組んでゆく構造になっています。

3枚羽のカーラーユニット20枚組

通常は12枚組で立方八面体、24枚組で斜方立方八面体、30枚組で二十・十二面体の立体構造をそれぞれ構成することができます。

今回は4枚羽を3枚羽にシュリンクさせたユニット20枚で、正12面体の立体構造を実現してみました。

正12面体なので、巻き絡める部分はすべて5枚(5角形)構成で、これが12か所になります。

3枚羽のユニットを実現する手法として、正三角形から折っちゃうのが簡単なのかもしれませんが、紙を切り出すのが大変なので今回は正方形から折ってみました。

4枚羽と3枚羽のユニット
4枚羽と3枚羽のユニット

せっかくですし、簡単なので3枚羽ユニットの作り方をご紹介しておきましょう。

なお、この手法が、このブログや小生を離れて勝手に一人歩きすることは望んでいませんので、無断で転載したり二次利用することはご遠慮ください

1.紙にX印の折りすじをつけます(青線は谷折りです)
3枚羽ユニットの作り方-1

2.紙に+印の折りすじをつけます(赤線は山折りです)
3枚羽ユニットの作り方-2 

3.一旦風船の基本形にまとめておきましょう。(4枚羽ならこれで完成です)
3枚羽ユニットの作り方-3

4.広げて、2か所折りすじをつけなおします。
3枚羽ユニットの作り方-4 

5.紙の中央をへこませながら、斜めの山折り(赤線)をつまんで右上の角に重ねるようにたたみます。(段折りの要領です)
3枚羽ユニットの作り方-5

6.たたんだところ。
3枚羽ユニットの作り方-6 

7.重なりの三角形を半分に折ってロックします。
3枚羽ユニットの作り方-7

8.折ったところ。
3枚羽ユニットの作り方-8 

9.3枚羽にまとめます。
3枚羽ユニットの作り方-9

10.3枚羽完成。
3枚羽ユニットの作り方-10 

11.通常のカーラーユニットと同様に羽を丸めます。
3枚羽ユニットの作り方-11

同じユニットを20個作成します。

最初は、5つのユニットの羽を中央で巻き絡めて、周囲の隣接する羽を2枚ずつ巻き絡めます(5か所)。

すべての巻き込み部が5枚で構成されるように、順次ユニットを追加してゆくと組み上がります。

3枚羽のカーラーユニット20枚組

オリジナルのカーラーユニットとはちょっと変わった作品になります。カーラーユニットはたくさん作ったけどちょっと飽きちゃった方なんぞにいかがかと思います。

この3枚羽によって構成される正12面体の立体構造はバラのくす玉U1-20U3-20の構造と同じです。

ユニットの形状がちがうので、折り方は異なりますが、4枚羽から3枚羽にシュリンクさせる構造はだいたい同じです。

バラのくす玉U1-12,U1-24,U1-20は、ルミネ横浜8Fの朝日カルチャー横浜 にて講習することになっています。日程は10~12月の第4土曜(10/24,11/28,12/26)で講座案内はこちらです。

U1の次のバージョンU2による、ユニットのバラU2-4バラのくす玉U2-30 はそごう横浜9Fの読売カルチャー横浜にて10月13日(火)、11月10日(火)に講習予定です。 講座案内はこちらです。

折り紙教室の詳細はこちらです。→ 折り紙教室のご案内

さて、3枚羽のカーラーユニット20枚組 いかがだったでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

出典 (Herman氏の4枚羽のオリジナル)
「カーラーユニット」(Herman Van Goubergen 氏) 月刊「おりがみ」 第457号 日本折紙協会
Curler Units (Herman Van Goubergen 氏)  British Origami Society

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (8)

2015年9月 7日 (月)

薔薇のくす玉(U4-30) in ギフトパッケージ

涼しくなってきたのはありがたいんですが、なんだかすっきりと晴れない雲の多い日が続いています。 秋の長雨ってやつでしょうか。

さて、先日ご紹介した薔薇のくす玉(U4-30) を新たに二つ作成いたしました。(手間がかかっちゃうので超少量生産です)

薔薇のくす玉(U4-30)

前回のプロトタイプに比較すると、組み立てにも慣れてきたので、ちょっと完成度が上がったかもしれません。

プレゼントに使うため、ギフト用の透明なパッケージに入れました。

薔薇のくす玉(U4-30) in ギフトパッケージ

塩ビ製の安価なケースですが、贈り物としてはちょっと高級感が出せたかもしれません。(表面の反射で写真撮るのは難しくなっちゃいましたが…)

安価といっても、折り紙は原材料費が極端に安いので、全体の総材料費の半分くらいがケース代とかになちゃうんですけどね。

薔薇のくす玉(U4-30)

紙は、24cmのタント紙を1/4(12cm)にして30枚組でくす玉を組んでいます。

二つのうち一つは、娘の20歳の誕生祝にプレゼントしました。(知らない間?に大きくなりました。こっちも年を取っちゃうわけですよね。)

もう一つは佐藤直幹氏に、出版祝いとして先日のパーティーで贈らせていただきました。(書籍を頂けるとわかってたので、手ぶらで参加するわけにもいかないなぁと思って…)

このくらいの作品になると、贈り物やお使い物にも役立ちそうです。(作るの大変だけどね)

入門用のシンプルなバージョンU1によるバラのくす玉U1-12,U1-24,U1-20は、ルミネ横浜8Fの朝日カルチャー横浜 にて講習することになっています。日程は10~12月の第4土曜(10/24,11/28,12/26)で講座案内はこちらです。

U1の次のバージョンU2による、ユニットのバラU2-4バラのくす玉U2-30 はそごう横浜9Fの読売カルチャー横浜にて10月13日(火)、11月10日(火)に講習予定です。 講座案内はこちらです。

折り紙教室の詳細はこちらです。→ 折り紙教室のご案内

さて、薔薇のくす玉(U4-30) in ギフトパッケージ いかがだったでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

「薔薇と折り紙の日々」イメージギャラリーを、設置しております。
お時間ある方はどうぞお立ち寄りください。 
写真のクリックでギャラリーページに
カブトムシとクワガタ 小さな花束-1 パンジーの花束 ねじり折りバードベースローズ(5角形+2重中割り折りx2)
かえるの雨宿り アジサイのテーブル花 新しいバラ(ねじり折りバードベースローズ) 折り紙教室作品サンプル2013夏

| | コメント (6)

2015年9月 1日 (火)

佐藤直幹氏の書籍「バラの折り紙」発売

8月も終わって、なんだか急に秋らしい気候になってきました。暑いんだか寒いんだか、わかんない感じです。季節の変わり目、皆様どうぞご自愛くださいませ。

さて、8月27日に、日本ヴォーグ社より佐藤直幹氏の書籍 「-1枚の紙から折るー バラの折り紙」が発売されました。

佐藤直幹氏の書籍「バラの折り紙」

佐藤直幹氏の佐藤ローズNaomiki Sato Rose)の書籍で、佐藤ローズファン待望の一冊です。

「初代五角バラ」をはじめとして、「シンプルローズ」、「ガーデンローズ」、「ハイブリッドティーローズ」等々の佐藤ローズに加えて、「ハイビスカス」、「ユリ」、「チューリップ」などの多角形から折る作品など多くの作品が掲載されています。

佐藤直幹氏の書籍「バラの折り紙」

写真や図版も非常に美しく、見ているだけでも楽しい、素晴らしい書籍に仕上がっています。

折るともっと楽しいことは言うまでもないことなんですが…

初心者の方にはちょっと難しい作品もありますが、DVD付きですのでじっくり取り組んでいくことができると思います。(あっ!まだDVD見てないんです。)

佐藤ローズファンだけでなく、バラの折り紙愛好家の方々にもおすすめの一冊だと思います。

佐藤直幹氏の書籍「バラの折り紙」

8月30日にこの書籍の出版祝いのパーティーがあり、参加させていただきました。(とても楽しい集まりでした。参加された方々におきましてはご一緒できて大変嬉しかったです。)

その際に佐藤さんからサイン入りで書籍と佐藤ローズを頂戴いたしました。(佐藤さんありがとうございました)

  佐藤直幹氏の書籍「バラの折り紙」

この書籍の12ページに掲載の「5角形の切り出し方」は、私と佐藤さんとで偶然同時に考えた方法でしたが、詳しい数値計算の結果が当ブログからの転載という形(形式上)になっています。

まぁ、関数電卓をちょっと叩いて計算しただけのことなんですが、出版のお役に立ててよかったです。(お礼に本ももらっちゃったしね)

5角形の切り出し方に関する当ブログの記事はこちら↓です。あわせてご参照ください。

  精度の高い正5角形の切り出し方 2015年4月17日

  5角形の切り出し精度(tan 72°近似の誤差) 2015年4月8日

さて、佐藤直幹氏の書籍「バラの折り紙」のご紹介いかがでしたでしょうか。 

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

佐藤直幹氏の「-1枚の紙から折るー バラの折り紙」はこちらから購入できます。

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

「薔薇と折り紙の日々」イメージギャラリーを、設置しております。
お時間ある方はどうぞお立ち寄りください。 
写真のクリックでギャラリーページに
カブトムシとクワガタ 小さな花束-1 パンジーの花束 ねじり折りバードベースローズ(5角形+2重中割り折りx2)
かえるの雨宿り アジサイのテーブル花 新しいバラ(ねじり折りバードベースローズ) 折り紙教室作品サンプル2013夏

| | コメント (2)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »