« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月31日 (土)

くす玉の立体構造 20・12面体

日中は爽やかな秋の天気ですが、朝晩の冷え込みは結構きびしくなってきました。もう10月もおしまいですもんね。

お布団が恋しい季節も近いです。今年は冬眠しちゃおうかなぁ…。

引き続き、バラのくす玉をより美しく組んでいただくための立体構造の解説です。

今回はこれまでご紹介してきた立方八面体斜方立方八面体に引き続いて「20・12面体」です。

バラのくす玉U1-30
20・12面体構造のバラのくす玉U1-30

当ブログで紹介した「20・12面体」の立体構造を有するバラのくす玉は、U1-30になります。

ユニットの数は30枚組になります。5枚花弁のバラと3枚花弁のバラで構成される美しい構造のくす玉になります。

正12面体 20・12面体
正12面体から20・12面体へ

20・12面体は、正12面体の角(頂点)(20か所)を三角に切り落とした構造と考えるとイメージしやすいと思います。(正20面体の頂点を五角に切り落としたと考えてもいいようです。)

元の正12面体の正五角形の12の面は、そのまま(向きが少し傾きますが)残り、切り落としてできる正三角形の面が20個追加されます。

20・12面体のモデル
20・12面体のモデル

正五角形(五角)が12面、正三角形(三角)が20面の計32面からなる立体になります。

注目していただきたいのは、五角の隣りの面は三角、三角の隣りの面は五角となるよう交互に配置されている点です。五角どうし、三角どうしが隣り合うことはありません。

バラのくす玉U1-30
20・12面体構造のバラのくす玉U1-30

バラのくす玉では、五角の面は5枚花弁の花に、三角の面は3枚花弁の花に対応します。

20・12面体の立体構造のくす玉U1-30 を組む際には、5枚花弁の花と3枚花弁の花とが交互に配置されるよう(5枚花弁どうし・3枚花弁どうしが続けて並ばないように)注意して、30個のユニットを組んでゆくと完成します。

バラのくす玉U1-30

20・12面体の4枚羽ユニットによる組み方
20・12面体の4枚羽ユニットによる組み方

単体の4枚羽ユニットに着目すると、上図のように3枚花弁と5枚花弁の花が交互に構成されるよう組んでゆくことになります。

20・12面体モデルの展開図
20・12面体モデル(ペーパークラフト)の展開図

よりくす玉の立体構造を身近に理解していただくため、20・12面体のモデルをペーパークラフトで作成するための展開図もご用意させていただきました。

こちらからPDFファイルがダウンロードできますので、印刷し、切り抜いてのりしろを糊付けしてゆくと20・12面体のモデルを組み立てることができます。ご興味ある方はどうぞご活用くださいませ。

ルミネ横浜8Fの朝日カルチャー横浜 での11月28日(土)の講習は、斜方立方八面体構造のユニットU1を使ったバラのくす玉U1-24 がメインとなる予定ですが、時間があればこの20・12面体構造のU1-30の組み方もざっくりご紹介する予定です。講座案内はこちらでになります。

折り紙教室の詳細はこちらです。→ 折り紙教室のご案内

さて、くす玉の立体構造 20・12面体 いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (0)

2015年10月26日 (月)

魔法使いの帽子

なんだかすっかり秋も深まってきました。「この秋一番の冷え込み」とか「木枯らし1号」なんていう冬の足音も聞こえ始めました。寒くなっちゃうのはもうちょっと待って欲しい気がするんですが…。

さて、今回はハロウィン向けに「魔法使いの帽子」をご紹介します。

お化けカボチャと魔法使いの帽子

今回の主役は帽子です。 河合豊彰氏の「ソンブレロ」をハロウィンカラーの両面おりがみ(だいだい/くろ)で折った作品になります。

魔法使いの帽子 

いつものハロウィンのお化けカボチャにかぶせてみました。

「ソンブレロ」はメキシコの帽子ですが、色を変えると魔女がかぶっているような帽子になります。

お化けカボチャと魔法使いの帽子

風船の基本形から折れる、とても簡単な作品ですが、大きな紙で折れば実際にかぶることもできますので、ハロウィンの仮装なんかにも役立つかもしれませんね。

この「魔法使いの帽子」は折り紙教室で生徒さんにお土産としてお配りしました。

折り紙教室の詳細はこちらです。→ 折り紙教室のご案内

さて、魔法使いの帽子 いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

出典を記しておきます。
「ソンブレロ」(河合豊彰氏) 「おりがみ4か国語テキスト100」 日本折紙協会
「かぼちゃ」(高橋吉永氏)  「おりがみ傑作選2 」  日本折紙協会  

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (0)

2015年10月20日 (火)

薔薇(U4-4b)

秋らしい、爽やかなお天気が続いています。朝晩はだいぶ冷え込むようになってきましたね。

さて、ユニット折り紙というとくす玉というイメージがありますが、単純な形のユニットであっても同じユニットを何十枚も作るのは大変です。

折り紙教室でも、バラのくす玉は人気の作品なのですが、20枚組、30枚組のユニットと格闘(悪戦苦闘?)されてる生徒さんを、ここそこにお見かけします。(ちゃんと指導してあげてるんですけどね…)

ユニットU2U4は、くす玉だけでなく4~5枚の少ない枚数で1輪のバラが組めるように開発した作品です。(30枚とか必要じゃないので、遥かに取り組みやすいと思います。)

今回はU4ユニットによる薔薇(U4-4b)をご紹介します。

薔薇 (U4-4b)

くす玉用のU4ユニットをそのまま流用して4枚組で1輪の薔薇を作ったのがU4-4aという作品で、外周の花びら形状が自然になるようちょっと手を加えた作品が今回ご紹介するU4-4bになります。

薔薇 (U4-4b)

U4ユニット4枚と「がく」を加えた5枚で組むことができます。折り紙的には、特殊な形状の「がく」を使うと糊付けなしで組める作品ですが、今回は久々に会う友人へのお土産用なので、バラバラになっちゃわないように糊付けしてあります。(バラだけに…)

薔薇 (U4-4b)

U4は1つのユニットで4枚の花弁を表現できるようになっているため、4枚組で計16枚の花弁で構成される華やかに咲き誇る薔薇を作成することができます。

薔薇 (U4-4b)

U4ユニット自体がかなり複雑なので、4枚組でもそれなりに作成に時間と手間を要しますが、30枚組の薔薇玉(U4-30)と比べれば、まだやる気になりますね。

今回は淡いピンクののA4フリーペーパー(etranger di costarica 76.5g/㎡)から10.5cm角の紙を4枚づつ切り出して使用しています。

まぁ、自分で言うのもなんですが、いい作品に仕上がったのではないかと思います。(いつもの自画自賛ですが、あんまり誰もほめてもらえないので… 褒められて伸びるタイプだと思います!)

ユニット形状がもっと簡単で作りやすいU2を使ったバラ(U2-4)は、そごう横浜9Fの読売カルチャー横浜にて、10月13日(火)に講習させていただきました。

折り紙教室の詳細はこちらです。→ 折り紙教室のご案内

さて、薔薇 (U4-4b) いかがでしたでしょうか。(作ってみたくなったりしません?)

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (0)

2015年10月15日 (木)

くす玉の立体構造 斜方立方八面体

秋らしい爽やかなお天気が続いています。空気も乾燥してきて、パリパリの折り紙で気持ち良く折り紙に取り組めるシーズンになってきました。 (しっとり、腰のヘタった湿気った折り紙では、いい作品はできませんからねぇ)

さて今回は、バラのくす玉をより美しく組んでいただくための、立体構造の解説の続きです。

今回は、前回の立方八面体に続いて「斜方立方八面体」です。

バラのくす玉U1-24
斜方立方八面体構造のバラのくす玉U1-24

当ブログで紹介した「斜方立方八面体」の立体構造を有するバラのくす玉は、U1-24になります。(U3-24はまだ未紹介ですU3ユニットは手間がかかるので、24個もつくってないんです)

ユニットの数は24枚組に増えますが、花の数が増えてボリューム感が増した豪華なくす玉になります。

立方体(サイコロ)から斜方立方八面体へ
立方体(サイコロ)から斜方立方八面体へ

斜方立方八面体は、立方体(正6面体、サイコロ)の各辺を面取りしたような構造と考えるとイメージしやすいと思います。(面取りした形…、なんとなく里芋の煮っ転がしとか食べたくなりません?)

元の立方体の正方形の6つの面は、正方形のまま残り、角を切り落としてできる正三角形の面が8つに、さらに辺を面取りしてできる正方形12面が追加されます。

斜方立方八面体のモデル
斜方立方八面体のモデル

正方形(四角)が18面(6+12)、正三角形(三角)が8面の計26面からなる立体になります。

三角の周りはすべて四角で囲まれています。また直交する子午線と赤道が四角8面のベルト状に連なる構成となっています。

注目すべき特徴は、いずれの角(頂点)にも三角の面1面と四角の面3面が集まる構成である点です。

バラのくす玉U1-24
斜方立方八面体構造のバラのくす玉U1-24

バラのくす玉では、四角の面は4枚花弁の花に、三角の面は3枚花弁の花に対応します。

4枚羽のユニットU1(あるいはU3)は斜方立方八面体の24個の頂点(角)に対応しますので、4枚羽のうち1枚の羽は3枚花弁のバラを、残り3枚の羽は4枚花弁のバラを形成するよう組んでゆきます。

斜方立方八面体の4枚羽ユニットによる組み方
斜方立方八面体の4枚羽ユニットによる組み方

単体の4枚羽ユニットに着目すると、上図のように必ず1つは3枚花弁(他は4枚花弁)の花が構成されるよう組んでゆくことになります。

 

斜方立方八面体モデルの展開図
斜方立方八面体モデル(ペーパークラフト)の展開図

よりくす玉の立体構造を身近に理解していただくため、斜方立方八面体のモデルをペーパークラフトで作成するための展開図もご用意させていただきました。

こちらからPDFファイルがダウンロードできますので、印刷し、切り抜いてのりしろを糊付けしてゆくと斜方立方八面体のモデルを組み立てることができます。ご興味ある方はどうぞご活用くださいませ。

今回説明した斜方立方八面体の構造を有する、ユニットU1を使ったバラのくす玉U1-24は、ルミネ横浜8Fの朝日カルチャー横浜 にて、11月28日(土)に講習することになっています。講座案内はこちらです。

折り紙教室の詳細はこちらです。→ 折り紙教室のご案内

さて、くす玉の立体構造 斜方立方八面体 いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (0)

2015年10月10日 (土)

C1ローズのテーブルフラワー

爽やかな秋晴れのお天気が続いています。皆さんは3連休はどんなご予定でしょうか。

さて今回は、TypeC花芯のシンプルなバラC1ローズを使ったテーブルフラワーをご紹介します。

TypeCの花芯構造は、くるくると巻き絡めるユニット折り紙作品の接続部分の構造を花芯の表現のために使った作品です。

C1ローズのテーブルフラワー

C1ローズは、折り紙作品のくせに、あまり折るところが少ないというちょっと変わった作品ですが、その分ゆるやかな曲線で構成された優美なバラになっています。

紙の裏側が出ないので(厳密にいうと花の奥に少し出ちゃうんですが)、裏白の普通の折り紙で折れるところも気に入っているポイントです。

C1ローズのテーブルフラワー

シンプルすぎて1輪だとちょっと寂しいのですが、今回はC1ローズ5輪にユリと葉っぱを加えて盛り花風のテーブルフラワーに仕立てました。

C1ローズのテーブルフラワー

8角形の花台は、伝承の椿をベースにした、いつも講習させていただいている物です。

C1ローズはちょっと縦サイズが大きいため、花台からはみ出すくらいになっちゃいましたが、まぁこれも豪華でよろしいのではないかと思います。

このC1ローズのテーブルフラワーは、そごう横浜9Fの読売カルチャーにて、11月24日(火)、12月8日(火)に講習させていただく予定になっています。

折り紙教室の詳細はこちらです。→ 折り紙教室のご案内

さて、C1ローズのテーブルフラワー いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (0)

2015年10月 5日 (月)

くす玉の立体構造 立方八面体

金木犀の甘い香りが漂うなかで、過ぎ去っていった夏の日々をちょっと懐かしく思ったりする今日この頃です。 あっ!そうでしたね、自分ばかり感傷に浸ってても誰も喜んでくれませんので、ブログの更新を…。 さて今回は…、

当ブログでは色々なバラのくす玉をご紹介していますが、これらを作っていただく際にはその立体構造をよく理解していただく必要があります。

行き当たりばったりで組んでも、部品が余っちゃったり、不足したり、バランスの良い美しい形状に仕上げることはできません。(講習でも組み立てに苦労される方が多いんです)

そこで、くす玉に用いる立体構造について何回かに分けて簡単に解説してみたいと思います。

最初は、比較的部品数の少ないくす玉に用いられる立体構造 「立方八面体」です。

立方八面体のモデル(右)とバラのくす玉U1-12(左)
立方八面体のモデル(右)とバラのくす玉U1-12(左)

当ブログで紹介した「立方八面体」の立体構造を有するくす玉は、U1-12,U3-12 の2種類です。

ユニットの数が12枚組と少なく、比較的シンプルな構造なので、くす玉の入門用にうってつけです。

バラのくす玉U1-12
立方八面体構造のバラのくす玉U1-12 (3枚花弁の側から)

立方体(サイコロ)から立方八面体へ
立方体(サイコロ)から立方八面体へ

立方八面体は、立方体(正6面体、サイコロですね)の角(8か所)を三角に切り落とした構造と考えるとイメージしやすいと思います。(正8面体の角(頂点)を四角に切り落としたと考えてもいいようですが、身近なサイコロ形からスタートしたほうがわかりやすいと思います。)

元の立方体の正方形の6つの面は、正方形のまま(向きが少し傾きますが)そのまま残り、切り落としてできる正三角形の面が8つ追加されます。

立方八面体のモデル
立方八面体のモデル

正方形(四角)が6面、正三角形(三角)が8面の計14面からなる立体になります。

注目していただきたいのは、四角の隣りの面は三角、三角の隣りの面は四角となるよう交互に配置されている点です。四角どうし、三角どうしが隣り合うことはありません。

バラのくす玉U1-12
立方八面体構造のバラのくす玉U1-12 (4枚花弁の側から)

バラのくす玉では、四角の面は4枚花弁の花に、三角の面は3枚花弁の花に対応します。

バラのくす玉U3-12
立方八面体構造のバラのくす玉U3-12

立方八面体の立体構造のU1-12,U3-12を組む際には、4枚花弁の花と3枚花弁の花とが交互に配置されるよう(4枚花弁・3枚花弁が続けて並ばないように)注意して、12個のユニットを組んでゆくと完成します。

立方八面体の4枚羽ユニットによる組み方
立方八面体の4枚羽ユニットによる組み方

単体の4枚羽ユニットに着目すると、上図のように3枚花弁と4枚花弁の花が交互に構成されるよう組んでゆくことになります。

 

立方八面体のモデル展開図
立方八面体のモデル展開図

講習の際に生徒さんに立体構造を説明するため、立体構造のモデルをペーパークラフトで作成してみました。 せっかくですので、展開図を掲載しておきます。

こちらからPDFファイルがダウンロードできますので、印刷し、切り抜いてのりしろを糊付けしてゆくと立方八面体のモデルを組み立てることができます。ご興味ある方はどうぞご活用ください。

今回説明した立方八面体の構造を有する、ユニットU1を使ったバラのくす玉U1-12読売カルチャー大森にて、10月19日(月)に講習させていただく予定になっています。 講座案内はこちらです。

同様にユニットU1を使ったバラのくす玉U1-12,U1-24,U1-20は、ルミネ横浜8Fの朝日カルチャー横浜 にて講習することになっています。日程は10~12月の第4土曜(10/24,11/28,12/26)で講座案内はこちらです。

折り紙教室の詳細はこちらです。→ 折り紙教室のご案内

さて、くす玉の立体構造 立方八面体 いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (2)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »