« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月27日 (金)

折り紙教室(2016冬)のご案内

ここのところ急に冷え込むようになってきましたね。10℃を切るとお布団の引力が急激に強くなちゃって、布団引力圏外への離脱が困難になります。(あ~~っ! 吸い込まれる~ …… zzz)

さて、2016年の1-3月に行われる冬の折り紙教室の受付が開始される時期になりました。              ( 現在開催中の折り紙教室の詳細情報はこちらです。)

ここで、2016年1月から開催の冬の折り紙教室情報をまとめておきます。

八重桜(川崎敏和氏)
八重桜(川崎敏和氏)

 

○横浜そごう9F よみうりカルチャー横浜教室

横浜そごう9Fのよみうりカルチャー横浜教室(読売・日本テレビ文化センター横浜)の折り紙教室です。

場所は、横浜駅東口そごう9Fの市民フロアになります。

日時は、毎月第2・4火曜日13:00~15:00です。

1-3月のスケジュール・カリキュラムは以下の予定です。

         1月12日(火)    サザンカ ー1
         1月26日(火)    サザンカ ー2
         2月 9日(火)    パンジーの花かご -1
         2月23日(火)    パンジーの花かご -2
         3月 8日(火)    ランドセルとハンドバッグ
         3月22日(火)    八重桜

よみカル横浜2016年冬作品サンプル

詳細のお問い合わせ・受講申し込みは、よみうりカルチャー横浜(045-465-2010) までお願いいたします。

Webからオンラインでのお申し込みはこちらからどうぞ。

 

○横浜ルミネ8F 朝日カルチャー横浜教室

場所は朝日カルチャーセンター横浜教室 で、横浜駅の駅ビル「ルミネ横浜」の8階になります。

日時は、すこし変則的ですが2/21, 3/6, 3/20 日曜日10:30~12:30です。
(これまでの土曜の午後から変更になっています)

スケジュール・カリキュラムは以下の予定です。

花の折り紙花芯構造によるバラの変容」 全3回
   2月21日(日)    Qローズ(小さな花束)
   3月 6日(日)    K1ローズ
   3月20日(日)   サザンカ 

朝日カルチャー横浜2016年冬作品サンプル

お申し込み・お問い合わせは,朝日カルチャー横浜 045-453-1122 http://www.asahiculture.jp/yokohama/  までお願いいたします。

Webサイトからのお申し込みはこちらからどうぞ。

 

○大森アトレ6F よみうりカルチャー大森教室

場所は東京都大田区のよみうりカルチャー大森(読売・日本テレビ文化センター大森)です。JR大森の駅ビル「アトレ大森6Fになります。

日時は、毎月第3月曜日10:30~12:30です。

大森教室 休講

詳細のお問い合わせ・受講申し込みは、よみうりカルチャー大森(03-5471-6311) までお願いいたします。

 

サザンカ(オリジナル作品)
サザンカ(オリジナル作品)

以上、教室で皆様にお会いできることを楽しみにしております。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

 


折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (0)

2015年11月21日 (土)

薔薇(U5-5)

雲が多かったり、雨だったりするとめっきり冷え込む感じになってきました。太陽の日差しのありがたみを強く感じられるこの頃です。

さて今回は、新しいユニットU5による薔薇U5-5をご紹介します。

少ないユニット数で花弁枚数の多いバラを作成できるユニットとして、U4を以前ご紹介させていただきました。

ユニットU4は、くす玉用のユニットとの共用であるため、単体の薔薇として組んだ場合には、花の中央部の花弁と外周の花弁形状がほぼ同じになってしまいます。(くす玉としての対称性維持のため)

このため花弁枚数の多い豪華な薔薇は実現できても、同じ大きさの花弁が並んで、なんとなく「松ぼっくり的」なイメージが抜けないなぁと感じていました。(松ボックリがバラみたいに頑張ってるてことです。松ぼっくりは悪くありません!)

そこで、新しいユニットU5では、くす玉のための対称性を諦めて、外周花弁を内周に比較して大きくなるようリソースを割り振ってみました。

単体の薔薇のために特化したユニットという感じでしょうか(シャー専用的な…?)

薔薇(U5-5)

U4ユニットではユニット単体で4枚の花弁が表現できましたが、U5では一つのユニットで表現できる花弁は3枚に減っています。

U4ユニットの2枚分の花弁を、一つにまとめて大き目の外周花弁を形成した感じでしょうか。

U4ユニットは4枚組(U4-4)で十分なボリュームのある薔薇が構成できましたが、U5では少し花弁枚数が減ってしまったので、ユニットを一つ増やして5枚組で実現したのが今回の薔薇U5-5になります。

薔薇(U5-5)

5つの花弁ユニットを固定するための「がく」は5枚羽構造で、「がく」のみ5角形から折っています。(花弁のユニットは正方形です)

正方形5枚の花弁ユニットと5角形の「がく」1つの6つのパーツで構成されている作品ということになります。

薔薇(U5-5)

ユニット構成による折り紙でバラを作ろうと思った動機は、5角形、6角形と多角形化させなくても花弁枚数を増やせるという点で、切り屑問題の回避が目的でした。

「がく」を5角形から折らなきゃならないんじゃ本末転倒では、とツッコまれそうなんですが、「がく」だけですし、紙のサイズも小さいのでご容赦いただければと思います。

「がく」は15㎝の通常サイズの折り紙で十分なサイズなので、2~30㎝の大きな両面同色の貴重な紙を5角形に切り出すよりも罪悪感(?)は小さいんじゃないかと思います。(まぁ屁理屈ってやつですけど…)

高価で貴重な大きな紙を5角形や6角形に刻んじゃうと、それなりに大きな切り屑も出ますし、なにより、完璧な作品を作んなきゃならない気負いというか、プレッシャーで、なかなか本来の実力が出せないことも多いので…。(貧乏な上に気弱!)

まぁこんな感じで、当初の目的通り外周にゆくにしたがって花弁サイズが大きくなるイメージの薔薇U5-5が出来上がりました。(意外と素敵でしょ、あっ!また自分で褒めちゃった)

さて、新しいユニットU5による「薔薇(U5-5)」 いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (0)

2015年11月15日 (日)

くす玉の立体構造 正12面体

しばらく日差しにも恵まれず、背中をまるめて縮こまっちゃうようなお天気です。寒いのヤダなぁ、早く春こないかなぁ(冬の到来もまだなのに…)

さて、バラのくす玉をより美しく組んでいただくための立体構造として、これまでに立方八面体斜方立方八面体20・12面体、と解説してきましたが、最後は「正12面体」です。

薔薇のくす玉(薔薇玉)U4-30
薔薇のくす玉(薔薇玉)U4-30

正12面体」はバラのくす玉の立体構造として最も適しているというか、バランスの良い美しい形状だと思います。

当ブログ掲載の「正12面体」構造のバラのくす玉には、U1-20U2-30U3-20U4-30 があります。

バラのくす玉 U1-20
バラのくす玉 U1-20

どのユニットも正12面体で組むことを最終目標として開発してるといっても過言じゃないかもしれません。

正12面体
正12面体

正12面体は正5角形の面が12面、20の頂点(角)で構成されています。

バラのくす玉では、正5角形の面が5枚花弁のバラに対応し、12輪のバラが球状に配置されることになります。

正12面体のモデル
正12面体のモデル

これまでご紹介した他の立体構造と異なり、すべての面が正5角形(1種類)ですので、比較的に組む際の誤りは少ないと思います。

すべてのバラを5枚花弁になるよう組んでゆけば完成します。

バラのくす玉 U2-30
バラのくす玉 U2-30

U1-20、U3-20 は3枚羽ユニットで、U2-30、U4-30 は2枚羽のユニットで構成されています。

2枚羽のユニット(U2-30、U4-30)のほうが組み方の自由度が高いので、かなり組むのはややこしいかもしれません。

先日11月10日(火)にそごう横浜9Fの読売カルチャー横浜にて、バラのくす玉U2-30を講習させていただきましたが、予想以上に皆さん組み立てに苦戦されていました。(ちょっとでも予想しててたなら、なんとか手を打っておけと、怒られちゃいそうですが… 2回に分けて講習すりゃよかったかなぁ…)

うまく組めない際のほとんどの理由は花弁枚数の数え間違です。さらに、数え間違えてしまうほとんどの理由は、ユニット一つ一つが丁寧にきちっと形成されていないことによるものです。

バラのくす玉 U3-20
バラのくす玉 U3-20

20・12面体のU1-30,U3-30 でも5枚花弁のバラは(全部ではありませんが)構成できますが、どうしても花一輪のサイズ(開口径)が小さくなってしまいます。

5枚花弁のバラが構成でき、なおかつ1輪のバラのサイズ(開口径)が大きく取れるという意味で正12面体がバラのくす玉の立体構造として最も適しているのではと考えています。

正12面体モデルの展開図
正12面体モデル(ペーパークラフト)の展開図

よりくす玉の立体構造を身近に理解していただくため、正12面体のモデルをペーパークラフトで作成するための展開図もご用意させていただきました。

こちらからPDFファイルがダウンロードできますので、印刷し、切り抜いてのりしろを糊付けしてゆくと正12面体のモデルを組み立てることができます。ご興味ある方はどうぞご活用くださいませ。

今回説明した正12面体の構造を有する、ユニットU1を使ったバラのくす玉U1-20は、ルミネ横浜8Fの朝日カルチャー横浜 にて、12月26日(土)に講習することになっています。

折り紙教室の詳細はこちらです。→ 折り紙教室のご案内

さて、くす玉の立体構造 正12面体 いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (0)

2015年11月10日 (火)

マジック・ローズ・キューブ

日差しがないとぐっと冷え込んで、秋というより冬の到来をヒシヒシと感じます。11月8日が立冬でしたから、暦の上ではもう冬がスタートすることになりますね。

当ブログでは、「ユニットによるバラ」や「バラのくす玉」をご紹介していますが、今回はユニット折り紙によるバラの元祖的な存在であるマジックローズキューブをご紹介します。

「マジックローズキューブ(Magic Rose Cube)」はバレリー・バン氏(Ms. Valerie Vann)の作品です。

マジックローズキューブ(バレリー・バン氏)
マジックローズキューブ 花弁をひらいたところ

花3枚、葉3枚の6枚の正方形から折るユニット作品で、立方体(Cube)の状態から、バラの花と葉っぱの形状に変形(トランスフォーム?)するとても面白い作品です。

マジックローズキューブ(バレリー・バン氏)
マジックローズキューブ 花弁を閉じたところ

花弁を閉じて…

マジックローズキューブ(バレリー・バン氏)
マジックローズキューブ すべてたたんだところ

葉っぱもたたむと、サイコロ状の立方体になります。

マジックローズキューブ(バレリー・バン氏)
マジックローズキューブ オリジナル

今回は少しアレンジを加えてみました。花弁の枚数を増やす目的だったんですが、外側の花弁が、くっ付いたままうまく広がらず、もくろみ通りにはいきませんでした。まぁちょっと柄の変ったアレンジとお考えください。

花の部分だけで12枚組あるいは30枚組でくす玉状に組むこともできるようです。

12枚組の作品を笠原邦彦氏は著書「おりがみ新発見2-キューブの世界-」の中で「キューブの女王」と称賛しておられます。(とても面白い作品なんですが、ちょっとバラっぽくはなくなっちゃう気がします。30枚組はまだ作ったことないので不明です)

コロコロしたサイコロの形からお花を咲かせることができる、本当にマジックのような素敵な作品です。

さて、「マジック・ローズ・キューブ」 いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

出典:
Magic Rose Cube (Ms. Valerie Vann) 「おりがみ傑作選 4」  日本折紙協会
Magic Rose Cube (Ms. Valerie Vann) 「おりがみ新発見2 ーキューブの世界ー」 (笠原邦彦著) 日貿出版社

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (2)

2015年11月 5日 (木)

町内会の作品展のご案内

11月に入って爽やかな秋晴れのお天気が続いています。文化の日(11/3)があったりするせいか、作品展などの文化行事(?)がたくさん行われるシーズンです。

地元の町内会でも趣味の作品展が行われるということで、せっかくなので何点か作品を展示させていただくことにしました。(「枯れ木も山の賑わい」的な感じです)

バラ(C1)のテーブル花、バラのくすだま(U2-30)、バラ(C3)の花束
左から バラ(C1)のテーブル花、バラのくすだま(U2-30)、バラ(C3)の花束

趣味の作品展

日時:
    11月6日(金)9:00~20:00
    11月7日(土)9:00~20:00
    11月8日(日)9:00~15:00

場所: 睦地域ケアプラザ2F  (横浜市 南区 睦町 1-31-1)

町内会の作品展のご案内

「趣味」なのか?と聞かれるとちょとビミョーなんですが、まぁ心の向くままに好きでやってますので「趣味」なんですかねぇ。(お金のためだけじゃ、とてもやってられないですからねぇ。まぁ、もっと儲かりゃ話は別なんでしょうけど…)

バラ(C1)のテーブル花、バラのくすだま(U2-30)、バラ(C3)の花束
左から バラ(C1)のテーブル花、バラのくすだま(U2-30)、バラ(C3)の花束

作品はこの展示のために作成したものではありませんが、写真の3点を予定しています。

   バラのくす玉U2-30
   バラ(C1)のテーブル花
   バラ(C3)の花束

どれも最近当ブログに記事として投稿した作品ですが、写真だけじゃなく現物をご覧になってみたい方は、この機会ご覧いただけたらと思います。

小さな町内会の行事ですし、それほど交通の便が良いわけでもありませんので、近隣にお住いの方に限られると思いますが、お近くにお越しの際にはぜひお立ち寄りいただけたら嬉しいです。

微力ではありますが、折り紙作品の美しさ、楽しさを多くの方に知っていただき、折り紙ファンの裾野が少しでも広がればと思っております。

さて、「町内会の作品展のご案内」 いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »