« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月30日 (水)

2015年人気記事ランキング

2015年もあとわずかです。今年1年を振り返る意味で、当ブログに投稿した記事でアクセス数の多かった記事と、得票数の多かった人気記事をご紹介しておきましょう。

気になる記事は、ぜひもう一度読み返してみてください。新たな発見があるかもです。

昨年までは、参照可能な当ブログのすべての記事の中でのランキングでしたが、今回からは今年投稿した記事の中でのランキングとしてみました。

参考までに、昨年(2014年)のランキングはこちらです。

●2015年投稿記事アクセスランキング

第1位 5角形から折る川崎ローズ「薔薇」(斜方格子)L2 2015年3月27日
5角形から折る川崎ローズ「薔薇」(斜方格子バージョン)L2

第2位 バラのくす玉(バラ玉)30枚組U1-30 2015年3月14日
バラのくす玉(バラ玉)30枚組

第3位 カーネーション(5セル構造)  2015年4月23日
カーネーション(5セル構造)

第4位 精度の高い正5角形の切り出し方  2015年4月17日
正5角形の切り出し 詳細検討図

第5位 K1ローズ(と練習用紙)  2015年2月26日
K1ローズ

第6位 川崎ローズ「薔薇」5角版L2のテーブルフラワー  2015年4月2日
川崎ローズ「薔薇」5角版L2のテーブル花

第7位 カーネーション(5セル)の花束  2015年5月5日
カーネーション(5セル)の花束

第8位 コスモスの花束(3輪)  2015年9月20日
コスモス(林弘美氏)の花束アレンジ

第9位 バラのくす玉(バラ玉)U1-20  2015年4月11日
バラのくす玉(バラ玉)U1-20

第10位 ユニットのバラ(U2-4、U2-5)  2015年5月11日
ユニットのバラ (左から U2-4、U2-5)

 

●2015年投稿記事の投票数による人気ランキング

第1位 佐藤直幹氏の書籍「バラの折り紙」発売  2015年9月1日
佐藤直幹氏の書籍「バラの折り紙」

第2位 薔薇(U5-5)  2015年11月21日
薔薇(U5-5)

第3位 薔薇のくす玉(U4-30) in ギフトパッケージ  2015年9月7日
薔薇のくす玉(U4-30) in ギフトパッケージ

第4位 バラのくす玉(バラ玉)U3-20  2015年7月29日
バラのくす玉(バラ玉)U3-20

第5位 マジック・ローズ・キューブ  2015年11月10日
マジックローズキューブ(バレリー・バン氏)

第6位 アジサイ折り   2015年6月26日
アジサイ折り(藤本修三氏)

第7位 ユニットによる薔薇 U4-4aとU4-4b  2015年7月2日
ユニットによる薔薇 U4-4aとU4-4b

第8位 Qローズの小さな花束  2015年6月14日
Qローズの小さな花束

第9位 薔薇のくす玉(薔薇玉)U4-30  2015年8月13日
薔薇のくす玉U4-30

第10位 くす玉の立体構造 20・12面体  2015年10月31日
バラのくす玉U1-30

 

アクセス数によるランキングと、投票ボタンの投票数によるランキングでは、けっこう違いが出ていますが、読み物として記事が何度も参照されてアクセス数が増える場合と、作品や写真に人気があってポチッとしていただく場合とで差がでているようです。

アクセス数ランキングでは、この1年のアクセス数になりますので、どうしても春夏に投稿された記事のほうが秋冬に投稿された記事より有利になりやすいようです。

さて、あなたのお気に入りの作品・記事はランクインしていましたでしょうか?

本年も多くの方にアクセス・ご愛読いただき、本当にありがとうございました。

たぶん来年もこんな感じで続いていくかと思いますので、どうぞ今後ともご愛顧よろしくお願いいたします。

どうぞ良いお年をお迎えください。

「薔薇と折り紙の日々」 執筆ならびに管理人    中 一隆

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (0)

2015年12月25日 (金)

巻き込み花芯のバラ C1ローズ

クリスマスが終わっちゃうと、もう今年も終わりです。街を彩るクリスマスの飾りを一晩で、お正月仕様に変更するのは大変な作業なんだろうなぁと、いつも思います。(関係業者の方々お疲れさまです。) 

年間行事のバランス的にはクリスマスとお正月の間隔がちょっと狭すぎるんじゃないでしょうか。(まぁ、だからといってクリスマスを12月初旬に無理やり移動しちゃうわけにはいきませんしね)

さて、引き続きくす玉開発に飽きたままなので、1枚折りのバラのご紹介です。

今回は、巻き込み花芯のバラ C1ローズ です。

巻き込み花芯のバラ C1ローズ

C1は、くす玉のロールジョイント構造を単体のバラの花芯として採用してみた最初の作品です。

複数のユニットを接続のために相互に絡み合わせるのではなく、花芯として単体自身の羽どうしを絡める、「ひとりユニットごっこ」といった感じでしょうか。(クリボッチ?…とかでも、ちっとも寂しくないもん!)

ブログの記事的には、昨年夏2014年8月20日の記事で、「プロトタイプを折り紙教室でお土産としてお配りした」と記していますので、そのあたりの時期に完成した作品になります。

巻き込み花芯のバラ C1ローズ

今回は講習の際の見本に用いるためちょっと大きめの折り紙(17.6cm)で折ってみました。

相変わらず折り紙のくせに折るところの少ない作品で、折り図では表現しにくい曲げたり丸めたりする工程で出来上がっています。

まぁ、その分緩やかに変化する曲面で構成されるちょっとモダンで優美な作品に仕上がったと思います。

どうしても、くす玉でバラを表現する際には「質より量」で存在感を圧倒する感じになっちゃいますので(最近のアイドルか?)、たまにはこんなシンプルな1輪のバラもいかがかと思います。

巻き込み花芯のバラ C1ローズ

安価で入手しやすい普通の裏白の折り紙で折れる点も気に入っている点です。厳密には花の内側底面に裏の白い面が少し出ますが、実用上問題ないと思います。

このバラC1を使ってテーブルフラワーにアレンジした作品は、そごう横浜9Fの読売カルチャーにて、11月24日(火)、12月8日(火)に講習させていただきました。

また、来年の春ごろ朝日カルチャー横浜教室でも講習させていただく予定です。

折り紙教室の詳細はこちらです。→ 折り紙教室のご案内

さて、巻き込み花芯のバラ C1ローズ いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (0)

2015年12月20日 (日)

花芯構造によるバラの変容

12月も中半をすぎて、ぐっと冷え込むようになってきました。でもこれで平年並みのようですね。エルニーニョだとか、暖冬だとかだそうですが、どうせならもうちょっと奮発していただいて、ずっと半袖ですごせるくらいの陽気になっちゃいませんかねぇ。

さてさて、バラのくす玉は存在感があって、講習でも人気の作品ですが、新しい作品の開発にはけっこう手間というか、時間がかかります。

30枚組で、組んでみたら「ん~ッ、ダメだな!」とボツになる場合も多いですし、製作の工程も長いので当然試行錯誤・トライ&エラーのサイクル周期も長くなります。

というわけで手短にいうと、ちょっとくす玉には飽きてきたので、今回は1枚折り作品の教室を紹介します。

1月期の朝日カルチャー横浜の講座「花芯構造によるバラの変容」です。

左からQローズ、K1ローズ、サザンカ
左からQローズ、K1ローズ、サザンカ

講習作品は「Qローズ」、「K1ローズ」、「サザンカ」です。

これら3作品は外周花弁の構造はほぼ同じで、花芯のみちょっとずつ異なる構造になっています。

左から Qローズ、サザンカ、K1ローズ
左から Qローズ、サザンカ、K1ローズ

1番プリミティブな花芯はQローズで、単純にねじっただけの構造です。

このQローズの中心部を開いて構成したのがK1ローズの巡回中割り折りによる花芯です。

左からQローズ、K1ローズ、サザンカ
左からQローズ、K1ローズ、サザンカ

さらに、K1の巡回中割り折りの花芯から「しべ」を折り出したのがサザンカになります。

このように、花芯構造を変化させることにより、花の表情は大きく変わってゆきます。

講座「花芯構造によるバラの変容」ではこれらの3作品を折り比べていただき、花芯の変化による花のイメージの変容をお楽しみいただく趣向です。

講座名: 花の折り紙 「花芯構造によるバラの変容」 (全3回)

場所: 朝日カルチャー横浜教室 (ルミネ横浜8F)

日時:2月21日(日)、3月6日(日)、3月20日(日) いずれも10:30~12:30

カリキュラム:
    2月21日(日)    Qローズ(小さな花束)
    3月 6日(日)    K1ローズ
    3月20日(日)   サザンカ 

お申し込み・お問い合わせは,朝日カルチャー横浜 045-453-1122 http://www.asahiculture.jp/yokohama/  までお願いいたします。

Webサイトからのお申し込みはこちらからどうぞ。

 

他の折り紙教室の情報はこちらです。→ 折り紙教室のご案内

さて、花芯構造によるバラの変容 いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (0)

2015年12月14日 (月)

星のバラ玉(Star Rose)

妙に暖かい日があったり、台風のような豪雨もありましたが、キーンと冷えきった冬らしい日が戻ってきたようです。

さて今回はクリスマスも近いので、金銀に輝くの星のイメージの作品をご紹介しましょう。

星のバラ玉Star Rose)です。

星のバラ玉(Star Rose)

スター・ローズ?と聞いて、ジョン・ウィリアムズ(John Williams)のきらびやかで勇壮なテーマ音楽が頭の中で響き渡ってる方もおられるかと思いますが、残念ながら映画とは関係ありません。星っぽいイメージの折り紙のくす玉です。(ちょっと乗っかってみました。ほんのちょっとです!)

星のバラ玉(Star Rose)

正12面体ベースの立体構造で、20枚組で構成されています。

当ブログをご愛読いただいている賢明な皆様は既にお気づきかと思いますが、星のとんがり部分は3枚羽のカーラーユニット20枚組、花の部分はバラのくす玉 U1-20とほぼ同じ構造です。

ちょうど、3枚羽カーラーユニットU1-20の2つの作品を足して2で割った物といえると思います。

星のバラ玉(Star Rose)

折り紙セットに入っている金銀のホイル折り紙が余ってましたので、それぞれ7.5㎝に切って20枚で作てみました。(子どものころは金銀の折り紙はなぜか貴重に思えて大事にしてましたが、意外と使い道がなかったりしません?)

ホイル折り紙は紙の弾力がほとんどないので、花芯の巻き込み部はかなり作りづらかったですが、なんとか形になりました。

星のバラ玉(Star Rose)

そうですね、人型のロボットC-3POが折り紙を折るとしたら、こんな作品かもしれませんネ。でなきゃ、ライトセーバーの練習に飛び回る玉とか… (ハリウッドの小道具さん、オファーお待ちしてます)

星のバラ玉(Star Rose)

キラキラと華やかなので、クリスマスあるいはお正月の飾りに、オーナメントとして吊るしていただいてもよろしいかと思います。(もちろん、ライトセーバーの練習にも…)

よみカル横浜、朝日カルチャー横浜で、バラのくす玉U1-20を受講された方は、ちょっと工程を変えるだけで折れると思います。ぜひチャレンジしてみてください。

U1-20は8月25日(火)にそごう横浜9Fのよみカル横浜で講習させていただきました。また12月26日(土)にはルミネ横浜8Fの朝日カルチャーにて講習予定です。

折り紙教室の詳細情報はこちらです。(スマホの方はPCサイトモード設定で!)

さて、星のバラ玉(Star Rose) いかがでしたでしょうか。

どうぞ楽しいクリスマスをお過ごしください。
フォースと共にあれ(May the Force be with you.)

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (6)

2015年12月 8日 (火)

薔薇(U2c-8)

いよいよ本格的な冬のシーズンになってしまいました。寒さの本番はこれからなんでしょうが、この段階でもう寒いの飽きました。はやく春こないかなぁ。地球の地軸の傾き(23.5°くらい?)を「えいやっ」と立て直しちゃえば、常春の国になるのになぁとか思いません?

さて、ユニットU2は、シンプルな2枚羽構造のユニットで、くす玉にも単体のバラにも組むことができるのが特徴です。

フレキシビリティが高く、出来上がるバラも意外と美しいという素性の良いユニットですが、いかんせんシンプルな構造なので、花弁ボリュームが寂しい感があります。

今回はこのシンプルなU2ユニット2つをカスケード(cascade)接続したU2cを使ったゴージャスな薔薇をご紹介します。

薔薇(U2c-8)

U2ユニットの一端は巻き込み花芯部で、その反対には「がく」を取り付けるポケットがあります。

1枚目のU2の本来「がく」を取り付けるポケットに2枚目の花芯部先端を差し込んで固定することで、花弁枚数の倍増した新しいユニットU2cを作ることができます。

 U2:     花芯-[U2]-がく
 U2c:   花芯-[U2U2]-がく
みたいな感じです。

薔薇(U2c-8) 

2枚のU2が縦続につながったU2cを一つのユニットとして、4組使って単体の薔薇を構成したのがU2c-8になります。(U2を合計8枚使うので末尾は8としています)

U2ユニット一つで2枚の花弁を表現できるので、U2c-8では合計16枚花弁のごらんのようなゴージャスな薔薇が組み上がります。(「野菜マシマシ・トッピング全部乗せ」みたいな盛りようですが…)

薔薇(U2c-8)

構造的には、以前ご紹介したバラU2-4と「がく」の間に4枚のU2ユニットが挟まった形になりますので、開口径を狭めて作ったU2-4と、U2ユニット4枚で開き気味に組んだバラの2つを重ねた、2段重ね構造をイメージしていただくとわかりやすいと思います。

花弁枚数の多い花を表現するために、同心状に多段に重ねる技法はよく見られますが、この際には内周の花弁が小さくなるよう一回り小さな紙で作るのが一般的です。

今回は同一サイズのユニット構成で同等の効果を得るため、内周花弁をタイトにしっかりカールさせ、外周花弁は緩やかにカールさせて自然な雰囲気を出しています。

薔薇(U2c-8)

今回は4枚組のU2-4の2段構造ですが、5枚組(U2-5)の2段重ねとか、3段重ねとかも原理的には可能です。(ちょっと胸焼けしちゃいそうですが…)

ユニット構成のバラは、1枚折りに比較すると桁違いに簡単で花弁ボリュームのある作品を作ることができます。組み方のバリエーションもいろいろあって皆さんにご紹介させていただくネタはまだまだ続きそうです。

さて、薔薇 (U2c-8) いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (0)

2015年12月 3日 (木)

U2-4を使ったクリスマスリース

12月に入って、めっきり冬らしくなってきました。仕事の量はあんまり変わらないくせに、「師走」と聞くとなんとなく忙しい気分になっちゃいますね。(「本当に忙しくて儲かって仕方がない!」と一度は言ってみたいもんなんですが…)

いつも普通に明日が来るように、2016年もたぶん世界はあんまり変わらずに続いていくんじゃないかと思いますので、「年内に」と焦る必要もないかなぁと思ったりしますが…(もっと焦って働けって?)

さて、毎年この季節の定番作品になっていますが、今回はバラ(U2-4)を使ったクリスマス・リースをご紹介します。

U2-4を使ったクリスマスリース

永田紀子氏のリースをベースにして山梨明子氏のリボンに立体的なベルを配置した作品で、毎年新作(?)のバラを乗せるのが定番になっています。

バラ(U2-4)

今年はシンプルな2枚羽ユニットU2を4つ使ったユニットによるバラ U2-4  です。

U2ユニットそのものはとっても単純なんですが、意外と見栄えのする美しいバラが出来上がるところが結構気に入っています。

U2-4を使ったクリスマスリース

この「U2-4を使ったクリスマスリース」は、そごう横浜9Fの読売カルチャーにて10月27日(火)に講習させていただきました。

折り紙教室の詳細情報はこちらです。(スマホの方はPCサイトモード設定で!)

皆様に、平和で穏便な年の瀬と、楽しいクリスマスが訪れることを祈っています。

さて、「U2-4を使ったクリスマスリース」 いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

 

出典を記しておきます。

リース (永田紀子氏) 月刊「おりがみ」 第400号日本折紙協会
リボン (山梨明子氏) 月刊「おりがみ」 第412号日本折紙協会)・「おりがみでクリスマス3」 (日本折紙協会

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

 

| | コメント (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »