« 星のバラ玉(Star Rose) | トップページ | 巻き込み花芯のバラ C1ローズ »

2015年12月20日 (日)

花芯構造によるバラの変容

12月も中半をすぎて、ぐっと冷え込むようになってきました。でもこれで平年並みのようですね。エルニーニョだとか、暖冬だとかだそうですが、どうせならもうちょっと奮発していただいて、ずっと半袖ですごせるくらいの陽気になっちゃいませんかねぇ。

さてさて、バラのくす玉は存在感があって、講習でも人気の作品ですが、新しい作品の開発にはけっこう手間というか、時間がかかります。

30枚組で、組んでみたら「ん~ッ、ダメだな!」とボツになる場合も多いですし、製作の工程も長いので当然試行錯誤・トライ&エラーのサイクル周期も長くなります。

というわけで手短にいうと、ちょっとくす玉には飽きてきたので、今回は1枚折り作品の教室を紹介します。

1月期の朝日カルチャー横浜の講座「花芯構造によるバラの変容」です。

左からQローズ、K1ローズ、サザンカ
左からQローズ、K1ローズ、サザンカ

講習作品は「Qローズ」、「K1ローズ」、「サザンカ」です。

これら3作品は外周花弁の構造はほぼ同じで、花芯のみちょっとずつ異なる構造になっています。

左から Qローズ、サザンカ、K1ローズ
左から Qローズ、サザンカ、K1ローズ

1番プリミティブな花芯はQローズで、単純にねじっただけの構造です。

このQローズの中心部を開いて構成したのがK1ローズの巡回中割り折りによる花芯です。

左からQローズ、K1ローズ、サザンカ
左からQローズ、K1ローズ、サザンカ

さらに、K1の巡回中割り折りの花芯から「しべ」を折り出したのがサザンカになります。

このように、花芯構造を変化させることにより、花の表情は大きく変わってゆきます。

講座「花芯構造によるバラの変容」ではこれらの3作品を折り比べていただき、花芯の変化による花のイメージの変容をお楽しみいただく趣向です。

講座名: 花の折り紙 「花芯構造によるバラの変容」 (全3回)

場所: 朝日カルチャー横浜教室 (ルミネ横浜8F)

日時:2月21日(日)、3月6日(日)、3月20日(日) いずれも10:30~12:30

カリキュラム:
    2月21日(日)    Qローズ(小さな花束)
    3月 6日(日)    K1ローズ
    3月20日(日)   サザンカ 

お申し込み・お問い合わせは,朝日カルチャー横浜 045-453-1122 http://www.asahiculture.jp/yokohama/  までお願いいたします。

Webサイトからのお申し込みはこちらからどうぞ。

 

他の折り紙教室の情報はこちらです。→ 折り紙教室のご案内

さて、花芯構造によるバラの変容 いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

|

« 星のバラ玉(Star Rose) | トップページ | 巻き込み花芯のバラ C1ローズ »

バラ」カテゴリの記事

オリジナル作品」カテゴリの記事

折り紙教室」カテゴリの記事

季節の折り紙」カテゴリの記事

折り紙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 星のバラ玉(Star Rose) | トップページ | 巻き込み花芯のバラ C1ローズ »