« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月31日 (日)

バラのくす玉(U2b-24)

寒さ本番の時期ですが、ちょっとずつ日が長くなってきたり、陽射しに温かみを感じられるのが何よりの救いです。はやく春こないかなぁ。

さて、U2ユニットはシンプルな2枚羽構造で、単体のバラにもくす玉にも組めるというフレキシビリティの高いユニットです。

以前に、U2ユニット2つをカスケード接続したユニットU2cを使って花弁ボリュームを増した薔薇U2c-8をご紹介させていただきました。

今回はU2ユニット2つを背中合わせ(Back to Back)に接続したU2bを使って組んだくす玉U2b-24をご紹介しましょう。

バラのくす玉(U2b-24)

U2ユニットの「がく」を取り付けるポケットどうしを互いに接続して、2つのU2ユニットを背中合わせに繋いだのがU2bです。

 U2:     花芯-[U2]-がく
 U2c:   花芯-[U2U2]-がく
 U2b:   花芯-[U2U2]-花芯

2つのU2が背中合わせにつながったU2bを新たな2枚羽のユニットとして、12組使ってくす玉を構成したのがU2b-24になります。U2を合計24枚使うので末尾は24としています。)

バラのくす玉(U2b-24)

立体構造は正6面体で、4枚花弁ベースのバラが6輪出来上がります。

各バラは4枚花弁ベースですが、U2ユニット1つで2枚の花弁を表現(U2bでは4枚)できるので、実際の花弁枚数は8枚になります。

当初、2枚羽のU2bユニット30枚(U2ユニット60枚)で正12面体(U2b-60)を構成するつもりでしたが、花弁ボリュームが多すぎて、球状にまとめられなくなってしまいました。そこでユニット数を減らして正6面体構造としたのがこの作品です。

バラのくす玉(U2b-24)

それぞれの1輪1輪のバラは、U2ユニット4枚で構成されていることになりますので、単体のバラとしてご紹介したU2-4とほぼ同じ構造になります。したがってU2-4を6輪球状に配置したくす玉という風にイメージしていただくとわかりやすいと思います。

U2-30も同じユニットU2を使った作品ですが、両社を比較してみると個別の1輪1輪のバラのクオリティーは結構高くなってると思います。(花の数はちょっと少ないので、くす玉としての球状のまとまり感は欠けてるかもしれませんが…)

さて、バラのくす玉(U2b-24) いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (0)

2016年1月26日 (火)

作品展示のご案内 よみカル横浜文化祭

強烈な寒波の影響で、日本中カチンコチンに凍り付くような寒さです。風邪などひきませんように皆さまご自愛くださいませ。

さて、来る201626日(土)~9日(火)に、そごう横浜9Fの市民フロアにて「よみカル横浜開設30周年記念文化祭」が開催されます。

バラ(U5-4)
バラ(U5-4):このバラの花束アレンジも展示予定です。

私が講師を担当している、よみカル横浜教室の折り紙講座「指先の魔法☆折り紙」からも作品を出展させていただく予定になっています。

講師指導による受講生の方々の作品がを中心になりますが、講師作品(ブログ未公開の作品も?)も何点か並ぶ予定です。お近くにお越しの際にはぜひご来場ください。

詳細はこちらです。

場所: そごう横浜9F 市民フロア
日時: 2月6日)  11:0019:00 
          2月7日)  10:0019:00 
          2月8日(月)  10:0019:00
          2月9日(火)  10:0016:00 

土曜日の11:00~15:00、日曜日の12:00~16:00は、私も会場近辺にいる予定ですので、ご来場の際にはお声をおかけください。

よみカル横浜開設30周年記念文化祭のご案内

作品展示の準備のため、作品名や出展者の名前を記入したのネームプレートを作成しました。

出来合いのカードに記入して、プラスティック製のカードホルダーを使って立てるのが一番簡単な方法だと思います。

手書きよりもプリンターで印字したほうが視認性が高いなぁと思ったのですが、小さなカードは直接プリンタに給紙できないので、A4サイズくらの紙にまとめて印字して切り分けたりする必要があります。

展示用ネームプレート

結局、印刷後、切り出したりする手間がかかってしまうことを考えて、今回はペーパークラフト(折紙工作?)で、組み立て式のネームプレートを作成してみました。

展示用ネームプレート

プリンターで印字した紙を切り抜いて、組み立てると…

展示用ネームプレート

自立型のネームプレートが完成します(拍手!)

まぁ、カードホルダーが貧乏で買えないだけって話なんですが、折紙工作で作っちゃうというのも、折り紙講座の展示らしくてよろしいのではないかと思っています。

40cm×50cmの展示スペース2区画だけの、とても小規模な作品展示ですが、どうか是非この機会に実際の作品をご覧いただけたらと思っています。ご来場を心よりお待ちしております。

折り紙教室の詳細情報はこちらです。→ 折り紙教室のご案内

さて、よみカル横浜文化祭 作品展示のご案内 いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

展示させていただいた作品はこちら前半後半)からご覧いただけます。

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (0)

2016年1月21日 (木)

さざんか

雪が降ったりして、なんだか結局平年並みの寒さ(いやそれ以上か?)の冬になっちゃいました。暖冬だとかとちょっと油断させておいて、思わせぶりな気候です。みなさまも体調管理にお気を付けください。

暖冬の影響でもう梅が咲いちゃってるそうですが、本来なら花の少ないこの時期に貴重な存在の「サザンカ」ご紹介します。

サザンカ

昨年の春、月刊「おりがみ」 476号(2015.4月号)K1ローズを掲載していただきが、このK1というバラの花芯部から「しべ」を折り出した作品が「サザンカ」になります。

バラ(K1)の中央部が凹んだ花芯構造を、出っ張らせるようにして「しべ」を形成させています。紙の中央には「しべ」の色を花弁と変えるために紙を貼ってあります。

サザンカ

折り紙の周囲が赤で、中央の黄色にグラデーション状に変化する折り紙を使えば、花芯部に紙を貼る必要はありません。単に個人的な趣味の問題で、特殊な折り紙を使うのはあまり気がすすまないんです。(貧乏なだけという話なんですが…)

特定の作品を作るためにわざわざ特殊な紙を買ってくるというのは、なんか違う気がします。「この用紙がないとこの作品は折れない」というのは大きな制限になっちゃいますからね。

サザンカ

このサザンカは講習の見本兼お土産として、折り紙教室の生徒さんにお配りしました。

サザンカの講習は、1月12日(火)にそごう横浜9Fの読売カルチャー横浜で実施させていただきました。

また、ルミネ横浜8Fの朝日カルチャー横浜教室では、「花芯構造によるバラの変容」と題して2/21, 3/6, 3/20の3回にわたり、作品の開発経緯に従ってQローズK1ローズサザンカと変化していく様子を講習する予定になっています。

折り紙教室の詳細情報はこちらです。→ 折り紙教室のご案内

さて、さざんか いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

バラ(K1) 中 一隆    月刊「おりがみ」第476号(2015年4月)  日本折紙協会

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (0)

2016年1月15日 (金)

薔薇と鶴の飾り

この時期らしい寒さがやってきました。しばらく「この冬一番の冷え込み」が更新されていきそうな勢いです。はやく春こないかなぁ。

さて新年最初の作品として、「秘伝千羽鶴折形」から「蓬莱(ほうらい)」をご紹介いたしました。

「蓬莱」は4羽の鶴が、その羽を合わせて中央の鶴を下から支える形の連鶴作品でした。

今回は引き続きお正月向けの作品として、「蓬莱」のイメージで、4羽の鶴が中央の薔薇を支える形の作品をご紹介しましょう。

薔薇と鶴の飾り

薔薇と鶴の飾りです。

鶴4羽を中央のバラの周囲に配置した作品は、昨年に「バラと鶴のつなぎ折り」をご紹介していますが、今回は1枚の紙からのつなぎ折りではなく、ユニットによる複合作品です。

4羽の折り鶴が薔薇を下から支える様子は、こちらのほうが「蓬莱」のイメージに近いかなぁと思います。

薔薇と鶴の飾り

つなぎ折りにしなかった理由は、薔薇がユニット作品であるため、バラのユニットの一部と鶴をつなげて折ってもあんまり意味がなさそうだからです。

鶴は完全に伝承作品そのままですが、複合作品の1パーツとして糊付けなしで組み立てられるよう、台と薔薇の接続部に工夫をしています。

薔薇と鶴の飾り

当ブログの作品では、バラの「がく」は、ほとんど鶴の基本形から作った物を使っていますが、今回はこの「がく」を鶴の羽そのもので置き換えたと考えていただくとわかりやすいと思います。

鶴の基本形から折った「がく」を取り付けて、単体の薔薇(型式:U6W-4)として仕上げることも可能です。

薔薇と鶴の飾り

「蓬莱」とは鶴の向きが逆になっています。これは薔薇の花弁の巻く方向に合わせるためで、4羽の鶴が飛びながら薔薇を折り上げていくイメージになっています。

4枚のユニットからなる薔薇と、4羽の伝承の鶴に台の1枚を加えた、合計9枚からなる複合作品ということになります。(すべて同じ大きさの正方形です)

ユニット構成にしたことにより、比較的簡単にゴージャスな薔薇が作れて、つなぎ折りの面倒で煩わしい作業もないので、年末のあわただしいときにも取り組める良いお正月作品になったと思います。 

来年というか今年の年末にでも(ずいぶん先の話ですが)お正月向け作品として、折り紙教室で取り上げてみたいと思っています。

ちなみに、鶴を折った和紙千代紙はトーヨーのキィティちゃん柄です。

さて、薔薇と鶴の飾り  いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。


| | コメント (0)

2016年1月 9日 (土)

猿の親子

今年はお天気に恵まれた穏やかなお正月でしたね。徐々に平年並みの寒さに戻っちゃうようですので、皆さま体調管理にお気をつけください。

1月4日が月曜でしたので、なんとなくお正月気分が短かったのがちょっと残念でしたが…。(まぁ、どうせいつでも正月気分な私には関係ありませんが…)

さて2016年の干支は申なので、折り紙で猿の親子を折ってみました。

猿の親子の群れです。(また今年もゾロゾロとたくさん作っちゃいました。昨年のヒツジはこちらです。)

猿の親子

雪の猿山に小さな子ザルを抱っこした母猿がザワザワと集まっている感じでしょうか。(ココの猿山は昨年出産ラッシュだったってこと?)

乳児健診とか、予防接種の待合室みたいですね。(みんなちゃんと母子猿手帳持ってきてる?)

猿の親子 

「うちの子はもう寝がえりを打つんです」とか子育て談義に花が咲いてるのでしょうか。

もうこのあたりから「ママ友付き合い」の苦労がはじまっちゃうのかもしれませんね。

猿の親子

この猿の親子「ふれあい親子猿」は福山登美子氏の作品で、12年前の申年の月刊「おりがみ」第341号に掲載された作品だそうで、今年の2016年1月号( 第485号)に再掲載されていましたので、15cm折り紙で折ってみました。

猿の親子

再掲載だったので、図が小さくて見にくくて苦労しましたが、なんとか折れました。

最後の工程でぐっと引き寄せると、子ザルを頬ずりするようにぎゅっと抱きしめる感じに仕上げることができます。なかなか愛らしい作品です。

例によってたくさん折ったので、折り紙教室の生徒さんにお土産としてお配りしたいと思っています。

折り紙教室の詳細はこちらです。→ 折り紙教室のご案内

さて、猿の親子 いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

出典を記しておきます。

「ふれあい親子猿」(福山登美代氏)  月刊「おりがみ」 第485号  (日本折紙協会

「木」(津田良夫氏・川崎敏和氏) 「博士の折り紙夢BOOK」・「折り紙夢WORLD 」(朝日出版社)

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (4)

2016年1月 2日 (土)

「蓬莱」 秘伝千羽鶴折形より 

新年おめでとうございます。

どうやら、なんとか無事に2016年を迎えることができました。(いやぁ~めでたい!)

新年最初の作品として、折り紙の古典「秘伝千羽鶴折形」から「蓬莱(ほうらい)」を折ってみました。

「秘伝千羽鶴折形」は1797年(寛政9年)に出版された、魯縞庵(ろ・こうあん)作の鶴のつなぎ折りの作品集です。

昨年は「秘伝千羽鶴折形」から「りんどうぐるま」を紹介させていただきました。

「蓬莱(ほうらい)」は「秘伝千羽鶴折形」の巻頭を飾る5羽の鶴のつなぎ折り作品で、4羽の鶴が羽のの先を合わせて中央の鶴を下から支える形をしています。

蓬莱(秘伝千羽鶴折形より)

折り紙好きの方はもうお気づきと思いますが、朝の連続テレビ小説「あさが来た」にたまにちょこっと写ったりしていた作品です。 (びっくりポン!だす。)

ヒロインの嫁ぎ先の「加野屋」の店主の席(帳場?)をじっくり観察していただくと、傍らに「秘伝千羽鶴折形」からの連鶴作品が飾ってあったりします。

蓬莱(秘伝千羽鶴折形より)

「蓬莱(ほうらい)」は商売繁盛の縁起物として、「加野屋」の大奥さまが折ったという設定になっていました。最近では代変わりして別の作品(「早乙女(そうとめ)」かなぁ「巣籠(すごもり)」かも)が飾ってあるようです。(この奥さまは、夫婦円満を願って「妹背山」を折ってみたり、張子の犬を作ってみたりと、今だったらカルチャースクールのお得意様になってくださりそうな方です。)

まぁそんなわけで、なにより縁起物としておめでたい「蓬莱」の紙の取り方です。

蓬莱の紙の取り方1
蓬莱の紙の取り方1 青:谷折り 赤:山折り 緑:切り込み

こちらが、「秘伝千羽鶴折形」に記載されている「蓬莱」の紙の取り方ですが、手元にあった和紙千代紙だと厚みがそこそこあるため、このままでは紙が重なる部分で厚みが大きくなりなかなかすっきりと仕上げることはできませんでした。

そこで今回は紙の厚みをスリム化してすっきりと折り上げるために、下図のように多重に紙が重なる部分をバッサリと切り落として作成してみました。

蓬莱の紙の取り方2
蓬莱の紙の取り方2 青:谷折り 赤:山折り 緑:切り込み

上図aは、中央の鶴を折って紙を畳んだ際に正方形からはみ出てしまう領域で、紙のスリム化のために切り落とす部分としてすぐ思いつく箇所ですが、今回はさらに踏み込んでbのエリアも切り落としてスリム化しています。(もうこれ以上切るとバラバラになっちゃうので…)

本来なら、薄くてコシのある和紙を入手して原作の指示通りに折るのがよいのでしょうが、折り紙作品としては見栄えも重要かと思います。華やかな和紙千代紙を使ってすっきり仕上げたこんな作品もよいのではないでしょうか。(お正月だしね)

蓬莱(秘伝千羽鶴折形より)

具体的な折り方は、岡村昌夫氏の書籍「つなぎ折鶴の世界」(改訂版)を参考にさせていただきました。この解説がなかったら、かなりの試行錯誤で多くの無駄な紙を使ってしまったことだろうと思います。(解説があってもかなりめんどうな作品ですけどね)

「秘伝千羽鶴折形」には類似な紙の取り方をする作品として、「巣籠(すごもり)」、「迦陵頻(かりょうびん)」があり、岡村氏の書籍では、両者の紙の取り方として、中央の鶴を45°回転させる別案が示されています。

「蓬莱(ほうらい)」にもこの手法を適用すると、上図aの領域は切り落とす必要がなくなる(正方形から飛び出さなくなるので)かなぁと思っています。(こんどやってみますね。)

いずれにせよ、二百年以上前の折り紙マニアの知恵には敬服せざるおえず、単なる昔の古典文献として侮ることはできないなぁと感じます。

年の初めに歴史を振り返って「江戸時代の人たちもこんな風に頭をひねりながら折り紙してたのかなぁ」と思いにふけってみてはいかがでしょうか。(きっと「加野屋」の大奥さまも苦労されたんじゃないかと… まぁ風吹ジュンが折ったんじゃないとは思うけど…)

鶴をつなげた連鶴と類似な作品としては、「鶴とゆりのつなぎ折り」を昨年12月22日(火)に読売カルチャー横浜にて講習させていただきました。

折り紙教室の詳細はこちらです。→ 折り紙教室のご案内

さて、「蓬莱」 秘伝千羽鶴折形より  いかがでしたでしょうか。

本年もどうぞご愛読よろしくお願いいたします。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

「秘伝千羽鶴折形」の解説は

改訂版 つなぎ折鶴の世界 」  岡村昌夫著   本の泉社
おりがみ新発見〈3〉古典から最新作まで300年の絵巻 」  笠原邦彦著 日貿出版社

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »