« ランドセルと教科書 | トップページ | バラ(U7L-4) »

2016年4月 4日 (月)

イチゴ

桜も満開をすぎて、春らしい陽気になってきました。雲が多くってすっきりしたお天気にならないのがちょっと残念ですが…。

春らしい作品を、ということでレイ・クッカー(Rae Cooker)氏の「イチゴ」を折ってみました。

本来、旬は春先なんでしょうが、実際にはクリスマスケーキのシーズンのほうが出荷量は多いのかもしれませんね。出典の書籍もクリスマスの本だしね)

「イチゴ」 レイ・クッカー(Rae Cooker)氏

「実」と「へた」が1枚から折り出せる作品で、緑の「へた」は紙の裏面です。(まぁ当然 あか/みどり の両面折り紙が必要になっちゃうわけですが…)

空気を吹き込んでふくらませると、ふっくらした可愛らしい「イチゴ」が完成します。

「イチゴ」 レイ・クッカー(Rae Cooker)氏

類似な構造を持つ作品としては、内田興正氏の「柿」がありますね。この作品も、おもいっきりふくらませちゃうと、実がまん丸にふくらんで、「イチゴ」というより「ミニトマト」っぽくなっちゃいますのでご注意を。

「イチゴ」 レイ・クッカー(Rae Cooker)氏

以前ご紹介した、田中稔憲氏の「苺」がお使い物に包むような高級品だとしたら、こちらの「イチゴ」はもっと庶民的で、イチゴミルクにして食べたら美味しそうな感じです。

このイチゴは、折り紙教室の生徒のみなさんへ、お土産としてお配りしました。

2016年春の折り紙教室の詳細はこちらです。
PCならびにPCモード設定の方は、最新の情報をいつでもこちらからご覧いただけます。

さて、イチゴ いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

出典を記しておきます。

「イチゴ」 レイ・クッカー(Rae Cooker)氏 おりがみでクリスマス (2)   日本折紙協会

「柿」 内田興正氏    博士の折り紙夢BOOK (朝日出版社)

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

|

« ランドセルと教科書 | トップページ | バラ(U7L-4) »

折り紙教室」カテゴリの記事

季節の折り紙」カテゴリの記事

折り紙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ランドセルと教科書 | トップページ | バラ(U7L-4) »