« 折り紙教室(2016年夏)のご案内 | トップページ | バラ(C3) »

2016年6月 1日 (水)

薔薇(U7w-4)

あっという間に5月が終わって6月です。日が長くなって、蒸し暑いと感じる日も多くなってきましたね。(個人的には慢性の5月病なんですけどね…)

さて、コストパフォーマンス重視の花弁ユニットとして開発したU7ならびにU7Lと、これらの花弁ユニットを使ったバラU7-4 ,U7L-4 ,U7L-5 をこれまでに紹介させていただきました。

今回は更に花弁ボリュームを増した新しい花弁ユニットU7wを使った薔薇(U7w-4) をご覧いただきましょう。

薔薇(U7w-4)
薔薇(U7w-4)

最もシンプルなU7をベースとして拡張したU7Lが思いのほかいい感じに仕上がりましたので、調子に乗って更に花弁ボリュームを増した花弁ユニットU7wを作ってみました。

薔薇(U7w-4)
薔薇(U7w-4)

複数の花弁ユニットで構成されるバラの花弁枚数を増やす方法には、花弁ユニットの数を増やすのが最も簡単です。前にご紹介した薔薇U7L-5はユニット数が4個のU7L-4 のユニットをさらに一つ増やして5つのユニットで構成した作品です。

薔薇(U7w-4)
薔薇(U7w-4)

今回は花弁ユニットの総数(4)は変えずに、ユニット単体の花弁枚数を増した新しいユニットU7wを使っています。基本となるU7が2枚花弁であるのに対し、U7wでは4枚の花弁が表現できますので、4つのユニットで4x4=16枚花弁のゴージャスな薔薇ができあがります。

薔薇U7L-5は、間口を広げ幅を広くして花弁を増やした感じで、今回の薔薇U7w-4は奥行きを広げて縦に花弁を積み重ねた感じ、といったらわかりやすいでしょうか。

薔薇(U7w-4)
薔薇(U7w-4)

花弁ユニット単体の構造は、だいぶ複雑になってしまったので、コストパフォーマンス重視の路線からはちょっと脱線しちゃったかもしれませんが、U7-4 U7L-4 と比較すると、花弁枚数の増加と相まってよりリアリティの高い薔薇になっていると思います。

試作に使った紙(タント紙)の色調(+撮影環境?)によるところもあってか、「華やか」というより「妖艶」なイメージの大輪の薔薇が完成いたしました。

基本となるバラU7-4とすこし発展させたU7L-4 は合わせて夏の折り紙教室で取り上げる予定になっています。

現在開催中の2016年春の折り紙教室の詳細はこちらです。
これから開催の2016年夏の折り紙教室の詳細はこちらです。
PCならびにPCモード設定の方は、最新の情報をいつでもこちらからご覧いただけます。

さて、薔薇(U7w-4) いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

|

« 折り紙教室(2016年夏)のご案内 | トップページ | バラ(C3) »

バラ」カテゴリの記事

くす玉・ユニット」カテゴリの記事

オリジナル作品」カテゴリの記事

折り紙教室」カテゴリの記事

季節の折り紙」カテゴリの記事

折り紙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 折り紙教室(2016年夏)のご案内 | トップページ | バラ(C3) »