« バラ(U8-4) | トップページ | バラ(U8-5) »

2016年9月15日 (木)

折紙講師養成講座

秋雨前線の影響か、はっきりしないお天気が続いています。涼しいのはありがたいんですが、このまま秋・冬に突入しちゃうのはちょっと寂しい気もします。

今回は折紙講師養成講座のご案内です。

折り紙の資格として、日本折紙協会が認定する「折紙講師」の資格があります。

この日本折紙協会認定の「折紙講師」の資格が取得できる通信教育の講座「折紙講師養成講座」が(昨年ぐらいから?)日本ヴォーグ社で始まっていますので、ご紹介させていただきましょう。

折紙講師養成講座

これまでは、折紙講師の資格取得の方法として、おりがみ4か国語テキスト100をご自分で購入して、巻末の申し込み用紙を使って直接日本折紙協会に申し込む方法しかありませんでした。

この日本ヴォーグ社の「折紙講師養成講座」は、受講して課題作品をすべて提出し、所定の成績を収めて終了すれば、日本折紙協会認定の「折紙講師」の資格が取得できる通信講座です。

折紙講師養成講座パンフレット

得られる「折紙講師」の資格は全く同じものですが、せっかくなので2つの資格取得方法を比較してみましょう。

1.学習
テキストは両者とも同じおりがみ4か国語テキスト100 を使用します。
通信講座では主要17作品の折り方のDVDがついており、添削の際に質問サポートも受けられるようです。

2.課題の提出
直接日本折紙協会に申し込む方法では、100作品を一度に折紙協会に送付する必要がありますが、通信講座では、「基礎技法と基本形」47作品、「基本形の発展」29作品、「応用技法」24作品の3回に分けて送付し添削を受けることができます。ただし学習有効期間は12か月ですので、この期間内に3回の提出・添削を受けなければなりません。

3.費用
直接日本折紙協会に申し込む方法では、テキスト代1,080円、講師申請料3,240円、合格後の講師登録料に16,200円必要です。
通信講座では、講座受講料(一括)24,000円(テキスト・DVD・おりがみ10種約500枚等含む)に講座終了後講師の認定登録料に10,800円が必要になります。(講座受講料は4200円X6回の分割も可能です。)

なお、両者に共通ですが、講師資格を維持するためには日本折紙協会の会員であること(月刊「おりがみ」の定期購読)ならびに5年に1度の更新手続き(2,160円)が必要です。

折紙講師養成講座テキスト

折り紙の腕前に自信のある方は、ご自身でテキストのみ購入して直接日本折紙協会に申し込む方法が費用もかかりませんのでお勧めです。有効期間の定めもありませんので、お時間があるときに、ご自身のペースで課題作品を折り上げればよいと思います。

あまり自信のない方は通信講座の、折り方の収録されたDVD(主要17作品)や、3段階に分けた課題作品の提出・添削・質問サポートが力強い味方になってくれるのではないかと思います。

テキストを購入したまま「いつか時間を見てやろう」という感じでズルズル放置しておくより、12か月の有効期間とちょっと高額な受講料でご自身を追い込んで、受講料を無駄にしないためにも「ちょっと頑張ってみる」のもよいかもしれませんね。

いずれにせよ、資格取得のアプローチが複数あることは良いことで、皆様に合った方法で講師資格取得を目指していただければと思います。

「講師資格」と聞くとハードルが高く感じるかもしれませんが、「折り紙の常識検定」ぐらいのお気持ちで受けていただければよろしいかと思います。逆に申し上げるなら、折り紙好きを自称するのなら、「これくらいのことは知ってないと恥ずかしい」程度の基礎的な内容です。
単なる遊びとしてではなく、日本の折り紙文化と真摯に向き合おうとする方に与えられる資格であるともいえると思います。

さて、「折紙講師養成講座」 いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。PCの方はWeb版はこちらから。 https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

|

« バラ(U8-4) | トップページ | バラ(U8-5) »

折り紙教室」カテゴリの記事

折り紙」カテゴリの記事

その他」カテゴリの記事

コメント

「おりがみ4か国語テキスト100」を図書館で借りてみました。

資格取得を目指すかどうかは別としても、折り紙の基礎的な教科書として、目を通しておきたい内容だと感じました。

投稿: AYA | 2016年9月18日 (日) 23時58分

AYA さん、

取得して何か役に立つ資格であるのかと問われると難しいのですが、公的な機関から「折り紙好き」の認定をいただけます。
まさに胸を張って、折り紙付きの「折り紙好き」を名乗ることができるようになれるというわけです。
基礎知識をきちんと学んでみると、好きな作品を客観的に分析してみることができたり、その作品の折り方や構造から、原作者の意図をより深く理解することができるようになると思いますョ。

投稿: なか(管理人) | 2016年9月19日 (月) 01時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« バラ(U8-4) | トップページ | バラ(U8-5) »