« 3枚羽のカーラーユニットと星のバラ玉 | トップページ | バラのくす玉(U8-30) »

2016年10月14日 (金)

くり

涼しいというより、だいぶ肌寒い気候になってきました。本格的な秋がやってきたっていう感じでしょうか。週末はすっきり晴れたさわやかな秋空が続くようです、とりあえず洗濯機でも回しますか…。

さて今回は、秋の味覚「栗」をご紹介しましょう。

当ブログは「薔薇と折り紙の日々」というタイトルで、ご存知のようにバラをはじめとした花の作品を数多く掲載しております。 作品製作のため、赤やピンク、黄色などの折り紙は結構たくさん使いますし、「がく」や「葉っぱ」に緑色系の折り紙も使うのですが、茶色系の折り紙は中々使い道がなく、セット折り紙では余りがちです。

そこで、この秋シーズンにふさわしい茶色系の折り紙を使った作品を創作(でっち上げた?)してみました。

第1弾は「くり」です。

くり(創作:中一隆)

アヤメの基本形の途中から左右を絞って曲面を出し、きちんと底蓋をポケットに差し込んで閉じる、本格的な折り紙っぽい(?)構造になっています。

栗の実の出来が意外に良かったので、栗のイガも合わせて毬栗(いがぐり)にしてみました。

くり(創作:中一隆)

当ブログをご愛読いただいている賢明な読者のみなさまは既にお気づきと思いますが。栗のイガはカーネーションです。 緑のイガは9セルカーネーションを2個貼り合わせたもので、まっくろくろすけの親戚(?)にあたります。

薄茶色の中の栗が見えているイガは5セルのカーネーションを3個使って、周りを包むように作ってあります。

くり(創作:中一隆)

まっくろくろすけ」も、カーネーションの使い方としてはかなり斬新(突飛?)なものでしたが、栗のイガにまでされちゃうとは思ってもみなかったのではないかと思います。(この調子でいくと次は「ムラサキバフンウニ」とか…?)

所詮カーネーションですので、本物のイガと違ってトゲトゲ・チクチクはしませんが(「ケガする危険がなく安全です」とか言ってみる?)、そこそこ良い雰囲気は出てるのではないかと思います。

くり(創作:中一隆)

そのまま茹で栗にするとか、栗ご飯もおいしそうですねぇ。あっ折り紙作品は食べられません!(念のため… でもなんだかおなかがすきましたネ。)

さて、秋の茶色系折り紙創作作品第1弾「くり」 いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。 https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

|

« 3枚羽のカーラーユニットと星のバラ玉 | トップページ | バラのくす玉(U8-30) »

オリジナル作品」カテゴリの記事

季節の折り紙」カテゴリの記事

折り紙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 3枚羽のカーラーユニットと星のバラ玉 | トップページ | バラのくす玉(U8-30) »