« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月30日 (月)

紙の裏面の出ない川崎ローズ「薔薇」

今日は20°くらいまで気温が上がって、明日は一桁台に冷え込むというジェットコースターのような気候です。 体調を崩されませんよう、皆様ご自愛くださいませ。

流通小売り業の方々の戦略(努力?)によって、関東地方でも節分に恵方巻を食べる習わしがあっという間に広がっちゃったようです。あちこちで予約受付中のチラシを目にします。

個人的には、炭水化物の塊を一気に食べるのは、血糖値が急激に上昇したりして、あんまり体によろしくないのではないか、とか思っちゃいますけどね…。(ヘモグロビンA1cとかγGTPとかがちょっと気になるデリケートなお年頃ですので…)

さて今回は、折り紙の裏面の出ない川崎ローズ「薔薇」です。

川崎敏和氏の川崎ローズ「薔薇」は、ちょっと手間がかかりますが、リアリティの高い美しい作品です。

残念なのは、外周花弁の外側に紙の裏面が出てしまうため、タント紙などの両面同色の折り紙が必要になる点です。

紙の裏面の出ない川崎ローズ「薔薇」

まぁ、白い薔薇なら全く問題ないんですが、裏の白い普通の折り紙を使うと、裏の白い面が外側に出ちゃうことになります。

そこで、普通の裏白の折り紙を下図のようにちょっと手を加えておくと、紙のサイズは少し小さくなりますが、外周花弁の外側にも折り紙の色を出すことができるようになります。(慣れるまでは、紙の角をスティックのりで軽く糊付けしておくと折りやすいと思います。)

紙の裏面の出ない川崎ローズ「薔薇」

具体的な折り方は昔の記事「普通の折り紙で折る川崎ローズ「薔薇」をご参照ください。
(こんな役立つ記事?満載の当ブログでございます。昔の記事も読み返してみてね。)

こんな風に折ったら、こちらが裏面の一枚の折り紙だと思って川崎ローズ「薔薇」を通常通りに折ればいいだけです。

川崎ローズ「薔薇」はちょっと斜め(22.5°)に傾いたグリッド線を頼りに折ってゆく作品ですが、このグリッドのマス目が内側の四角とピッタリ一致し、無理なく・無駄なく・スマートに普通の折り紙を使って折ることができます。

紙の裏面の出ない川崎ローズ「薔薇」

折り紙セットに入っている金・銀のホイル折り紙も裏面は白いので、この方法で金・銀の「薔薇」を折ることができます。(ホイル折り紙なので折りにくいですけど…)

ただ、一般的な15cm折り紙でこの手法を適用すると、さらに小さくなっちゃう(約11.5cm)ので17.6cm、あるいは24cmなどのちょっと大きめの折り紙でスタートすることをお勧めします。

紙の裏面の出ない川崎ローズ「薔薇」と川崎ローズ「薔薇」5角版
紙の裏面の出ない川崎ローズ「薔薇」と川崎ローズ「薔薇」5角版

川崎先生の「薔薇」のアレンジとして、五角版、裏面の出ない方法などをご紹介してきました。一応「川崎ローズ研究家」を自称しちゃってますんで、愛と尊敬を持って徹底的に折り込んで研究させていただいた成果を今回披露させていただきました。

川崎ローズファンの方々には、この素晴らしい作品を、「骨までしゃぶる」どころか、骨も「砕いてダンゴにする」くらいの勢いでご堪能いただけたのではないかと思います。

川崎ローズ「薔薇」と紙の裏面の出ない用紙の作り方は、1月10日(火)にそごう横浜9Fのよみうりカルチャーにて、1月29日(日)にはルミネ横浜8Fの朝日カルチャーで講習させていただきました。

また、5角版の川崎ローズ「薔薇」(L2)は、1月24日(火)にそごう横浜9Fのよみうりカルチャーにて、2月5日(火)にルミネ横浜8Fの朝日カルチャーにて講習させていただく予定です。

2017年冬の折り紙教室の案内はこちらです。
PCならびにPCモード設定の方は、最新の情報をいつでもこちらからご覧いただけます。

川崎敏和氏のオリジナルの川崎ローズ「薔薇」(4角版)は、

  川崎敏和著「「ばらの夢折り紙 」(朝日出版社)
  川崎敏和著「究極の夢折り紙」(朝日出版社)
  川崎敏和著「折り紙夢WORLD 花と動物編」(朝日出版社)
  川崎敏和著「バラと折り紙と数学と」(森北出版)

に掲載されている作品です。

昨年末発売の川崎先生の新刊「おとぎの国の夢折り紙」です。

さて、「紙の裏面の出ない川崎ローズ「薔薇」」 いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。 https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (2)

2017年1月25日 (水)

川崎敏和氏の新刊「おとぎの国の夢折り紙」

日本全国キンキンに冷えきってるような気候のようです。早くあったかくなりませんかねぇ。
寒いので縮こまっていると、肩こりしちゃったりしますので、こんな日はコタツでのんびり折り紙でもいかがでしょうか。

さて、川崎敏和氏の新しい書籍が昨年末に発売になりました。

今回はこの新刊「おとぎの国の夢折り紙」(川崎敏和著)をご紹介しましょう。

「おとぎの国の夢折り紙」(川崎敏和著)

「星の王子さま」、「シンデレラ」、「浦島太郎」、「銀河鉄道の夜」などのおとぎ話をテーマにした作品が掲載されています。

「おとぎの国の夢折り紙」(川崎敏和著)

川崎敏和氏といえば川崎ローズと呼ばれるバラが有名ですが、この新刊にも「星の王子さま」のテーマ内に「群生するバラ」と「王子さまの薔薇」の2つの新しいバラが掲載されています。

「おとぎの国の夢折り紙」(川崎敏和著)

2つの新しいバラはいずれもユニット構成のバラで、4つの部品(ユニット)を組み合わせる作品になっています。

1枚折りの複雑で工程の長い作品ではありませんが、折り紙での立体的なバラ入門にはいい感じのやさしい作品です。(複雑さ・むずかしさを求める折り紙マニアの方には期待はずれかもしれませんが…)

ご存知のように、当ブログでもユニット構成のバラをたくさんご紹介しているわけですが、これを機会に、ユニットでバラを作ることがポピュラーになるかなぁと感じております。(「やっと、私の作品に時代が追いついてきた!」とかとりあえず言ってみる?)

さて、「川崎敏和氏の新刊「おとぎの国の夢折り紙」」 いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

川崎敏和氏の新刊「おとぎの国の夢折り紙 」(朝日出版社)

川崎敏和氏のこの他の書籍は…


折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。 https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (0)

2017年1月20日 (金)

川崎ローズ「薔薇」5角版(L2)

季節的には一年で最も寒いシーズンです。今日の天気予報も、かろうじて雪だるまマークを回避した感じですが…。

まぁ、それでもちょっとずつ日も長くなっていて、春を待ちつつ頑張ってこの寒さを乗り越えていきましょう。

さて今回は、川崎ローズ「薔薇」の5角版(L2)をご紹介しましょう。

前回ご紹介した川崎ローズ「薔薇」は、ご存知のように正方形(四角形)から折る作品で、構造も四角構造の4枚花弁ベースの作品です。

この「薔薇」を五角形の紙から折るように(私が勝手?に)アレンジしたのが、川崎ローズ「薔薇」5角版です。

川崎ローズ「薔薇」5角版(L2)

構造も五角構造となり、5枚花弁ベースのちょっと豪華な「薔薇」になります。

四角→五角アレンジの基本方針はオリジナル(4角版)のグリッド線を5角形にマッピングしなおすことで可能になります。(こんな一言でいうほど単純にはうまくいかないんですが…)

最初の五角アレンジL1は、正方形のグリッド(正方格子)を維持したまま5角にマッピングしていたため、最後の蓋を閉じる立体かぶせ折りの角も90度になっており、5角形の内角108°と合致しないという問題がありました。

川崎ローズ「薔薇」5角版(L2)

この問題を解決すべく、バージョンL2ではオリジナル(4角版)の正方格子を斜めに歪めて斜方格子(格子のマス目がひし形)として5角形の用紙にマッピングする手法をとっています。

これにより、底面の立体かぶせ折りの角を、5角形の内角108°に一致させることができ、正しい5角構造を構成することができるようになりました。(パチ・パチ・パチ…)

川崎ローズ「薔薇」5角版(L2)

残課題は底面のサイズで、1辺の長さが同じ4角形と5角形では、5角形のほうが面積が大きくなるため、見かけの直径も大きくなってしまいます。このため、外周花弁が若干広がり気味のやや幅広(平坦)のフォルムになっています。(中央に穴もあいちゃうし…) まぁこの辺りは原理的なものなのでやむ得ないかとも感じています。

川崎先生のオリジナル4角版をベースに、5角版へとアレンジしてみたわけですが、原理的には同じ方法で6角版、7角版、8角版も可能(なハズ)です。逆に今回の折り方を4角形に適用すればオリジナルの川崎ローズ「薔薇」が復元されます。ある意味ではオリジナル4角版の「薔薇」を一般のN角形で拡張定義したともいえると思います。(なんだかちょっと、生意気なこと言っちゃってるぞ~?)

この作品を折る際には5角形の用紙が必要で、正方形の折り紙から切り出す必要があります。精度の高い5角形の切り出し方こちらの記事をご参照ください。

そんなわけで、そこそこの完成度のアレンジが完成いたしましたので、折り紙教室で講習させていただくことにいたしました。

この川崎ローズ「薔薇」5角版(L2)は、1月24日(火)にそごう横浜9Fのよみうりカルチャーにて、2月5日(日)にルミネ横浜8Fの朝日カルチャーにて講習させていただく予定です。

2017年冬の折り紙教室の案内はこちらです。
PCならびにPCモード設定の方は、最新の情報をいつでもこちらからご覧いただけます。

川崎敏和氏のオリジナルの川崎ローズ「薔薇」(4角版)は、

  川崎敏和著「「ばらの夢折り紙 」(朝日出版社)
  川崎敏和著「究極の夢折り紙」(朝日出版社)
  川崎敏和著「折り紙夢WORLD 花と動物編」(朝日出版社)
  川崎敏和著「バラと折り紙と数学と」(森北出版)

に掲載されている作品です。

昨年末発売の川崎先生の新刊「おとぎの国の夢折り紙」のご紹介はまた後で…。

さて、「川崎ローズ「薔薇」5角版(L2)」 いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。 https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (0)

2017年1月14日 (土)

川崎ローズ「薔薇」

今シーズン一番の寒気だそうで、寒いです。ただひたすら寒いです。まぁ、冬なんで寒いのも仕方がありませんが、早く春がやってきませんかねぇ。

センター試験の日は毎年寒波や大雪なので、日程を見直したほうがいいんじゃないかと思ったりします。受験生の方々も、ここを超えたらぐっと春が近づくことでしょう。

さて今回は、川崎ローズ「薔薇」をご紹介しましょう。

言わずと知れたバラの折り紙の第一人者川崎敏和氏の「薔薇」です。

「バラ」でも「ばら」でも「ローズ」でもない「薔薇」で、数ある川崎敏和氏のバラ作品のなかで、漢字表記の「薔薇」と名付けられているのはこの作品だけです。

川崎ローズ「薔薇」

それだけ原作者の思い入れの込められた作品と言えると思います。

写実性の高い美しい「薔薇」ですが、折るのはそれなりに大変で、折り紙マニアとかフリークの間では、難しさの基準になっちゃってるような作品です。あの作品は川崎ローズ「薔薇」より「難しい」とか、「やさしい」というような表現をしたりします。

川崎ローズ「薔薇」

そういう意味では、折り紙マニア・折り紙フリークへの登龍門のような作品と言えるかもしれません。

まぁそんなわけで、マニアックな作品私の作品とか佐藤ローズとか?)に取り組む我が折り紙教室(誰がそんな風にしちゃったんだ?)としては、避けて通ることのできない作品です。

川崎ローズ「薔薇」

受講生の方々からのご希望もありましたので、この川崎ローズ「薔薇」を取り上げさせていただくことにいたしました。

川崎ローズ「薔薇」

ご覧いただいている写真は、生徒さんへの見本兼お土産として作成したもので、15cmタント紙で作成しました。本来、この作品のディテールをじっくり見ていただくためには、もっと大きな紙で折ったほうがよいのですが、教材予算の都合です。

この川崎ローズ「薔薇」は1月10日(火)にそごう横浜9Fのよみうりカルチャーにて講習させていただきました。また、1月29日(日)にはルミネ横浜8Fの朝日カルチャーで講習させていただく予定になっています。

後日あらためてご紹介する予定ですが、横浜の折り紙教室では、この川崎ローズ「薔薇」を5角形から折るようにアレンジした5角版(L2)も講習する予定になっています。

2017年冬の折り紙教室の案内はこちらです。
PCならびにPCモード設定の方は、最新の情報をいつでもこちらからご覧いただけます。

川崎敏和氏の川崎ローズ「薔薇」は、

  川崎敏和著「「ばらの夢折り紙 」(朝日出版社)
  川崎敏和著「究極の夢折り紙」(朝日出版社)
  川崎敏和著「折り紙夢WORLD 花と動物編」(朝日出版社)
  川崎敏和著「バラと折り紙と数学と」(森北出版)

に掲載されている作品です。

川崎先生の書籍といえば、昨年末に新刊「おとぎの国の夢折り紙」が発売されました。

新しいバラも2作品収録されています。ご紹介はまたの機会に…。

さて、「川崎ローズ「薔薇」」 いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。 https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (2)

2017年1月 9日 (月)

薔薇(U6w-4)と鶴のお正月飾り

昨日から嵐のようなお天気ですが、午後には回復してくるようです。
今年のお正月は何となく短くて、ちょっと損した気分かなぁと思っていたら、すぐ3連休になっちゃいました。(成人の日は1月15日だったハズなのにねぇ。) 
世間の皆様はこの3連休が終わると完全に平日モードに戻るんじゃないかと思います。個人的には1はずっとお正なんですけどね…。

さて今回ご紹介するのは、薔薇(U6w-4)と鶴のお正月飾りです。

6番目のユニットU6は、ひたすらシンプルな構造を目指して開発したユニットで、30枚組のくす玉U6-30を既に紹介させていただいています。

このように、U6ユニットでくす玉を構成することはできるんですが、そのシンプルな構造ゆえに単体のバラは構成しにくくなっています。「がく」を取り付けるための仕組みが作れないというか、シンプルすぎて取り付く島がないっていう感じです。

薔薇(U6w-4)と鶴のお正月飾り

そこで登場するのがU6wユニットで、U6ユニットを2個つなげた構造によって、花弁ボリュームが約2倍に増すことだけでなく、リソースの余裕を使って「がく」とのジョイントと部を折りだすことができます。

今回は「がく」を「折り鶴の羽」に置き換えて、4羽の鶴に支えられた薔薇を実現しています。

薔薇(U6w-4)と鶴のお正月飾り

ご存知のように、当ブログのバラ作品に用いている「がく」はほとんど「鶴の基本形」をベースとしおり、「がく」の先端の構造は鶴の羽と同じです。これを本物の鶴の羽に置き換えたってことになります。

薔薇(U6w-4)と鶴のお正月飾り

4羽の折り鶴がそれぞれ紙の端を持ってぐるぐると回りながら薔薇を折り上げてゆくというようなイメージでしょうか。(一応念のために申し添えておきますと、どんどんグルグル回り続けてもバターになったりしません。)

花弁枚数の多い豪華な薔薇と伝統的な折り鶴の組み合わによる、お正月らしい華やかな作品になったのではないかと思います。

この「薔薇(U6w-4)と鶴のお正月飾り」は昨年12月18日(日)にルミネ横浜8Fの朝日カルチャーにて、12月27日(火)にそごう横浜9Fのよみうりカルチャーにて講習させていただきました。

2017年冬の折り紙教室の案内はこちらです。
PCならびにPCモード設定の方は、最新の情報をいつでもこちらからご覧いただけます。

さて、「薔薇(U6w-4)と鶴のお正月飾り」 いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。 https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (2)

2017年1月 3日 (火)

金の延べ棒(金塊)Gold Ingot

あけましておめでとうございます。

おかげさまで、何とか2017年という新しい年を迎えることができました。(いやぁ~めでたい! まぁ、年がら年中おめでたいんですが…)

新年最初の作品は「金の延べ棒(金塊)Gold Ingot」です。

昨年(2016年)を表す漢字が「金」だったからというわけでも、年末に1週間もどっぷりバイロイト音楽祭2016を聞き入っていたからというわけでもなく、バレンタインデー向けにチョコレートでも作ってみようと検討していたら、だんだん欲張って大きい物になってゆき、結局「金の延べ棒」になっちゃいました。

まぁ、せっかくのお正月の記事ですので、おめでたく、豪勢な雰囲気をご堪能いただきたいと思います。

金塊(Gold Ingot)創作:中 一隆

当ブログは「薔薇と折り紙の日々」というタイトルですが、もともと折り紙でバラを作っている理由の一つは、創作のために手間暇かけるなら、なるべく付加価値の高い作品を創ろうという魂胆があります。

ホイル折り紙の原価を考えると、この「金の延べ棒」は桁違いのコストパフォーマンスが実現できてると思います。(折り紙による錬金術!)

金塊(Gold Ingot)創作:中 一隆

折り紙的には、金塊らしさを出すため不要な折り目がなるべく出ないよう、折り方を工夫しています。

15cmのホイル折り紙(金)で、カロリーメイト2.5本分くらいの金塊が出来上がります。

体積を計算してみると88㎤程度になります。金(Au)の比重は19.3g/㎤なので掛け算すると、純金だったら重さ約1,700g(60オンス)の金塊ということになります。

金塊(Gold Ingot)創作:中 一隆

さて、もし本当に純金だった場合の「気になるお値段」(価値)ですが…
最近の金地金価格は ざっくり 4,600円/g くらいなので掛け算して、

4600円/g X 1700g = 7,820,000円

だいたい782万円になります。(中古のワンルームマンションなら、1本でなんとかなる感じかと思ったら、横浜・川崎あたりだと2~3本要るみたいですね。まぁ足りなきゃいくつでも作りゃいいんですが…)

金塊(Gold Ingot)創作:中 一隆

当初、金塊への刻印はホイル折り紙にプリンターで直接印字しようかと考えていました。インクが乾くのに時間がかかるとか、定着せずすぐに消えちゃうんじゃないか、などの問題を予想していましたが、印刷するより前に、ホイル折り紙の腰の無さゆえか、紙詰まりが激しく満足に給紙できないという問題にぶち当たりました。

そこで透明なフィルムシール に印刷して、貼り付けるという手間のかかった方法をとっています。(それっぽい刻印がないと、でっかいチョコバーになっちゃうんで…)

今回はシール印刷の都合で12本の金塊を作成しましたが、もう1本追加して13本あれば

782万円 x 13本 = 10,166万円 

なんと時価総額 1億円 となります。(重量も22kg以上になりますけどね。本物だったらですが…)

1億円なんか、意外とちょろいもんだなぁとか思ってしまいました。(1億を笑うものは1億に泣く? … 一億円なら泣いてもしょうがないですよね。)

まぁこんなものを、お正月早々お屠蘇の勢いで作っちゃったわけですが、残念ながら本物の「金の延べ棒」は見たことも触ったことも(かじったことも)ありません。もしかしたら本物とは大きな差異があるかもしれません。(まぁ、材質も重さも同じところはほとんどないんで、あたりまえといえばあたりまえなんですが…)

ご自宅の金庫に金の延べ棒が転がってる方がいらしゃいましたら、後学のためにぜひ一つ(無償で!)譲っていただけたらと思っています。(とりあえず、言ってみる。 田中貴金属さんとか三菱マテリアルさん、サンプルいただけませんか?)

一応念のために申し添えておきますと、折り紙なので(金の含有率0%です)換金はできません。(貴金属店に持ち込んでも鼻で笑ってあしらわれるだけです。)

とりあえず、金塊1億円分の大きさとか重さを知っておくと、どれくらいの金庫を用意したらいいかとか、22kgもあったら一人で運ぶのはしんどいなぁ、とか、いつの日か大金持ちになった際のイメージトレーニングとしてきっと役立つと思います。(そんな日が来るんでしょうか… まぁお正月なので、そんな日を夢見ながら、もう一杯やることにしましょう。)

まぁ、こんな感じで、本年もよろしくお願いいたします。

さて、「金の延べ棒(金塊)Gold Ingot」いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

 

金の延べ棒(金塊)の原材料です。

本物の金塊もアマゾンで買えちゃうんです。高額なのでポチットする際にはよくご確認を!

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。 https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (2)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »