« 折り紙教室(2017年春)のご案内 | トップページ | 薔薇のくす玉(U4-30) »

2017年2月28日 (火)

氷粒

寒かった2月も最終日です。ぼちぼち梅の花も見ごろのようで、日中の日差しの明るさはなんとなく「光のどけき春」を感じさせます。はやく本格的な春が待ち遠しいですね。

さて今回は、川崎敏和氏の「氷粒」をご紹介します。

この作品は同じパーツを2枚組み合わせますので、数は少ないですが、ユニット折り紙ということになります。

氷粒(川崎敏和氏)

2つの部品を組んで、潰すように変形させると、コロコロと可愛らしい氷粒になります。

氷粒(川崎敏和氏)

構造は単純ですが、かなり幾何学的というか面白い形状の立体です。

氷粒(川崎敏和氏)

7.5cm折り紙で小さく、たくさん作ったので、空から降ってくる雹(ヒョウ)とか霰(アラレ)みたいな感じでしょうか。

この川崎敏和氏の「氷粒」はお土産として、折り紙教室の生徒さんにお配りしました。

現在開催中の2017年冬の折り紙教室の案内はこちらです。
4月からの春の折り紙教室の詳細はこちらです。
PCならびにPCモード設定の方は、最新の情報をいつでもこちらからご覧いただけます。

さて、「氷粒」 いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

出典 : 川崎敏和氏の「氷粒」はこちらに掲載されています。

「氷粒」   「折り紙夢WORLD」 川崎敏和著   朝日出版社

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。 https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

|

« 折り紙教室(2017年春)のご案内 | トップページ | 薔薇のくす玉(U4-30) »

くす玉・ユニット」カテゴリの記事

折り紙教室」カテゴリの記事

季節の折り紙」カテゴリの記事

折り紙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 折り紙教室(2017年春)のご案内 | トップページ | 薔薇のくす玉(U4-30) »