« 2017年5月 | トップページ

2017年6月

2017年6月21日 (水)

平面のバラの応用(くす玉)

ようやく梅雨らしいどんよりしたお天気になってきました。梅雨のヤツ、やっとスイッチが入ったみたいですね。あんまりやる気になられても困るけど、まぁ雨も降るときには降らなきゃだめですからね。

さて今回は、先日ご紹介した平面のバラの応用例をいくつかご紹介しましょう。

先日の平面のバラには底面の4辺にポケットがあります。一緒にご紹介した葉っぱは、底面を包むように、左右のポケットに挟み込む感じで取り付ける構造になっています。

平面のバラ(創作:中 一隆)の応用

この葉っぱを取り付ける仕組みを使うと、葉っぱに見立てた長い帯状の紙に平面のバラを何個も取り付けることができます。また、帯状の紙を縦横に配置するとネット状に2次元的につなげていくこともできます。

平面のバラ(創作:中 一隆)の応用

こんな葉っぱの取り付けの仕組みを使ってくす玉もできます。

平面のバラ(創作:中 一隆)によるくす玉

平面のバラを6個使って立方体(正6面体)を構成しています。(角というか立方体の頂点が削れているとみれば、切頂6面体になります。)

平面のバラ(創作:中 一隆)によるくす玉

それほど長い帯状のジョイントは作れないので、隣との2輪をブリッジさせる帯を12枚使っています。花の裏側というか、くす玉の内部でポケットに差し込んでくみ上げる作業はけっこう難しくなってしまいましたが、糊付けなしで組み上げることができます。

平面のバラ(創作:中 一隆)の応用

今回ご紹介した平面のバラは、風船の基本形の高さ方向を略3等分して、風車状に2回繰り返して折っています。写真のちょっと小さめのバラは、風船の基本形を略4等分して、風車状に3回繰り返して折った作品で、花弁の階層をちょっと増やすことができます。こちらも底面にポケットができますので、葉っぱをつけたりつなげたりできます。

こんな風に、工夫次第でいろいろ楽しめるんじゃないかと思います。せっかく折り方も公開させていただきましたので、末永くお楽しみいただけたらいいなと思っています。

さて、「平面のバラの応用(くす玉)」 いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。 https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (0)

2017年6月15日 (木)

薔薇(U11-4)primary

梅雨入りした割には雨の日が少ないようです。さすがに青空が見えても、爽やかというよりじっとり蒸し暑かったりするのはやむ得ないのでしょうね。スッキリしないお天気が続きますので体調管理にお気を付けください。

さて今回は、先日の折り紙作品展の展示作品から、新作の「薔薇(U11-4)primaryバージョン」をご覧いただきましょう。

10番目のユニットU10を使ったバラU10-4は、ちょっと縦長のフォルムを実現したシンプルな形状で、新しい構造を検討するための原理試作的な作品でした。

このつぼみっぽいバラU10-4が意外に良い感じにまとまったので、もう少し外周に花弁を増してボリューム感を出したのが今回ご紹介する薔薇(U11-4)です。

薔薇(U11-4)primary創作:中 一隆

U11ユニットは、正方形から折るユニットで(切り込みはあるんですが)U11を4個を糊付けなしで、がくにはめ込んで組み上げるようにした作品が薔薇(U11-4)です。

ご覧のように花の中央部はほぼU10 に近い形状で、これにU7の外周花弁を追加した構造になっています。

薔薇(U11-4)primary創作:中 一隆

最初に出来上がったバージョンなのでprimaryバージョンとしていますが、この後花弁増しの技法をちょっと追加したStandardバージョンと区別するためです。Standardバージョンは後日改めてご紹介しますが、このprimaryバージョンの素直でスッキリしたイメージも捨てがたいんじゃないかと思っています。

薔薇(U11-4)primary創作:中 一隆

当初のもくろみ通り、U10-4 の縦長のフォルムを複数のU7系の外周花弁が柔らかに包み込んだような、美しい薔薇に仕上がりました。

薔薇(U11-4)primary創作:中 一隆

すでに完成しているU10U7とを組み合わせてできたU11ユニットですが、1枚の紙に2つのユニットの要素をバランスよく折り込むことは意外に大変で、内外周の花弁サイズのバランス調整のためかなりの時間と紙を試作検討に費やしました。

アートフラワーなどとは異なり、折り紙では限られたリソースを如何に効果的に配置していくかも重要な設計項目です。今回の作品展のために、ちょっとは新作をご披露させていただこうと、頑張ってみた作品の一つです。

さて、「薔薇(U11-4)primary」 いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。 https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (2)

2017年6月 9日 (金)

平面のバラと折り方(父の日プロジェクト)

関東地方も梅雨入りしちゃったようです。まだ青空も見られるようですが、今後雲が多く湿度も高い日が続くことになります。どうぞ体調管理にお気を付けくださいませ。

さて今回は展示作品のご紹介をちょとお休みして、6月の第3日曜日、6月18日(日)にせまった父の日に向けた「父の日プロジェクト」をお送りします。

世の中がカーネーションで覆いつくされる母の日に比べると、忘れられてしまいがちな「父の日」をもっと盛り上げようというのが、当ブログで勝手に推進してる)父の日プロジェクトです。

母の日には折り紙で作ったカーネーション花束をプレゼントしていただくとしても、父上様には折り紙作品ではなんとなく物足りない気もします。 (折り紙作品なんかより酒だな…あっ!金塊とかも歓迎)

そこで、父の日のプレゼント(のお酒や金塊?)に沿えるカードに貼り付けられるような「平面のバラ」をつくってみました。

平面のバラ 創作:中 一隆

当ブログでは珍しいことですが、簡単な作品なので折り方も合わせて公開させていただきましょう。(たまにはこういうこともあるんです。)

まぁ、父の日に限らず色紙作品やグリーティングカードなどに貼り付けてお使いいただければと思います。

なお、作品ならびに折り方が、当ブログや小生を離れて勝手に一人歩きすることは望んでいませんので、無断で転載したり二次利用することはご遠慮ください。

平面のバラ 創作:中 一隆 手順1

平面のバラ 創作:中 一隆 手順2

平面のバラ 創作:中 一隆 手順3

平面のバラ 創作:中 一隆 手順4

風船の基本形ですね。

平面のバラ 創作:中 一隆 手順5

平面のバラ 創作:中 一隆 手順6

平面のバラ 創作:中 一隆 手順7

平面のバラ 創作:中 一隆 手順8

平面のバラ 創作:中 一隆 手順9

平面のバラ 創作:中 一隆 手順10

平面のバラ 創作:中 一隆 手順11

平面のバラ 創作:中 一隆 手順12

平面のバラ 創作:中 一隆 手順13

平面のバラ 創作:中 一隆 手順14

平面のバラ 創作:中 一隆 手順15

平面のバラ 創作:中 一隆 手順16

平面のバラ 創作:中 一隆 手順17

平面のバラ 創作:中 一隆 手順18

平面のバラ 創作:中 一隆 手順19

お疲れ様でした。手順5の2~3mm(@15cm)花の中心の隙間が決まります。お好みで調整してください。

平面のバラ 創作:中 一隆

バラが完成したら葉っぱもつけてみましょう。

平面のバラ 創作:中 一隆 花と葉の用紙サイズ

花を15cmの折り紙で作った場合には葉っぱは3x15cmになります。

平面のバラ 創作:中 一隆 葉っぱ 手順1

平面のバラ 創作:中 一隆 葉っぱ 手順2

平面のバラ 創作:中 一隆 葉っぱ 手順3

平面のバラ 創作:中 一隆 葉っぱ 手順4

平面のバラ 創作:中 一隆 葉っぱ 手順5

平面のバラ 創作:中 一隆 葉っぱ 手順6

平面のバラ 創作:中 一隆 葉っぱ 手順7

平面のバラ 創作:中 一隆 葉っぱ 手順8

平面のバラ 創作:中 一隆 葉っぱ 手順9

平面のバラ 創作:中 一隆 葉っぱ 手順10

上手にできたら、父の日のプレゼントのカードに貼り付けましょう。

平面のバラ 創作:中 一隆

さて、「平面のバラと折り方(父の日プロジェクト)」 いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。 https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (2)

2017年6月 3日 (土)

バラ(C3)の花束

6月に入って、「暑い」というより「蒸し暑い」日が多くなってきました。まだ暑さに体が慣れてませんので、どうぞ熱中症にご注意ください。

さて今回は、先日の折り紙作品展の展示作品から、「バラ(C3)の花束」をご覧いただきましょう。

バラ(C3)の花束 創作:中 一隆

バラ(C3)は1枚折り(不切正方1枚)の作品です。川崎ローズ等のバラは紙の中央が花の中心になりますが、このC3は紙の端(角)に巻き癖をつけておき、中央で巻き絡めて花芯を形成する構造になっています。

バラ(C3)の花束 創作:中 一隆

そんな構造ゆえに、どうしても折り紙的リソースは花の中央部に集中しやすく、内側(内周)の花弁ボリュームがそこそこあるのに、外周はあっさりした感じになっています。

バラ(C3)の花束 創作:中 一隆

一輪のバラとして飾る際にはちょっと外周花弁が寂しくなってしまうのですが、その反面複数の花をギュッと集約させて配置することができるため、花束アレンジには適した作品になっていると思います。

バラ(C3)の花束 創作:中 一隆

バラ(C3)を5輪と白いユリの小花4輪、葉っぱを加えて、いつも講習させていただいているブーケホルダーに載せて花束アレンジに仕立てました。

1枚折りのバラ単体としてもなかなかの完成度ですし、花束アレンジとしてもバランスの良い作品に仕上がっていると思います。(あっ、また自分で褒めちゃった。)

さて、「バラ(C3)の花束」 いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。 https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (0)

« 2017年5月 | トップページ