« 薔薇(U11-4)primary | トップページ | バラ(C1)のテーブルフラワー »

2017年6月21日 (水)

平面のバラの応用(くす玉)

ようやく梅雨らしいどんよりしたお天気になってきました。梅雨のヤツ、やっとスイッチが入ったみたいですね。あんまりやる気になられても困るけど、まぁ雨も降るときには降らなきゃだめですからね。

さて今回は、先日ご紹介した平面のバラの応用例をいくつかご紹介しましょう。

先日の平面のバラには底面の4辺にポケットがあります。一緒にご紹介した葉っぱは、底面を包むように、左右のポケットに挟み込む感じで取り付ける構造になっています。

平面のバラ(創作:中 一隆)の応用

この葉っぱを取り付ける仕組みを使うと、葉っぱに見立てた長い帯状の紙に平面のバラを何個も取り付けることができます。また、帯状の紙を縦横に配置するとネット状に2次元的につなげていくこともできます。

平面のバラ(創作:中 一隆)の応用

こんな葉っぱの取り付けの仕組みを使ってくす玉もできます。

平面のバラ(創作:中 一隆)によるくす玉

平面のバラを6個使って立方体(正6面体)を構成しています。(角というか立方体の頂点が削れているとみれば、切頂6面体になります。)

平面のバラ(創作:中 一隆)によるくす玉

それほど長い帯状のジョイントは作れないので、隣との2輪をブリッジさせる帯を12枚使っています。花の裏側というか、くす玉の内部でポケットに差し込んでくみ上げる作業はけっこう難しくなってしまいましたが、糊付けなしで組み上げることができます。

平面のバラ(創作:中 一隆)の応用

今回ご紹介した平面のバラは、風船の基本形の高さ方向を略3等分して、風車状に2回繰り返して折っています。写真のちょっと小さめのバラは、風船の基本形を略4等分して、風車状に3回繰り返して折った作品で、花弁の階層をちょっと増やすことができます。こちらも底面にポケットができますので、葉っぱをつけたりつなげたりできます。

こんな風に、工夫次第でいろいろ楽しめるんじゃないかと思います。せっかく折り方も公開させていただきましたので、末永くお楽しみいただけたらいいなと思っています。

さて、「平面のバラの応用(くす玉)」 いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。 https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

|

« 薔薇(U11-4)primary | トップページ | バラ(C1)のテーブルフラワー »

バラ」カテゴリの記事

くす玉・ユニット」カテゴリの記事

オリジナル作品」カテゴリの記事

季節の折り紙」カテゴリの記事

折り紙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 薔薇(U11-4)primary | トップページ | バラ(C1)のテーブルフラワー »