« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月

2017年12月29日 (金)

2017年人気記事ランキング

2017年人気記事ランキング

2017年もいよいよ押し迫ってきました。今年1年を振り返って、当ブログに投稿した記事で得票数の多かった人気記事と、アクセス数の多かった記事とをご紹介しておきましょう。

気になる記事は、ぜひもう一度読み返してみてください。新たな発見があるかもしれませんョ。

参考までに、昨年(2016年)のランキングはこちらです。

●2017年投稿記事の投票数による人気ランキング

第1位   折り紙作品展示のご案内   4月17日

折り紙作品展示のご案内

第2位   紙の裏面の出ない川崎ローズ「薔薇」   1月30日

紙の裏面の出ない川崎ローズ「薔薇」

第3位   アイスクリーム     8月2日

アイスクリーム

第4位   あさがお     7月3日

あさがお

第5位   薔薇(U11-4)primary     6月15日

薔薇(U11-4)primary

第6位   帽子と花飾り     7月22日

帽子と花飾り

第7位   月刊「おりがみ」505号 みんなの作品展     7月29日

月刊「おりがみ」505号 みんなの作品展

第8位   佐藤ローズ講習・ご参加ありがとうございました。     8月13日

佐藤ローズ講習・ご参加ありがとうございました。

第9位   ソフトクリーム(ダブルミックス)     9月12日

ソフトクリーム(ダブルミックス)

第10位   平面のバラの応用(くす玉)     6月21日

平面のバラの応用(くす玉)

第11位   折り紙作品展開催中     5月10日

折り紙作品展開催中

第12位   薔薇(U11-5)     11月5日

薔薇(U11-5)

第13位   薔薇(U12-4)     9月1日

薔薇(U12-4)

第14位   薔薇のギフトボックス     11月14日

薔薇のギフトボックス

第15位   バラ(K2)の花束     9月24日

バラ(K2)の花束

 

●2017年投稿記事アクセスランキング

第1位   カーネーション(9セル)の花束      5月5日

カーネーション(9セル)の花束

第2位   バラ(C3)の花束      6月3日

バラ(C3)の花束

第3位   川崎ローズ「薔薇」5角版(L2)      1月20日

川崎ローズ「薔薇」5角版(L2)

第4位   薔薇のくす玉(U4-30)     3月6日

薔薇のくす玉(U4-30)

第5位   バラ(U5-4)の花束     10月6日

バラ(U5-4)の花束

第6位   ユニット構成のカーネーションのテーブル花     3月24日

ユニット構成のカーネーションのテーブル花

第7位   薔薇(U4-4a)     2月4日

薔薇(U4-4a)

第8位   ハートの薔薇(U4・5-6)     2月10日

ハートの薔薇(U4・5-6)

第9位   バラ(U10-4)      4月29日

バラ(U10-4)

第10位   平面のバラと折り方(父の日プロジェクト)      6月9日

平面のバラと折り方(父の日プロジェクト)

 

今年は5月に作品展を行うことができました。多数のご来場に感謝させていただくとともに、関連ブログ記事にも多くのアクセスありがとうございました。

投票数やアクセス数があまり伸びなかった記事の中にも、個人的に気に入っている作品はけっこうあるもので、中々作品の魅力を伝えられていないんだなぁと思ったりします。

さて、あなたのお気に入りの作品・記事はランクインしていましたでしょうか?

ここにランクインしていない作品の中にも、きっとご興味を持ってくださる作品・記事があるかと思いますので、お時間のある際にでもじっくり見直していただけたら嬉しいです。

PCならびにPCモードで閲覧の方は、過去記事のバックナンバーこちらからご覧いただけます。

本年も多くの方にアクセス・ご愛読いただき、本当にありがとうございました。

引き続き、来年もこんな感じで続いていくかと思いますので、どうぞ今後ともご愛顧よろしくお願いいたします。

どうぞ良いお年をお迎えください。

「薔薇と折り紙の日々」 執筆ならびに管理人    中 一隆

さて、本年の当ブログ「薔薇と折り紙の日々」はいかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。 Instagram https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (0)

2017年12月23日 (土)

バラの小箱

昨日は「冬至」で昼の時間がもっとっも短い日でした。まぁ、本来ならこれからが寒さの本番と言えるのかもしれませんが、これからちょっとずつでも日が長くなっていってくれることを心の支えにしたいなぁと思っています。早く暖かくなりませんかねぇ。

さて今回は、「バラの小箱」をご覧いただきましょう。

豪華なK7系の薔薇を上箱中央に携えた「薔薇のギフトボックス」は前にご紹介させていただきましたが、ちょっとゴージャスすぎて中に何を入れていいか分からなくなってしまっていた(給料の3か月分とか?)のでシンプルな箱を作ってみました。

バラの小箱 創作:中 一隆

箱の基本構造は先の「薔薇のギフトボックス」と同じで、薔薇を取り付けるための「がく」に相当する部分を「たとう」に折って平面のバラのイメージに仕上げたものです。

バラの小箱 創作:中 一隆

もしかしたら、布施知子氏の作品にこんな箱があったかなぁとも思いますが、単なる偶然です。(巨匠は絨毯爆撃というか、網羅的に創作されてますんで、同じようなものが出来ちゃっても仕方ないんじゃないかと…、ちなみに布施先生の箱の書籍は参考にしてないというか、持ってませんのであしからず。)

バラの小箱 創作:中 一隆

特徴というほどではありませんが、箱の内側にも「たとう」のバラが現れます。

また、同じサイズの折り紙から、一回り小さくてちょっと背が高い内箱が折れるよう工夫をしています。

その他バリエーションをいくつか考えてみました。

バラの小箱 創作:中 一隆

箱の周辺部(壁)と底面とのリソース配分がアンバランスで、底部がちょっと厚くなっちゃうなど改善点はまだありそうですが、とりあえず「バラの小箱」として完成いたしました。

前の「薔薇のギフトボックス」ほど必要以上に豪勢じゃないので、カジュアルにお使いいただける小箱になったかなぁと思っています。

さて、「バラの小箱」 いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。 Instagram https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (0)

2017年12月17日 (日)

バラ K2 Plus

12月も半ばをすぎて、夜の街がイルミネーションでキラキラと彩られるようになってきました。それにしても、この冬はちょっと寒いですねぇ。(ラニーニャ現象のせい?)

先日健康診断で初めて胃カメラを飲みました。おかげさまで健康状態は良好で、せっかくだから、このまま大きく生活習慣を変えないようにと指示を頂戴いたしました。なので、健康維持のためやむなく飲んだくれております。(生活習慣を変えないように?) 今日は鍋で一杯でしょうか…。

さて今回は、バラ(K2)の花芯構造にちょっと手を加えたK2 Plus をご紹介しましょう。

巡回中割折りを花芯に持つバラとして2番目に開発したバラ(K2)は既に単体あるいは花束アレンジでご紹介していますが、このK2にちょっと手を加えたのがK2 Plus です。

バラ (K2 Plus) 創作:中 一隆

カップ状の外周花弁を持つ基本構造はK2と同じですが、K2と比較すると、花芯サイズが小さく、花弁の巻きが少し多くなっています。

バラ (K2 Plus) 創作:中 一隆

折り方は少し複雑になってしまうのですが、花弁ボリュームを増すことができ、ちょっと豪華になります。

難点は、普通の方にはK2とほとんど区別がつかず、違い(価値とかいってみる?)をご理解いただけるのはK2の折り方を受講された方ぐらいになっちゃうって点でしょうか。

バラ (K2 Plus) 創作:中 一隆

一方、オリジナルのK2もシンプル(でもないか?)で折りやすく、花弁の尾根ラインが中央に向かって滑らかに降りてゆく花芯形状は捨てがたいと思っています。(まぁ、結局お好みで折り分けていただけたらってことです。)

バラ (K2 Plus) 創作:中 一隆

前にご紹介した「バラと鶴のお正月飾り2018」の中央のバラもK2 Plus と同じ花芯構造で、花芯中央の凹みを浅くして、リソースを稼ぎ花弁の巻きを増やすよう工夫しています。

さて、「バラ K2 Plus」 いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。 Instagram https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (0)

2017年12月11日 (月)

バラと鶴のお正月飾り2018

昨日今日は少し暖かいようですが、とうとう冬本番の気候になってきました。朝、布団から出れずに、このまま冬眠しちゃおうかなぁとか思ったりしています。

さて今回は、「バラと鶴のお正月飾り2018」をご覧いただきましょう。

12月に入って、今年もいよいよラストスパートっぽい感じが押し出されてきています。

順序としてはお正月よりもクリスマスのほうが先なんですが、クリスマスが終わるとあっと言う間に年が明けてしまうので、お正月向け作品を準備しておきましょう。

バラと鶴のお正月飾り2018 創作:中 一隆

折り鶴4羽が、手(羽?)を携えて中央のバラを支える作品です。

過去に1枚の折り紙からつなぎ折りとしてこんな作品を作っていますが、今回はバラバラの部品を組み上げる構成になっています。(暮れの忙しい時に、ややこしい作品を取り上げると生徒さんからの評判が悪くなっちゃうので…)

バラと鶴のお正月飾り2018 創作:中 一隆

中央は、巡回中割折りを使ったK系列の花芯を有する1枚折りのバラになっています。

各パーツを接続するためのジョイントを1枚使いますが、糊付けなしでくみ上げられるよう工夫してあります。

バラと鶴のお正月飾り2018 創作:中 一隆

千代紙で折った折り鶴が醸し出す「和」のテイストに、華やかなバラを加えたお正月らしい、作品に仕上がったのではないかと思います。

この「バラと鶴のお正月飾り2018」は12月12日(火)にそごう横浜9Fのよみうりカルチャーにて、12月17日(日)にルミネ横浜8Fの朝日カルチャーにて、講習させていただく予定です。

折り紙教室の詳細はこちら です。
PCならびにPCモード設定の方は、最新の情報をいつでもこちら からご覧いただけます。

さて、「バラと鶴のお正月飾り2018」 いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。 Instagram https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (0)

2017年12月 5日 (火)

バラ(K2)のアレンジ(客員講師:川崎亜子氏)

しばらくお天気のいい日が続くようです。風さえなければ日中は日差しで穏やかに過ごせそうですが、朝晩はぐっと冷え込みが厳しくなってきています。どうぞお体ご自愛くださいませ。

さて、今回は「バラ(K2)のアレンジ」をご紹介しましょう。

客員講師に川崎亜子氏をお迎えして、バラ(K2)のワイヤーアレンジを講習していただきました。(「朝日カルチャー横浜:11月19日(日)、読売カルチャー横浜:11月28日(火))

バラ(K2)のアレンジ(客員講師:川崎亜子氏)

バラ(K2)は単体の形ですでに講習済みでしたので、ワイヤーを使い、あじさい、葉っぱなどを加えて一輪挿しにアレンジする手法を講習していただきました。

バラ(K2)のアレンジ(客員講師:川崎亜子氏)
アジサイ、葉っぱ(伝承)の作り方に加えて、針金への取り付け方、フローラルテープの巻き方など丁寧に解説していただきました。

バラ(K2)のアレンジ(客員講師:川崎亜子氏)

生徒さん皆さん、ご自身のセンスで、美しい一輪挿しアレンジを完成させていただいたようでした。

川崎亜子氏とは、来年3月25日(日)の「花の折り紙一日講座」でもご一緒させていただく予定になっています。

折り紙教室の詳細はこちら です。
PCならびにPCモード設定の方は、最新の情報をいつでもこちら からご覧いただけます。

〇「花の折り紙一日講座(公開講座)
日時 : 3月25日(日) 10:00~15:30(昼休憩を含む)
  〇10:00~12:00 佐藤ローズ「初代5角バラ」   講師:川崎亜子氏
  〇13:00~15:30 U2ユニットによる「バラとバラのくす玉」   講師:中 一隆
場所 : 朝日カルチャーセンター横浜教室(ルミネ横浜8F)
3月25日「花の折り紙一日講座」朝日カルチャー横浜
公開講座として、この日1日のみの受講が可能です。(午前のみ午後のみの受講も可能)
お申し込み・お問い合わせは,朝日カルチャー横浜 045-453-1122 http://www.asahiculture.jp/yokohama/  までお願いいた します。
Webサイトからのオンラインでのお申し込みはこちら です

さて、「バラ(K2)のアレンジ」 いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。 Instagram https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (0)

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »