« 鶴のポチ袋(二渡昌子氏) | トップページ | バラ(C2)のテーブルフラワー »

2018年1月16日 (火)

鶴のくす玉

2018年もあっと言う間に2週以上過ぎてしまいました。世間様はすっかりお正月気分も抜けて通常モードに戻ってるようですが、まぁ1月一杯くらいはお正月っぽい作品で、のんびりした気分を満喫していただきたいと思います。(ご存知のように、毎日会社に出勤したりしない私にとっては年中正月みたいなもんなので…、)

野菜の価格が高騰してるようで、大根・白菜・キャベツなんぞに手がだせません。高級食材として、千疋屋とか高野フルーツに贈答品として並ぶ日も近いんじゃないかと思っちゃいますね。(鍋の季節なのに…) とりあえず、玉なぎ人参はお手頃なので、肉じゃがで一杯やることにしましょう。(それともカレー?… じゃ一杯は無理かな)

そんな2018年が続いているわけではありますが、今回は「鶴のくす玉」をご紹介しましょう。

鶴のくす玉 伝承の折り鶴のアレンジ 中 一隆

鶴(折り鶴)とバラを組み合わせた作品は「バラと鶴のつなぎ折り」等色々をご覧いただいてますが、昨年末の「バラと鶴のお正月飾り2018」の折り鶴4羽を接続した仕組みを使って、くす玉に仕上げた作品です。

鶴のくす玉 伝承の折り鶴のアレンジ 中 一隆

「鶴」単体は伝承作品の「折り鶴」そのままで、百面相のジョイントを使って4羽の羽をつないでゆきます。

鶴のくす玉 伝承の折り鶴のアレンジ 中 一隆

12羽の「折り鶴」と6個のジョイントを使って、正6面体あるいは正8面体状に組み上げています。

4枚の4つの羽根が接続されたジョイント部分を、1つの面ととらえると正6面体(立方体)に、頂点ととらえると正8面体にみなすことができます。(正6面体と正8面体とは「双対」の関係っていうんだそうですネ。)

試作した千代紙の色合いの都合で、ちょっと遠くから眺めると、「蟹食べ放題の残骸」みたいにも見えちゃいますが、それぞれの「折り鶴」がしっかり手を(羽?)を結びあって、くす玉を構成するというお正月らしい、めでたい作品になったかなぁと思っています。

さて、「鶴のくす玉」 いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。 Instagram https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

|

« 鶴のポチ袋(二渡昌子氏) | トップページ | バラ(C2)のテーブルフラワー »

くす玉・ユニット」カテゴリの記事

オリジナル作品」カテゴリの記事

季節の折り紙」カテゴリの記事

折り紙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鶴のポチ袋(二渡昌子氏) | トップページ | バラ(C2)のテーブルフラワー »