« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

2018年3月31日 (土)

桜玉(川崎敏和氏)

今年の冬はとても厳しい寒さでしたが、その反動かのように、とても暖かい春が突然?やってきました。桜もだいぶ前倒しで開花して、この週末にあわててお花見という方もいらっしゃるのかもしれません。

そんなわけで今回は川崎敏和氏の桜玉をご覧いただきましょう。

桜玉(川崎敏和氏)

川崎敏和氏は、八重桜大統領の玉桜、など桜をモチーフにしたくす玉を創作されていますが、この「桜玉」は一番オーソドックスなソメイヨシノっぽい桜の花が表現されています。

桜玉(川崎敏和氏)

他の桜玉と比較すると、見かけはシンプルですが、美しく組み上げるのはけっこう難しい作品です。

トーヨーから、オーロラ紙を使ったキットも出ていますので、取り組まれたことのある方も多いと思いますが、オーロラ紙表面が滑りやすくきちんと組み上げるのは以外に大変でした。

桜玉(川崎敏和氏)

今回は普通の折り紙を7.5x4.3cmに切り出して作成いたしました。(15cm折り紙から2cm幅を切って捨て、15x13cmを6等分しています。)

30枚組で5枚花弁の桜12輪で構成される、春らしく可愛らしいくす玉に仕上げることができます。

この川崎敏和氏の「桜玉」は3月27日(火)にそごう横浜9Fのよみうりカルチャー指先の魔法☆折り紙」講座にて講習させていただきました。

折り紙教室の詳細はこちら です。
PCならびにPCモード設定の方は、最新の情報をいつでもこちら からご覧いただけます。

さて、「桜玉(川崎敏和氏)」いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

出典を記しておきます。

「桜玉」(川崎敏和氏)  「折り紙夢WORLD 」 川崎敏和著 (朝日出版社)

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。 Instagram https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (0)

2018年3月28日 (水)

3/25「花の折り紙1日講座」受講ありがとうございました。

3月25日(日)にルミネ横浜8Fの朝日カルチャー横浜教室にて「花の折り紙1日講座」を行いました。

3/25「花の折り紙1日講座」配布資料

午前中は川崎亜子氏の講習による、佐藤ローズ「初代5角バラ」、午後は私がU2ユニットによる「バラとくす玉」の講習をさせていただきました。

3/25「花の折り紙1日講座」講習風景

当初の予定を超える大変多くの方にご受講いただきました。また遠隔地から何名もの方にお越しいたようで、受講していただきました方々には深く感謝いたします。

3/25「花の折り紙1日講座」配布資料

この一日講座は、1日で2つの講座を受講していただけるよう、川崎亜子氏と企画させていただいた講座で、遠方にお住まいの方やお仕事のご都合でお休みの取りにくい方も受講しやすいのではないかと思います。

次回は6月10日(日)を予定しております。お早目のお申し込みをお勧めします。

折り紙教室の詳細はこちら です。
PCならびにPCモード設定の方は、最新の情報をいつでもこちら からご覧いただけます。

〇「花の折り紙一日講座(公開講座)
日時 : 6月10日(日) 10:00~15:00(昼休憩を含む)
  〇10:00~12:00 佐藤ローズ「シンプルローズ四角版」   講師:川崎亜子氏
  〇13:00~15:00 5角形から折る川崎ローズ「薔薇」     講師:中 一隆
場所 : 朝日カルチャーセンター横浜教室(ルミネ横浜8F)
花の折り紙一日講座 朝日カルチャー横浜
公開講座として、この日1日のみの受講が可能です。(午前のみ午後のみの受講も可能)
お申し込み・お問い合わせは,朝日カルチャー横浜 045-453-1122 http://www.asahiculture.jp/yokohama/  までお願いいた します。
Webサイトからのオンラインでのお申し込みはこちら です。

さて、「3/25「花の折り紙1日講座」」いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。 Instagram https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (0)

2018年3月23日 (金)

U2ユニットによる薔薇(U2c-8)

春分の日の大雪も過ぎ去って、ようやくちょっと安定した暖かさが感じられるようになってきました。突然の雪に、ほころび始めた桜のつぼみも、さぞびっくりしたんじゃないかと思います。

さて今回は、U2ユニットを8個使ったちょっとゴージャスな薔薇(U2c-8)をご紹介しましょう。

ユニットU2によるバラU2-4には簡易版とオフィシャル版があって、オフィシャル版では糊付けなしで組み立てられるよう、差し手をロックする(かみつく?)仕組みが組み込んであります。

薔薇(U2c-8) 創作:中 一隆

バラU2-4(オフィシャル版)では、この仕組みを使って「がく」の差し手と花弁とを固定しています。

今回のこの薔薇U2c-8では、この「がく」との接続の仕組みを使って、2つのU2ユニットを縦続接続(Cascade Connection)して花弁枚数の倍増した複合ユニットをつくり、この複合ユニット4組によって構成した作品になります。

薔薇(U2c-8) 創作:中 一隆

一つの複合ユニットにU2を2個、4組の複合ユニットを使うので、2個x4組=8個のU2ユニットで構成されています。

U2ユニット一つで2枚の花弁が表現できますので、2枚x8=16枚の花弁を有する豪華な薔薇に仕上げることができます。

薔薇(U2c-8) 創作:中 一隆

通常のU2-4では、U2は花芯からスタートして「がく」で終端するわけですが、U2c-8では花芯から1つ目のU2、2つ目ののU2と経由して「がく」で終端する構造になります。

薔薇(U2c-8) 創作:中 一隆

今回はU2を2段カスケード接続しましたが、3段、4段とも接続することも不可能ではありませんが、過ぎたるは何とか…っていうことでしょう。

まぁ、2段カスケードの複合ユニットを5組使った5角構造の薔薇U2c-10は組んでみる価値はあるかもしれませんね。

この薔薇の基本となるU2ユニットを使ったバラU2-4(簡易版)は、くす玉U2-30と合わせて3月25日(日)午後にルミネ横浜8Fの朝日カルチャー横浜教室にて、「花の折り紙1日講座」として講習させていただく予定になっています。

折り紙教室の詳細はこちら です。
PCならびにPCモード設定の方は、最新の情報をいつでもこちら からご覧いただけます。
なお次回の1日講座は6月10日(日)を予定しています。 

〇「花の折り紙一日講座(公開講座)
日時 : 6月10日(日) 10:00~15:00(昼休憩を含む)
  〇10:00~12:00 佐藤ローズ「シンプルローズ四角版」   講師:川崎亜子氏
  〇13:00~15:00 5角形から折る川崎ローズ「薔薇」     講師:中 一隆
場所 : 朝日カルチャーセンター横浜教室(ルミネ横浜8F)
花の折り紙一日講座 朝日カルチャー横浜
公開講座として、この日1日のみの受講が可能です。(午前のみ午後のみの受講も可能)
お申し込み・お問い合わせは,朝日カルチャー横浜 045-453-1122 http://www.asahiculture.jp/yokohama/  までお願いいた します。
Webサイトからのオンラインでのお申し込みはこちら です。

さて、「U2ユニットによる薔薇(U2c-8)」いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。 Instagram https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (0)

2018年3月18日 (日)

八重桜(川崎敏和氏)

3月もあっと言う間に半ばも過ぎて、もう彼岸の入りですが、まだまだ寒暖の差がジェットコースターのように激しくて油断できませんね。「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉の通りに安定した暖かさが早くやってくるといいなぁと思っています。(東京では桜の開花宣言が出ちゃったとか…)

さて今回は、川崎敏和氏の「八重桜」です。

八重桜(川崎敏和氏)

川崎敏和氏は、何種類かの桜をモチーフにしたくす玉を創作されており、その中の一つです。

30個の部品(ユニット)を使って正12面体のくす玉ができあがります。

八重桜(川崎敏和氏)

部品一つ一つは、八重咲だけあって、やや複雑になりますが、接続の方法がポケットに差し込んで折って止めるだけですので、それほど苦労せずに仕上げられる作品です。

川崎敏和氏の桜玉シリーズの中では、もっとも組みたてやすい作品なのではないかと思います。

八重桜(川崎敏和氏)

紙の裏面が出る作品なので「ピンク/桃」の両面折り紙を使って作ってみましたが、裏表逆にして、ピンク主体にした方がもうちょっと桜っぽく仕上がったかもしれません。

この川崎敏和氏の「八重桜」は3月18日(日)にルミネ横浜8Fの朝日カルチャー横浜教室にて講習させていただく予定です。

折り紙教室の詳細はこちら です。
PCならびにPCモード設定の方は、最新の情報をいつでもこちら からご覧いただけます。

さて、「八重桜(川崎敏和氏)」いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

出典を記しておきます。

「八重桜」(川崎敏和氏)  月刊「おりがみ」第455号 (日本折紙協会

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。 Instagram https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (0)

2018年3月12日 (月)

U2ユニットによるバラ(U2-4,U2-5)

春の嵐も通り過ぎて、ようやくちょっとだけ春らしくなってきました。まだまだ朝晩は冷え込みますが、太陽の光満ち溢れる本格的な春もすぐそこです。

さて、今回はU2ユニットを使って構成した単体のバラU2-4U2-5をご紹介します。

2番目に開発したユニットU2は、比較的シンプルな構造ながら、4個あるいは5個使って単体のバラを作ることもできますし、30枚使って正12面体のくす玉U2-30を構成することもできます。

U2ユニットによるバラ(U2-4:左右、U2-5:中央) 創作:中 一隆
U2ユニットによるバラ(U2-4:左右、U2-5:中央)

U2ユニット一つで2枚の花弁を表現できますので、4個使ったU2-4は8枚、5個使ったU2-5は10枚の花弁を有するバラを作ることができます。

バラU2-4簡易版 創作:中 一隆
バラU2-4簡易版

U2ユニットを4個使ったU2-4簡易版は、くす玉とほとんど同じ形状のユニットを使って、簡単に組み上げられる作品で、組み上げの際には糊付けが必要です。(くす玉作成のためのユニットの練習用みたいなもんです。)

バラU2-4 簡易版(左)とオフィシャル版(右) 創作:中 一隆
バラU2-4 簡易版(左)とオフィシャル版(右)

一方U2-4オフィシャルバージョンは、折り紙としての完成度を高めるべく、糊付けなしで組み上げられるよう工夫した作品です。両者を良く見比べるとオフィシャル版には外周花弁に折りすじが一本余分に入っています。

バラU2-4オフィシャル版の「がく」 創作:中 一隆
バラU2-4オフィシャル版の爪の付いた「がく」

オフィシャル版では、「がく」から折り出した爪を差し手として、花弁のポケットに差し込んで咥え込ませる方法で、「がく」と花弁を固定しています。外周花弁の余分な折りすじはポケットに差し込まれた「がく」の爪をロックする(嚙みつく?)ためのものです。

バラU2-5 創作:中 一隆
バラU2-5

U2-5はユニットを5個使って5角構造のバラを実現した作品です。単純にユニットを4個から5個に一つ追加しただけで、特に紙を5角形に切り出したりする必要がないのが優れた点だと思います。(「がく」は5角形から折りだす必要がありますが…)

U2ユニットによるバラ(U2-4:左右、U2-5:中央) 創作:中 一隆
U2ユニットによるバラ(U2-4:左右、U2-5:中央)

U2は、折り紙の入門者にも簡単に作っていただけるシンプルな構造のユニットで、4角構造・5角構造の単体のバラ、くす玉など応用展開も広い作品です。花弁枚数はそれほど多くはできませんので、特別ゴージャスとはいきませんが、シンプルで気品のあるバラを組み上げることができると思います。

このU2ユニットを使ったバラ(U2-4)簡易版とバラのくす玉(U2-30)は、3月25日(日)にルミネ横浜8Fの朝日カルチャー横浜にて「花の折り紙一日講座 」として講習させていただく予定になっています。

午後のみでしたらまだ数席の空きがあるようです。講習が近づいておりますので、お早めにお申し込みください。

〇「花の折り紙一日講座(公開講座)
日時 : 3月25日(日) 10:00~15:30(昼休憩を含む)
  〇10:00~12:00 佐藤ローズ「初代5角バラ」   講師:川崎亜子氏
   〇13:00~15:30 U2ユニットによる「バラとバラのくす玉」   講師:中 一隆
場所 : 朝日カルチャーセンター横浜教室(ルミネ横浜8F)
3月25日「花の折り紙一日講座」朝日カルチャー横浜
お申し込み・お問い合わせは,朝日カルチャー横浜 045-453-1122 http://www.asahiculture.jp/yokohama/  までお願いいた します。

Webサイトからのオンラインでのお申し込みはこちら です

さて、「U2ユニットによるバラ(U2-4,U2-5)」 いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。 Instagram https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (0)

2018年3月 6日 (火)

6角充填(ハニカム)構造のカーネーション

寒かった2月を打ち消すかのように、3月に入っていきなり春本番の陽気になりました。雨が降ったり、寒さが戻ってきたりもするようですが、不安定なお天気すらも「春らしい」と思えば苦にならない気がします。

さて、折り紙で作った作品は、それほど材料費もかからないので、お子様に取り組んでいただくこともできますし、比較的軽い気持ちで差し上げたり、受け取ったりすることができると思います。(まぁ、それなりに手間はかかっちゃってるかもしれませんが…)

母の日などにお子様からのプレゼントとして贈るカーネーションには折り紙作品はうってつけといえるでしょう。

そういうわけで当ブログでは、色々なタイプのカーネーションをご紹介させていただいてます。

今回は新作の「6角充填(ハニカム)構造のカーネーション」をご紹介しましょう。

6角充填(ハニカム)構造のカーネーション 創作:中 一隆

平面の折り紙に隙間なくぎっしりと並べることのできるタイルの形状として、四角形、三角形、に加えて正六角形があります。(五角形や7角形などでは隙間ができちゃうんです。)

この特性を使って、セル形状を正六角形にして構成したカーネーションです。

6角充填(ハニカム)構造のカーネーション 創作:中 一隆

正六角形を隙間なく並べてみるとちょうどハチの巣のようなハニカム構造(Honeycomb Structure)になります。(別に、恥ずかしがり屋でモジモジと、「はにかんでる」訳じゃありませんので、念のため。)

ギャザーを入れて立体化しちゃうと、ハチの巣のハニカム構造の様相はなくなっちゃいますが、花弁に6角形のシルエットをちょっと感じるかもしれませんね。

6角充填(ハニカム)構造のカーネーション 創作:中 一隆

5セル9セルのカーネーションでは、正方形のセルから角を沈めて8角形のセルを作っていましたが、この作品ではベースが6角形なので沈め折りが不要になり、折り紙のリソースを最大限に活用することができます。(沈め折りで内側に入っちゃう部分が、もったいなかったので。)

まだ少し時間がありますが、、5月の母の日シーズンのための仕込みっていうところでしょうか。

このカーネーション(6角充填構造)の花束アレンジはそごう横浜9Fのよみうりカルチャー指先の魔法☆折り紙」講座にて来期(2018年4-6月期)に講習予定です。

折り紙教室の詳細はこちら です。
PCならびにPCモード設定の方は、最新の情報をいつでもこちら からご覧いただけます。

さて、「6角充填(ハニカム)構造のカーネーション」 いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。 Instagram https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »