2018年12月 8日 (土)

バラ (C3) の花束

なんだか、妙に暖かい師走になってますが、そろそろ本格的な寒さもやってきそうです。とはいっても平年並みくらいですが…。温暖な気候のせいか、とりあえず今のところ野菜のお値段がお手頃で助かっております。昨年は鍋をしようと八百屋に出向いても「もやし」と「きのこ」くらいしか買えない日々もありましたので。白菜を一玉丸ごと買っちゃったりすると、なんだか全世界を手中に収めたような気分になれます。(安い幸せだなぁ)

さて今回は、バラ (C3) の花束をご覧いただきましょう。

C系列のバラは、正方形の用紙の四隅を花の中央で花芯として巻き絡めるのが特徴です。

折り紙のバラの構造として昨今の主流である、用紙の中央で花芯を形成する「川崎ローズ」や「佐藤ローズ」とはだいぶ異なる(逆転)構造のバラになっています。

バラ (C3) の花束 創作:中 一隆

C1 C2 とシンプルな形状から一段ブラシュアップしており、15cm折り紙1枚から折れるバラとしては十分な存在感ある作品になっていると思います。

バラ (C3) の花束 創作:中 一隆

C系列の構造上どうしても花の中央部にリソースが集中しやすいため、最外周の花弁が意外とそっけない感じになりますが、まぁ外周花弁が相互に干渉しにくいため花束アレンジには好適な形状といえるかもしれません。

バラ (C3) の花束 創作:中 一隆

花束アレンジは、このバラ(C3)を5輪にユリの小花と葉っぱを加えて、いつも講習しているブーケホルダーに載せた作品です。

5輪のバラを近接して配置することで一層華やかで豪華な仕上がりになっています。

この「バラ (C3) の花束」は2019年1月27日(日)にルミネ横浜8Fの朝日カルチャーにて「花の折り紙一日講座(1月)」として講習させていただく予定です。午前・午後の2コマの講習で、午前中にバラ(C3)の講習を、午後にはユリの小花や葉っぱを加えて、花束として完成させる予定になっています。オンラインのお申し込みはこちら からどうぞ。

折り紙教室の詳細はこちら です。
PCならびにPCモード設定の方は、最新の情報をいつでもこちら からご覧いただけます。

さて、「バラ (C3) の花束」いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

折り紙教室で使用している、タント紙15cm単色折り紙(クラサワ)です。

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。 Instagram https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (0)

2018年12月 2日 (日)

バラ (R1a)

気が付けばもう12月です。この秋冬は少し暖かい日が多いような感じです。単純に温暖化とかは言えないようですが、常春を望む(ノーテンキな)身としては、穏やかな気候は歓迎すべきなのかもしれませんね。

さて今回は、バラ R1aをご覧いただきましょう。

R系列のバラは、リカーシブな構造を有する作品として、これまでにR2のプロトタイプタイプ(試作品)をご紹介させていただきました。

R1は花弁のネストが一段だけ(+外周花弁)なので、リカーシブだとか何とかは特別に意味はありませんが、基本の花弁構造や素性をご理解いただく上では重要な存在になります。

バラ R1a 創作:中 一隆

何よりも15cm折り紙で折れるシンプルな作品として、R系列のバラの入門に好適な位置づけということになります。

バラ R1a 創作:中 一隆

花の中央部は口がぽっかり開いたままで、ちょっと寂しい感もありますが、花弁の独立性が高く、彫りの深いバラに仕上がっていると思います。

ちなみに、前回プロトタイプをご紹介したR2は、この内周にさらにもう一段花弁をマトリョーシカ的な入れ子状に追加した作品になります。リカーシブ構造を有するR系列のバラでは、原理的に紙の大きさや厚さの制限がなければ、この段数をもっと多段に増すことができます。(あくまでも原理的な話です。おそらく3段(R3)くらいが限界かと…)

バラ R1a 創作:中 一隆

バラの折り紙の花芯構造として、昨今の主流である「ねじり折り+その立体化」とは趣の異なる点を含めて、シンプルながらも、十分楽しんでいただけるレベルの作品になっているんじゃないかと思います。15cmの折り紙(両面同色が必要ですが)で手軽に折れるのも重要なポイントといえるでしょう。

さて、「バラ (R1a)」いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。 Instagram https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (0)

2018年11月26日 (月)

リカーシブ構造の薔薇(R2)プロトタイプ

なんだかぐっと、晩秋というより初冬に近づいた気候になっていました。とはいっても、しばらくは日中穏やかな陽気が持ち直すようで、11月末にしては過ごしやすい気温といえると思います。このまま温暖な冬だといいんですが…。(むしろこのまま常春の国になっちうといいのになぁ…とか)

さて今回は、リカーシブ構造の薔薇(R2)のプロトタイプをご覧いただきましょう。

一枚折りの薔薇新規開発にあたり、最初にコンセプトを定めて、このコンセプトに従って、複数の作品を一気に開発することを試みてみました。

まずコンセプトですが、花弁枚数の多い薔薇を実現するため、リカーシブ(Recursive 再帰的)な構造を有する作品としました。(そうそう、服の裏側が別の柄で、ちょっとオシャレなヤツ……?  それはリバーシブル!)

とりあえず試作レベルですが、一枚折り(不切正方一枚)の新作の薔薇(R2)です。

薔薇(R2)プロトタイプ 創作:中 一隆

「リカーシブ(Recursive 再帰的)」なんては聞きなじみのない言葉かもしれませんが、リカーシブな表現で定義でされる代表的ものに、順列・組み合わせ等で用いられる階乗(n !)があります。(びっくりするほど演算結果が大きくなるって意味からのビックリマークだとか…)

順列・組み合わせ等で用いられる階乗(n !)の定義

n = 0 の時は 0!=1で演算終了となりますが、それ以外では一つ小さい(n-1)!を算出するために再帰的に自身の定義が参照されます。
(例えば 3!=3x{(3-1)!}=3x(2!)=3x2x(1!)=3x2x1x(0!)=3x2x1x1=6… てな感じ。)

n段(Stage)のR系列のバラの定義

今回の薔薇(R系列)の花弁構造は、n段の花弁構造の定義の内側にn-1段が含まれており、マトリョーシカ的な入れ子構造が定義されています。n=0では何もない平坦な正方形になります。(例えばn=3では 3,2,1と花弁が入れ子に定義され、花芯は平坦な正方形になります。)

実際のR系列の作品では、これらで定義される入れ子構造の花弁を、最外周の花弁(4枚)で包んだ形になっています。また、実際には花弁段間の相互干渉を低減させるため、奇数・偶数で花弁の巻きを逆転させています。

薔薇(R2)プロトタイプ 創作:中 一隆

こんなコンセプトを定義しておけば、花弁の段数(Stage)を自在に変化させて、簡単でやさしい作品から、花弁枚数の多い複雑な作品まで一気に開発できちゃうんじゃないか…という夢のような開発思想です。まぁ、そんなにうまくはいかなかったのですが…。

薔薇(R2)プロトタイプ 創作:中 一隆

とりあえずこんな設計思想でデザインしたのがR系列の薔薇で、今回ご覧いただいているのはn=2のR2のプロトタイプです。(最外周の花弁はもれなくついてきます。)

本来、シンプルなn=1のR1から順序良くご披露すべきなんでしょうが、花弁1段ではリカーシブ構造の訴求力がないので、あえて、まだ試作段階ですが、n=2のR2を最初にご紹介させていただくことにしました。

薔薇(R2)プロトタイプ 創作:中 一隆

今回は、n=2とn=1のR2、R1(機会を見てご覧いただきますね)をほぼ同時に開発することができました。n=3も展開図まではスイスイ描けたのですが、いろいろな問題が浮上してきて、意外と手こずっています。(ダメじゃん!)

まだ試作レベルで荒削りですが、n=2くらいでも十分な花弁枚数のある存在感のある薔薇に仕上がることができるのかなぁと思っています。

さて、「リカーシブ構造の薔薇(R2)プロトタイプ」いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。 Instagram https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (0)

2018年11月20日 (火)

折り紙教室(2019年冬)のご案内

さて、来年2019年の1-3月に行われる冬の折り紙教室の受付が開始される時期になりました。

ここで、2019年1月から開催の冬の折り紙教室の情報をまとめておきます。
 ( 現在開催中の折り紙教室(2018秋)の詳細情報はこちら です。) 

2019年1月期講習作品 たとう折りの薔薇T1 創作:中 一隆
たとう折りの薔薇T1

 

花の折り紙一日講座(公開講座)

常設の講座にご参加いただけない方にも受講していただけるよう設定した、一日だけ公開講座です。2019年1-3月シーズンは1月と3月に2回予定しています。

花の折り紙一日講座(1月)

日時 : 1月27日(日) 10:00~15:00(お昼の休憩を含みます)
内容 : バラ(C3)の花束      講師:中 一隆
  午前: バラC3の講習  午後:花束部品の作成・組み立て・仕上げ
場所 : 朝日カルチャーセンター横浜教室(ルミネ横浜8F)

2019年1月27日花の折り紙一日講座 講習作品 バラ(C3)の花束
バラ(C3)の花束

公開講座として、この日1日のみの受講が可能です。朝日カルチャーの非会員の方限定になりますが、窓口またはお電話で、「講師紹介」と伝えていただきますと、会員料金でご受講いただけます。(1,200円くらい安くなります)

お申し込み・お問い合わせは,朝日カルチャー横浜 045-453-1122 http://www.asahiculture.jp/yokohama/  までお願いいた します。

Webサイトからのオンラインでのお申し込みはこちら からどうぞ。

花の折り紙一日講座(3月)

午前中は川崎亜子氏の佐藤ローズ「四角バラ」、午後は私の「星のバラ玉」の講習で、折り紙三昧の休日を過ごしていただく企画になっています。

日時 : 3月10日(日) 10:00~15:00(お昼の休憩を含みます)
内容 : 
  〇10:00~12:00 佐藤ローズ「四角バラ」   講師:川崎亜子氏
  〇13:00~15:00 星のバラ玉   講師:中 一隆
場所 : 朝日カルチャーセンター横浜教室(ルミネ横浜8F)

佐藤ローズ「四角バラ」 写真提供:川崎亜子氏
佐藤ローズ「四角バラ」 写真提供:川崎亜子氏

2019年3月10日花の折り紙一日講座 講習作品 星のバラ玉
星のバラ玉

公開講座として、この日1日のみの受講が可能です。(午前のみ午後のみの受講も可能です。)

2講座受講される方で、朝日カルチャーの非会員の方限定になりますが、窓口またはお電話で、「講師紹介」と伝えていただきますと、会員料金でご受講いただけます。(1,200円くらい安くなります)

お申し込み・お問い合わせは,朝日カルチャー横浜 045-453-1122 http://www.asahiculture.jp/yokohama/  までお願いいた します。

Webサイトからのオンラインでのお申し込みはこちら からどうぞ。

※昼食のお昼休憩(1時間)をはさんだ講習になります。ルミネ横浜にはレストラン街もありますが、日曜はかなり込み合います。ロビーであれば飲食が可能ですので、昼食(おにぎり・サンドイッチ・お弁当?)を持参して受講されることをお勧めします。

2019年1月期講習作品 薔薇のギフトボックス 創作:中 一隆
薔薇のギフトボックス

 

○横浜ルミネ8F 朝日カルチャー横浜教室(常設講座)

場所は朝日カルチャーセンター横浜教室 で、横浜駅の駅ビル「ルミネ横浜」の8階になります。

日時は、毎月第1・3日曜日10:30~12:30です。

2019年1月期朝日カルチャー横浜 講習作品

1-3月のスケジュール・カリキュラムは以下の予定です。

     1月20日(日) 福寿草
     2月 3日(日) 薔薇U7w-4
     2月17日(日) 薔薇のギフトボックス
     3月 3日(日) バラのくす玉 U1-24
     3月17日(日) たとう折りのバラ
     3月31日(日) 桜玉 (川崎敏和氏)

お申し込み・お問い合わせは,朝日カルチャー横浜 045-453-1122 http://www.asahiculture.jp/yokohama/  までお願いいたします。

Webサイトからのオンラインでのお申し込みはこちら からどうぞ。

2019年1月期講習作品 バラのくす玉 U1-24 創作:中 一隆
バラのくす玉 U1-24

 

○横浜そごう9F よみうりカルチャー横浜教室(常設講座)

横浜そごう9Fのよみうりカルチャー横浜教室(読売・日本テレビ文化センター横浜)の折り紙教室です。

場所は、横浜駅東口そごう9Fの市民フロアになります。

日時は、毎月第2・4火曜日13:00~15:00です。

2019年1月期よみうりカルチャー横浜 講習作品

1-3月のスケジュール・カリキュラムは以下の予定です。

     1月 8日(火)  福寿草
     1月22日(火)  薔薇 U7w-4
     2月12日(火)  薔薇のギフトボックス
     2月26日(火)  バラのくす玉U1-24 / U1-30
     3月12日(火)  たとう折りのバラ
     3月26日(火)  風の種 (川崎敏和氏)

詳細のお問い合わせ・受講申し込みは、よみうりカルチャー横浜(045-465-2010) までお願いいたします。

Webサイトからのオンラインでのお申し込みはこちら からどうぞ。

大変ありがたいことに、ここのところ多くの方に教室に足をお運びいただけるようになりました。 しかし、どの教室も座席数に限りがあります。(私ひとりで一度に講習できる人数にも限りがありますしね。)

オーバーブッキングを防止するため、事前に余裕を持って「満席」と表示される場合がありますので、ご承知おきください。例えば残席1の状態であっても、「見学」のお申込みがあった段階で暫定的に満席表示となります。(見学の方がそのまま正式に受講されるとは限らないんですが…。)

1日だけの公開講座でも、講習直前になって数名のキャンセルがでてしまうこともあったりします。

「満席」と表示された場合にも、あきらめずにお電話でお問合せいただくか、キャンセル待ちにご登録ください。(お問い合わせやキャンセル待ちが多い状態が続けば教室増設の可能性もありますので…)

以上、教室で皆様にお会いできることを楽しみにしております。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。


 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命・個人レッスンも承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。 Instagram https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

 

| | コメント (0)

«11月11日「花の折り紙一日講座」ご参加ありがとうございました。