2017年10月18日 (水)

バラ K2

今日は久しぶりにちょっと日差しもあるようですが、明日からまた冷たい雨の日が続くようです。このまま冬になっちゃうのでしょうか?ヤダなぁ。

さて今回は、バラ(K2)をご覧いただきましょう。

すでに花束にアレンジした作品(バラ(K2)の花束)はご覧いただいてるので、今さら感もありますが、単体のバラとしても完成度が高い作品なんじゃないかと思うので、じっくりご覧いただきたいと思います。

バラ K2 創作:中 一隆

折り紙のバラは、色々な折り紙作家の先生方が創作されていますが、このK2は、15cmの(一番安い)普通の折り紙で折ることができるのが大きな特徴です。

バラ K2 創作:中 一隆

コストパフォーマンス(コスパ?)という言葉があります。コストパフォーマンスを高めるためには同じ原材料でより良い作品を作ろうというアプローチが普通ですが、原材料価格を最低限にまで追い込んじゃうというアプローチもある、ということです。

入手しやすく、どこにでもある普通の折り紙で、どこまで良い(美しい)バラが出来上がるかというチャレンジになります。

バラ K2 創作:中 一隆

裏白の普通の折り紙で折るためには、当然のことながら紙の裏面を出さないようにする必要があり、設計上の非常に大きな制約というか足枷になります。

バラ K2 創作:中 一隆

そんな制約の中で開発したバラK2ですが、ご覧のようになかなかいい感じに仕上がっているんじゃないかと思います。

花芯構造はK1と同じ「巡回中割折り」で、外周花弁を湾曲させてカップ状のシルエットを実現しています。横あるいは後ろから見た姿もなかなか良くできてるんじゃないかと思います。

コスパのコストを原材料価格とせずに、作成の手間暇と捉える場合もありますが、こうしちゃうと、結構手間のかかる作品なので、コスパはあまりいいとはいえなくなちゃいますかね。

このバラK2は11月5日(日)にルミネ横浜8Fの朝日カルチャーの「花の折り紙」講座にて講習します。また、11月14日(火)にはそごう横浜9Fのよみうりカルチャーの「指先の魔法☆折り紙」講座でも講習させていただきます。

秋の折り紙教室の詳細はこちら です。
PCならびにPCモード設定の方は、最新の情報をいつでもこちら からご覧いただけます。

さて、「バラ K2」 いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。 Instagram https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (0)

2017年10月12日 (木)

バラのくす玉 U8-30

10月に入って、秋も深まってきたなぁとか思っていたら、半袖がいるほどの暑さにみまわれています。それでも明日あたりから、ぐっと冷え込んでくるようです。ジェットコースターのような気候ですが、体調管理にお気を付けください。

さて今回は、バラのくす玉 (U8-30)をご覧いただきましょう。

U8は、小さめの花弁がたくさんあるバラを表現しようと開発したユニットで、4個使って1輪のバラU8-4に組み上げることもできますし、30個使ってくす玉(U8-30)に組むこともできます。

バラのくす玉(U8-30) 創作:中 一隆

花弁枚数の多いユニットの代表格にはU4があり、30枚組のくす玉U4-30 は当ブログのフラグシップといってもよい存在です。ただ、U4ユニットはかなり複雑で手間のかかるユニットなので、30枚組み上げて仕上げるためにはかなりの時間が必要です。

バラのくす玉(U8-30) 創作:中 一隆

もっとお手軽に、U4ユニット並みの花弁枚数の多さが実現できないかと検討を重ねて出来上がったのがこのU8ユニットです。

くす玉の立体構造は正12面体で、5角構造10枚花弁のバラが12輪で構成されています。

バラのくす玉(U8-30) 創作:中 一隆

仕上げに花弁の先をカールさせる作業は、1個のくす玉でも10枚花弁x12輪=120か所と膨大な量になりますが、達成感に満たされながらの作業は、不思議なほど苦になりません。(あっ、やっぱりそうでもないかも…)

バラのくす玉(U8-30) 創作:中 一隆

U4ユニットによるU4-30 が鋭角的でシャープなイメージであるのに対し、今回のU8-30は柔らかなふんわりした感じのくす玉に仕上がります。

このバラのくす玉U8-30は、そごう横浜9Fのよみうりカルチャー指先の魔法☆折り紙」講座にて9月26日(火)に講習させていただきました。また、ルミネ横浜8Fの朝日カルチャー花の折り紙」講座でも2018年1月期に取り上げる予定になっています。

10月からの、秋の折り紙教室の詳細はこちら です。
PCならびにPCモード設定の方は、最新の情報をいつでもこちら からご覧いただけます。

さて、「バラのくす玉 U8-30」 いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。 Instagram https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (0)

2017年10月 6日 (金)

バラ(U5-4)の花束

お月見もすんで、何だかぐっと冷え込むようになってきました。ちょっと肌寒いくらいの感じです。季節の変わり目、皆様どうぞお体ご自愛下さい。

さて今回は、5月に開催した作品展で展示した作品の中から、「バラ(U5-4)の花束」をご覧いただきましょう。

バラ(U5-4)の花束 創作:中 一隆

5番目のユニットU5を60個使った薔薇のくす玉はすでにご紹介しましたが、U5は本来4~5個で単体の薔薇を組むためのに開発したユニットです。

当初の予定通り、4個のU5ユニットを「がく」で止めるように構成したバラU5-4を5輪使った花束です。

バラ(U5-4)の花束 創作:中 一隆

バラU5-4を5輪にユリの小花4輪と葉っぱを加えて、花束アレンジに仕立てています。

バラ(U5-4)の花束 創作:中 一隆

U5ユニットは5個使えば、5角構造の薔薇も実現できるのですが、花弁が大きく広がってしまうため、花束アレンジのように1っか所にギュッと集中的に配置することは難しくなります。

バラ(U5-4)の花束 創作:中 一隆

そこで、ユニット数を4個(U5-4)にして、花弁の広がりをおさえて5輪のバラを高密度で配置するようにしています。

花弁枚数の比較的多いバラをギュッと配置した結果、華やかでゴージャスな花束に仕上がっているのではないかと思います。

さて、「バラ(U5-4)の花束」 いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。 Instagram https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (0)

2017年9月30日 (土)

バラ U8-4

嵐のような大雨が去って、ぐっと秋らしい気候になってきました。日中は半袖もOKですが、朝夕はめっきり冷え込む感じになってきました。昼夜の寒暖の差が激しい季節です。体調管理にどうぞお気を付けください。

さて今回は、バラ U8-4 をご覧いただきましょう。

8番目のユニットU8を4個使ったU8-4は、小さめの花弁がたくさん集まったミニバラをイメージして開発した作品です。

バラ U8-4 創作:中 一隆

U8ユニット一つで4枚の花弁が表現できるため、4個使ったU8-4は4枚x4個=16枚花弁のバラとなります。

バラ U8-4 創作:中 一隆

4つのユニットは、鶴の基本形から作った「がく」にはめ込む形で糊付けせずに組み上げることができます。

バラ U8-4 創作:中 一隆

折り紙教室の生徒さんに、講習サンプル兼お土産としてお配りするために、たくさん作成いたしました。

バラ U8-4 創作:中 一隆

比較的単純な工程で作成しやすく、意外とボリュームもあって可愛らしい作品に仕上がっていると思います。

このバラU8-4は、そごう横浜9Fのよみうりカルチャー指先の魔法☆折り紙」講座にて9月12日(火)に講習させていただきました。また、U8ユニット30枚組のバラのくす玉(U8-30)も9月26日(火)に講習させていただきました。ルミネ横浜8Fの朝日カルチャー花の折り紙」講座でも2018年1月期に取り上げる予定になっています。

10月からの、秋の折り紙教室の詳細はこちら です。
PCならびにPCモード設定の方は、最新の情報をいつでもこちら からご覧いただけます。

さて、「バラ U8-4」 いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。 Instagram https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (0)

«バラ(K2)の花束