携帯・デジカメ

2014年5月 2日 (金)

Q10 ストロボスレーブユニット -2

今回も折り紙の記事に紛れ込ませた、カメラ PENTAX Q10 の記事です。

前回の手作りスレーブユニットの続きで詳細を記しておきます。

実はこのスレーブユニットは、ずいぶん昔にOLYMPUS C-1400Lのために作ったものです。

今回Q10に合わせてタイミング見直せば使えると思って、「光あれ!」と叫びつつ引っ張り出してきたのですが、まったく修正不要で動作してるので、これで良しとしています。

SUNPAK auto 22SR と Q10用スレーブユニット
SUNPAK auto 22SR と Q10用スレーブユニット

スレーブユニットには電源が必要なのでストロボ本体から、電源、GND、発光をコントロールするトリガーの3本を取り出すため2.5φピンジャックを使っています。

Q10用スレーブユニット
Q10用スレーブユニット

受光部には太陽電池を使い、ケースの前面蓋を透明にすることで受光させています。

Q10用スレーブユニット(基板)
Q10用スレーブユニット(基板)

回路図はこんな感じです。
(回路図エディタは水魚堂さんBSch3Vを使用させていただいております。)

Q10用スレーブユニット回路図
Q10用スレーブユニット回路図

手持ちの部品の都合でこんな回路になっていますが、Q1と太陽電池はフォトトランジスタで構成したほうが、シンプルにできると思います。

動作を簡単に説明しておくと…。

最初の予備発光パルスを初段のDラッチで検出します。この最初のパルス到来から、R2・C1で定まる時間経過した後に到来する発光パルスを本発光と判断して、後段のDラッチでとらえて、トリガーパルスとします。

D1,R4,C2は最初のパルス到来から所定の期間後に回路をリセットするためのものです。

具体的には、最初の予備発光から約50msecの間は(何発予備発光があっても)無視し、これ以降に到来する発光に同期してトリガーを出力します。

また、最初のパルス到来から約300msec後に自動的に回路をリセットして待機モードに戻ります。

なお、今回使用しているSUNPAKのストロボは外光オート調光機能の付いた電子制御ストロボなので、HC74でトリガーできていますが、常にフル発光するタイプの調光機能のないストロボでは高電圧のスイッチングが必要になる場合がありますのでご注意ください。

また、電源やトリガーをストロボから引き出すためには改造が必要です。ストロボ内部には300~400Vの高電圧が使われており、電池を抜いて2~3日放置してもかなりの確率で感電しますので、十分ご注意というか、基本的に良い子はマネしないほうがいいと思います。

ストロボとは独立した電源(電池)を用意して、ホットシューからトリガーを与えるようにすれば、ストロボ本体は無改造で済みますので、このほうが安全でおススメです。

電子工作の経験のある方でしたら、比較的簡単に作れて、光量不足の悩みから一挙に解放されることと思います。(ですが、すべて自己責任で…。)

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月26日 (土)

Q10 ストロボスレーブユニット -1

今回も折り紙の記事に紛れ込ませた、カメラ PENTAX Q10 の記事です。

内蔵ストロボのみでも、バウンスユニットを使って天井バウンス撮影ができるようになったわけですが、どうしても光量に限界があります。

最近のデジタルカメラは、ISO感度をかなり高くまで設定できるのですが、ISO感度をあげるとどうしてもノイズの多い画像になってしまいます。(NRも万能じゃありませんしね)

折り紙は動き回りませんので(当たり前ですね)三脚を使ってスローシャッターを切れば、ストロボに頼らなくてもいいんですが、三脚で固定するの嫌いなんです。(自由な生き方を求めているので…、ただのめんどくさがりです)

そんなわけで「もっと光を!」と叫びつつ、Q10の内蔵ストロボに同期して外部ストロボを発光させる、スレーブユニットを作成しました。

このスレーブユニットを使えば、Q10の内蔵ストロボをコントローラーとして、外部ストロボをワイヤレスでコントロールするのと実質的に同様な使い勝手で撮影ができます。

まぁ、自動調光はできませんので、マニュアル露出になっちゃいますが。

PENTAXのストロボAF-360FGZにもスレーブモードはあるのですが、単純スレーブのみで、予備発光のあるQ10のストロボには同期できません。

まぁ、発光量を絞った設定にすれば、予備発光に同期して発光してもコンデンサーのチャージを使い切らないため、本発光にも同期して発光しますが、発光量は不安定になっちゃうようです。(無駄な発光は電池がもったいないですしね)

このスレーブユニットは予備発光を無視して、予備発光から所定の時間後の本発光に同期してトリガーを出すスレーブユニットです。

最近の賢いストロボには、予備発光のあるカメラに対応したスレーブ機能がついたものもあるようですが、予備発光のパルス数や時間はメーカーや機種によってさまざまなので、万能とはいえないようです。

自分で作っちゃえば、色々設定も調整できるので、どんなカメラにも対応可能です。

SUNPAK auto 22SR とスレーブユニット
SUNPAK auto 22SR とスレーブユニット

さて効果のほどは…。

1/125 F1.9 ISO1000 内蔵ストロボ+バウンスユニット
1/125 F1.9 ISO1000 内蔵ストロボ+バウンスユニット

1/125 F1.9 ISO125 NDFilter 内蔵ストロボ+バウンスユニット+外部ストロボ(バウンス)
1/125 F1.9 ISO125 NDFilter 内蔵ストロボ+バウンスユニット+外部ストロボ(バウンス)

1/125 F1.9 ISO1000 内蔵ストロボ+バウンスユニット
1/125 F1.9 ISO1000 内蔵ストロボ+バウンスユニット

1/125 F1.9 ISO125 NDFilter 内蔵ストロボ+バウンスユニット+外部ストロボ(バウンス)
1/125 F1.9 ISO125 NDFilter 内蔵ストロボ+バウンスユニット+外部ストロボ(バウンス)

外付けストロボのガイドナンバーは22(ISO100)で外光オートモードで使用してますが、NDフィルターが必要なくらいの光量になりました。

光の拡散もじゅうぶんで、背景にも十分均等に光が回っています。

なによりもISO感度が十分に下げられた(NDフィルター有で125)効果は大きいと思います。

これなら暗いレンズや焦点深度を稼ぐために絞り込んでも問題ないレベルでしょう。

さて、このQ10用手作りスレーブユニットの詳細は次回に…。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月18日 (金)

Q10 ストロボバウンスユニット

今回も折り紙の記事に紛れ込ませた、カメラ PENTAX Q10 の記事です。

これまでに、内蔵ストロボの光を柔らげるためのディフューザーなどを紹介してきましたが、自然な写真を撮るのに最も有効なのはストロボをバウンスさせる手法です。

一般的なのはストロボを上に向けて、天井で反射させて照射する天井バウンスです。

ところが内蔵ストロボは、(当然のことですが)正面を向ており、天井に向けることはできません。(天井を撮影するんなら別なんですが…)

そこで、小さな反射板を取り付けてストロボ光を天井に向けてバウンス撮影しちゃおうという目論見です。

今回もペーパークラフトになってますので、ご興味ある方は末尾のPDFファイルを印刷して、組み立ててみてください。 なお個人の趣味の範囲でご利用ください。2次利用を禁じます。

Q10とストロボバウンスユニット

こんな感じになります。(なんだかマグネシウム閃光器を掲げてるみたいですね。)

Q10とストロボバウンスユニット

展開図はこちらです。

Q10用ストロボバウンスユニット

内蔵ストロボにかぶせるキャップ状の部品は、以前のディフューザーと同じです。

Q10用ストロボバウンスユニット

これに45度の傾きの反射板を取り付けます。反射板には例によってホイル折り紙を貼ってあります。

さて効果のほどは…。
シロツメクサ 1/125 F1.9 ISO320 内蔵ストロボ
1/125 F1.9 ISO320 内蔵ストロボ

シロツメクサ 1/125 F1.9 ISO1000 内蔵ストロボ+バウンスユニット
1/125 F1.9 ISO1000 内蔵ストロボ+バウンスユニット

桜玉 1/125 F1.9 ISO500 内蔵ストロボ
1/125 F1.9 ISO500 内蔵ストロボ

桜玉 1/125 F1.9 ISO1000 内蔵ストロボ+バウンスユニット
1/125 F1.9 ISO1000 内蔵ストロボ+バウンスユニット

なお、撮影にご協力いただいた?折り紙作品に関する記事はこちらです。
  シロツメクサ
  桜玉
  大統領の玉桜

以前のディフューザーを用いた場合と比較すると、上方(天井)から拡散して降りそそぐ光になりますので、その分より自然な画像を得ることができるようになります。

ただし、光が拡散してしまうため、光量ロスは非常に大きいです。(天井の高さなどにもよるんですが…)

今回はF1.9の非常に明るいレンズPENTAX-01 STANDARD PRIME を使っていますが、それでもISO感度を1000ぐらいに上げなきゃなりません。暗めのレンズやもっと絞り込みたい場合にはさらに感度を上げる必要があります。

非力な内蔵ストロボでは光量不足になりやすいので、用途は限定されるかもしれませんが、内蔵ストロボをフル活用する(骨までしゃぶる?)意味で、おひとついかがでしょうか。

光量ロスを少しでも防ぐため、反射板に銀のホイル折り紙を貼っていますが、光量(感度)に余裕があれば、ホイル折り紙を貼らずに、正面に漏れる光をキャッチライトあるいは正面からの補助光として使用してもいいと思います。

印刷用PDFファイル「FlashLightReflector_PentaxQ10.pdf」はこちらからどうぞ。

「FlashLightReflector_PentaxQ10.pdf」をダウンロード
個人の趣味の範囲でご利用ください。2次利用を禁じます。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月12日 (土)

Q10 ストロボディフューザーを作る -2

今回も折り紙の記事に紛れ込ませた、カメラ PENTAX Q10 の記事です。

前回ご紹介した、PENTAX Q10の内蔵ストロボに装着するディフューザーの詳細です。

ペーパークラフトになってますので、ご興味ある方は末尾のPDFファイルを印刷して、組み立ててみてください。 なお個人の趣味の範囲でご利用ください。2次利用を禁じます。

全面の拡散シートを付ける前はこんなものです。

Q10用ストロボディフューザー

ストロボの点光源から面光源へ変換させることが目的ですが、ある程度開口面積が大きくないと効果が期待できません。そこで、レンズにあたってしまう箇所をちょっと削ったラッパ状にしてみました。

Q10用ストロボディフューザー

ポップアップしたストロボにかぶせて使う感じになります。

Q10用ストロボディフューザー

作り方というか、展開図はこんな感じです。

Q10用ストロボディフューザー印刷用PDF

3つの部品で構成されていて、1つはストロボにかぶせるキャップ状の部品と拡散用のラッパ、拡散シートからなります。

2つの部品は少し厚めのA4の紙に印刷して、切り抜いて組み立てます。

印刷用PDFファイルの2ページ目は内側に貼る反射用ホイルです。

こちらは、15㎝角のサイズに納めてありますので、銀色のホイル折り紙(ここで折り紙が登場します!)の裏面に印刷して切り出すと楽だと思います。

我が家のCanonのプリンターでは折り紙のホイル面がプリンタ内部に貼り付きやすいようでしたので、ホイル面を別の折り紙で覆うようにセロテープで2枚重ねに止めて印刷しました。

反射用ホイルを貼りつけたら、拡散シートを前面に貼りつけて完成です。

拡散シートには乳白色のスーパーのレジ袋を切って、ラッパの縁周辺に両面テープを貼り、くるむようにして貼り付けてあります。トーレーシングペーパーなどでも良いと思います。

Q10用ストロボディフューザー

ディフューザーの効果は、こちらでご覧ください。

紙製で軽量なので、取り付けてもポップアップストロボへの物理的負担は少ないと思います。まぁでもキャップ部とストロボがこすれたりしてスリ傷ぐらいは付くかもしれませんので、すべては自己責任でお願いいたします。

軽いので小型軽量のQ10の機動性を損なうことは無いと思います。きちんと作れば意外と丈夫です。

応急処置あるいは実験的には、ストロボにレジ袋かぶせるだけでも有効だと思いますが、反射ホイルを貼った閉構造なら光量ロスも少ないです。

お暇なときに一つ作っておくと撮影の幅が広がるのではないでしょうか。

印刷用PDFファイル「FlashLightDiffuser_PentaxQ10.pdf」はこちらからどうぞ。

FlashLightDiffuser_PentaxQ10.pdf」をダウンロード
個人の趣味の範囲でご利用ください。2次利用を禁じます。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 6日 (日)

Q10 ストロボディフューザーを作る -1

今回も折り紙の記事に紛れ込ませた、カメラ PENTAX Q10 の記事です。

通常の折り紙作品の撮影には、APS-Cサイズのデジタル一眼を使っています。

光源には、外付けストロボを用いカメラ本体からワイヤレスでコントロールしています。

ところが残念ながら、Q10にはこのワイヤレスコントロール機能がないんです。

とはいえ、自然光に頼ると夜間撮影できません。 じゃあってことで、Q10本体のアクセサリーシューにストロボを乗せてみると・・・、こんな感じです。

PENTAX Q10とストロボAF-360FGZ

ストロボが大きいです! 重心が上すぎます! そのうちいつかアクセサリーシューがもげます。

これって何かのいじめでしょうか。ちょっと可哀想なので、内蔵ストロボでちょっと頑張ってみることにしました。

PENTAX Q10の内蔵ストロボ
「ハイ!頑張りますッ」と手をあげた感じの内蔵ストロボ

ついでに、折り紙というよりペーパークラフトテクニックを駆使して、ストロボディフューザーを作ってみました。

PENTAX Q10内蔵ストロボ+ディフューザー
手作りディフューザーを装着したところ

効果はこんな感じです。

シロツメクサ 1/125 F1.9 ISO320 内蔵ストロボ
1/125 F1.9 ISO320 内蔵ストロボ

シロツメクサ 1/125 F1.9 ISO400 内蔵ストロボ+ディフューザー
1/125 F1.9 ISO400 内蔵ストロボ+ディフューザー

ストロボは強烈な点光源なので、くっきりした影ができてしまいますが、ディフューザーで拡散させ面光源(面積に限界はありますが)とすることで、影を柔らかくすることができます。

桜玉 1/125 F1.9 ISO500 内蔵ストロボ
1/125 F1.9 ISO500 内蔵ストロボ

桜玉 1/125 F1.9 ISO640 内蔵ストロボ+ディフューザー
1/125 F1.9 ISO640内蔵ストロボ+ディフューザー

強烈なストロボ光が照射された,、いかにもストロボ焚きました的画像(まぁこの距離でストロボ使うのがルール違反なんですが…。)から、光が拡散して広がることにより、全体に柔らかな光が回って自然な画像を得ることができます。

ディフューザー装着による光量のロスも思ったより少ないようです。

さて、このQ10用手作りストロボディフューザーの詳細は次回に…。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月31日 (月)

PENTAX Q10

当ブログは折り紙の記事が中心となっていますが、今回はちょっとカメラの話を。

折り紙を折ってアレンジして作品を仕上げたら、せっかくなので多くの方に見ていただきたいなぁと思うのですが、なかなか作品を直接見ていただくわくにはいきません。

そこで、写真を撮って見ていただく形になります。

ブログにアップしたり、カルチャースクールのパンフレットに載せていただいたり、写真の出来はとっても重要です。

写真映りが悪いと作品が台無しですし、極端な話見栄えする写真さえ撮れりゃ作品の出来なんか…。(作品サンプル直接見てガッカリしちゃうかもね…)

作品の写真を撮るプロセスは、作品製作の一部というか結構重要な最終工程だったりします。(家に着くまでが遠足!みたいなもんです)

Pentax Q10

そんなこんなで、消費税が…とかなんとかのドサクサにまぎれて、新しくカメラ買っちゃいました。

PENTAX Q10 です。購入理由は…、欲しかったからです。ハイ!

Pentax Q10とK-7

メインのデジタル一眼とくらべるとこんなにちっさいんです。

外見はトイカメラみたいですが、レンズ交換もできるし、RAW記録もできるし、露出モードもマニュアルを含め豊富でカメラとして一人前の機能をそなえています。(ちょっとナマイキな感じです)

世界最小クラス高性能デジタル一眼(リコーイメージング)だそうです。

ミラーレス一眼は慣れていないので、ファインダーをのぞかないと集中できないとか、体から離れていて手振れしやすいとかはありますが、とっても良く写ります。

Q10での「桜玉」 1/125 F1.9 ISO1000 内蔵ストロボ・バウンス
Q10での「桜玉」 1/125 F1.9 ISO1000 内蔵ストロボ・バウンス

Q10での「シロツメクサ」 1/125 F1.9 ISO1000 内蔵ストロボ・バウンス
Q10での「シロツメクサ」 1/125 F1.9 ISO1000 内蔵ストロボ・バウンス

内蔵ストロボは非力ですが(まぁ、オマケみたいなもんですから)色々工夫して活用するとサブ機と十分役立ちそうです。

折り紙の記事に紛れてQ10の活用法を備忘録も兼ねて徐々にご紹介していこうかと思っています。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月21日 (月)

デジカメ!

Photo

折り紙の話は、こっちへおいといて…、ブログ記載に欠かせないデジカメの話を…

左は現役モデルのPENTAX K-m、デジカメの紹介をするのって何で写真を撮ればいいんだろう?と悩んだ結果、左の写真を撮ったのは右の往年の名機(?)OLYMPUS C-1400L。

Sunpakjpg ついでに、C-1400Lで外部ストロボを使うために改造した
SUNPAKのストロボ。

受光素子で本体のストロボを検出し、予備発光の次の本発光にシンクロして発光するよう外部回路を横に抱かせたもの。

こいつはまだ現役で、PENTAX K-mで光量不足の際に、赤目軽減モードで本体を発光させると、シンクロする。

PENTAX K-mのレンズは(レンズキットに付属)18-55mmでマクロは25cmまで寄れるので、折り紙や建築模型の撮影はほとんどこれ一本で間に合う。

後ろは28-200mmのタムロンレンズで、お外用に使用予定。(まだあまり使ってない)

かつての高級機だったC-1400Lから10年、メモリカード容量は3桁(メガからギガへ)、撮像画素数は1桁(100万→1000万)程度大きくなった。

果たして、どこまで行くのだろうか?折り紙の世界も複雑系がだいぶ躍進してきているようだ。

ただ人間の折れる能力から、複雑さ3桁増しとは行かないようではあるが…。

難しい折り紙を折りこなしてゆくことは意義あることでもあるが、折って楽しい折り紙こそが根底になければならないと小生は考えている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)