その他

2017年11月26日 (日)

永田紀子氏の新刊「リース折り紙12か月」

今年はなんだか、秋が短かったというか、冬の到来が早い気がします。毎朝布団から出るのが大変な日々が本格的にやってこようとしています。もう冬眠しちゃおうかな。…

さて今回は、永田紀子氏の新刊「リース折り紙12か月」のご紹介です。

11月23日(木)~27日(月)の期間に横浜市金沢区の能見台地区センターで、永田紀子先生の作品展示が行われています。

初日に顔を出して、永田先生にご挨拶させていただきました。その際に先生のお弟子さんから、新刊書籍を頂戴いたしました。(ありがとうございました。)

永田紀子氏の新刊「リース折り紙12か月」

今回の能見台地区センターの地域の作品展での展示は、すべてこの書籍に掲載の作品になっています。

さて、書籍の内容ですが、四季折々の花や風物などで作られたリース作品32点+αが掲載されています。

永田紀子氏の新刊「リース折り紙12か月」

折り紙ならではの、糊を使わずにパーツを組み上げてゆく作品がほとんどで、多くの工夫が取り入れられています。

ほとんどの作品が、シンプルで素直な折り方で構成されており、初心者にも取り組みやすいと思います。

なによりも「美しい」「かわいい」「楽しい」作品が満載で、1冊あれば1年を通じてお部屋を飾ることができるのも嬉しいポイントになっていると思います。

永田紀子氏の新刊「リース折り紙12か月」

能見台の作品展示は27日(月)までですので、お近くにお住いの方は足を運んで作品をご覧になってみてはいかがでしょうか。(壁面に飾るリースの展示がメインで、テーブルに並べる作品が……とのことでしたので、友情出展という名目で、ちゃっかり私の作品もどさくさに紛れて少し並べていただいてます。)

まぁ、会場に出向けない方のほうが多いのかもしれませんが、ぜひ書店でこの本を手に取っていただき、永田先生のリースの醍醐味を存分に味わっていただけたらよろしいかと思います。

さて、「永田紀子氏の新刊「リース折り紙12か月」 いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

永田紀子氏の新刊「リース折り紙12か月」はこちらからどうぞ。

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。 Instagram https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (0)

2017年11月11日 (土)

「こうもり」観てきました。

立冬も過ぎて暦の上では「冬」です。朝晩の冷え込みが厳しくなって「最低気温」が更新される日も多くなってきました。

折り紙のブログとして作品を楽しみにされてる方には申し訳ないのですが、今回は折り紙とは全く関係ない記事です。(まぁ、そういう事もあります。次の記事を早めにアップしますので容赦を…)

さて、先日「こうもり」を観てきました。

というと、「どこの洞窟にいったの?」とか、はたまた「あっ! 傘屋さんに行ったんでしょ」とか言われそうですが…、

11月5日(日)の朝日カルチャー横浜での講習終了後に横須賀芸術劇場までヨハン・シュトラウス2世(Johann Strauss II)のオペレッタこうもり」(Die Fledermausを観てきました。

「こうもり」観てきました

横須賀芸術劇場には、初めて出向きましたが、馬蹄形のいわゆるオペラハウス仕様の立派なホールでした。オペラハウスらしい、間口より奥行きが広い感じのステージに、高い天井の豪華な空間でした。

「こうもり」観てきました

チケット購入がぎりぎりでS席(\14,000-)はもうあまり良い席がなくなっちゃてたので、ケチってA席(\12,000-)に。

2階のバルコニー席からは、オーケストラピットものぞける感じで、意外にステージも見やすかったです。

「こうもり」観てきました

作品的には、ウィンナ・オペレッタの最高峰とか、「オペレッタの王様」と呼ばれるポピュラー?な作品ですが、劇場で生で3幕きちんと観れることはなかなかないので、普段出不精で出歩かないにもかかわらず、いそいそと出向いてきました。

ロザリンデとアデーレの声質にもっと差があったほうが聴きやすかったかな、とかアイゼンシュタインとファルケの体形(お腹の出具合?)が一緒だとか、1幕の始めあたりは思っていたのですが、結局歌い手(役者)さんの職人芸に引き込まれて、最後まで存分に楽しんでしまいました。

3幕が意外にあっさり終わっちゃったなぁと感じていたら、フィナーレからカーテンコールまでの演出・盛り上がりが素晴らしく、珠玉の時間を過ごすことができました。

非日常の空間で楽しく優雅に過ごせた3時間ちょっとで、少し贅沢でしたが、芸の肥やしにはなったかもしれません。(どんな芸なんだ…?)

さて、「「こうもり」観てきました。」 いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。 Instagram https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (0)

2017年9月 7日 (木)

林弘美氏の新刊「立体で楽しむ花の折り紙あそび」

今年は夏が短かったというか、秋の到来が早かったのでしょうか。そんでもって秋の長雨とかに見舞われてしまうと、日照不足が心配です。(野菜とか高騰すると困っちゃうもんね。)

さて今回は、林弘美氏の書籍「立体で楽しむ 花の折り紙あそび」が出版されましたのでご紹介させていただきましょう。

当ブログでも林弘美氏の作品はコスモスシロツメクサパンジー、などをご紹介しておりますので、ご存知の方も多いかと思います。

林弘美著「立体で楽しむ花の折り紙あそび」

しばらくの間、林弘美氏の書籍は絶版扱いとなっており、ブログ記事の出典元としてご紹介してもなかなか入手しにくい状態が続いていました。

そんな中、待望の新刊が9月4日にブティック社より発行されました。

タイトル:立体で楽しむ 花の折り紙あそび
著者:林弘美
価格:1111円(税別)
発売:2017年9月4日
発行:ブティック社

林弘美著「立体で楽しむ花の折り紙あそび」

掲載作品は、「薔薇」、「向日葵」、「チューリップ」、「白詰草」、「水仙」、「パンジー」、「芍薬」、「桜」、「ポインセチア」、などを含む30作品と盛りだくさんです。

立体的な花の折り紙がお好きな方には、ぜひご一読いただきたい書籍になっているのではないかと思います。

林弘美著「立体で楽しむ花の折り紙あそび」

5月に開催した私の作品展にご来場いただいたブティック社の編集の方に「まもなく林弘美氏の新刊が出ますョ。」という情報をいただき、「楽しみにしてます!」と満面の笑顔でお答えしたところ、今回できたてホヤホヤの1冊をご送付いただきました。(ブティック社様、ありがとうございました。)

なお、色々サンプルを含めご送付いただきますと、レビューを(通算2,500,000PVを誇る?)当ブログに掲載させていただきますので、心置きなくご送付くださいませ。(金銀財宝・宝飾品を含め、高額商品歓迎でございます!)

さて、「林弘美氏の新刊「立体で楽しむ花の折り紙あそび」」 いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

林弘美氏の新刊「立体で楽しむ 花の折り紙あそび

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。 Instagram https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (0)

2017年8月13日 (日)

佐藤ローズ講習・ご参加ありがとうございました。

なんだか、朝晩は少ししのぎやすい感じです。 気象庁は、「関東甲信地方の日照不足に関する気象情報」を発表してるようです。7月23日から8月9日までの速報値で、群馬県前橋市や東京都心でも、日照時間が50%以下だそうです。ジリジリ強い日差しは熱くって嫌ですが、日照不足も考え物です。

さて今回は、佐藤ローズ講習のご報告です。

去る8月6日(日)、8月8日(火)にフランス在住の折り紙作家である佐藤直幹氏を客員講師にお迎えして佐藤ローズ講習を行いました。

佐藤ローズ講習 講習資料
練習用紙として使用した折り線を両面印刷した展開図

8月6日はルミネ横浜8Fの朝日カルチャーにて「シンプルローズ」を、8月8日はそごう横浜9Fのよみうりカルチャーにて「基本の5角バラ」を講習していただきました。

シンプルローズ 創作:佐藤直幹氏
朝日カルチャー横浜にて講習した「シンプルローズ」

いずれも非常に多くの受講申し込みをいただき、ほぼ満席となりました。ご参加いただいた方々に深く御礼いたします。ありがとうございました。

講習風景(写真提供:川崎亜子氏)
講習風景(写真提供:川崎亜子氏) 左のほうに私もいますね

大人数の講習だった割には、苦労して準備した練習用紙が功を奏したのか、スムーズで習熟度の高い講習が実現できたんじゃないかと思っています。

講師陣も佐藤さんに加えて、川崎亜子氏と私という充実のラインナップで、佐藤ローズを学ぶ上で理想的(自分でいうのもなんですが、夢のよう)な環境での講習となりました。

基本の5角バラ 創作:佐藤直幹氏
よみうりカルチャー横浜で講習の「基本の5角バラ」

受講生の方お一人お一人にお土産として、佐藤さんご自身が折った薔薇のプレゼントもありました。(佐藤さん、40個以上ものご用意、本当にありがとうございました。)

講習終了後は、両日ともに懇親会を実施させていただき、佐藤さんとじっくり親睦を深めていただけたのではないかと思います。

ちなみに2日目終了後、私と佐藤さんは、3次会・4次会と飲み進み、朝まで(年甲斐もなく?)語り明かさせていただきました。(翌日は喉がガラガラでした。)

佐藤直幹氏(写真提供:川崎亜子氏)
佐藤直幹氏(写真提供:川崎亜子氏)

ご多忙な中、あるいは遠方の方を含め講習にご参加くださった方々に重ねて深く御礼いたします。

なによりも、客員講師をご快諾くださった「佐藤直幹氏」、アシスタントを引き受けてくださった「川崎亜子氏」に深く感謝いたします。

皆様、まことにありがとうございました。

今回たいへん好評のようでしたので、佐藤さんには、また来年の夏にでも客員講師をお願いしようかと思っています。

さて、「佐藤ローズ講習・ご参加ありがとうございました。」 いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

 

ーお知らせー

佐藤ローズでおなじみの川崎亜子氏の折り紙教室です。(単発・公開講座)
〇「折り紙でつくる秋の色紙飾り」
日時:9月16日(土) 15:30~17:30
場所:朝日カルチャー湘南教室(ルミネ藤沢店9F) TEL.: 0466-24-2255
お申込み・お問合せは、こちら にどうぞ。

折り紙でつくる秋の色紙飾り 講師:川崎亜子氏 朝日カルチャー湘南教室


折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。 Instagram https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (0)

2017年7月29日 (土)

月刊「おりがみ」505号 みんなの作品展

雲が日差しを遮ってさえくれれば、けっこう過ごせるようですが、日が差すと猛烈な暑さになっちゃいますね。7月もようやく終わりが見えてきましたが、まだまだ暑い日が続きますので、こまめな水分補給で熱中症にお気を付けください。

さて、日本折紙協会発行の月刊「おりがみ」の9月号(505号)に、5月に開催した作品展の報告を掲載していただきました。定期購読(会員)の方は、お手元の最新号を合わせてご覧頂けたらと思います。

月刊「おりがみ」505号 みんなの作品展 掲載御礼
月刊「おりがみ」505号48ページ

月刊「おりがみ」505号
月刊「おりがみ」505号表紙

月刊「おりがみ」501号(2017年5月)ならびに、502号(2017年6月)の2号にわたって、作品展の告知をしていただいておりました。

月刊「おりがみ」501号502号での告知

おかげさまで、作品展には多数のご来場いただくことができましたので、編集部あてに御礼と報告をさせていただいたところ、最新号(505号)の「みんなの作品展」(48ページ)に掲載していただく運びとなりました。

月刊「おりがみ」505号 みんなの作品展

内容的には当ブログの記事
折り紙作品展 ご来場ありがとうございました。
http://naka-origami.cocolog-nifty.com/blog/2017/05/post-ef28.html
と中身はだいたい同じですが、写真等は手に取ってじっくりご覧いただけると思います。

ご来場になれなかった方もぜひご一読いただけたらと思います。

さて、「月刊「おりがみ」505号 みんなの作品展」 いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。 Instagram https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (0)

2017年7月13日 (木)

御礼 250万アクセス

PC、あるいはPCモードでご覧いただいている方はご承知と思いますが、当ブログの左サイドバーの上部にはアクセスカウンターが設置してあります。

PCやスマホからのアクセスで、1回表示(PageView)していただくたびにカウンターが1つカチッと増える仕組みになっています。

御礼 250万アクセス スクリーンショット

おかげさまで、当ブログのアクセス数が250万アクセス(2,500,000PV)を超えました。

皆さまのアクセスによるものですので、私個人の力ではないんですが、それなりの達成感です。(まぁ、年間60本程度ではありますが、それなりに選りすぐり(?)の記事をUpしているからかもしれませんが…)

いずれにしても、くたびれたおじさんの(特に役に立つわけでもない)折り紙ブログとしては驚異的な数字だと思います。(開設以来の累計アクセス数なので、ありがたいことに絶対に数字が減ることはないんです。)

これも、みなさんのご訪問・ご愛読のおかげです。本当にありがとうございました。

引き続き、皆様に楽しんでいただけるよう内容を充実していきたいと思っております。

どうぞ今後ともご愛読・ごひいき賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

薔薇と折り紙の日々」 執筆ならびに管理人    中 一隆

 

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。 Instagram https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (2)

2017年5月16日 (火)

折り紙作品展 ご来場ありがとうございました。

5月9日(火)~14日(日)の間、都内の画廊にて、父の米寿展と合わせて私の折り紙作品展を開催させていただきました。 大変多くのご来場をいただき誠にありがとうございました。

月刊「おりがみ」の告知や、当ブログSNSをご覧になってわざわざ遠方よりご来場くださった方も多く、重ねて深く感謝いたします。

遠隔地にお住いの方や、お時間が取れずお越しになれない方もらっしゃるかと思いますので、(土砂降りの日もありましたしね)展示の模様をざっくりとご覧いただきましょう。

中 一隆 折り紙作品展の模様 2017/5/9~14於遊楽庵画廊(旧古河庭園並び)
ブログ未公開の新作も何点か展示させていただきました。

中 一隆 折り紙作品展の模様 2017/5/9~14於遊楽庵画廊(旧古河庭園並び)
すべての展示作品 私(中 一隆)のオリジナル(創作)作品のみの展示です。

中 一隆 折り紙作品展の模様 2017/5/9~14於遊楽庵画廊(旧古河庭園並び)
新作の薔薇のくす玉U5j-60はユニット60枚+ジョイント20枚という労作です。

父の絵画と私の折り紙、というジャンルの異なる作品の展示でしたが、絵画を目的に来場された方にも折り紙作品の美しさを、逆に折り紙に興味のある方にも絵画の面白さ(というか父:中 一訓の面白さ?)を感じていただけたのではないかと思っています。

中 一訓 米寿展の模様 2017/5/9~14於遊楽庵画廊(旧古河庭園並び)
父の絵画展示

中 一訓 米寿展の模様 2017/5/9~14於遊楽庵画廊(旧古河庭園並び)
父の絵画+時計?展示

中 一訓 米寿展/中 一隆 折り紙作品展 配布冊子2017/5/9~14於遊楽庵画廊(旧古河庭園並び)
会場で配布させていただいた冊子

中 一訓 米寿展/中 一隆 折り紙作品展 配布冊子2017/5/9~14於遊楽庵画廊(旧古河庭園並び)
冊子には折り図も…

想定以上にご来場いただき、冊子が不足しそうでしたので、折り紙教室の生徒さんには勝手ながら後日教室で改めて配布させていただく形にいたしました。(教室の皆さんしばらくお待ちくださいね。)

そんなわけで、おかげさまを持ちまして、事故やトラブルもなく無事に6日間の会期を終了できました。(ちょっとくたびれました…だって絵画は額とかガラスとかでとっても重いんだもん。)

お忙しい中ご来場くださった皆様、ご都合がつかなくとも応援いただいた方々、お手伝いご尽力いただいた方々に深く感謝いたします。ありがとうございました。

さて、「折り紙作品展 ご来場ありがとうございました。」 いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。 https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (0)

2017年5月10日 (水)

折り紙作品展開催中

昨夜の雨で、新緑がさらに鮮やかさを増したような気がします。

さて、現在(というか5月9日~14日まで)、都内の画廊にて、折り紙作品の展示を行っています。(「絶賛開催中!」とか書きそうになっちゃったけど、自分で勝手に「絶賛」しちゃうのもいかがなものかと…。)

遠隔地にお住いの方や、お時間が取れずお越しになれない方もらっしゃるかと思いますので、この作品展示向けに新たに作った作品をちょっとだけご覧いただきましょう。

作品展展示作品「バラ(C3)の花束」「カーネーション(9セル)の花束」「バラ(U5-4)の花束」「バラ(U10-4)のテーブル花」「バラ(C1)のテーブル花」創作:中 一隆
後段左から
バラ(C3)の花束  カーネーション(9セル)の花束  バラ(U5-4)の花束
前段左から
バラ(U10-4)のテーブル花  バラ(C1)のテーブル花

バラ(C1)のテーブル花 創作:中 一隆
バラ(C1)のテーブル花

バラ(U10-4)のテーブル花 創作:中 一隆
バラ(U10-4)のテーブル花

薔薇のくす玉U4-30と薔薇のくす玉U5j-60 創作:中 一隆
薔薇のくす玉U4-30と薔薇のくす玉U5j-60

    中 一訓 米寿展/併設 中 一隆 折り紙作品展

    日時: 2017日(火)~14日(日) 11時~18時(最終日は16時まで)
    場所: 旧古河庭園並び 「遊楽庵画廊」 (東京都北区西ケ原1丁目27-33)

Photo
交通アクセス: 
北区コミュニティバス(王子・駒込ルート) 20分間隔  駒込駅より5分・王子駅より20分「旧古河庭園」下車
〇地下鉄南北線 西ヶ原駅 (N15)出口より 徒歩7分
〇京浜東北線 上中里駅 より 徒歩7分
〇山手線 駒込駅 より 徒歩12分

会場は旧古河庭園の並びになります。周辺には、旧古河庭園六義園をはじめ飛鳥山公園紙の博物館など名所旧跡もございますので、散策がてらお越しいただけたら幸いです。

ちなみに、月刊「おりがみ」5月号( No.501)に続いて、月刊「おりがみ」6月号(No.502)でも「みんなの伝言板」にてご紹介いただきました。(月刊「おりがみ」編集部の方々ありがとうございました。)

そんなわけで、現在会場にて皆様のご来場をお待ち申し上げております。どうぞお時間ございましたら足をお運びください。(誰も来ないと退屈しちゃうので…)

さて、「折り紙作品展(絶賛?)開催中」 いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。 https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (4)

2017年4月17日 (月)

折り紙作品展示のご案内

昨日は初夏のように暑い一日でした。今日は夕方から雨で風も強くなるようです。

さて、日本折紙協会の機関誌「月刊おりがみ」5月号をご覧になった方は既にご存知かもしれませんが…、
来る2017年5月9日(火)~5月14日(火)に折り紙の作品展示をさせていただくことになりましたので、当ブログでもお知らせしておきます。

折り紙作品展示のご案内

私の父(中 一訓 なか かずのり)の米寿展として、都内の画廊にて作品展をさせていただくことになり、併設として私(中 一隆 なかかずたか)の折り紙作品も展示させていただく運びとなりました。

父の絵画を中心とした展示で、折り紙作品展示がメインではありませんが、私の創作(オリジナル)作品を展示させていただく予定です。

5月9日(火)は講習のため不在となりますが、それ以外は会場におりますので、お時間ありましたら足をお運びいただけたらとも思っております。

    中 一訓 米寿展/併設 中 一隆 折り紙作品展

    日時: 2017日(火)~14日(日) 11時~18時(最終日は16時まで)
    場所: 旧古河庭園並び 「遊楽庵画廊」 (東京都北区西ケ原1丁目27-33)
折り紙作品展示のご案内(交通アクセス)
交通アクセス: 
北区コミュニティバス(王子・駒込ルート) 20分間隔  駒込駅より5分・王子駅より20分「旧古河庭園」下車
〇地下鉄南北線 西ヶ原駅 (N15)出口より 徒歩7分
〇京浜東北線 上中里駅 より 徒歩7分
〇山手線 駒込駅 より 徒歩12分

会場は旧古河庭園の並びになります。周辺には、旧古河庭園六義園をはじめ飛鳥山公園紙の博物館など名所旧跡もございますので、散策がてらお越しいただけたら幸いです。

ちなみに、月刊「おりがみ」5月号( No.501)ではこんな風にご紹介いただきました。

月刊「おりがみ」5月号( No.501)

月刊「おりがみ」5月号でのご紹介

現在、展示作品を準備中なんですが、当ブログにまだ未掲載の新作も何点かご覧いただく予定です。(焦ってます…)

まぁ、そんなわけで会場で皆様にお目にかかれますことを楽しみにしております。

さて、「折り紙作品展示のご案内」 いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。 https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (6)

2017年1月25日 (水)

川崎敏和氏の新刊「おとぎの国の夢折り紙」

日本全国キンキンに冷えきってるような気候のようです。早くあったかくなりませんかねぇ。
寒いので縮こまっていると、肩こりしちゃったりしますので、こんな日はコタツでのんびり折り紙でもいかがでしょうか。

さて、川崎敏和氏の新しい書籍が昨年末に発売になりました。

今回はこの新刊「おとぎの国の夢折り紙」(川崎敏和著)をご紹介しましょう。

「おとぎの国の夢折り紙」(川崎敏和著)

「星の王子さま」、「シンデレラ」、「浦島太郎」、「銀河鉄道の夜」などのおとぎ話をテーマにした作品が掲載されています。

「おとぎの国の夢折り紙」(川崎敏和著)

川崎敏和氏といえば川崎ローズと呼ばれるバラが有名ですが、この新刊にも「星の王子さま」のテーマ内に「群生するバラ」と「王子さまの薔薇」の2つの新しいバラが掲載されています。

「おとぎの国の夢折り紙」(川崎敏和著)

2つの新しいバラはいずれもユニット構成のバラで、4つの部品(ユニット)を組み合わせる作品になっています。

1枚折りの複雑で工程の長い作品ではありませんが、折り紙での立体的なバラ入門にはいい感じのやさしい作品です。(複雑さ・むずかしさを求める折り紙マニアの方には期待はずれかもしれませんが…)

ご存知のように、当ブログでもユニット構成のバラをたくさんご紹介しているわけですが、これを機会に、ユニットでバラを作ることがポピュラーになるかなぁと感じております。(「やっと、私の作品に時代が追いついてきた!」とかとりあえず言ってみる?)

さて、「川崎敏和氏の新刊「おとぎの国の夢折り紙」」 いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

川崎敏和氏の新刊「おとぎの国の夢折り紙 」(朝日出版社)

川崎敏和氏のこの他の書籍は…


折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。 https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (0)