バラ

2018年2月16日 (金)

薔薇のくす玉(U13-30)

2月もなかばをすぎて、梅の花も咲いたりなんかして、春の到来を予感させる日もたまにはあるようです。ずっと寒い日が続いていましたので、このまま氷河期に入っちゃうんじゃないかと心配してましたが、そんなこともないようです。とはいえ油断してるとまだまだ冷え込む日もありそうですので、ご注意ください。

さて今回は、薔薇のくす玉(U13-30)をご紹介しましょう。

当ブログでは、基本となる同じ折り紙のユニットを部品として使って、単体のバラを作ったり、バラのくす玉に組み上げたりできる作品を色々ご紹介しています。

ユニット作品の通し番号で、U1U8まではバラにもくす玉にも仕上げられる作品だったのですが、U9U12までは単体の薔薇に特化して、その分クオリティをあげるよう頑張ってきました。

年も明けて、たまには「くす玉」の新作を作ってみようということで、新しいユニットU13をくす玉作品用として創作してみました。

薔薇のくす玉(U13-30) 創作:中 一隆

新たに創作する以上、これまでのくす玉作品に比較して、何らかの優れた特徴が必要かなぁと思います。(まぁ、ちょっと雰囲気が違うとかでもいいんですが…)

U6U8は工程を簡略化して「お手軽」に作っていただけるよう注力して開発してきたわけですが、今回はゴージャス路線に戻って、花弁枚数の多いより豪華なくす玉にチャレンジしてみました。

薔薇のくす玉(U13-30) 創作:中 一隆

くす玉の構造は正12面体で、ユニット数は30個になります。

今回開発したU13ユニットは、一つのユニットで6枚の花弁が表現できるよう工夫していますので、花弁枚数15枚の薔薇12輪で構成される当ブログ最上級クラスのゴージャスさを誇るくす玉が構成できます。

薔薇のくす玉(U13-30) 創作:中 一隆

正方形の折り紙から、6枚の花弁を表現するためにちょっと特殊な折り方をしている関係で、ユニット作成にはかなり手間がかかってしまいますが、(ましてや30個も作る必要があるんで…)当初のもくろみ通り、豪華なくす玉に仕上げることができました。

薔薇のくす玉(U13-30) 創作:中 一隆

まぁ、ちょっと「ここまでやんなくてもいいんじゃない?」という感もありますが、(過ぎたるは…ってヤツ?)開発初期に設定した目標をクリアできたので、個人的には満足しております。

とりあえず、2018年最初の(もう2月になっちゃったけど)新作くす玉作品として豪勢にページを飾ることができたんじゃないかと思います。

さて、「薔薇のくす玉(U13-30)」 いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。 Instagram https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (0)

2018年2月10日 (土)

たとう折りの薔薇(T1)

今日は暖かい雨雲のおかげか、ちょっと寒さがやわらぐようですが、まだまだ寒い日が続くようです。風邪・インフルエンザも流行っているようです。どうぞお体ご自愛下さいませ。

さて今回は新作の1枚折り(不切正方1枚折り)の薔薇「たとう折りの薔薇(T1)」をご紹介しましょう。

たとう折りの薔薇(T1) 創作:中 一隆

1枚の折り紙から花弁枚数の多い薔薇を表現することは非常に難しいのですが、今回は連続的に「たとう折り」をくりかえすことで、たくさんの花弁を表現する手法に取り組んでみました。

単純に同じ「たとう折り」を繰り返してゆくのですが、最上段と最下段の花弁は伝承作品の「小銭入れ」の蓋を閉じるような感じ、中間の花弁は藤本修三氏の「折り端のない箱」の最終工程のようにねじりながら畳んでゆく感じに見えるかもしれません。

こんな風にして、多段にヒダが積み重なった形状を折り出し、このヒダを花弁として形成した薔薇になります。(まぁ、もちろんそれだけじゃないんですが…)

たとう折りの薔薇(T1) 創作:中 一隆

多段のヒダを積み重ねた、類似な構造の薔薇にはRobert J. Lang 氏 の"A miura-ken beauty Rose"がありますが(化粧品会社のCMに使われていたあの薔薇ですね)、この作品では「ミウラ折り」ではなく、単純な「たとう折り」をベースに、薔薇らしく花弁を細工するための工夫を入れてあります。

たとう折りの薔薇(T1) 創作:中 一隆

花弁枚数の多い薔薇をユニット構成で実現しちゃう、当ブログお得意の「お手軽ゴージャス路線?」からだいぶ外れた、複雑で手間のかかる作品になっちゃいましたが、苦労したなりに面白い作品に仕上がったと思います。

たとう折りの薔薇(T1) 創作:中 一隆

この作品は正方形から折りやすい構造として、花弁は四角い形状のヒダが積み重なった形になっています。(花弁枚数が多く、互いに向きがずれているため目立ちにくいのですが…、)

この作品をもうちょっと発展?させて、5角構造のたとう折りの薔薇も作ってみましたので、後日ご覧いただきたいと思っています。

さて、「たとう折りの薔薇(T1)」 いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版は

こちら

から。 Instagram https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (0)

2018年1月27日 (土)

佐藤直幹氏の新刊「美しいバラの折り紙」

関東地方にも雪が積もったりして、厳寒の季節が続いています。インフルエンザも猛威を振るっているようです。どうぞ、体調管理に気をつけて、暖かい「こたつ」で折り紙にでも励んでいただけたらと思います。

さて、1月27日に佐藤ローズでおなじみの佐藤直幹氏の新刊「美しいバラの折り紙」が発売開始となりました。

2015年に出版された「1枚の紙から作る バラの折り紙」に続く第2弾になります。

5角形の切り出し方法に関して、ちょっとだけ協力させてい頂いている関係で、日本ヴォーグ社様から「新刊見本」を頂戴いたしましたので、早速ご紹介させていただきましょう。

佐藤直幹氏の新刊「美しいバラの折り紙」

佐藤ローズというと5角形の用紙から折る難易度の高いバラ…ということになりますが、この新刊では四角形から折る比較的やさしいバラも含まれています。

佐藤直幹氏の新刊「美しいバラの折り紙」

4角形から折るバラが3作品、5角形から折るバラが「剣弁高芯咲のバラ」、「ロゼッタ咲きのオールドローズ」など4作品に加えて、「桔梗」、「プルメリア」等の作品も掲載されています。

佐藤直幹氏の新刊「美しいバラの折り紙」

前作と同様にDVD「よくわかるバラの折り方のポイント」も添付されていますので、佐藤ローズ入門の方にもおすすめの1冊になっています。

美しく写実的な佐藤ローズに魅了された愛好家の方々には、必読・必携の書籍となることは間違いないと思います。

横浜の折り紙教室では、今年も夏あたりに佐藤直幹氏ご本人をフランスからお招きして、佐藤ローズの講習をお願いしようと思っています。(現在佐藤氏のスケジュール調整中です。)

さて、佐藤直幹氏の新刊「美しいバラの折り紙」 いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

佐藤直幹氏の新刊「美しいバラの折り紙」は こちらからどうぞ。

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版は

こちら

から。 Instagram https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (0)

2018年1月22日 (月)

バラ(C2)のテーブルフラワー

暦の上での「大寒」から「立春」までが寒さの最も厳しい時期だそうで、暦通り極寒の日々が続いております。まめな、うがい・手洗い・加湿 でインフルエンザや風邪に十分お気を付けください。

さて今回は、バラ(C2)のテーブルフラワーをご紹介しましょう。

バラ(C2)は折り紙の紙の四隅を花の中央で巻き絡めるタイプ(C系列)のバラです。

最初に開発した、バラ(C1)のちょっと花芯が飛び出してしまう傾向を改良すべく創作した作品で、C1よりちょっと小ぶりなバラに仕上がります。

バラ(C2)のテーブルフラワー 創作:中 一隆

C1では、一部にカンで折る「ぐらい折り」がありましたが、このバラ(C2)にはカンで折る個所がなく、作りやすい作品になっています。

バラ(C2)のテーブルフラワー 創作:中 一隆

また、折り紙の裏の白い面が出ないのも大きな特徴の一つで、入手しやすい(安価な)普通の折り紙で折ることができます。

バラ(C2)のテーブルフラワー 創作:中 一隆

このバラ(C2)5輪とユリの小花、葉っぱなどを合わせてテーブルフラワーに仕立てみました。

バラ(C2)のテーブルフラワー 創作:中 一隆

明るい色調のバラ作品をお部屋に飾っていただいて、ちょっとだけ華やいだ気分で、この寒い季節を乗り切っていただけたらと思っております。

この「バラ(C2)のテーブルフラワー」は、1月23日(火)、2月13日(火)の2回で、そごう横浜9Fのよみうりカルチャー指先の魔法☆折り紙」講座にて講習させていただく予定になっています。

折り紙教室の詳細はこちら です。
PCならびにPCモード設定の方は、最新の情報をいつでもこちら からご覧いただけます。

さて、「バラ(C2)のテーブルフラワー」 いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版は

こちら

から。 Instagram https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (0)

2017年12月23日 (土)

バラの小箱

昨日は「冬至」で昼の時間がもっとっも短い日でした。まぁ、本来ならこれからが寒さの本番と言えるのかもしれませんが、これからちょっとずつでも日が長くなっていってくれることを心の支えにしたいなぁと思っています。早く暖かくなりませんかねぇ。

さて今回は、「バラの小箱」をご覧いただきましょう。

豪華なK7系の薔薇を上箱中央に携えた「薔薇のギフトボックス」は前にご紹介させていただきましたが、ちょっとゴージャスすぎて中に何を入れていいか分からなくなってしまっていた(給料の3か月分とか?)のでシンプルな箱を作ってみました。

バラの小箱 創作:中 一隆

箱の基本構造は先の「薔薇のギフトボックス」と同じで、薔薇を取り付けるための「がく」に相当する部分を「たとう」に折って平面のバラのイメージに仕上げたものです。

バラの小箱 創作:中 一隆

もしかしたら、布施知子氏の作品にこんな箱があったかなぁとも思いますが、単なる偶然です。(巨匠は絨毯爆撃というか、網羅的に創作されてますんで、同じようなものが出来ちゃっても仕方ないんじゃないかと…、ちなみに布施先生の箱の書籍は参考にしてないというか、持ってませんのであしからず。)

バラの小箱 創作:中 一隆

特徴というほどではありませんが、箱の内側にも「たとう」のバラが現れます。

また、同じサイズの折り紙から、一回り小さくてちょっと背が高い内箱が折れるよう工夫をしています。

その他バリエーションをいくつか考えてみました。

バラの小箱 創作:中 一隆

箱の周辺部(壁)と底面とのリソース配分がアンバランスで、底部がちょっと厚くなっちゃうなど改善点はまだありそうですが、とりあえず「バラの小箱」として完成いたしました。

前の「薔薇のギフトボックス」ほど必要以上に豪勢じゃないので、カジュアルにお使いいただける小箱になったかなぁと思っています。

さて、「バラの小箱」 いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。 Instagram https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (0)

2017年12月17日 (日)

バラ K2 Plus

12月も半ばをすぎて、夜の街がイルミネーションでキラキラと彩られるようになってきました。それにしても、この冬はちょっと寒いですねぇ。(ラニーニャ現象のせい?)

先日健康診断で初めて胃カメラを飲みました。おかげさまで健康状態は良好で、せっかくだから、このまま大きく生活習慣を変えないようにと指示を頂戴いたしました。なので、健康維持のためやむなく飲んだくれております。(生活習慣を変えないように?) 今日は鍋で一杯でしょうか…。

さて今回は、バラ(K2)の花芯構造にちょっと手を加えたK2 Plus をご紹介しましょう。

巡回中割折りを花芯に持つバラとして2番目に開発したバラ(K2)は既に単体あるいは花束アレンジでご紹介していますが、このK2にちょっと手を加えたのがK2 Plus です。

バラ (K2 Plus) 創作:中 一隆

カップ状の外周花弁を持つ基本構造はK2と同じですが、K2と比較すると、花芯サイズが小さく、花弁の巻きが少し多くなっています。

バラ (K2 Plus) 創作:中 一隆

折り方は少し複雑になってしまうのですが、花弁ボリュームを増すことができ、ちょっと豪華になります。

難点は、普通の方にはK2とほとんど区別がつかず、違い(価値とかいってみる?)をご理解いただけるのはK2の折り方を受講された方ぐらいになっちゃうって点でしょうか。

バラ (K2 Plus) 創作:中 一隆

一方、オリジナルのK2もシンプル(でもないか?)で折りやすく、花弁の尾根ラインが中央に向かって滑らかに降りてゆく花芯形状は捨てがたいと思っています。(まぁ、結局お好みで折り分けていただけたらってことです。)

バラ (K2 Plus) 創作:中 一隆

前にご紹介した「バラと鶴のお正月飾り2018」の中央のバラもK2 Plus と同じ花芯構造で、花芯中央の凹みを浅くして、リソースを稼ぎ花弁の巻きを増やすよう工夫しています。

さて、「バラ K2 Plus」 いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。 Instagram https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (0)

2017年12月11日 (月)

バラと鶴のお正月飾り2018

昨日今日は少し暖かいようですが、とうとう冬本番の気候になってきました。朝、布団から出れずに、このまま冬眠しちゃおうかなぁとか思ったりしています。

さて今回は、「バラと鶴のお正月飾り2018」をご覧いただきましょう。

12月に入って、今年もいよいよラストスパートっぽい感じが押し出されてきています。

順序としてはお正月よりもクリスマスのほうが先なんですが、クリスマスが終わるとあっと言う間に年が明けてしまうので、お正月向け作品を準備しておきましょう。

バラと鶴のお正月飾り2018 創作:中 一隆

折り鶴4羽が、手(羽?)を携えて中央のバラを支える作品です。

過去に1枚の折り紙からつなぎ折りとしてこんな作品を作っていますが、今回はバラバラの部品を組み上げる構成になっています。(暮れの忙しい時に、ややこしい作品を取り上げると生徒さんからの評判が悪くなっちゃうので…)

バラと鶴のお正月飾り2018 創作:中 一隆

中央は、巡回中割折りを使ったK系列の花芯を有する1枚折りのバラになっています。

各パーツを接続するためのジョイントを1枚使いますが、糊付けなしでくみ上げられるよう工夫してあります。

バラと鶴のお正月飾り2018 創作:中 一隆

千代紙で折った折り鶴が醸し出す「和」のテイストに、華やかなバラを加えたお正月らしい、作品に仕上がったのではないかと思います。

この「バラと鶴のお正月飾り2018」は12月12日(火)にそごう横浜9Fのよみうりカルチャーにて、12月17日(日)にルミネ横浜8Fの朝日カルチャーにて、講習させていただく予定です。

折り紙教室の詳細はこちら です。
PCならびにPCモード設定の方は、最新の情報をいつでもこちら からご覧いただけます。

さて、「バラと鶴のお正月飾り2018」 いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。 Instagram https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (0)

2017年12月 5日 (火)

バラ(K2)のアレンジ(客員講師:川崎亜子氏)

しばらくお天気のいい日が続くようです。風さえなければ日中は日差しで穏やかに過ごせそうですが、朝晩はぐっと冷え込みが厳しくなってきています。どうぞお体ご自愛くださいませ。

さて、今回は「バラ(K2)のアレンジ」をご紹介しましょう。

客員講師に川崎亜子氏をお迎えして、バラ(K2)のワイヤーアレンジを講習していただきました。(「朝日カルチャー横浜:11月19日(日)、読売カルチャー横浜:11月28日(火))

バラ(K2)のアレンジ(客員講師:川崎亜子氏)

バラ(K2)は単体の形ですでに講習済みでしたので、ワイヤーを使い、あじさい、葉っぱなどを加えて一輪挿しにアレンジする手法を講習していただきました。

バラ(K2)のアレンジ(客員講師:川崎亜子氏)
アジサイ、葉っぱ(伝承)の作り方に加えて、針金への取り付け方、フローラルテープの巻き方など丁寧に解説していただきました。

バラ(K2)のアレンジ(客員講師:川崎亜子氏)

生徒さん皆さん、ご自身のセンスで、美しい一輪挿しアレンジを完成させていただいたようでした。

川崎亜子氏とは、来年3月25日(日)の「花の折り紙一日講座」でもご一緒させていただく予定になっています。

折り紙教室の詳細はこちら です。
PCならびにPCモード設定の方は、最新の情報をいつでもこちら からご覧いただけます。

〇「花の折り紙一日講座(公開講座)
日時 : 3月25日(日) 10:00~15:30(昼休憩を含む)
  〇10:00~12:00 佐藤ローズ「初代5角バラ」   講師:川崎亜子氏
  〇13:00~15:30 U2ユニットによる「バラとバラのくす玉」   講師:中 一隆
場所 : 朝日カルチャーセンター横浜教室(ルミネ横浜8F)
3月25日「花の折り紙一日講座」朝日カルチャー横浜
公開講座として、この日1日のみの受講が可能です。(午前のみ午後のみの受講も可能)
お申し込み・お問い合わせは,朝日カルチャー横浜 045-453-1122 http://www.asahiculture.jp/yokohama/  までお願いいた します。
Webサイトからのオンラインでのお申し込みはこちら です

さて、「バラ(K2)のアレンジ」 いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。 Instagram https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (0)

2017年11月29日 (水)

バラのくす玉(U2-30)

今日は日中20℃くらいまで暖かくなるようですが、明日木曜日の雨を境に、冬の空気に入れ代わってぐっと冷え込んでくるようです。まぁ、もう12月になっちゃいますからねぇ。寒いのヤダなぁ…

さて今回は、バラのくす玉(U2-30)のご紹介です。

当ブログ掲載の私創作の折り紙作品はだいたい、作品を分類するための特徴を表す記号と創作した順序を示す番号で表しています。ユニット構成(複合作品を含む)の作品は創作の順にU1U2U3…、となっています。

いつの間にかU10とかU12とか、2桁にまで作品が増えてしまっていますが、原点に戻ってユニットU2を使ったバラのくす玉(U2-30)をご覧いただきましょう。(原点ならU1じゃないのか?)

バラのくす玉(U2-30) 創作:中 一隆

シンプルな形状のU2ユニットは、一つで2枚の花弁が表現できます。4個使って花弁8枚の単体のバラ(U2-4を構成することもできますし、30個使ってバラのくす玉(U2-30を構成することも可能です。

バラのくす玉(U2-30) 創作:中 一隆

このバラのくす玉(U2-30)の立体構造は正12面体で、5枚花弁のバラが12輪で構成されるくす玉になります。

バラのくす玉(U2-30) 創作:中 一隆

各ユニットを巻き絡めて組んでゆく構造で、糊を使わずに組み上げることができます。

スッキリしたシンプルなフォルムを生かすべく、今回は白いタント紙で作成してみました。

組む前のユニットがガサガサ積まれた状態は、パスタ(ちょうちょ型のヤツ)みたいな感じでした。単純な紙辺が集まり組み上がって、美しいくす玉に仕上がるというのも折り紙ならではの醍醐味かもしれません。

このユニットU2を使ったバラのくす玉(U2-30)と単体のバラ(U2-4)は、来年の3月25日(日)にルミネ横浜8Fの朝日カルチャーにて、「花の折り紙一日講座 」として講習させていただく予定です。
折り紙教室の詳細はこちら です。
PCならびにPCモード設定の方は、最新の情報をいつでもこちら からご覧いただけます。

〇「花の折り紙一日講座(公開講座)
日時 : 3月25日(日) 10:00~15:30(昼休憩を含む)
  〇10:00~12:00 佐藤ローズ「初代5角バラ」   講師:川崎亜子氏
  〇13:00~15:30 U2ユニットによる「バラとバラのくす玉」   講師:中 一隆
場所 : 朝日カルチャーセンター横浜教室(ルミネ横浜8F)
3月25日「花の折り紙一日講座」朝日カルチャー横浜
公開講座として、この日1日のみの受講が可能です。(午前のみ午後のみの受講も可能)
お申し込み・お問い合わせは,朝日カルチャー横浜 045-453-1122 http://www.asahiculture.jp/yokohama/  までお願いいた します。
Webサイトからのオンラインでのお申し込みはこちら です

さて、「バラのくす玉(U2-30)」 いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。 Instagram https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (0)

2017年11月14日 (火)

薔薇のギフトボックス

秋もだいぶ深まってきました。最低気温が一桁台に冷えてくると、布団の引力圏からの離脱がかなり難しくなります。

ハロウィンも終わり、あちこちからクリスマスツリーの点灯式なんて話を耳にすると、なんだか今年も終わっちゃうなぁてな感じになってきます。

さて今回は、「薔薇のギフトボックス」をご紹介しましょう。

薔薇のギフトボックス 創作:中 一隆

クリスマスを含めたプレゼントシーズン(そんなのあったっけ?)に向けて創作した、内箱・外箱にそれぞれ4枚の折り紙で組んだ箱に、U'7の薔薇を組み合わせた作品です。

薔薇のギフトボックス 創作:中 一隆

ユニットU7は、鶴の基本形から作った「がく」に4つのユニットをはめ込んで固定する構造になっています。今回の作品では、上箱を組んだ際に出来る4つの角を「がく」に見立てて、4つの花弁ユニットを組み込む仕組みになっています。

薔薇のギフトボックス 創作:中 一隆

なので、外箱4枚に色違いの折り紙を使うと、「がく」の各角もそれぞれの色(今回は金と青)になっちゃうんですが、まぁ構造上やむえないんです。

薔薇のギフトボックス 創作:中 一隆

外箱・内箱ともに概ね同じ構造なのですが、下の内箱には薔薇は付かないので、がくになるトンガリは不要になります。設計的には、このトンガリをどこにしまい込むかにちょっと苦労しました。(だって、上箱のイメージしか思い浮かばなかったんだもん。)

今回は、薔薇の豪華さに見合うようと思い、金銀のホイル折り紙を使って豪華なギフトボックスに仕上げてみました。(箱が豪華すぎて、中に何を入れていいかわかりません! …まぁ、皆さんならきっと素敵なプレゼントを入れてくださることでしょう。)

さて、「薔薇のギフトボックス」 いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。 Instagram https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧