オリジナル作品

2018年9月22日 (土)

五角箱

ちょっとお天気が悪いと、だいぶ肌寒く感じるようになってきて、「今シーズン一番の冷え込み」ってやつが更新されていくようです。とはいえ日中は30℃くらいまで暑くなる日もあるそうです。寒暖の差が激しく、夏の疲れも出てくるころですね。どうぞ体調管理にお気を付けください。

さて、正方形から5角形の構造を形成する一つの手法として、「連続たとう折り原理モデル」をご紹介させていただきました。

この原理モデルは、5角形の内角(108°)の1/2に相当する54°の斜め線を、11:8の比率の長方形の対角線で近似するのが特徴になっています。(けっこう精度の高い近似です。)

原理モデルの応用例として、中間の一段をたたまずに5角柱をのこした「5角のキャンディー」はすでにご紹介済みです。

今回は、原理モデルの応用として「5角箱」を作ってみましたので、ご覧いただきましょう。

五角箱 創作:中 一隆

形状のイメージとしては、5角柱の上下端を「たとう」にたたんだ「5角のキャンディー」をぎゅっとつぶして、下端を内側に折り込んだとお考えいただければわかりやすいと思います。

五角箱 創作:中 一隆

なので、箱の内側(底)にもたとう折りのバラっぽい模様が現れます。ちょっと底がもっさりする感じになりますが、まぁ、クッション代わりになると前向きにお考え下さい。

五角箱 創作:中 一隆

下箱(中箱)の底は紙の組み方を少し変えて、すっきり仕上げています。

上箱、下箱(中箱)の2枚で構成される作品になりますが、11:8の比率は正方形から折り出す必要があるため、下箱(中箱)は元の正方形の用紙を少し小さくしておく必要があります。

シンプルな5角箱ですが、5角構造の薔薇なんぞを中に入れて、プレゼントにお使いいただくのも一考かと思います。

さて、「五角箱」いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。 Instagram https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (0)

2018年9月16日 (日)

5角のキャンディー

秋の長雨のせいか、急に涼しくなって秋本番の気候が続きました。予報によると今日あたりから日中は残暑が復活するようですが、それでも朝夕は長袖があった方がいいくらいで、本格的な秋の訪れを感じる今日この頃です。

さて今回は、5角のキャンディーです。

正方形から5角形の構造を形成する一つの手法として、「連続たとう折り原理モデル」をご紹介させていただきました。

5角形の内角(108°)の1/2に相当する54°の斜め線を、11:8の比率の長方形の対角線で近似するのが特徴です。(近似といっても誤差0.1%程度という高精度です。)

5角のキャンディー 創作:中 一隆

この「連続たとう折り原理モデル」の中間の一段をたたまずに、5角柱の形状のまま残したのが今回の「五角のキャンディー」です。

5角のキャンディー 創作:中 一隆

ひねりの部分が左右対称となるように、少し折り方は変えてありますが、基本的な構造は「連続たとう折り原理モデル」と一緒です。

5角のキャンディー 創作:中 一隆

キャンディー本体部分は、側面が11:8の比率の長方形からなる五角柱になります。

5角のキャンディー 創作:中 一隆

両端のねじり部分は、平坦なたとう折りから立体的なひねり構造を折りだしています。

ちょっと中身を欲張りすぎた(包み紙が小さめ?)なキャンディーですが、たくさん折って器に盛ると、可愛らしく飾ることができると思います。

少し大きめに作って、ギフトパッケージとしてもお使いいただけると思います。(キャンディー型のキャンディーボックスとか?)

さて、「5角のキャンディー」いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。 Instagram https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (0)

2018年9月 9日 (日)

薔薇 C4

台風や豪雨、加えて地震など、こんなに小さな日本の国なのに色んなことが起きちゃうんだなぁと思っています。被災されました方々には心よりお見舞い申し上げます。

日中の暑さは相変わらずですが、朝夕は秋の到来を感じさせる季節になってきました。

さて今回は、巻き込み花芯の構造を持つ薔薇C4の最終版です。試作段階の白い作品は既にご覧いただいていますが、基本的にあまり大きく変わらずに最終版として完成いたしました。

当ブログの記号番号による作品分類ではC系列(C1 ,C2 ,C3 )に属する作品で、正方形の4つの角が花の中央で巻き絡まる構造を持っています。

「薔薇 C4」 創作:中 一隆

この最新作C4(プラスチック爆弾でも、ひどい虫歯でもありません、念のため。)の大きな特徴は、不切正方1枚折りでありながら、十分な花弁ボリュームを実現していることでしょうか。

当初から1枚折りで花弁ボリュームのある薔薇を目指して製作したので、目的は十分達成できたのですが、ボリュームがありすぎて、カールさせた花弁を外周花弁の中に収める(押し込む?)のがちょっと大変な感じになっちゃいました。

「薔薇 C4」 創作:中 一隆

15cmの折り紙から折る作品としては、C3 がそこそこの完成度に仕上がっておりましたので、これを上回るレベルの次作品はなかなか難しいかなぁと思っていました。

まぁ、それでも実験的な作品を含め、色々な作品開発によって得られたノウハウを生かして、なんとか新しいC系列の作品C4 の完成に至りました。(一番の決め手は15cm折り紙で折ることをあきらめたってことでしょうか…?)

「薔薇 C4」 創作:中 一隆

折り工程は、トーラス構造の薔薇などに比べるとかなりシンプルになっていますが、その分、組み立て・仕上げの工程に、折り図では表現しにくい曲げたり・カールさせたりの作業が多く、結果的に熟練の技が必要になってしまったかもしれません。

とりあえず個人的には初期目標をクリアできてますし、そこそこ良い感じの作品に仕上がったとのではないかと自負しております。

さて、「薔薇 C4」いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。 Instagram https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (0)

2018年9月 3日 (月)

連続たとう折り原理モデル

9月に入って、なんだか雲が厚くなって少ししのぎやすくなってきました。まぁ、それでも平成最後の夏は暑かったと記録に残るぐらいの気候だったのではないでしょうか。台風21号の動きもまだよくわかりませんが、あまり大暴れしないでくれることを祈っています。

さて、1枚の正方形の折り紙から、たとう折りを繰り返すことで、多くの枚数の花弁を表現できるようにした薔薇として、既に「たとう折りの薔薇」(T1 T2 )をご覧いただきました。

今回は、これらの薔薇を開発する過程で検討した、簡単な原理モデルをご紹介させていただきましょう。

連続たとう折り原理モデル 創作:中 一隆

正方形の折り紙から五角の形状を折りだす方法として、紙を筒状にして5角柱を作り、たとう折りの要領でねじるように多段にたたんむ構造を適用しています。

連続たとう折り原理モデル 創作:中 一隆

ピッタリ平らな5角形にたたむためには、ねじる角度を決定する斜めの折り線が極めて重要になります。

この斜めの折り線を正確に折りだすために、この原理モデルでは、11:8の比率を有する長方形の対角線の角度がほぼ54°になることを利用しています。ちなみに54°は五角形の内角108°の1/2に相当します。

11対8の長方形と五角形の内角

厳密には11/8=1.375に対して、tan 54°=1.37638192・・・・・・・ ですので、あくまでも近似になりますが、誤差は0.1%程度なので実用上十分な精度といえると思います。(1m四方の折り紙で折っても1mm程度の誤差です。それ以外に折り上げる過程で発生する誤差に埋没しちゃうレベルなんじゃないかと思います。)

連続たとう折り原理モデル 創作:中 一隆

簡単な原理モデルですが、平面のバラとして折っていただいてもよいですし、コースターにもなるかもしれませんね。

この「連続たとう折り原理モデル」は、先日の佐藤直幹氏を客員講師にお迎えした佐藤ローズ特別講習の懇親会にて、折り図配布ならびに解説をさせてていただきました。

折り紙教室の詳細はこちら です。
PCならびにPCモード設定の方は、最新の情報をいつでもこちら からご覧いただけます。

さて、「連続たとう折り原理モデル」いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。 Instagram https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (0)

2018年8月17日 (金)

薔薇(C4)試作

8月も半ばを過ぎて、まだまだ厳しい残暑の日々が続いています。(長期予報だと9月も暑いとか…) これくらいの時期になると、夏休みの宿題が終わっちゃった組と、まだちっとも着手してない組とで、気分の明暗が大きく分かれるころでしょうか。

夏休みの残りの日数を数えて、このペースなら「1日1ページやれば終わるぞ!」という段階まで来て、やっぱり「1日2ページやることにしてしばらく遊んじゃおう」とか…、思ったりしてません? 後で泣くことになるので、夏休みの宿題は無理なく計画的に進めましょう。

さて今回は、まだ試作段階ですが、1枚折り(不切正方1枚)の新作をご紹介させていただきましょう。

当ブログの記号番号による作品分類ではC系列(C1 ,C2 ,C3 )に属する作品です。順番からすると、C4になるハズです。C4…、プラスチック爆弾並みの破壊力か? 歯が溶け落ちるほど酷い虫歯か?)

薔薇(C4)試作 創作:中 一隆

系列のバラは、正方形の4つの角が花の中央で巻き絡まる構造になっているのが特徴です。

今回は花弁ボリュームを増す方法として、トーラス構造の薔薇で用いた段折りで物理的に花弁数を多段に増す手法と、八重咲マジックローズキューブで用いた各花弁を適切な間隔で広げる手法とを取り入れてみました。(これまで培ってきた手法・ノウハウをちょっとずつ生かした感じになってます。)

薔薇(C4)試作 創作:中 一隆

トーラス構造の薔薇は1枚折りの作品としては、花弁枚数や写実性にこだわって製作した力作でしたが、ぐるっと一周する円環を花弁として5分割(5角構造のため)するため、どうしても花弁1枚のサイズが小さくなってしまう傾向がありました。

大きめの花弁が多重に巻き込まれた薔薇を表現するため、系列の巻き込み花芯構造を採用し、花弁増しによらずに本質的な物理量によって花弁枚数の多い構造を表現しています。

薔薇(C4)試作 創作:中 一隆

複雑な花弁増し技法を、(折り手をげんなりさせるほど?)多段多重に適用したトーラス構造の薔薇に比較すると、意外とシンプルな折り構造で、花弁ボリュームのある薔薇に仕上げることができたと思います。(巻いたり曲げたりが意外と多くなってますが…)

まだ試作なので、これから折り図を描いたり、折り工程を見直したりする作業が延々と続きますが、割と良い作品に仕上がりそうな予感です。(花弁ボリュームがありすぎて、収まりきれなくなっちゃう感じをどうやってまとめて仕上げていただくか…とか。)

さて、「薔薇(C4)試作」いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。 Instagram https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (0)

2018年6月24日 (日)

アイスクリーム(7月講習予定)

さすがにすっきり晴れ渡るというのは無理ですが、今年はなんだか中休みの多い梅雨のようです。夏至もすぎて、本格的な夏ももうすぐです。紫外線対策や熱中症にお気をつけてお過ごしください。

さて、今回は折り紙教室の講習作品から、アイスクリームをご覧いただきましょう。

アイスクリーム 創作:中 一隆

コーンとクリームの2枚から構成される複合作品になっており、アイスクリームスタンドもご用意させていただいています。

アイスクリーム 創作:中 一隆

コーンのテクスチャを予め折り紙に印刷しておくと、サクサクのコーンの感じが少し増すんじゃないかと思います。

アイスクリーム 創作:中 一隆

折り紙なので、溶けちゃう心配もありませんし、たくさん食べ過ぎてお腹を冷やしてしまったり、カロリーや糖質を気にする必要は全くありません。(一応言っときますが、…本当に食べちゃったら、おなかこわすと思いますョ。 折り紙ですからね。)

アイスクリーム 創作:中 一隆

まぁそれでも、蒸し暑さが増してくるこの季節には、なんとなく涼を感じさせる作品になっているのではないかと思います。

このアイスクリームは、7月1日(日)にルミネ横浜8Fの朝日カルチャー花の折り紙」講座にて、7月10日(火)にそごう横浜9Fのよみうりカルチャー指先の魔法☆折り紙」講座にて、講習させていただく予定になっています。

折り紙教室の詳細はこちら です。
PCならびにPCモード設定の方は、最新の情報をいつでもこちら からご覧いただけます。

さて、「アイスクリーム(7月講習予定)」いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。 Instagram https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (0)

2018年6月18日 (月)

トーラス構造の薔薇(S2 Ver.2)

ここしばらくは、梅雨らしいお天気が続きそうです。梅雨の湿気は折り紙には大敵で、紙がパリッとしてないと、いまひとつ創作意欲も上がらない感じです。

さて今回は、トーラス構造の薔薇(S2 Ver.2)をご紹介しましょう。

トーラス構造の薔薇S2のVer.1は既にご覧いただきましたが、その後外周花弁に手を加えてVer.2が完成しました。

トーラス構造の薔薇(S2 Ver.2) 創作:中 一隆

Ver.1 で課題となっていた、底面を閉じる段階で、外の花弁も一緒に折り込んでしまう構造を変更いたしました。

外周花弁の下端を丸い感じに斜めに折り込むことで、外周花弁の底面へ折り込まれることを防ぐようにしています。(その分底蓋が閉じにくくなっちゃいましたが…、まぁいいか底だしね。)

トーラス構造の薔薇(S2 Ver.2) 創作:中 一隆

これにより、だいぶ外周花弁の独立性高めることができ、得られた自由度によりちょっとだけ色香を増すことができるようになりました。

試作版と外周花弁へのリソース配分は同じなのですが、花弁のボリューム感がちょyっと増えたように感じるのではないかと思います。

トーラス構造の薔薇(S2 Ver.2) 創作:中 一隆

外周花弁をのぞいた花弁の構造はVer.1 と一緒で、最内周の5枚の花弁を含めた合計20枚の花弁を有する本格的な薔薇に仕上がっています。

トーラス構造の薔薇(S2 Ver.2) 創作:中 一隆

かなり手間もかかりますし、熟練の技を必要とする作品になってしまったので、簡単お手軽に折っていただくことは難しい作品になっちゃいましたが、1枚折りの折り紙の薔薇として、限界にチャレンジするという当初の目的は果たせたと思っています。

さて、「トーラス構造の薔薇(S2 Ver.2)」いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。 Instagram https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (0)

2018年6月 6日 (水)

八重咲マジックローズボール(30枚組) 

この先しばらく、雨模様のお天気が続くようで、関東地方もこのまま梅雨入りしちゃうのかなぁという感じの今日この頃です。

さて、以前紹介した「マジックローズキューブ(Magic Rose Cube)は、バレリー・バン氏(Ms. Valerie Vann)の作品で、サイコロ状のキューブがバラの花に変形(トランスフォーム)するという、とても面白い作品です。

また、このマジックローズキューブの花ユニットを30個使ってくす玉(マジックローズボール)も作ることができます。

さらに、このマジックローズキューブのアレンジとして花びらの枚数を増した八重咲版もすでにご覧いただいています。

八重咲マジックローズボール(30枚組) 

今回のミッション(?)は、八重咲版のユニットを使ってマジックローズボールを組んでみようという試みで、作品名は「八重咲マジックローズボール(30枚組) 」になります。

八重咲マジックローズボール(30枚組) 

花を開花させる前は、こんな正20面体の正三角形の各面に三角錐を張り付けたような形状です。

八重咲マジックローズボール(30枚組) 

正20面体の各面に張り付いた三角錐を広げてゆくと八重咲のバラ20輪が開花します。

花弁枚数を増やした構造を実現するため、ユニット単体は結構複雑で、作成に手間もかかってしまいますが、オリジナルのマジックローズのユニットを使ったくす玉に比較してちょっと豪華なバラの花で構成されるバラ玉に仕上がります。(まぁ、バラは大体どれももともと八重咲なんですが…)

このくす玉で使用した八重咲版のユニットを使った「マジックローズキューブ八重咲版」は、7月15日(日)にルミネ横浜8Fの朝日カルチャー花の折り紙」講座にて、7月24日(火)にそごう横浜9Fのよみうりカルチャー指先の魔法☆折り紙」講座にて、講習させていただきます。

折り紙教室の詳細はこちら です。
PCならびにPCモード設定の方は、最新の情報をいつでもこちら からご覧いただけます。

さて、「八重咲マジックローズボール(30枚組) 」いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

出典:
Magic Rose Cube (Ms. Valerie Vann) 「おりがみ傑作選 4」  日本折紙協会
Magic Rose Cube (Ms. Valerie Vann) キューブの女王 「おりがみ新発見2 ーキューブの世界ー」 (笠原邦彦著) 日貿出版社

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。 Instagram https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (0)

2018年5月31日 (木)

バラ(U10-4)のテーブル花

気が付くと5月も最終日になってしまいました。各地から「梅雨入り」なんて声も聞こえてくるようになってきました。湿度が高くなると、紙が湿気りやすくなってパリッと快適に折ることができなくなっちゃいますねぇ。

さて今回は、バラ(U10-4)のテーブルフラワーをご紹介させていただきましょう。

バラ(U10-4)のテーブル花 創作:中 一隆

バラ(U10-4)は4枚の折り紙で構成されるシンプルなバラで、「がく」にはめ込む構造で糊付けなしで組み立てることができる作品になっています。

また紙の裏面がほとんど出ないので、裏の白い「普通の折り紙」で折ることができるのも特徴の一つです。

バラ(U10-4)のテーブル花 創作:中 一隆

このユニット構成のバラ(U10-4)を4輪使い、ユリの小花と葉っぱを合わせてテーブルフラワーに仕立ててみました。

バラ(U10-4)のテーブル花 創作:中 一隆

花器はいつも講習させていただいているもので、ちょっとしゃれた感じの作品に仕上がります。

バラ(U10-4)のテーブル花 創作:中 一隆

シンプルな構造のバラですが、何輪か集めてアレンジすると華やかさや存在感も増して、お部屋に飾っていただいたり、プレゼントなどにも好適かと思います。

このバラ(U10-4)のテーブルフラワーは、6月3・17日(日)の2回でルミネ横浜8Fの朝日カルチャーにて、6月12・26(火)の2回でそごう横浜9Fのよみうりカルチャーにて講習させていただく予定になっています。

折り紙教室の詳細はこちら です。
PCならびにPCモード設定の方は、最新の情報をいつでもこちら からご覧いただけます。

さて、「バラ(U10-4)のテーブル花」いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。 Instagram https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (2)

2018年5月12日 (土)

トーラス構造の薔薇(S2 Ver.1)

お天気に恵まれた大型連休が終わったとたんに、雨模様で寒い日が続きました。ようやくこの時期らしい気温に戻ってきたようです。今年は薔薇の開花時期もずいぶん早いようですね。

さて、前にご紹介した、円環(トーラス)構造の薔薇(S1)が予想外に良い感じに仕上がりましたので、もう少し複雑で手の込んだ作品をと思い、トーラス構造の薔薇第2弾(S2)に取り組んでみました。

円環(トーラス)構造の薔薇(S2 Ver.1) 創作:中一隆

まだちょっと、試作レベルですが、何とか見られるレベルになりましたのでご紹介させていただきましょう。

円環(トーラス)構造の薔薇(S2 Ver.1) 創作:中一隆

S1から違いは、花弁を内周にもう1段追加した点で、花芯部の5枚の花弁に加えた合計20枚の花弁からなる本格的な薔薇になっています。

S1の課題としては、リソース配分の都合でどうしても外周花弁があっさりした淡白な構造になってしまうということでした。そこで、S2では最外周の花弁増しに新しい構造を適用してみました。

円環(トーラス)構造の薔薇(S2 Ver.1) 創作:中一隆

S1と比較すると、外周花弁の自由度が少し増して、少し色香が出せるようになったのではないかと思っています。

円環(トーラス)構造の薔薇(S2 Ver.1) 創作:中一隆

このS2 Ver.1では、花の底面を閉じる段階で、外の花弁も一緒に折り込んでしまう構造になっています。これによって、外周花弁が底部に束縛され自由度が低下しちゃう傾向があるようです。(まぁ、本質的にリソース不足なのはやむ得ないんですが…)

今後の改良点としては、底を閉じる構造に手を加えて、外周花弁の独立性(自由度)を高めてみようかと思っています。(もう少し色気がだせないかなぁと四苦八苦してます。)

さて、「トーラス構造の薔薇(S2 Ver.1)」いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

blogram投票ボタン

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命も承っております。ご依頼・お問い合わせは、プロフィールページメールフォームをご利用ください。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。 Instagram https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧