« 年始折り紙ワークショップのご報告 | トップページ | バラのビン詰 »

2014年1月13日 (月)

鶴とユリのつなぎ折り-3

寒い日が続いていますね。鶴とユリのつなぎ折りの続きを。

年をまたいでしまいましたが、本来お正月向けの作品なのでご容赦くださいませ。

前回もっともシンプルなユリ+鶴1羽バージョンの紙の配置をご紹介しましたので、今回は折っていくための作業手順をちょろっと写真を交えてご紹介しましょう。

ユリ+鶴5羽のつなぎ折り

ユリ+鶴2羽バージョンは、前回のユリ+鶴1羽バージョンで切り取ってしまった正方形が、もう1羽の鶴として隣の花弁に載ります。

ユリ+鶴2羽のつなぎ折り

1:1の小さい正方形2つと2:2の大きな正方形の3つがつながった状態で折ってゆきますが、お互いにコンパクトにしておいたほうが作業がしやすいので、最初にそれぞれを正方基本形にたたんでおきます。

ユリ+鶴2羽の折る過程

鶴となる2つの正方基本形をぶら下げた状態で、2:2の大きな正方形でユリを折っていきます。

ユリ+鶴2羽の折る過程

暫定的にユリを完成させ、花弁を広げます。この状態で花弁の内側で2つの正方基本形から鶴を折ると作業がしやすいと思います。

2羽の鶴は、向き合う形だと仲睦まじい感じになりますが、同じ方向を向かせて追いかける形としても面白いと思います。

ユリ+鶴2羽別バージョン

ユリの花弁に載せる2羽目の鶴を、1羽目の羽に妹背山スタイルでつないでやれば、一つの花弁に2羽の鶴を載せることができます。

ユリ+鶴5羽のつなぎ折り
まだまだ色々なバリエーションでつないでいくことができますので、試してみてください。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

 

当ブログの作品を集めた拙著「折り紙のバラとくすだま」(日本ヴォーグ社 ISBN:9784529059138)です。

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命・個人レッスンも承っております。ご依頼・お問い合わせは、こちら メールフォーム からどうぞ。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。

Instagram

https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

 

|

« 年始折り紙ワークショップのご報告 | トップページ | バラのビン詰 »

折り紙」カテゴリの記事

ゆり」カテゴリの記事

折り紙教室」カテゴリの記事

季節の折り紙」カテゴリの記事

オリジナル作品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鶴とユリのつなぎ折り-3:

« 年始折り紙ワークショップのご報告 | トップページ | バラのビン詰 »