« 桜玉 | トップページ | シロツメクサ »

2014年3月10日 (月)

いちご

3月に入ったとはいえ、まだ寒い日が続いています。

まだまだ、三寒四温といより9寒1温くらいでしょうか。

何か春らしいものをと思い、今回は田中稔憲氏の「苺」をご紹介します。

「苺」(田中稔憲氏)

そこらのスーパーマーケットじゃなく、高級果物店にあるようなふっくらした大粒のイチゴです。

田中稔憲氏の作品は、以前「ほおずき」をご紹介しましたが、「ほおずき」が実の先端で紙の端をまとめていたのに対し、この「いちご」は実の先端が紙の中央となるよう構成することで、ふっくらしたイチゴが実現されています。

「苺」(田中稔憲氏)

イチゴというとクリスマスケーキの季節がピークのような気がしますが、やっぱり旬は春なんじやないかと思います。

はやく暖かくなりませんかねぇ。

「苺」(田中稔憲氏)

この作品は、折り紙教室の皆さんへのお土産としてお配りしたりしています。

折り紙教室の詳細情報はこちらです。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

出典を記しておきます。

「苺」(田中稔憲氏)  「月刊 おりがみ第404号」 (日本折紙協会

 

当ブログの作品を集めた拙著「折り紙のバラとくすだま」(日本ヴォーグ社 ISBN:9784529059138)です。

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命・個人レッスンも承っております。ご依頼・お問い合わせは、こちら メールフォーム からどうぞ。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。

Instagram

https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

 

|

« 桜玉 | トップページ | シロツメクサ »

折り紙」カテゴリの記事

折り紙教室」カテゴリの記事

季節の折り紙」カテゴリの記事

コメント

苺の先端は尖っていないので、ちゃんと先の方は平たくつぶしてよね.なんのために中心からずらして折っているかが、これじゃあ無意味だよ。尖っていると可愛らしさが十分表現されてないよ.紙は、普通の赤でもいいけど、出来れば、種のつぶつぶも印刷してある紙で折ってほしいなぁ。
それから、載せる時はひとこと言ってくれるといいなあ。助言するからさぁ

投稿: 田中稔憲 | 2016年7月22日 (金) 15時02分

>>田中先生、
わざわざコメントありがとうございました。
先の形状ですね。後日、機会がございましたら、折りなおして写真を差し替えさしていただこうと思っております。
メールが不達のようでした。
差し支えなければ、もう一度メールアドレスをお知らせいただけるとありがたいです。

投稿: なか(管理人) | 2016年7月22日 (金) 15時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いちご:

« 桜玉 | トップページ | シロツメクサ »