« 野球帽 | トップページ | 100万アクセス!ありがとうございました。 »

2014年7月28日 (月)

バラの花束(K+花芯のバラ)-2 (K2+)

猛暑が続いてます。まぁ夏ですから暑いのはしょうがないんですが…。

こんな日は、一部屋だけエアコンをよく効かせて、みんなで集まって「折り紙」なんぞいかがでしょうか。

今回は前回に引き続き、花芯TypeK+を使ったバラの花束アレンジのご紹介です。

花芯TypeK+を使ったバラの花束アレンジ

以前ご紹介した、新しく開発した外周花弁とTypeK+花芯によるバラ(K2+)の花束です。

Qローズの花芯のみを置き換えたタイプのバラ(後のオレンジの花束)は、形状が平坦なのでどうしても平面的になりやすいようです。

この新しく開発した外周花弁は、花高(厚み)がでるようにカップ状の外周花弁にしてありますので、奥行き感があってボリュームも出しやすいようです。

花芯TypeK+を使ったバラの花束アレンジ

以前のK花芯の花束(背景のピンク)と花束の構造は全くいっしょで、5輪のバラに4輪のユリを配置しています。

花芯TypeK+を使ったバラの花束アレンジ

やはり花弁の巻きが多くなった分だけ、ボリューム感のあるゴージャスな花束に仕上がったと思います。

バラに使用した折り紙はトーヨーの15cm折り紙「あかむらさき」(単色折り紙15.0cm No.127 )です。

K+花芯のバラ(K2+)の花束アレンジ、いかがだったでしょうか。

この新しい花芯構造を持つバラやアレンジは、秋期(10-12月)にでも折り紙教室にて講習させていただく予定です。(詳細がきまりましたら、当ブログにてお知らせします。)

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

当ブログの作品を集めた拙著「折り紙のバラとくすだま」(日本ヴォーグ社 ISBN:9784529059138)です。

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命・個人レッスンも承っております。ご依頼・お問い合わせは、こちら メールフォーム からどうぞ。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。

Instagram

https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

 

|

« 野球帽 | トップページ | 100万アクセス!ありがとうございました。 »

折り紙」カテゴリの記事

バラ」カテゴリの記事

花束(ブーケ)アレンジ」カテゴリの記事

折り紙教室」カテゴリの記事

季節の折り紙」カテゴリの記事

オリジナル作品」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
はじめてコメントさせていただきます。
すごく素敵なバラの花束ですね。
作って見たいです。
巡回花芯❔と言うのがよくわからず本などで調べても見つからないのですが 参考になる本などありましたら教えてください

投稿: Rukia | 2014年8月28日 (木) 12時24分

>> Rukia さん、
コメントありがとうございます。
このバラは花芯(花の中心)に「巡回中割折り」という新しい折り方を使ったオリジナル作品です。
私が知る限り、この折り方を使ったバラは他には例がないと思います。
まぁ、川崎ローズ「薔薇」の「二重中割折り」をぐるっと追いかけるように同時に折るようなイメージと表現したらよいでしょうか。
そういうわけで、残念ですが参考になる本も今の所ありません。
ご興味あれば、秋(10-12月)の折り紙教室で講習させていただく予定になっていますので、ご参加いただけたら嬉しいです。

投稿: なか(管理人) | 2014年8月28日 (木) 13時04分

早々のお返事ありがとうございます。
横浜そごうの教室ですよね。
是非参加して見たいのですが、何回も通うには今の所難しいのです。
とても残念です。
バラの花束の組み立て3回目だけの参加などは無理ですよね。

もしよろしければ、 花束の隠れてるところの土台はどのような構造になってるのでしょうか❔

投稿: Rukia | 2014年8月28日 (木) 14時38分

>> Rukia さん、
「花束の組み立て3回目」だけだと花束として完成しないですからね。
花束の中身は簡単なフレームはありますが、基本的に空洞です。円錐形のブーケホルダーを作って上に花を並べれば良いかと思います。
個人レッスンのご用命も承ってますので、ご都合の合うときにでもどうぞ。

投稿: なか(管理人) | 2014年8月28日 (木) 15時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バラの花束(K+花芯のバラ)-2 (K2+):

« 野球帽 | トップページ | 100万アクセス!ありがとうございました。 »