« 薔薇(U11-5) | トップページ | 薔薇のギフトボックス »

2017年11月11日 (土)

「こうもり」観てきました。

立冬も過ぎて暦の上では「冬」です。朝晩の冷え込みが厳しくなって「最低気温」が更新される日も多くなってきました。

折り紙のブログとして作品を楽しみにされてる方には申し訳ないのですが、今回は折り紙とは全く関係ない記事です。(まぁ、そういう事もあります。次の記事を早めにアップしますので容赦を…)

さて、先日「こうもり」を観てきました。

というと、「どこの洞窟にいったの?」とか、はたまた「あっ! 傘屋さんに行ったんでしょ」とか言われそうですが…、

11月5日(日)の朝日カルチャー横浜での講習終了後に横須賀芸術劇場までヨハン・シュトラウス2世(Johann Strauss II)のオペレッタこうもり」(Die Fledermausを観てきました。

「こうもり」観てきました

横須賀芸術劇場には、初めて出向きましたが、馬蹄形のいわゆるオペラハウス仕様の立派なホールでした。オペラハウスらしい、間口より奥行きが広い感じのステージに、高い天井の豪華な空間でした。

「こうもり」観てきました

チケット購入がぎりぎりでS席(\14,000-)はもうあまり良い席がなくなっちゃてたので、ケチってA席(\12,000-)に。

2階のバルコニー席からは、オーケストラピットものぞける感じで、意外にステージも見やすかったです。

「こうもり」観てきました

作品的には、ウィンナ・オペレッタの最高峰とか、「オペレッタの王様」と呼ばれるポピュラー?な作品ですが、劇場で生で3幕きちんと観れることはなかなかないので、普段出不精で出歩かないにもかかわらず、いそいそと出向いてきました。

ロザリンデとアデーレの声質にもっと差があったほうが聴きやすかったかな、とかアイゼンシュタインとファルケの体形(お腹の出具合?)が一緒だとか、1幕の始めあたりは思っていたのですが、結局歌い手(役者)さんの職人芸に引き込まれて、最後まで存分に楽しんでしまいました。

3幕が意外にあっさり終わっちゃったなぁと感じていたら、フィナーレからカーテンコールまでの演出・盛り上がりが素晴らしく、珠玉の時間を過ごすことができました。

非日常の空間で楽しく優雅に過ごせた3時間ちょっとで、少し贅沢でしたが、芸の肥やしにはなったかもしれません。(どんな芸なんだ…?)

さて、「「こうもり」観てきました。」 いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命・個人レッスンも承っております。ご依頼・お問い合わせは、こちら メールフォーム からどうぞ。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。 Instagram https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

|

« 薔薇(U11-5) | トップページ | 薔薇のギフトボックス »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 薔薇(U11-5) | トップページ | 薔薇のギフトボックス »