« 椿 | トップページ | 鶴のくす玉 »

2018年1月10日 (水)

鶴のポチ袋(二渡昌子氏)

寒い日が続いています。まぁ、1年を通じて一番冷え込む時期なのは重々承知なんですが、なんだか今年はやたら寒い気がします。みなさまどうぞお体ご自愛くださいませ。

さて今回は、お正月向けの作品で、二渡昌子氏の「鶴のポチ袋」をご紹介しましょう。

鶴のポチ袋(二渡昌子氏)

日本折紙協会の発行の月刊「おりがみ」509号(2018年1月)に掲載されている作品です。

紙の白い面(裏面)で表現された「鶴」が表にあしらわれた、かわいらしい「ポチ袋」になります。

鶴のポチ袋(二渡昌子氏)

15cm折り紙で折って、4つ折りのお札が入る寸法に仕上がります。

和風な柄の千代紙で折ると、お正月らしい作品になりますね。

鶴のポチ袋(二渡昌子氏)

この作品は、昨年末に折り紙教室の生徒さんにお土産としてお配りしました。(残念ながら、袋の中身は空っぽです。 折り紙教室満員御礼の大入り袋くらい、カルチャーセンターさんに出してもらってもいいんじゃないかと思ったりしますが…。)

折り紙教室の詳細はこちら です。
PCならびにPCモード設定の方は、最新の情報をいつでもこちら からご覧いただけます。

おかげさまで、1月から開始の常設講座はどちらも満席になっていますが、3月25日の公開講座にはまだ若干空きがあります。お申し込みはお早めにどうぞ。

さて、「鶴のポチ袋(二渡昌子氏)」 いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

出典: 二渡昌子氏の「鶴のポチ袋」はこちらに掲載されています。
鶴のポチ袋(二渡昌子氏) 月刊「おりがみ」509号(2018年1月) (日本折紙協会

 

当ブログの作品を集めた拙著「折り紙のバラとくすだま」(日本ヴォーグ社 ISBN:9784529059138)です。

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命・個人レッスンも承っております。ご依頼・お問い合わせは、こちら メールフォーム からどうぞ。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版は

こちら

から。 Instagram https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

|

« 椿 | トップページ | 鶴のくす玉 »

折り紙」カテゴリの記事

折り紙教室」カテゴリの記事

季節の折り紙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 椿 | トップページ | 鶴のくす玉 »