« 折り紙教室(2018年春)のご案内 | トップページ | 6角充填(ハニカム)構造のカーネーション »

2018年2月28日 (水)

たとう折りの薔薇5角版(T2)

明日から3月、寒かった2月も今日で最後です。日中の日差しはちょっとずつ力強くなってきて、だいぶ日も長くなってきました。はやく春らしい陽気になりませんかねぇ。

さて、今回は「たとう折りの薔薇5角版(T2)」をご覧いただきましょう。

最初に開発した「たとう折りの薔薇T1」(四角版)は、既にご紹介済ですので、ここから少し発展させた「5角構造のたとう折りの薔薇T2」になります。

たとう折りの薔薇5角版(T2) 創作:中 一隆

5角形のたとう折りは、4角版の斜めに入れる折りすじの角度を変更(45°→54°)することで正方形から折ることもできるのですが、花弁の階層間で自動的に36°ずつねじれる構造になり、任意の角度に調整するのは逆に難しくなっちゃうようです。

そこで、四角版T1の花弁の階層間のねじれと、内周のしぼり構造をそのまま流用できないか検討してみました。

たとう折りの薔薇5角版(T2) 創作:中 一隆

結局、四角版の90°の角度を108°あるいは72°に変換するため、展開図をひしゃげさせて、平行四辺形から折ることでなんとか落ち着きました。

たとう折りの薔薇5角版(T2) 創作:中 一隆

1:√2のシルバー矩形から、左右を三角形に少し切り落として平行四辺形を切り出し、あとは概ね四角版と同様に折ってゆくことで、5角版が完成します。

今回は「不切正方1枚折り」じゃなくなってしまいましたが、機会がありましたら正方形から5角構造に折る作品も検討してみたいと思っています。

たとう折りの薔薇5角版(T2) 創作:中 一隆

まぁ、個人的には前にご覧いただいた4角版で十分な気がしてるんですが、とりあえず5角構造にこだわる方には説得力ある作品に仕上がったのではないかと思います。

たとう折りの薔薇5角版(T2) 創作:中 一隆

4角版も5角版も、たとう折りで多段にヒダが重なった形状までは、なんとなくご想像がつくのではないかと思います。

しかし、ここから薔薇らしい形状に花弁を細工してゆくための工程は、折り紙作品として(「えいやっ!」と作った一品料理ではなく)、再現可能な折り込み工程で花弁を表現する方法の模索にはかなり苦労いたしました。

さて、「たとう折りの薔薇5角版(T2)」 いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

 

当ブログの作品を集めた拙著「折り紙のバラとくすだま」(日本ヴォーグ社 ISBN:9784529059138)です。
バラのくす玉をはじめ、バラ・カーネーションの花束やバラのテーブルフラワー等の人気作品も掲載。

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命・個人レッスンも承っております。ご依頼・お問い合わせは、こちら メールフォーム からどうぞ。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版は

こちら

から。 Instagram https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

|

« 折り紙教室(2018年春)のご案内 | トップページ | 6角充填(ハニカム)構造のカーネーション »

折り紙」カテゴリの記事

バラ」カテゴリの記事

5枚花弁のバラ」カテゴリの記事

季節の折り紙」カテゴリの記事

オリジナル作品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 折り紙教室(2018年春)のご案内 | トップページ | 6角充填(ハニカム)構造のカーネーション »