« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

2018年7月27日 (金)

ヨット(青木光江氏)とクルーザー(松野幸彦氏)

台風の影響か、少し日差しが弱まって若干過ごしやすくなっています。とはいえ、平年並みくらいの暑さは続いていますので、どうぞ熱中症にご注意ください。

命の危険を感じるほどの酷暑もどうかと思いますが、夏休みの週末のイベントが台風の影響を受けちゃうかもしれませんね。

さて今回は、夏らしい海の乗り物の折り紙で、ヨット(青木光江氏)とクルーザー(松野幸彦氏)をご紹介しましょう。

ヨット(青木光江氏)とクルーザー(松野幸彦氏)

青木光江氏のヨットは、「おりがみ4か国語テキスト100」掲載のシンプルな作品で、船本体と帆を1枚から折りだす構成になっています。

ヨット(青木光江氏)とクルーザー(松野幸彦氏)

松野幸彦氏のクルーザーは、月刊おりがみ No.515(2018年7月)掲載の作品です。

1枚の折り紙に中割折りを繰り返してゆくと、あっという間に立体的に形成される、ちょっとラグジュアリーな大型クルーザーです。

ヨット(青木光江氏)とクルーザー(松野幸彦氏)

ヨットにしてもクルーザーにしても、港に停泊させとくだけでも結構費用がかかりますが、(まぁ、そんな心配するまでもなく、購入費用が捻出できないですね…)折り紙なら必要なときに海に見立てた机の上を自由に走らせることができます。(乗れないけどね)

炎天下に熱中症になる心配もなく、涼しいお部屋で大海原への航海に思いを馳せることができるのも、折り紙ならではの楽しみかもしれませんね。(船酔いの心配もないし… 超インドア派の意見でした…。)

さて、「ヨット(青木光江氏)とクルーザー(松野幸彦氏)」いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

出典を記しておきます。

「ヨット」(青木光江氏) 「おりがみ4か国語テキスト100」 日本折紙協会

「クルーザー」(松野幸彦氏) 月刊おりがみ No.515(2018.7月号 日本折紙協会

 

当ブログの作品を集めた拙著「折り紙のバラとくすだま」(日本ヴォーグ社 ISBN:9784529059138)です。
バラのくす玉をはじめ、バラ・カーネーションの花束やバラのテーブルフラワー等の人気作品も掲載。

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命・個人レッスンも承っております。ご依頼・お問い合わせは、こちら メールフォーム からどうぞ。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。 Instagram https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (0)

2018年7月20日 (金)

初代川崎ローズの花束アレンジ

相変わらず猛暑・酷暑の日々が続いています。まだ7月中だというのに、熱帯夜が続くせいか、朝目覚めた段階からグッタリ疲労感満載の今日この頃です。どうぞ小まめな水分・ミネラル補給で熱中症にならないよう十分お気を付けください。

さて今回は、初代川崎ローズの花束アレンジです。

初代川崎ローズの花束アレンジ

川崎敏和氏のバラはどれも「川崎ローズ」と呼ばれていますが、1985年に発表され世界的に「カワサキローズ」と呼ばれるようになった作品がこの初代の川崎ローズです。

いつの間にか日本国内では「福山ローズ」という名称のほうが有名になっちゃってるのかもしれませんが…。

初代川崎ローズの花束アレンジ

写実性の高いバラというよりも、ケーキの上に乗っていたクリームのデコレーションをイメージさせるような作品です。

初代川崎ローズの花束アレンジ

ベーシックなバラ4輪に、白いユリの小花を加えて花束アレンジに仕立ててみました。

初代川崎ローズの花束アレンジ

花束の台(ブーケホルダー)はいつも教室で講習させていただいているものです。

単体ではシンプルなバラですが、何輪か集めて花束にアレンジすると、華やかで存在感ある作品に仕上げることができます。

この初代川崎ローズの花束アレンジは、9月2日(日)、16日(日)の2回で、ルミネ横浜8Fの朝日カルチャー横浜教室花の折り紙」講座にて講習させていただく予定になっています。

折り紙教室の詳細はこちら です。
PCならびにPCモード設定の方は、最新の情報をいつでもこちら からご覧いただけます。

さて、「初代川崎ローズの花束アレンジ」いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

出典を記しておきます。

川崎敏和著 「 ばらの夢折り紙」(解説DVD&オリジナル色紙付き) 朝日出版社

川崎敏和著 「折り紙夢WORLD」  朝日出版社

 

当ブログの作品を集めた拙著「折り紙のバラとくすだま」(日本ヴォーグ社 ISBN:9784529059138)です。
バラのくす玉をはじめ、バラ・カーネーションの花束やバラのテーブルフラワー等の人気作品も掲載。

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命・個人レッスンも承っております。ご依頼・お問い合わせは、こちら メールフォーム からどうぞ。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。 Instagram https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (0)

2018年7月12日 (木)

八重咲マジック・ローズ・キューブユニット(36枚組)

暑い日が続いています。まだ7月も半ばですが既にフルスロットルの真夏の陽気です。今年の夏は長く厳しくなりそうですね。暑いとそれだけで疲れてしまうので、休み休みゆるゆるとのんびり進んでゆきたいと思います。(いったい何時なら、シャキシャキ・バリバリ仕事をするんでしょうかねぇ。)

以前、バレリー・バン氏(Ms. Valerie Vann)の「マジックローズキューブ(Magic Rose Cube)のユニットを使った作品として、マジック・ローズ・キューブユニット(36枚組)をご紹介しました。

これは、立方体(キューブ)の8つの頂点が花として開き、くす玉に変形する作品です。

今回は八重咲のユニットを使った36枚組のキューブ⇔くす玉で、「八重咲マジック・ローズ・キューブユニット(36枚組) 」になります。

八重咲マジック・ローズ・キューブユニット(36枚組)

同じ八重咲ユニットを使った30枚組の八重咲マジックローズボールに比較すると1輪1輪が豪快に咲きます。

八重咲マジック・ローズ・キューブユニット(36枚組)

たたんだ状態では、完全な立方体になります。

八重咲マジック・ローズ・キューブユニット(36枚組)

1輪ずつ開花させてゆくと…。

八重咲マジック・ローズ・キューブユニット(36枚組)

2輪目を開花させたところ。

八重咲マジック・ローズ・キューブユニット(36枚組)

8輪すべての花を開花させると、華やかなくす玉に変形します。

この作品で使用した八重咲版のユニットを使った「マジックローズキューブ八重咲版」は、7月15日(日)にルミネ横浜8Fの朝日カルチャー花の折り紙」講座にて、7月24日(火)にそごう横浜9Fのよみうりカルチャー指先の魔法☆折り紙」講座にて、講習させていただく予定になっています。

折り紙教室の詳細はこちら です。
PCならびにPCモード設定の方は、最新の情報をいつでもこちら からご覧いただけます。

さて、「八重咲マジック・ローズ・キューブユニット(36枚組)」いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

出典:
Magic Rose Cube (Ms. Valerie Vann) 「おりがみ傑作選 4」  日本折紙協会
Magic Rose Cube (Ms. Valerie Vann) キューブの女王 「おりがみ新発見2 ーキューブの世界ー」 (笠原邦彦著) 日貿出版社

 

当ブログの作品を集めた拙著「折り紙のバラとくすだま」(日本ヴォーグ社 ISBN:9784529059138)です。
バラのくす玉をはじめ、バラ・カーネーションの花束やバラのテーブルフラワー等の人気作品も掲載。

 

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命・個人レッスンも承っております。ご依頼・お問い合わせは、こちら メールフォーム からどうぞ。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。 Instagram https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (0)

2018年7月 6日 (金)

笠原邦彦氏の「ひよこ」5種

史上最速で6月中に梅雨明け宣言が出ちゃった割には、雨模様のお天気が続いています。地球環境が変化してゆく中で、「梅雨だから」とか「梅雨明けしたから」みたいな感覚はあんまり通用しなくなちゃってるのかもしれませんね。

さて今回は、笠原邦彦氏の「ひよこ」5種をご覧いただきましょう。

笠原邦彦氏の「ひよこ」5種を折り比べてみました。複雑な折り方をするものは、完成時のサイズが小さくなってしまうので、出来上がりのサイズがほぼ等しくなるよう紙のサイズを調整してあります。

左から「生まれてのひよこ」「ピョピヨひよこ」「羽の生えたひよこ」(笠原邦彦氏)
左から「生まれてのひよこ」「ピョピヨひよこ」「羽の生えたひよこ」

「生まれててのひよこ」は、ひよこの体(胴体?)の形をもっとも簡単に表現した基本の形です。

「ピヨピヨひよこ」では、くちばしが開いて2枚になり、「ピヨピヨ」と鳴き声が聞こえてきそうな作品に進化します。

さらに、「羽の生えたひよこ」では、くちばしに加えて羽が「パタパタ」できるようになります。

左から「成長したひよこ」「羽の生えたひよこ」「ひよこ卒業直前の姿」(笠原邦彦氏)
左から「成長したひよこ」「羽の生えたひよこ」「ひよこ卒業直前の姿」

「成長したひよこ」では、羽根はパタパタできないものの、足が出て「ヨチヨチ」と歩き始めます。

「ひよこ卒業直前の姿」では、くちばし、羽根、足、すべてがそろい、もうすぐ一人前のニワトリ直前といった感じに成長してゆきます。

笠原邦彦氏の「ひよこ」5種
笠原邦彦氏の「ひよこ」5種

ご紹介した5種類の「ひよこ」の胴体の形状はどれもほぼ同じで、くちばしが2枚になったり、羽が生えたり、足が生えたりと変化してゆきます。

これらの変形進化は、どれも折り紙の基本形を置き換えてゆくことで複雑な形状が実現されています。

なじみ深い折り紙の基本形の適用によって、思いもよらない構造が実現できてゆくのは、なかなか楽しいもので、折り紙ならではの醍醐味といえるかもしれませんね。

さて、「笠原邦彦氏の「ひよこ」5種」いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

出典を記しておきます。

笠原邦彦著 「かわいい!かっこいい!美しい! 動物折り紙BOOK」 朝日出版社

 

当ブログの作品を集めた拙著「折り紙のバラとくすだま」(日本ヴォーグ社 ISBN:9784529059138)です。
バラのくす玉をはじめ、バラ・カーネーションの花束やバラのテーブルフラワー等の人気作品も掲載。

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命・個人レッスンも承っております。ご依頼・お問い合わせは、こちら メールフォーム からどうぞ。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。 Instagram https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (0)

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »