« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

2018年8月27日 (月)

折り紙教室(2018年秋)のご案内

さて、2018年の10-12月に行われる秋の折り紙教室の受付が開始される時期になりました。

ここで、2018年10月から開催の秋の折り紙教室の情報をまとめておきます。
 ( 現在開催中の折り紙教室(2018夏)の詳細情報はこちら です。) 

薔薇のくす玉(U4-30) 創作:中 一隆
薔薇のくす玉(U4-30) 創作:中 一隆

 

〇花の折り紙一日講座(公開講座)

常設の講座にご参加いただけない方にも受講していただけるよう設定した、一日だけ公開講座です。

午前中は川崎亜子氏の佐藤ローズ「ニューモダンローズ」、午後は私の「くり」と「カーネーション」の講習で、折り紙三昧の休日を過ごしていただく企画になっています。

日時 : 11月11日(日) 10:00~15:00(お昼の休憩を含みます)
内容 : 
  〇10:00~12:00 佐藤ローズ「ニューモダンローズ」   講師:川崎亜子氏
  〇13:00~15:00 くり」と「カーネーション   講師:中 一隆
場所 : 朝日カルチャーセンター横浜教室(ルミネ横浜8F)

佐藤ローズ「ニューモダンローズ」 写真提供:川崎亜子氏
佐藤ローズ「ニューモダンローズ」 写真提供:川崎亜子氏

「くり」 創作:中 一隆
「くり」 創作:中 一隆

「カーネーション」 創作:中 一隆
「カーネーション」 創作:中 一隆

公開講座として、この日1日のみの受講が可能です。(午前のみ午後のみの受講も可能です。)

2講座受講される方で、朝日カルチャーの非会員の方限定になりますが、窓口またはお電話で、「講師紹介」と伝えていただきますと、会員料金でご受講いただけます。(1,200円くらい安くなります)

お申し込み・お問い合わせは,朝日カルチャー横浜 045-453-1122 http://www.asahiculture.jp/yokohama/  までお願いいた します。

Webサイトからのオンラインでのお申し込みはこちら です。

※昼食のお昼休憩(1時間)をはさんだ講習になります。ルミネ横浜にはレストラン街もありますが、日曜はかなり込み合います。ロビーであれば飲食が可能ですので、昼食(おにぎり・サンドイッチ・お弁当?)を持参して受講されることをお勧めします。

 

○横浜ルミネ8F 朝日カルチャー横浜教室

場所は朝日カルチャーセンター横浜教室 で、横浜駅の駅ビル「ルミネ横浜」の8階になります。

日時は、毎月第1・3日曜日10:30~12:30です。

朝日カルチャー作品サンプル2018年秋

10-12月のスケジュール・カリキュラムは以下の予定です。

     10月 7日(日) どんぐり松ぼっくり
     10月21日(日) 薔薇U4-4
     11月 4日(日) 薔薇のくす玉U4-30 -1
     11月18日(日) 薔薇のくす玉U4-30 -2
     12月 2日(日) バラの小箱
     12月16日(日) バラと鶴のお正月飾り2019

お申し込み・お問い合わせは,朝日カルチャー横浜 045-453-1122 http://www.asahiculture.jp/yokohama/  までお願いいたします。

Webサイトからのオンラインでのお申し込みはこちら です。

松ぼっくり 創作:中 一隆
松ぼっくり 創作:中 一隆

○横浜そごう9F よみうりカルチャー横浜教室

横浜そごう9Fのよみうりカルチャー横浜教室(読売・日本テレビ文化センター横浜)の折り紙教室です。

場所は、横浜駅東口そごう9Fの市民フロアになります。

日時は、毎月第2・4火曜日13:00~15:00です。

よみカル作品サンプル2018年秋

10-12月のスケジュール・カリキュラムは以下の予定です。

     10月 9日(火) どんぐり松ぼっくり
     10月23日(火) バラ U2-4 オフィシャル版
     11月13日(火) 薔薇 U2c-8
     11月27日(火) バラのくす玉 U2b-24
     12月11日(火) バラの小箱
     12月25日(火) バラと鶴のお正月飾り2019

詳細のお問い合わせ・受講申し込みは、よみうりカルチャー横浜(045-465-2010) までお願いいたします。

Webサイトからのオンラインでのお申し込みはこちら です。

バラと鶴のお正月飾り2019 創作:中 一隆
バラと鶴のお正月飾り2019 創作:中 一隆

大変ありがたいことに、ここのところ多くの方に教室に足をお運びいただけるようになりました。 しかし、どの教室も座席数に限りがあります。(私ひとりで一度に講習できる人数にも限りがありますしね。)

オーバーブッキングを防止するため、事前に余裕を持って「満席」と表示される場合がありますので、ご承知おきください。例えば残席1の状態であっても、「見学」のお申込みがあった段階で暫定的に満席表示となります。(見学の方がそのまま正式に受講されるとは限らないんですが…。)

1日だけの公開講座でも、講習直前になって数名のキャンセルがでてしまうこともあったりします。

「満席」と表示された場合にも、あきらめずにお電話でお問合せいただくか、キャンセル待ちにご登録ください。(お問い合わせやキャンセル待ちが多い状態が続けば教室増設の可能性もありますので…)

以上、教室で皆様にお会いできることを楽しみにしております。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。


 

当ブログの作品を集めた拙著「折り紙のバラとくすだま」(日本ヴォーグ社 ISBN:9784529059138)です。
バラのくす玉をはじめ、バラ・カーネーションの花束やバラのテーブルフラワー等の人気作品も掲載。

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命・個人レッスンも承っております。ご依頼・お問い合わせは、こちら メールフォーム からどうぞ。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。 Instagram https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

 

| | コメント (0)

2018年8月22日 (水)

「ハイブリッドティーローズ」特別講習、受講ありがとうございました。

8月19日(日)にルミネ横浜8Fの朝日カルチャー横浜にて、フランス在住の佐藤直幹氏を客員講師にお招きして、佐藤ローズ「ハイブリッドティーローズ」特別講習を行いました。

佐藤ローズ「ハイブリッドティーローズ」特別講習

京都、大阪、兵庫、愛媛、岡山など全国各地からもたくさんの方に足をお運びいただき、熱気あふれた講習会となりました。

お忙しい中、ご受講いただいた皆様に深く感謝いたします。ありがとうございました。

佐藤ローズ「ハイブリッドティーローズ」特別講習

書籍や折り図だけではわからない、美しく作品を仕上げるコツなど、詳しく講習していただきました。

佐藤ローズ「ハイブリッドティーローズ」特別講習

講習終了後の懇親会では、佐藤直幹氏の解説しながらの製作実演もあり、繊細な作業の手元・指先に熱い視線が集中しました。

海やみなとみらいが眺められるゆったりした個室で、楽しい懇親会を催すことができました。

客員講師を快諾してくださった佐藤直幹氏、ならびにアシスタントの川崎亜子氏に深く感謝いたします。

次回の「花の折り紙一日講座」は11月11日(日)に予定しております。月2回(第1・3日曜)の常設講座にも現在若干空きがございます。折り紙教室の詳細はこちら をご参照ください。

昨日8月21日(火)には準非公開にて、「ハイブリッドティーローズ」のプライベート講習+食事会も行わせていただきました。ご参加に感謝し、合わせてご報告しておきます。

さて、「「ハイブリッドティーローズ」特別講習のご報告」いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

 

当ブログの作品を集めた拙著「折り紙のバラとくすだま」(日本ヴォーグ社 ISBN:9784529059138)です。
バラのくす玉をはじめ、バラ・カーネーションの花束やバラのテーブルフラワー等の人気作品も掲載。

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命・個人レッスンも承っております。ご依頼・お問い合わせは、こちら メールフォーム からどうぞ。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。 Instagram https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (0)

2018年8月17日 (金)

薔薇(C4)試作

8月も半ばを過ぎて、まだまだ厳しい残暑の日々が続いています。(長期予報だと9月も暑いとか…) これくらいの時期になると、夏休みの宿題が終わっちゃった組と、まだちっとも着手してない組とで、気分の明暗が大きく分かれるころでしょうか。

夏休みの残りの日数を数えて、このペースなら「1日1ページやれば終わるぞ!」という段階まで来て、やっぱり「1日2ページやることにしてしばらく遊んじゃおう」とか…、思ったりしてません? 後で泣くことになるので、夏休みの宿題は無理なく計画的に進めましょう。

さて今回は、まだ試作段階ですが、1枚折り(不切正方1枚)の新作をご紹介させていただきましょう。

当ブログの記号番号による作品分類ではC系列(C1 ,C2 ,C3 )に属する作品です。順番からすると、C4になるハズです。C4…、プラスチック爆弾並みの破壊力か? 歯が溶け落ちるほど酷い虫歯か?)

薔薇(C4)試作 創作:中 一隆

系列のバラは、正方形の4つの角が花の中央で巻き絡まる構造になっているのが特徴です。

今回は花弁ボリュームを増す方法として、トーラス構造の薔薇で用いた段折りで物理的に花弁数を多段に増す手法と、八重咲マジックローズキューブで用いた各花弁を適切な間隔で広げる手法とを取り入れてみました。(これまで培ってきた手法・ノウハウをちょっとずつ生かした感じになってます。)

薔薇(C4)試作 創作:中 一隆

トーラス構造の薔薇は1枚折りの作品としては、花弁枚数や写実性にこだわって製作した力作でしたが、ぐるっと一周する円環を花弁として5分割(5角構造のため)するため、どうしても花弁1枚のサイズが小さくなってしまう傾向がありました。

大きめの花弁が多重に巻き込まれた薔薇を表現するため、系列の巻き込み花芯構造を採用し、花弁増しによらずに本質的な物理量によって花弁枚数の多い構造を表現しています。

薔薇(C4)試作 創作:中 一隆

複雑な花弁増し技法を、(折り手をげんなりさせるほど?)多段多重に適用したトーラス構造の薔薇に比較すると、意外とシンプルな折り構造で、花弁ボリュームのある薔薇に仕上げることができたと思います。(巻いたり曲げたりが意外と多くなってますが…)

まだ試作なので、これから折り図を描いたり、折り工程を見直したりする作業が延々と続きますが、割と良い作品に仕上がりそうな予感です。(花弁ボリュームがありすぎて、収まりきれなくなっちゃう感じをどうやってまとめて仕上げていただくか…とか。)

さて、「薔薇(C4)試作」いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

 

当ブログの作品を集めた拙著「折り紙のバラとくすだま」(日本ヴォーグ社 ISBN:9784529059138)です。
バラのくす玉をはじめ、バラ・カーネーションの花束やバラのテーブルフラワー等の人気作品も掲載。

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命・個人レッスンも承っております。ご依頼・お問い合わせは、こちら メールフォーム からどうぞ。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。 Instagram https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (0)

2018年8月10日 (金)

初代川崎ローズ(ちょっとアレンジ)の花束

台風も過ぎ去って、また猛暑の日々が戻ってきちゃいましたね。立秋も過ぎたようですので、残暑ってことになるのかもしれませんが、まだまだ殺人的な暑さは続くようです。水分補給などに気を付けて、お体ご自愛くださいませ。

初代川崎ローズのシンプルな花束は、先日ご紹介させていただきましたので、今回は、オリジナルの初代川崎ローズに少し手を加えた、より蕾らしくした「つぼみ」と外周花弁を少し大きめにアレンジしたバラを使った花束アレンジをご覧いただきましょう。

初代川崎ローズ(ちょっとアレンジ)の花束

中央の蕾は、オリジナルから花芯が小さくなるよう少し手を加えた「バラのつぼみ」です。

初代川崎ローズ(ちょっとアレンジ)の花束

周囲4輪のバラは、外周花弁に手を加えて、ちょっと花弁サイズがリッチな構造になっています。(まぁ、普通の方には区別できないかもしれませんが…)

初代川崎ローズ(ちょっとアレンジ)の花束

伝承のユリから作った白い小花4輪に、葉っぱを加えて花束アレンジに仕立てています。

花束の構造は、しっかりしたフレームにラッピングペーパーを巻いた本格的な構造になっています。(折り紙として製作しますので、針金は使ってないんです。)

初代川崎ローズ(ちょっとアレンジ)の花束

初代川崎ローズはシンプルな作品ですが、少し手を加えると表情を変化させることもできますし、何輪か集めてアレンジすると華やかな、存在感のある作品に仕上げることも可能です。

初代川崎ローズの花束アレンジは、9月2日(日)、16日(日)の2回で、ルミネ横浜8Fの朝日カルチャー横浜教室花の折り紙」講座にて講習させていただく予定になっています。

折り紙教室の詳細はこちら です。
PCならびにPCモード設定の方は、最新の情報をいつでもこちら からご覧いただけます。

さて、「初代川崎ローズ(ちょっとアレンジ)の花束」いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

出典を記しておきます。

川崎敏和著 「 ばらの夢折り紙」(解説DVD&オリジナル色紙付き) 朝日出版社

川崎敏和著 「折り紙夢WORLD」  朝日出版社

 

当ブログの作品を集めた拙著「折り紙のバラとくすだま」(日本ヴォーグ社 ISBN:9784529059138)です。
バラのくす玉をはじめ、バラ・カーネーションの花束やバラのテーブルフラワー等の人気作品も掲載。

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命・個人レッスンも承っております。ご依頼・お問い合わせは、こちら メールフォーム からどうぞ。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。 Instagram https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (0)

2018年8月 3日 (金)

コスモス3輪の花束(講習作品から)

横浜でも日中は35℃を超える猛暑、夜も25℃を下回らない熱帯夜の日々で、結構バテ気味です。8月はまだ始まったばかりですが、これから長く暑い夏が続きそうです。

今回は折り紙教室の講習作品から、コスモス3輪の花束をご覧いただきましょう。

コスモス(林弘美氏)3輪の花束

コスモスは林弘美氏の作品です。林氏のコスモスは書籍で2種類ほど紹介されていますが、やさしいほうの作品です。

コスモス(林弘美氏)3輪の花束

コスモス3輪をブーケホルダーに載せて花束アレンジに仕上げてあります。

ブーケホルダーもフレームをラッピングペーパーで包んだ本格的な物ではなく、フレームを省略したモノコック構造の簡易版で手軽に作っていただける作品になっています。

コスモス(林弘美氏)3輪の花束

夏は夏らしく暑い方が経済効果も高まるようですが、これからも続くであろう酷暑を考えると、コスモスが秋風に揺れる季節が待ち遠しいくなりますね。

この「コスモス3輪の花束」は8月5日(日)にルミネ横浜8Fの朝日カルチャー花の折り紙講座」にて、9月25日(火)にそごう横浜9Fのよみうりカルチャー指先の魔法☆折り紙講座」にて、講習させていただく予定になっています。

折り紙教室の詳細はこちら です。
PCならびにPCモード設定の方は、最新の情報をいつでもこちら からご覧いただけます。

さて、「コスモス3輪の花束(講習作品から)」いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

出典を記しておきます。

「コスモス」(林弘美氏)  「折り紙フラワーNo.2」 (林弘美著)  ブティック社

 

当ブログの作品を集めた拙著「折り紙のバラとくすだま」(日本ヴォーグ社 ISBN:9784529059138)です。
バラのくす玉をはじめ、バラ・カーネーションの花束やバラのテーブルフラワー等の人気作品も掲載。

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命・個人レッスンも承っております。ご依頼・お問い合わせは、こちら メールフォーム からどうぞ。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。 Instagram https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

| | コメント (0)

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »