« 五角箱 | トップページ | 五角深箱 »

2018年9月28日 (金)

薔薇 C5

9月もあっという間に終盤になりました。「暑さ寒さも彼岸まで」の通り、朝晩はすっかり秋らしくというか、肌寒く感じるようになってきました。秋雨前線の影響か、ぐずつき気味のお天気が続きますし、台風24号も日本を縦断しそうです。からりと晴れ渡った秋空が待ち遠しい感じです。

さて今回は、新作の薔薇 C5 をご紹介します。

正方形からの1枚折り作品「薔薇C4」が意外と良い感じに仕上がりましたので、類似な構造で5角形から折るバージョンも作ってみました。

そういうわけで、「不切五角1枚折り」の薔薇C5(C5…、ロッキード社の長距離輸送機とか最近だとドラマのイケメン5人組?)をご覧いただきましょう。

「薔薇 C5」 創作:中 一隆

ご存知のようにC系列(C1 ,C2 ,C3 ,C4 )の作品は、紙の角を花の中央で巻き絡める構造になっています。5角形から折るこのC5は、用紙の5つの角を花の中央で巻き込んで花芯を形成しています。(このままC系列の作品が開発され続けていったとすると、C57とかC62とかも出てくるんでしょうかね…。シュッシュポッポッ!)

「薔薇 C5」 創作:中 一隆

4角から5角にすることで、巻き込む花弁の数は増えていますが、それぞれの花弁の長さはだいぶ短くなってしまいますので、トータルの花弁ボリュームとしては減ってしまっています。

「薔薇 C5」 創作:中 一隆

前にご紹介したC4 では、花の中に入り切れないほどの花弁ボリュームがありましたので、少しすっきりして良いバランスになったくらいかもしれません。

「薔薇 C5」 創作:中 一隆

四角い紙を5角形に切り落とさなければならない点は大きなデメリットですが、5角構造のシルエットと十分な花弁ボリュームで、美しい作品に仕上がったと思っています。

さて、「薔薇 C5」いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

 

当ブログの作品を集めた拙著「折り紙のバラとくすだま」(日本ヴォーグ社 ISBN:9784529059138)です。
バラのくす玉をはじめ、バラ・カーネーションの花束やバラのテーブルフラワー等の人気作品も掲載。

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命・個人レッスンも承っております。ご依頼・お問い合わせは、こちら メールフォーム からどうぞ。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。 Instagram https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

|

« 五角箱 | トップページ | 五角深箱 »

折り紙」カテゴリの記事

バラ」カテゴリの記事

5枚花弁のバラ」カテゴリの記事

季節の折り紙」カテゴリの記事

オリジナル作品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 五角箱 | トップページ | 五角深箱 »