« どんぐりと松ぼっくり | トップページ | やさしいコスモス(作り方) »

2018年10月17日 (水)

おりがみ教室の作品から

秋らしいというより、ちょっと涼しすぎて寂しい感じの今日この頃です。猛烈に暑い夏が終わって、秋を飛び越えて、いきなり寒い冬に移行しちゃうような感じもします。いずれにせよ季節の変わり目ですし、昼夜の寒暖の差も大きい季節です。どうぞ、体調管理にお気を付けください。

さて今回は、最近のおりがみ教室から作品をいくつかご紹介しましょう。

おりがみ教室の作品から

横浜の朝日カルチャーや、読売カルチャー折り紙教室の作品は、告知宣伝目的を兼ねて色々紹介させていただいておりますので、今回は先日小学生向けの折り紙教室で取り上げた、ハロウィンシーズンを意識した作品をご覧いただきましょう。

コスモス 創作:中 一隆
コスモス (創作:中 一隆)

花弁をハサミで切りだすやさしい作品です。伝承作品の「朝顔」や「ナデシコ」などの4枚の花弁を重ねて切り出す要領で、この作品は8枚の花弁を重ねて切り出します。花芯は15~20mmφの黄色いシールを貼ると簡単です。

小さな魔法使い 笠原邦彦氏「頭巾の人」の簡略化アレンジ
小さな魔法使い 笠原邦彦氏「頭巾の人」の簡略化アレンジ

笠原邦彦氏の「頭巾の人」は1:√2の長方形から折る作品ですが、これを正方形から折った作品(簡略化アレンジ)です。長方形→正方形により背が低くなっちゃいましたので、子供の魔法使いとさせていただきました。

魔女の帽子 河合豊彰氏「ソンブレロ」
魔女の帽子 河合豊彰氏「ソンブレロ」

日本折紙協会のおりがみ4か国語テキスト100に掲載されている、河合豊彰氏の「ソンブレロ」です。オリジナルは、帽子の「つば」を四角くタイトに折り上げますが、ルーズに丸く仕上げて魔女がかぶっている帽子の雰囲気を出しています。

これら3つの作品は去る10月12日(金)に「井土ヶ谷小学校放課後キッズクラブ」にて講習させていただきました。いわゆる学童保育で小学生のみなさま約35名にご受講いただきました。

教室開催にあたり、50名以上のお申し込みをいただいたようなのですが、少ない講師陣での対応のため、抽選で人数を絞らせていただきました。抽選に漏れた方はごめんなさい。(もう少し大きくなるまで折り紙を続けていただいて、折り紙教室に来てくれるといいなぁなんて思ったりします。業務拡大の野望が…)

また、アシスタントとしてお手伝いいただいた方々、キッズクラブのスタッフの皆様、ありがとうございました。

さて、「おりがみ教室の作品から」いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

出典:

河合豊彰「ソンブレロ」(魔女の帽子) おりがみ4か国語テキスト100 (日本折紙協会

笠原邦彦「頭巾の人」(小さな魔法使い)  「長方形で折る 」 笠原邦彦著   日貿出版社 

 

当ブログの作品を集めた拙著「折り紙のバラとくすだま」(日本ヴォーグ社 ISBN:9784529059138)です。
バラのくす玉をはじめ、バラ・カーネーションの花束やバラのテーブルフラワー等の人気作品も掲載。

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命・個人レッスンも承っております。ご依頼・お問い合わせは、こちら メールフォーム からどうぞ。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。 Instagram https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。

|

« どんぐりと松ぼっくり | トップページ | やさしいコスモス(作り方) »

折り紙」カテゴリの記事

コスモス」カテゴリの記事

折り紙教室」カテゴリの記事

季節の折り紙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« どんぐりと松ぼっくり | トップページ | やさしいコスモス(作り方) »