« ありがとう!300万アクセス(3,000,000 PV) | トップページ | 三枚の桜花弁(東京北区のロゴをモチーフに) »

2019年3月 3日 (日)

薔薇 W1

3月に入って梅もほころび始め、ようやく春の予感が感じられるようになってきました。ちょっと周期的にお天気が崩れたりするようですが、まぁ不安定なお天気も春らしいといえるかもしれませんね。

さて今回は、300万アクセス突破記念?として、新作の一枚折り(不切正方一枚折り)の薔薇 W1をご覧いただきましょう。

R系列のバラは、花弁をマトリョーシカのような入れ子構造で多重化(多花弁化)できる作品として開発したわけですが、ネストが1段だけのR1aR1cなどが意外と良い感じなので、R系列とは別のアプローチで中央部に花弁を増した作品を作ってみました。

薔薇 W1 創作:中 一隆

もれなく付いてくる最外周の花弁と、その内側1段はR1とほぼ同様です。R1で課題であった「花の中心部がぽっかり空いた感じ」を埋めるため、今回は花芯部に複合ねじり折り (Complex Multi-stage Twist Folding)を導入してみました。

薔薇 W1 創作:中 一隆

複合ねじり折りは、通常の「ねじり折り」を多重にネスト化した手法で、その効果というか花弁ボリューム増加の割にはリソースの利用効率が高く、あまり紙を無駄にせずに効率よく花弁を増やすことができます。

薔薇 W1 創作:中 一隆

R1の素直な花弁構成に薔薇らしい花弁ボリュームも加わり、なかなか良い作品に仕上がったのではないかと思います。

さて、「薔薇 W1」いかがでしたでしょうか。

お気に召していただけたら、ぜひ投票ボタンをポチっとおねがいします。

 

当ブログの作品を集めた拙著「折り紙のバラとくすだま」(日本ヴォーグ社 ISBN:9784529059138)です。
バラのくす玉をはじめ、バラ・カーネーションの花束やバラのテーブルフラワー等の人気作品も掲載。

折り紙の楽しさを感じていただけたら、ぜひお近くの折り紙教室へ。

自分で折れたらもっと楽しい。折り紙教室の詳細はこちらです。

折り紙講師のご用命・個人レッスンも承っております。ご依頼・お問い合わせは、こちら メールフォーム からどうぞ。

Instagramへの投稿始めました。スマホからでも高画質の画像をお楽しみいただけます。(@kazutaka.naka)  PCの方はWeb版はこちらから。 Instagram https://www.instagram.com/kazutaka.naka/

スマホでご訪問の方は、ブラウザ設定をPCサイトモードにしていただくと、当ブログのすべてのページがご覧いただけます。


|

« ありがとう!300万アクセス(3,000,000 PV) | トップページ | 三枚の桜花弁(東京北区のロゴをモチーフに) »

折り紙」カテゴリの記事

バラ」カテゴリの記事

季節の折り紙」カテゴリの記事

オリジナル作品」カテゴリの記事

コメント

中先生 こんにちは
ブログ2009年の8月から 読みました〜

それで L.K.C.R.Wの意味を教えてください
Uは ユニットですよね?

ご都合の良い時で構いませんm(_ _)m

投稿: なぁお | 2019年3月 8日 (金) 16時24分

なぁお さん、

L,K,C,R,Wなどは構造上の分類です。K1,K2…は類似な構造の薔薇で開発順に番号をつけています。それぞれは私がわかりやすいようにつけた開発コードネームですので、特に深い意味が無いものもあります。Lattice、Curl、Recursive、その他花芯や花弁の構造がアルファベットでそんな感じにみえるとか、色々です。
重複しないように、その時の気分で勝手につけてます。
講習では開発秘話的にご紹介したりすることもありますが、所詮名前ですので"Cat is Cat."とご理解くださいませ。

投稿: なか(管理人) | 2019年3月 8日 (金) 16時52分

ありがとうございました。

投稿: なぁお | 2019年3月 8日 (金) 19時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ありがとう!300万アクセス(3,000,000 PV) | トップページ | 三枚の桜花弁(東京北区のロゴをモチーフに) »